更新:2018.2.12 作成:2018.2.11

【DIYフランス編】木箱をお洒落に変身!素敵な実例アレンジ術

すのこを始め木材を使ったDIY、今では定番ですね!今回はフランスではお馴染みの、ワインケースを含む木箱を使ったDIY。アレンジ満載で生活に取り入れたくなる、実例コーディネートをお届けしたいと思います。
❤︎ お気に入り
目次
  1. 家族共用スペースで大活躍『木箱リメイク』
  2. お部屋をより『木箱』で個性的に彩る
  3. キッチンの中で存在感を放つ『便利な木箱』
  4. リビング&お部屋の中央に置く『木箱テーブル』
  5. 番外編
  6. まとめ
日本のように家庭で、すのこを使用する習慣のないフランス、もちろんDIYは健在です。ではどんな木材をアレンジしてオリジナルのDIYに取り掛かるのでしょうか?

今回は、実際に暮らす人が利用するワインケース、そしてホームセンターで手に入る木材の生活に馴染んだ、アイデアに溢れるアレンジ方法をご紹介させていただきますので、ぜひご覧ください。

家族共用スペースで大活躍『木箱リメイク』

玄関と住居スペースの段差がないフランスには、下駄箱はないところが一般的です。もともと靴を脱ぐ習慣がないのであまり必要とされていませんでしたが、最近では室内履きに履き替える人たちも増えてきているようです。
そんな時、木箱をくっつけて並べただけの収納スペースは、後付けしてもインテリアに馴染むので。素敵なアイデアです。
リビングが少し殺風景で何か足したいけど、あまりスペースに余裕がない時にお勧めの、このようなアイデア。木が子を壁掛けインテリアに改造です。ちょっとしたオブジェや植物を飾って、リビングのイメージも活発になります。
ユニットバスに収納スペースが欲しい時、置く場所が足りない時は、このように開いているスペースの活用術は参考になります。ワインケースの木材はしっかりしているものが多いので、きちんと壁に固定してタオル入れから小物入れ、活躍の場が広く便利です。

お部屋をより『木箱』で個性的に彩る

続いては実用性抜群の、お部屋編を見ていきましょう。壁掛けスタイルよりも、簡単にトライできるこのような方法。木箱やワインケースを積み重ねて作成する本棚です。
同じ大きさの箱であれば安定感も保たれて、本をたくさん収納して重くなってしまっても、耐久性はあるようです。
お洒落なワインケースは、無造作に向きも逆に配置してもインテリアとして成り立ちます。お気に入りの写真集をジャンルごとに保管して、ワインやコーヒーを飲みながら写真集を取り出して眺めるゆっくりした時間を過ごせそうな、空間の出来上がりです。
少しずつ増えてきたキャンドル類、仕舞うよりも見える場所に収納したい場合も木箱の出番です。木箱と共にウッド素材で一角をまとめて、ナチュラルインテリアコーディネートの完成です。
壁の角に添わずに木箱を設置しても全く違和感のない仕上がり方、アイデアも斬新で参考になります。
机周りのあらゆるところに定まっている木箱。本だけでなく細かい文房具などの収納にも,一役買ってくれます。散らかりがちな机の周辺はそのままにしておくと集中力も欠けてしまうので、出来るだけ整頓しておくとスッキリして気分も上がります。
ワインケースと植物が見事に調和しています。しっかりとした安定感のあるワインケースを手に入れることが出来たら、このように壁掛けのインテリアはどうでしょうか。
植物を生活に取り入れて、忙しい毎日に一息付ける時間が持てそうです。
ペンキで色を塗ると、全く違った印象になります。原型がワインケースとは思いつきにくいこのようなリメイク、お部屋にマッチしたお好みの色で変化が出来るので、バリエーションが豊富です。こんな風にアースカラーでまとめると、北欧インテリアの雰囲気も醸し出せます。

