更新:2018.1.29 作成:2018.1.27

暮らしの参考になる『北欧インテリア』特集

「北欧インテリア」と聞いてまず何を思い浮かべますか?寒い国で誕生した温かみのあるこのスタイル、今では小物から家具まで取り入れていられる方も多いと思います。今日はインテリアのスタイルの定番の1つである北欧インテリアに、復習もかねて注目していきたいと思います。
❤︎ お気に入り
目次
  1. 北欧インテリアの発祥地は?
  2. 北欧インテリアの色使い
  3. 温かみのある照明
  4. 置くだけで北欧スタイルに近づける
  5. まとめ

北欧インテリアの発祥地は?

北欧インテリアとは、ヨーロッパの北に位置するデンマーク・スウェーデン・ノルウェー・フィンランドの4国のデザインを指します。北欧は寒い季節が長く冬の日照時間は短いので、家にいることが多くなります。そこで長時間過ごす空間を快適にすることを求めたのが、北欧インテリアのスタイルとなっていったようです。

北欧インテリアの色使い

丸みのある脚のテレビ台やラックそしてスツールが北欧感を高めている、春らしいコーディネートになりました。北欧インテリアの基本はシンプルで機能的、そして天然木の温かみ。そしてアースカラー(地球の大地や植物などをイメージした、青色、緑色や茶色系)を取り入れることが特徴的です。
基本である木目調の床にシンプルかつ座り心地のよさそうなソファ。丸みを帯びたフォルムのソファーに、丸いクッションとともにグレーと青で組み合わせて見事に調和がとれていますよね。個性的なデザインの円形のラグがまたアクセントになっていますよね。居るだけで落ち着く、そんな力がアースカラーにはあるように思えます。
こちらは1960年代の北欧ヴィンテージをイメージしたスタイリングとなっているようです。総革張りのソファが高級感を、ビビットカラーの小物が親近感を持たせてくれて上手に調和されていますよね。もう一つの北欧スタイルの基本としてシンプルなインテリアの中に赤、青、黄色などのカラフルな色をアクセントとして取り入れる事も重要ポイントです。

温かみのある照明

冬の北欧は15時には日が沈んでしまいます。そこで必要不可欠な灯りは、温かみのある照明が好まれているようです。北欧デザインと呼ばれる照明にはお洒落なデザインもたくさんあります。
温かみのあるキャンドルは北欧インテリアにはよく合います。こちらはデンマークのブランド、HOLMEGAARD(ホルムガード)のキャンドルランタンの新色「スモーク」。ホルムガードは1825年に創業した伝統と歴史あるデンマーク王室御用達のガラスブランドです。たまには時間を忘れてこんな素敵なキャンドルと、ゆっくりとした時間を過ごしてみたいですよね!

置くだけで北欧スタイルに近づける

曲げ木のチェスト 価格 ¥19,900~¥23,900 (税込)

こちらの曲木チェスト、色は写真のナチュラルの他にダークブラウンがあります。収納力のある引出し5段、オープン4段のと引出し3段とオープン棚を組み合わせた3タイプの中からお好みで選べるスタイルとなっているようです。丸みを帯びた気が温かさを演出してくれますよね。

すっきりとしたまるみの北欧調スツール・ベンチ 価格 ¥6,990~¥9,990 (税込)

すっきりとしてあたたかみのある天然木を使ったこちらの一人掛け用のスツール(幅40cm)とベンチ(幅90cm)丸みが優しいデザインですよね。フラットな座面で奥行も薄いので、花を置くなど飾り台としても活躍します。家の中のどこの部屋にも相性が良さそうで、使い道も色々ありそうですよね。

KAHLER/ケーラー/キャンドルホルダー(クラシック) 3,240円(税込)

創業1839年のKAHER(ケーラー)はデンマークの陶器メーカーで、最先端の技術とデザイン力で有名です。見ているだけで癒されるこのキャンドルホルダー、手のひらにも載るくらいの大きさなので、部屋を選ばずに持ち運びできますね。家の形をしていて、キャンドルを灯すと窓から光が漏れているかのようにも見えます。使わない時はオブジェとして部屋に置いとくだけで存在感がありますよね。

KLIPPAN |クリッパン ウール ベビースロー ハーバル ネイビー/イエロー 9,000 円 (税込 9,720 円)

KLIPPAN(クリッパン)1879年にスウェーデン南部に設立され、紡績、染色、織りそして製造までをすべてを自社工場で行っており、一貫した品質管理で高品質な製品を作り続けている毛糸メーカーです。素材を厳選し、ニュージーランド産のエコウールを使用しているこちらのブランケット一度手にしたら離せそうもない、そんな1枚になりそうですね。

まとめ

世界中から注目を集めている北欧インテリア。暮らしを豊かにすることを第一に考え、質の高いデザイン性を保ちながらも、家具や雑貨には実用性もきちんと考えられて作られています。この魅力的な北欧スタイルにこれからも目が離せませんよね!
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • lakki

    衣食住に関するリサーチが大好きです。

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

連載記事

【連載】パリ在住のシェフ:Carrie Solomon The Socialite Familyシリーズ 〜 Episode 1

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

ダイソーやセリアなど100均のリメイク雑貨が勢ぞろい!みなさんもお休みにチャレンジしてみませんか?

2017年にもっとも見られたDIYリメイク・アイデア記事12選を特集しました。 ダイソーやセリアも手に入らない商品などもありますので、来年の再販などの参考にも役立てくださいね!