WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

お弁当に彩りを!ゆで卵を使ったお勧めお弁当レシピを紹介!

お弁当箱を開けた瞬間に、鮮やかな黄色のゆで卵が入っているとなんだか嬉しくなりますよね。見た目だけではありません。卵はスーパーフードと呼ばれていて、栄養価もとても高いのです!
卵が持っている栄養と合わせて、お弁当にお勧めしたいゆで卵レシピを紹介していきます。 #ゆで卵 #お弁当 #レシピ

2018.2.9

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.2.9 / 作成:2018.2.7

卵はスーパーフード!

卵はとても栄養価が高い食材のため、スーパーフードと呼ばれ古くから親しまれてきました。正確には、ビタミンCと食物繊維を除くほとんどの栄養素をバランスよく含んでいて、特にたんぱく質の供給源として重宝されています。
ついついお弁当には好きな物ばかり入れてしまいがちですが、卵を加えるだけで栄養バランスが格段にアップしますよ。以下に、お弁当にお勧めしたいレシピを紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

ゆで卵は彩りも使い勝手もバッチリ!

ゆで卵の鮮やかな黄色を他の食材で代用しようと考えたら、いったいいくつ思いつくでしょうか?赤色や緑色と比べて、意外と黄色の食材は少ないのです。そのため、卵を活用していくことをお勧めします。
また卵にはゆで卵以外にも調理法があり、例えばスクランブルエッグや目玉焼きなどは食卓への登場機会も多いのではないでしょうか。しかしスクランブルエッグはお弁当メニューとしては食べにくく、目玉焼きは展開方法があまりなく他の食材との組み合わせが難しいという難点があります。そんな中でゆで卵は、食べやすく且つさまざまなメニューに登場させやすいという利点があります。
以下に、お弁当にお勧めしたいゆで卵を使ったレシピを紹介していきます。

お弁当にお勧め!ゆで卵レシピ

お弁当を彩り良く華やかにしてくれ、且つ栄養満点のゆで卵レシピを紹介していきます。

ゆでたまごのハーブ漬け

出典 

前の日から香りたっぷりのハーブ液に漬け込んでおけば、朝にはできあがっている便利なお弁当メニューです。ちょっぴりオシャレで日々のお弁当をワンランクアップさせてくれるような、ゆで卵レシピになります。写真のようにブロッコリーと合わせるも良し、トマトやキュウリなどもお勧めですよ。

ゆでたまごのタンドリー風漬け

出典 

カレー粉などを使いお馴染みのタンドリー味に仕上げているので、しっかりめの味つけで食べごたえがあります。前日から漬け込んでおけば、朝には美味しい1品が完成しています。パパッと炒めたウインナーなどの横に添えても良し、その日のお弁当メニューがチャーハンやピラフなどであれば真ん中に乗せて華やかに仕上げましょう。

カップゆで玉子

出典 

茹でた卵の黄身だけを取り出して、他の食材と混ぜ合わせて再び白身カップに戻すという、斬新で色鮮やかな1品に仕上がっています。マヨネーズも混ぜ込んであるので、とてもマイルドです。こんなオシャレで可愛らしいゆで卵が入っていたら、お弁当の時間が楽しくなること間違えなしです。ミックスベジタブルを使うことで時間短縮になるので、忙しい朝にピッタリですよ。

照り焼き玉ねぎ--とろ~りゆでたまご添え--

出典 

調味料を合わせて煮立て、しっかりめの照り焼き味を作り出しています。玉ねぎだけでももちろん美味しいですが、見た目が少し寂しいですよね。そんな時に、大活躍する鮮やかなゆで卵になります。玉ねぎは小玉ねぎを使うと、お弁当に入れやすくなりますよ。他に、輪切りにした山芋やナスなどでも良く合いそうですね。

【定番】ゆで卵の卵サンド

出典 

マヨネーズのマイルドな味を塩コショウで整えた、シンプルな味わいになります。今日のお弁当はサンドイッチが食べたいという時には、ほとんどのご家庭の冷蔵庫に入っている卵を使って、卵サンドを作りましょう。

ゆで卵はお弁当の王道メニュー

ゆで卵レシピの紹介はいかがでしたでしょうか?彩りの良さや栄養価の重要性が伝わっていたら、幸いに思います。是非、お弁当メニューの1品にゆで卵を活用してみてくださいね。
 

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • aya_ayachin0426

    お料理大好き二児のママです。母として、管理栄養士として、日々の料理を楽しんでいます。