更新:2018.2.14 作成:2018.2.13

バラして使おう!解体したすのこで出来るDIYレシピ集

お馴染みのすのこ。解体して賢く使いこなしてみませんか?今回は、解体すのこの魅力から、簡単な解体方法をはじめ、すのこだけ。または、色んな材料と組み合わせてつくるDIYレシピをご紹介します。
❤︎ お気に入り
目次
  1. すのこは解体で可能性が広がる!
  2. 簡単♡すのこの解体方法
  3. 解体すのこだけで作る簡単DIYレシピ
  4. 次は他の木材と一緒にDIYを楽しんでみよう
  5. 異素材と組み合わせればクオリティも急上昇
  6. 「解体すのこ」をDIYで賢く使いこなそう!

すのこは解体で可能性が広がる!

100均でも入手可能で収納からDIYまで大活躍のすのこ。

完全にバラせば板材と角材に生まれ変わり、部分的にばらし半分はすのことして。もう半分は木材として使う事も可能。

更に細長い板材を隙間なく固定すれば、1枚の板に。と「解体」することで更に幅広い用途に使えるようになりますよ♪

しかも、解体は一手間かかりますが簡単なんです♡

簡単♡すのこの解体方法

STEP1:すのこを叩いて外す

ほとんどのすのこは接着剤やタッカーで固定されています。

すのこを裏返し、下駄(角材)の近くを「金槌」で叩いて中央の2~3枚を先に外し、すのこを立てて下駄の接続部分近くを叩くとOK!

これで外れそうになければ、マイナスドライバー・スクレパー・バールなどを隙間に差し込み浮かせるようにグリッとまわして外します。プライヤーで挟むと更に◎

STEP2:針を抜きヤスリをかければ完成!

全部外れたら、”針”が残っているのでペンチで引き抜き、ヤスリをかければ完成です!

また、針の穴が仕上がりに影響してしまいそうな場合には、100均の「木粉粘土(木かるねんど)」などでパテ埋めしてから塗装するとカバーできますよ◎


では、この解体すのこで何が作れるのか。さっそく見ていきましょう!

解体すのこだけで作る簡単DIYレシピ

まずは。1番簡単!セリアのすのこ2枚でつくるカフェボード

2枚のすのこ。1枚だけを解体し長さを揃えたら、もう片方のすのこの隙間を埋めるようボンドで接着するだけ。「解体すのこDIYの基本」ともいえる簡単な作り方なので初心者さんにもおすすめ♪

ポイントはすのこの板と隙間の幅が同じものを使うこと!100均なら「セリアのすのこ」が同じです。ステンシルの加工方法も合わせて参考にされてみてくださいね◎

材料は同じ。ちょっと応用してみましょう!

すのこの1枚はバラし、もう1枚は縦3本の幅でカットします。

先程と同じくすのこの隙間を埋めて1枚の板にしたら、バラしたすのこをボンドで接着し側面と棚板にすれば・・あっという間にシェルフの完成です!

同じ2枚のすのこでも、幅を変えたり、バラした部分をどう使うかでアレンジも自在ですよ◎

次は、すのこを途中まで解体したイイトコどりDIYです♪

すのこは2枚半使います。ポイントは解体を途中まで行い、すのこの形状を活かしつつ材料となる板を確保すること!

すのこ1枚は全て解体。残り2枚は「中央の2枚だけ」を外し丁番で固定すると本体は完成。後は外したすのこ板を「棚板」として、本体に渡せばラダーシェルフの完成です!

