更新:2018.2.14 作成:2018.2.14

炊飯器にお任せで簡単!基本の「炊き込みご飯」の作り方♪

食卓に出てくるといつもより少し豪華に見える「炊き込みご飯」白ごはんもおいしいですが、炊き込みご飯にんすると、一気に手の込んだ献立に見えますよね。今回は写真付きで基本の炊き込みご飯の作り方と、アレンジレシピをご紹介します。
❤︎ お気に入り
目次
  1. 基本の炊き込みご飯に必要な材料と調理器具
  2. 作り方【鶏とゴボウの炊き込みご飯】
  3. 基本を覚えたら応用♪炊き込みご飯のアレンジレシピ
  4. 炊き込みご飯でちょっと贅沢なおうちごはん♡

基本の炊き込みご飯に必要な材料と調理器具

ごはん一粒一粒に味がついて、おこげがほんのりと香ばしい香りのする炊き込みご飯。献立にプラスするだけで、とっても豪華に感じますよね。

そんな炊き込みご飯の基本レシピ「鶏とゴボウの炊き込みご飯」を、料理初心者の方でもわかりやすいように写真付きで紹介します。

材料 2合分(1合分)

  • 米 2合(1合)
  • めんつゆ2倍濃縮 大さじ1(大さじ1/2)
  • 料理酒 大さじ1(大さじ1/2)

【具の材料】
  • 鶏肉 160g(80g)
  • ごぼう 1/3本(1/6本)
  • ニンジン 1/3本(1/6本)
  • ごま油 大さじ1(大さじ1/2)
  • 料理酒 大さじ1(大さじ1/2)
  • 砂糖 大さじ1(大さじ1/2)
  • みりん 大さじ1(大さじ1/2)
  • しょうゆ 大さじ2(大さじ1)

材料は以上。あとはフライパンと炊飯器を用意してください。

作り方【鶏とゴボウの炊き込みご飯】

それでは早速作っていきましょう。今回は1合分の材料で作っています。約2人前の炊き込みご飯が作れます。

1.米を洗い、水、酒、めんつゆを入れて30分ほど浸けておく

米を洗い、炊飯器に入れます。そこにめんつゆと酒を大さじ1ほど入れて、1合のメモリまで水を入れます。(2合なら2合のメモリまで)

私はやわらかめのほうが好きなので少し多めに水を入れています。炊き込み機能のある炊飯器をお使いの方は、炊き込みのラインまで水を入れてください。

2.野菜と鶏肉を切る

ごぼうはささがきにして水に浸します。十字に切り込みを入れ、上から下へと鉛筆を削るように包丁で削ぐとうまくできます。
ニンジンは千切りに、鶏肉はサイコロ状に切ります。鶏肉の皮がついている場合は、付けたままで作っていただいて構いませんが、私は少しでもカロリーを減らすために鶏皮と鶏肉の油の部分は取り除いておきました。

3.具材を炒める

ごぼうの水を切り、フライパンにごま油を敷いたら、2で切った材料をフライパンで炒めます。鶏肉の色が変わったら【具の材料】に記載した調味料をすべて入れ、炒め煮にします。

4.しっかりと水分が飛ぶまで煮きる

調味料がしっかりと具に絡むまで水分を飛ばします。ここでしっかり煮切っておくと、具材に味が染み込み、ごはんにもごま油やしょうゆの香りが移り、おいしい炊き込みご飯が作れます。

5.具を炊飯器に入れてスイッチを入れる。

調味料と水に浸しておいた米に、4を加えて軽く混ぜたら、炊飯器をスイッチオン!通常の白米を炊くときと同じように炊いていただければ完成します。

炊き込みモードがある方は、炊き込みモードで炊いてください。

6.炊きあがったら底からご飯を混ぜ、器に盛れば完成

炊きあがったら、全体をざっくりと混ぜます。しっかりと底におこげができています。
あとは器に盛れば完成です。もしお家に三つ葉があれば、上に乗せると見た目もよく仕上がります。鶏肉をうえに乗るように盛り付けるのもおいしそうに見せるコツです。
お味噌汁と焼き魚を一緒に作れば、大満足なおうち定食の出来上がりです。

たくさん作って余った分は、一食分ずつラップに包み、冷凍庫で保管しておきましょう。温かいうちにラップでピタッとくるんでおくと、温めなおしてからもおいしく食べられます。

基本を覚えたら応用♪炊き込みご飯のアレンジレシピ

上記レシピは基本の炊き込みご飯ですが、具材や味付けを変えてアレンジしてみましょう。入れる具材でまた味が大きく変化し、バリエーションは無限大です。

豚バラ大根のポン酢炊き込みご飯。

豚バラ肉と大根を具にし、ポン酢のみで味付けをした、シンプルなのにボリュームがある炊き込みご飯です。

豚バラ肉の油でこってりとしていそうですが、ポン酢でさっぱりと仕上がっています。具は炒める必要なしで、切ってそのまま炊飯器に入れるので、とても簡単に作れます。

<秋ごはん>鮭とまいたけの炊き込みごはん

グリルで焼いた鮭とマイタケを、水に浸しておいた米に乗せて、あとは炊飯器にお任せ。酒と醤油と塩でシンプルな味付けにすることで、マイタケの香りと鮭の旨味が引き立ちます。

鮭を丸ごと入れて、炊きあがってからほぐすので、ごろっとした鮭がとても豪華に見えます。秋だけでなく、年中食べたいレシピですね。

トウモロコシとベーコンの炊き込みご飯

バターとコンソメで味付けをした、子供にも大人気の洋風炊き込みご飯です。ベーコンの旨味ととうもろこしの甘みが御飯によく合います。

仕上げにブラックペッパーをかければ、大人向けのおしゃれな一品に。お皿に盛り付ければこれ一品で立派なランチの出来上がりです。

肉の炊き込みご飯

しょうゆ、砂糖、ごま油で下味をつけた牛肉をフライパンで炒め、米と一緒に炊いたら出来上がり。具材はとてもシンプルですが、ごはんにしっかりと牛肉の脂が絡まり、ほのかなごま油の香りが食欲をそそります。

男性やお子様にも人気のレシピ。上にスクランブルエッグを乗せて食べると、ワンプレーとランチが出来上がります。

炊き込みご飯でちょっと贅沢なおうちごはん♡

いつもはただ炊くだけのお米を、具材を加えて炊き込みご飯にするだけで、食卓がにぎわって贅沢なおうちごはんに変身します。

アレンジすることで、洋食や中華にもできる炊き込みご飯は、おかずがなくても一品で満足することもできますね。慣れてきたら、どんどんあなたオリジナルの炊き込みご飯を開発してください♪

今回ご紹介した基本の炊き込みご飯を参考に、是非一度作ってみてください。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

ログイン・無料会員登録
  • ponta20170213

    美容と健康オタクのアラサー女子pontaです☆ 趣味は料理作りで、毎日レシピをブログに書き留めています...

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

連載記事

パリ在住のシェフ:Carrie Solomon The Socialite Familyシリーズ

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

ダイソーやセリアなど100均のリメイク雑貨が勢ぞろい!みなさんもお休みにチャレンジしてみませんか?

2017年にもっとも見られたDIYリメイク・アイデア記事12選を特集しました。 ダイソーやセリアも手に入らない商品などもありますので、来年の再販などの参考にも役立てくださいね!