更新:2018.2.14 作成:2018.2.13

甘さは不要!カッコイイ部屋に合うガーランド&モビールを作ろう

クールなガーランドやモビールを手作りしてお部屋を更にカッコよく演出してみませんか?今回は基本の作り方から、様々な素材を使ったアレンジまでをご紹介します。初心者さんでも簡単に出来るので是非トライしてみましょう!
❤︎ お気に入り
目次
  1. ガーランド・モビールって何?
  2. 「カッコイイ」が簡単につくれる!
  3. 簡単!基本の作り方(繋ぎ方)
  4. 定番の紙や布を使ったガーランド・モビール
  5. 木製にすると本物感が漂う。
  6. 100均でも揃う!クールな素材やモチーフ
  7. 男前ガーランド&モビールを部屋に飾ろう!

ガーランド・モビールって何?

ガーランドとは

「ガーランド」とは本来、名誉・勝利の証となる「花輪や花冠」の意味で、花や葉を繋いだ壁やドアなどの装飾のこと。

しかし現代では、オブジェを紐で繋いで飾る装飾全般がそう呼ばれ、オブジェには定番のフラッグからフリンジなど様々なものが使われます。

モビールとは?

「モビール」とは、動く彫刻(キネティック・アート)という意味で、複数の木片・金属片などを糸や針金でつるし、バランスを保ちながら、微妙に動くようにつくられた装飾のこと。


しかし、紐で横に繋いだものをガーランド。「縦に繋いだものをモビール」という表現もされています。

今回ご紹介するのは縦に繋ぐだけのモビール。

複雑なものはバランスをとるのが難しいので、今回は定義のひとつ「縦に繋いだもの」を”モビール”として、一直線に吊るすもの。シンプルに1本の紐でつくるものに厳選してご紹介いたします。

「カッコイイ」が簡単につくれる!

ガーランドやモビールというと、イベントやキッズルームで使う可愛い系のイメージが強い上に、既製品でもクールなデザインは少ないので、カッコイイ部屋が好きな方は躊躇しがちなのでは?

しかし、モノによっては甘さゼロのカッコイイ演出が出来ますし「繋ぐだけ」で簡単に作れるのでdiyでとことん自分好みに楽しむことが出来ますよ♡

簡単!基本の作り方(繋ぎ方)

モビールの場合は”吊るすための棒”.を使う事もありますが、基本の材料は「紐+オブジェ」のみ!繋ぎ方さえ覚えておけば全てのオブジェに問題なく対応できます!

紐に直接繋ぐ方法

紐に直接繋ぐ場合には、このように旗などのオブジェを作る時点で挟み込む。穴を開けてから紐を通す。紐で結びつける。という方法があります。

1番簡単で、最低限の材料で繋げるというのが魅力ですよ♡

パーツを使い紐に繋ぐ方法

「パーツ」を使って繋ぐ場合は、このように固い素材に穴を開け”ヒートン”などの接合金具や吊り金具をつける。タッセルなど通す場所が無い場合に”糸”などで輪をつくる。ピンチで留める。といった方法があります。

手間はかかりますが、1点で繋ぐためオブジェが揺れて見栄えも良い事。モビールを作る際に固いオブジェでも綺麗に繋げるのは魅力的ですよ!

定番の紙や布を使ったガーランド・モビール

英字プリントで甘さを抑える

まずは扱いやすい紙。ハートにカットした紙を2枚重ね中心を縫うことで立体感のあるオブジェに。縦に繋ぐモビールにすることでカタチもしっかり活かせます!

クールなデザインなら直線的なラインがマストですが、仮にハートなどの曲線を使う場合でも、英字プリントやモノトーン、ダークカラーを選ぶと甘さも抑えられます◎

 

立体星のモビール

黒とアースカラーでつくる大人カッコイイ立体星のモビール。

立体星は折ってつくる方法もありますが、ここでは、クラフトボードを星型に切り抜き、全ての角に折り目をつることで簡単に立体星をつくられていますよ◎

塗装すれば更にクール!

仕上がった立体星は、スプレーなどを使い一手間かけてブロンズといった”金属系の塗装”を施すと一気にカッコよさも急上昇♪

レザー×デニムは間違い無しのコンビ!