これを板材で1から作ると大変ですが解体すのこなら最小限の材料で簡単にできますね♡

次は他の木材と一緒にDIYを楽しんでみよう

簡単!端材を使ってウッドツリーに♪

解体した1本のすのこの裏側に、端材をずらしながらビスで固定するだけでお洒落なウッドツリーに変身!中途半端に余ったらオブジェに作り変えるのもアリですね♡

塗装は、ブライワックス・ペンキを使用。マステで養生してランダムに塗ったりスクラップウッド風にしたり。塗装後ヤスリを使いエイジング加工も施されていますよ◎

合板と組み合わせてごみ箱に。

セリアの解体すのこ4枚分と合板1枚でつくるごみ箱です。

すのこは解体後に長さを全て半分にカットし4枚の板になるようボンドで固定。後は底面となる合板と組み合わせれば、あっというまに完成ですよ♪

塗装はオイルステインのウォールナット。装飾にはアングルが使用されています◎長さを切るとすのことは思えない可愛い表情がたのしめますね♡

ベニヤ板を足してティッシュボックスに。

解体したすのこ板を、長いものを6本。短いのを4本に切りそろえ長方形のボックスに組み立て、たら穴を開けたベニヤ板の蓋を被せるとティッシュボックスの完成です!

ここでは、ドリル×サンダーで蓋の穴を開けられていますが道具ナシではちょっと大変。その場合は、開口部が出来るよう4つのパーツを組み合わせてつくると簡単ですよ◎

ALL100均!+板材でお手軽コーナーシェルフ

解体したすのこ板と、ダイソーの板材(15×45cm)1枚でつくるコーナーシェルフです。

難しそうなイメージですが実は簡単♡このようにすのこは3本を板状に組み直し、切り出した三角形の板と一緒にボンド×画びょうで固定すれば完成です!

色は、ホワイトで塗装しブライワックスで汚し加工が施されています。アンティークな風合いが素敵ですね♡

異素材と組み合わせればクオリティも急上昇

100均材料3つだけでドリップスタンドが出来る!

このお洒落なドリップスタンド。材料はなんと鍋敷き・すのこ・まな板スタンドの3つだけ!しかも簡単♡

すのこは板3本分の幅。まな板スタンドの長さに合わせてカットし、残りは解体。解体したものは、すのこの隙間を埋め、底面に活用しコの字に組み立てたら、他の材料を乗せて完成です!

スゴイアイデア!お家カフェが充実しそうですね♪

同じく100均材料3つでテーブルまで!

100均材料3つ。どうみてもアイアン×木製のテーブルにしかみえませんが・・なんと。脚はお馴染み積み重ね収納棚を黒のラッカースプレーで塗装されたものでした!

2枚のすのこ。片方を解体して隙間を埋めることで天板をつくられていますよ◎2色で塗り分けたブライワックスの塗装やステンシル加工もカッコイイですね♡

木箱とフォトフレームを使って工具箱に!

難しそうなイメージのツールボックスですが、上下の木箱をステーで繋ぐ加減にさえ気をつければあとは簡単です♡

解体すのこは3本をステーで固定し「蓋」として活用。フォトフレームは黒のつや消しスプレーで×赤いスタンプをランダムに押して赤錆風に仕上げられていますよ!

作り方とともに「木」と好相性のアイアン風の加工も是非参考にされてみてくださいね♪

「解体すのこ」をDIYで賢く使いこなそう!

いかがでしたでしょうか?すのこを解体するなんて何だか面倒そう・・と感じられていいた方も、簡単な解体方法に加え、これだけ幅広いバリエーションでお洒落に楽しめる。となれば、ちょっと試してみたくなっちゃいませんか♪

初心者さんでもワンランク上のDIYがプチプラ&簡単に楽しめるため是非、解体すのこのDIYを気軽に取り入れてみてください♡
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

ログイン・無料会員登録
  • As

    はじめまして。日常をちょっと楽しくしてくれるモノづくりを楽しんでいます。

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

連載記事

【連載】パリ在住のシェフ:Carrie Solomon The Socialite Familyシリーズ 〜 Episode 1

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

ダイソーやセリアなど100均のリメイク雑貨が勢ぞろい!みなさんもお休みにチャレンジしてみませんか?

2017年にもっとも見られたDIYリメイク・アイデア記事12選を特集しました。 ダイソーやセリアも手に入らない商品などもありますので、来年の再販などの参考にも役立てくださいね!