更新:2018.2.6 作成:2018.1.31

簡単かわいい♪ヘアバンド・カチュームの作り方まとめ

ヘアバンドを手作りしましょう♪意外と簡単に作れますよ。おすすめレシピをご紹介します。
❤︎ お気に入り
目次
  1. リボンがかわいい!ヘアバンド
  2. インパクト大!の、幅広タイプ
  3. オシャレ!クロスタイプのヘアバンド
  4. まとめ
数年前からよく見かけるようになったヘアバンドですが、まだまだ流行っていますね!
ちょっとはねている短い髪の毛を隠すにもちょうどよく、手軽で見た目もかわいい!
もちろん、洗顔時やリラックスタイムに、前髪を上げるのにも便利です。

色々な種類が売っていますが、簡単に手作りもできるんですよ!
お気に入りの布で、作ってみませんか?

まずは、リボンタイプからご紹介します。

リボンがかわいい!ヘアバンド

バンダナアレンジのヘアバンド

バンダナを使用したヘアバンドも人気があります。
元々縫ってある布端をうまく利用するので、縫う箇所が少なくて済みますよ。

リボンは別パーツで、本体に結びます。
リボンを結ばずに、シンプルなヘアバンドとして使うことも出来るので、1度作ると2パターン楽しめます。

作り方は、↓のリンクからご覧ください。

ヘアゴム使用で、より手軽に♪

リボンタイプのヘアバンドは、このように、ゴムを入れるパーツを別に作り、本体とつなげるレシピが一般的ですが、ゴムパーツを作らず、ヘアバンド本体に、ヘアゴムを通すレシピもあります。
作るパーツが1つ減るので、手軽に作れますね。

作り方は、↓のリンクからご覧ください。

サイズ調整可能なリボンタイプ

パターンショップ「Rick Rack」さんの有料レシピです。
こちらは、完成すると、ゴム部分を中心に、リボンパーツが左右につながって、1本の状態になります。
それを、頭のサイズに合わせて縛るので、お好きなサイズに調節することができます。
1本になるので、お洗濯後のアイロンもかけやすいです。

ベビー・キッズ・レディースと、サイズも揃っているので、親子でお揃いが楽しめますよ♪

ゴムパーツがないタイプのヘアバンド

こちらのレシピは、ゴムを入れるパーツがありません。
本体に直接、ゴムを入れ込むタイプです。
継ぎ目ができないので、見た目がすっきりしています。

ワイヤー入り♪うさみみヘアバンド

しっかりした「うさ耳」を作りたいときは、中に手芸用のワイヤーを入れるといいですよ!
形が保たれるので、思い通りの「うさ耳」を作ることが出来ます。

作り方は、↓のリンクからご覧ください。
次は、幅広タイプをご紹介します。

インパクト大!の、幅広タイプ

パターンショップ「Rick Rack」さんの有料レシピです。
幅が広く、大きなリボンが目を引くデザインです。

シンプルな幅広タイプ

特に飾りのない、ターバンのようなシンプルな幅広タイプも、よく見かけますね。
好みの幅で作れば、髪の毛の気になる部分も上手に隠せます。

作り方は、↓のリンクからご覧ください。

動画で見る、ヘアバンドの作り方

こちらもシンプルな幅広タイプです。
動画で見たい方はこちらをどうぞ♪

次は、最近よく見かける、クロスタイプをご紹介します。

オシャレ!クロスタイプのヘアバンド

こちらの動画では、手縫いで作成されています。
ゴム部分がちょっと大変ですが、手縫い派の方もぜひ!
 

表裏で生地を変えても♪

パターンショップ「Rick Rack」さんの有料レシピです。
表と裏で生地を変えると、ちらっと裏側が覗くのがかわいいですね。
Rick Rackさんのパターンは、仕様書がとても丁寧でわかりやすいので、初心者の方にもおすすめです♪

縫わずに作れるヘアバンド

こちらは、まさかの縫わずに作れるタイプです。
Tシャツなどの伸びる生地を使うことで、ゴムも使わずに作られています。
お裁縫は苦手だけど、作りたい!という方におすすめです♪

まとめ

いかがでしたか?
意外と簡単に作れるヘアバンド。
我が家では、子供用に、季節やイベントごとに作っていますよ。
お好きな生地で作ってみてくださいね!
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • daichigon

    2児の母です。 子育ての合間にハンドメイドを楽しんでいます。

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

連載記事

【連載】パリ在住のシェフ:Carrie Solomon The Socialite Familyシリーズ 〜 Episode 1

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

ダイソーやセリアなど100均のリメイク雑貨が勢ぞろい!みなさんもお休みにチャレンジしてみませんか?

2017年にもっとも見られたDIYリメイク・アイデア記事12選を特集しました。 ダイソーやセリアも手に入らない商品などもありますので、来年の再販などの参考にも役立てくださいね!