続いて布素材。定番のフラッグガーランドも、レザー×デニムを使えばカッコイイ雰囲気は簡単につくれます。

そして、「三角」といっても、正三角形より二等辺三角形。スマートなフォルムの方がスタイリッシュ寄りに仕上がります◎

ハギレを上手く活用して♪

衣類やレザーのハギレを活用した男前なガーランド!このワイルド感を出すポイントは破くこと!

はさみで切り込みだけいれたら、残りは手でビリっと裂いてラフなラインを出しましょう◎紐に繋ぐ時もミシンやボンドだけでなく、細めの布は直接巻いたりするとニュアンスUPしますよ♪

文字のガーランドにも拘りを。

集めの生地でつくるメッセージガーランド。そのままでもじゅうぶんなんですが、フリンジと一緒に飾るなど背景を足せばワンランク上の存在感が生まれますよ♪

木製にすると本物感が漂う。

木製ガーランドは簡単に作れる♪

使用するのは廃材でok!好きな形に切り出しヤスリをかけて塗装。後は穴をあけて紐を通せば完成です♪

ここでは、VINTAGE WAXのウォルナット・エボニーブラック。ワトコオイルのエボニーの3色で塗装し、余った金具とステンシル加工で仕上げられていますよ!また板のサイズが足りない分は2枚で三角になるように切り出す。という工夫も◎

切り出すのが面倒な時はリメイクで時短!

セリアには「木製のフラッグガーランド」が販売されているので、これをベースにリメイクすれば、切り出しと穴あけの手間もなく最短で加工できます♪

オフホワイトの塗装×プラントの転写シールで仕上げられたリメイク。ヴィンテージ・カリフォルニア系のカッコイイ雰囲気も素敵ですね!

モビールも廃材×チェーンで重力感をプラス。

2×4の廃材をキューブ型にカットし塗装。ナットやエアープランツで装飾し、チェーンで繋げば、ドシッとした重量感も出てカナリ男前な仕上がりに!

木の素材は、ヴィンテージ感も出しやすく、渋めの色と金属を合わせれば間違いなくクールに仕上がるので外せませんね♪

100均でも揃う!クールな素材やモチーフ

カッコイイアイテムは100均でも揃う!

カッコイイ素材やモチーフはお金をかけなくてもok!このインダストリアルな雰囲気漂うフォトガーランド。見えませんが100均です♪

しかも、インテリアチェーンにステンレススペアピンチを取り付けたら、好みのポストカードや写真を挟むだけで完成。という手軽さも◎

フェザーモチーフ

オリエンタルな雰囲気とワンランク上の質感が魅力のフェザーのガーランドは、カッコイイ大人の女性にマスト!

フェザー”モチーフ”の場合でも、黒×ゴールドなどのクールな配色。チープ感の無い素材を選ぶと良いでしょう。また、紐ではなく「針金」を使うと更に◎

電球オブジェ×光の演出もカッコイイ!

セリアの電球オブジェのキャップに穴を開け、LEDガーランドライトを通すことで照明としても使えるクールなモビールに進化!

電球モチーフはスタイリッシュな空間にも最適です。また、ライトを使わず中に植物や針金などを詰めてみるなどアレンジも楽しめるのでは♪

流木モビールで色々吊るしてみて♪

流木は、幅広いスタイルと相性抜群でカッコイイテイストにも重宝するアイテムのひとつ。

この流木をモビールの土台とし、男前なオブジェを組み合わせることで自在にアレンジを楽しめます。エアープランツやサングラスを飾ったり、紐状にカットしたデニムを巻きつけるのもgood!

男前ガーランド&モビールを部屋に飾ろう!

いかがでしたでしょうか?ガーランドやモビールも自分でつくればより満足度の高いカッコ良さを手にすることができますね!

また、様々な素材や使えそうな小物を盛り込んだり、木製ガーランドにデニムやレザーのフリンジを組み合わせる。などバリエーションは自由自在。

ぜひとっておきの1点をつくりお部屋をグレードアップされてください♡
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • As

    はじめまして。日常をちょっと楽しくしてくれるモノづくりを楽しんでいます。

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

連載記事

【連載】パリ在住のシェフ:Carrie Solomon The Socialite Familyシリーズ 〜 Episode 1

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

ダイソーやセリアなど100均のリメイク雑貨が勢ぞろい!みなさんもお休みにチャレンジしてみませんか?

2017年にもっとも見られたDIYリメイク・アイデア記事12選を特集しました。 ダイソーやセリアも手に入らない商品などもありますので、来年の再販などの参考にも役立てくださいね!