キッチンの中で存在感を放つ『便利な木箱』

収納スペースがなくてはならないキッチン、収納スペースが足りなくなったら見せる収納スペースを作ってしまいましょう。

積み重ねるこのパターン、お部屋編でもご紹介させていただきましたが、もちろんキッチンでも利用価値大です。増え続けるグラスやお皿も、種類ごとにまとめてスッキリと統一感のあるスペースに仕上がりました。
淡いブルーの壁が印象的なキッチンにも映える収納スペース。大きさごとで配置を決定し、色の効果も相乗し、バランスの取れた過ごしやすそうなキッチンです。壁には丈夫なねじで設置してあるので重いモノも収納可能です。

選び抜かれて調達したと思わせるキッチン家電や、アンティーク調のバランスを始めとする雑貨類が、持ち主のセンスの良さを感じさせてくれます。
一人暮らしのキッチンの収納スペースはさらに限られてきます。レンガの壁に設置されたワインケースは、本物のワインカーヴを思わせる出来映えです。
あえて横並びにせず無造作に設置しても、お洒落なキッチンに馴染み、狭くても食事の時間が十分に満喫出来る、スペースの完成です。
スタイリッシュなキッチンとも相性が良いワインケース。毎日使うオリーブオイル類を手の届きやすい場所に収納して、デザイン性と機能性を考えられた配置の仕方です。

リビング&お部屋の中央に置く『木箱テーブル』

4つの木箱で作るこのようなテーブル、あらゆるところで見かけました。4つのキャスターが取り付けてあるので移動も簡単、テーブル下の掃除もストレスなしで出来ます。

あえて使い込まれたようなユーズド加工の木箱をチョイスして、アンティーク調を演出してお洒落な雰囲気を出せます。
シンプルで可愛らしいお部屋にも最適なこのテーブル。中央の四角スペースに、丁度よい小さな植物を置いてアクセントになります。

選ぶ木箱の色味次第で、様々なスタイルのお部屋やリビングにも相性がいいので、アレンジも効きます。
そして箱の空きスペースも活用して、収納スペースになります。ソファや絨毯など、周りのインテリアに馴染むように古本やオブジェをさりげなく置いておくと、違和感がなく日々が過ごせます。
より安定感が欲しい場合には、同じサイズの木材を用意すると良い仕上がりになります。
季節によって気分を変えたい場合は、例えばテーブルクロスをして覆ってしまってもいいと思います。

番外編

そして常温保存可能の野菜や果物の収納ケースとしても、丁度良い大きさです。少しアレンジを加えて、野菜が取りやすいように不必要な板を2枚取り外しています。
キャスターを付けて利便性も考慮された、お洒落な野菜ストッカーが出来上がりました。
ワインケースにクッションとキャスター付の板を取り付け、スツールに変身。
オリジナリティに溢れるスツールは、インテリアの一部として部屋に置いてあっても素敵です。
個性的で斬新なアイデアは、参考になります。

まとめ

木箱とワインケースを利用したリメイク術、いかかでしたでしょうか。今回はワインケースが簡単に手に入りやすいフランスのDIYに注目をしてきました。

ワインケースを使ったDIYはいつの時代も主流のようです。運が良ければワインケースは無料で手に入り、木箱もリサイクル品などを使ってリメイクも可能なので、お財布にも優しい嬉しいアイデアです。

お洒落で簡単に出来るので、もしよろしかったら木箱で出来るリメイク法の参考の一つにしてみて下さい。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • lakki

    衣食住に関するリサーチが大好きです。

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

連載記事

【連載】パリ在住のシェフ:Carrie Solomon The Socialite Familyシリーズ 〜 Episode 1

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

ダイソーやセリアなど100均のリメイク雑貨が勢ぞろい!みなさんもお休みにチャレンジしてみませんか?

2017年にもっとも見られたDIYリメイク・アイデア記事12選を特集しました。 ダイソーやセリアも手に入らない商品などもありますので、来年の再販などの参考にも役立てくださいね!