更新:2018.2.7 作成:2018.2.6

つるん!とむける≪ゆで卵のむき方≫とゆで卵を使った簡単レシピ

誰でも簡単に作れる卵料理「ゆで卵」料理に使う時に少し面倒なのがゆでたまごの殻をむくことですよね。失敗して卵がボロボロになってしまったら台無しです。そこで今回は、きれいに向けるゆで卵のむき方と、ゆで卵を使ったレシピをご紹介します。
❤︎ お気に入り
目次
  1. 基本のゆで卵の作り方
  2. キレイにむくには○○するだけ!
  3. 【サラダ】ゆで卵を使った人気のサラダレシピ
  4. コツあり!コクうま♡我が家のカボチャサラダ
  5. 【パン×ゆで卵】ゆで卵で簡単ランチ&朝食レシピ
  6. 【おかず】夕食やおつまみに♪ゆで卵っを使ったおかずレシピ
  7. キレイにむけたゆで卵で料理をおしゃれに彩ろう!

基本のゆで卵の作り方

まずは基本のゆで卵のゆで方を覚えておきましょう。

卵は常温に戻したものを使います。冷たいままだと卵がひび割れる原因となってしまうので、ゆで卵を作る前に冷蔵庫から出しておきましょう。

茹でるときは水から茹でましょう。沸騰したものに入れるレシピもあるようですが、基本的には急激な温度変化がひび割れの原因となるため、水から茹でることをお勧めします。
鍋に卵を入れ、玉子が被るぐらいの水を入れたら火にかけます。

沸騰してきたら少し火を弱め、固めなら約10分、半熟なら約7分茹でましょう。
レシピには15分の茹で時間で書かれていますが、調理器具によって多少時間が前後するため、きっちりと固めのゆで卵を作りたいときは15分で作ってみてください。

キレイにむくには○○するだけ!

卵がゆでられたら、ゆで卵をむいていきましょう。

ゆで卵の殻が卵にくっついてボロボロになってしまったなんて経験はありませんか?それを防ぐには、【茹でた後にすぐに冷水につける】それだけで解決します。
ゆでたての卵は中身が膨張していますが、冷水で冷ますことで卵が引き締まり、殻と卵の間に隙間ができやすくなり、むきやすくなるのです。

すぐに食べる場合は、ゆであがった後に少し卵にひびを入れて冷ますとよりむきやすくなります。

たったこれだけで殻が向きやすくなるので、是非やってみてください。

【サラダ】ゆで卵を使った人気のサラダレシピ

キャベツとゆで卵のサラダ。

千切りのキャベツに、ゆで卵とツナを混ぜた和風コールスローのようなサラダです。

キャベツを千切りにすることで、しっかりと具材やマヨネーズが絡み、たくさん食べられます。応用で、かにかまやハムなどを混ぜてもおいしく作れます。

冷めてもくっつかない♡『デリ風♡チーズマカロニサラダ』

まるでデパ地下に売っているような、マカロニサラダのレシピです。ゆであがったマカロニにオリーブオイルを混ぜることで、冷めてもくっつかない!

粉チーズを混ぜることでより濃厚な味に仕上がります。

混ぜるだけ!ブロッコリーとゆで卵のカレー風味サラダ*

ブロッコリーとゆで卵でシンプルに仕上げたサラダに、カレーを加えることでワンランクアップのサラダができます。

ブロッコリーはビタミンCが豊富に含まれている野菜。美肌効果が期待できます。

コツあり!コクうま♡我が家のカボチャサラダ

玉ねぎとかぼちゃの甘みで野菜嫌いの子供でも食べやすいサラダです。

卵とチーズでコクがアップ◎スライスチーズをクリームチーズにアレンジするとデリ風サラダに!野菜の甘さをベーコンの塩気がより引き立たせます。

【パン×ゆで卵】ゆで卵で簡単ランチ&朝食レシピ

【定番】ゆで卵の卵サンド

卵とパンの組み合わせと言えば、玉子サンドですよね!大人から子供、男女問わず人気の料理です。

ゆで卵に酢を加えて殻をむきやすくする工夫がレシピに記載されています。冷水で冷やす方法と合わせて行うことでむきやすさアップ◎

ツナと卵のスッタフドバゲット

ツナ、ゆで卵、クリームチーズなどを混ぜたものをくりぬいたフランスパンに詰めた贅沢な一品。見た目も可愛く、おもてなし料理としても最適!

ランチに食べるのはもちろん、ワインのおつまみとしても活躍します。

アボカドとスモークサーモンのサンドイッチ

アボカドとサーモンの相性は抜群!そこに卵を加えてボリューミーに仕上がります。

まるでカフェ風のサンドイッチですが、切るだけ、混ぜるだけの簡単メニューです。マスタードを塗ることで味が引き締まり本格的になります。

たまごサラダパンの隠し味♡新食感で大人味♡

コッペパンを使った卵サラダパン。コンビニなどでもよく見かけるものですが、こちらのレシピは手作りならではの工夫がされています。

それは、らっきょうを加えること。シャキシャキ食感がプラスされ、やみつきになります。

【おかず】夕食やおつまみに♪ゆで卵っを使ったおかずレシピ

アスパラガスとゆで卵のチーズ焼き

みずみずしいアスパラガスに、ゆで卵とチーズをのせて濃厚な仕上がりに。とろーりとしたチーズと、生クリームで作ったソースがアスパラに絡んで絶品!

子供の夕食に、大人のワインのおつまみに◎

ご飯がすすむこと間違いなし!たまごの肉巻き生姜焼き♡

肉の中から半熟に茹でた卵がトローンと出てきて、玉子好きにはたまらないレシピです。ごはんに乗せて食べると、何杯でもお替りしちゃいそうです♪

肉は天丼のたれを使って取ってもシンプルで簡単!肉も少ない量で作れるので、節約にも◎

お肉がホロホロ♡『手羽元と卵の甘辛煮込み』

スーパーで安く手に入る手羽元にゆで卵をプラスして甘辛く煮た、節約しながらガッツリ系和食のレシピです。

フライパン一つで簡単に作れます。手羽元は一度焼いてから煮込むと旨味とコクがアップします。

フライパンミートローフ

オーブンで焼くイメージがあるミートローフですが、フライパンでも簡単に作れちゃいます!中にゆで卵を入れて豪華に仕上げましょう。

キノコを加えることでコリコリの食感がプラス。一度にたくさん作れるので、おもてなし料理にも!

キレイにむけたゆで卵で料理をおしゃれに彩ろう!

ゆで卵を加えると、どんな料理もボリューム&コクがアップして、子供も食べやすい味に変身します。

せっかくのゆで卵がボロボロだと見た目も悪くなってしまうので、きれいにむくコツをうまく利用しながらツルンとしたゆで卵を作ってください。

キレイにむけたゆで卵で、食卓をおしゃれにいろどりましょう♪

紹介したレシピも是非参考にしてください!
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

ログイン・無料会員登録
  • ponta20170213

    美容と健康オタクのアラサー女子pontaです☆ 趣味は料理作りで、毎日レシピをブログに書き留めています...

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

連載記事

パリ在住のシェフ:Carrie Solomon The Socialite Familyシリーズ

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

ダイソーやセリアなど100均のリメイク雑貨が勢ぞろい!みなさんもお休みにチャレンジしてみませんか?

2017年にもっとも見られたDIYリメイク・アイデア記事12選を特集しました。 ダイソーやセリアも手に入らない商品などもありますので、来年の再販などの参考にも役立てくださいね!