WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

100均アイテムでお手軽に!素敵なバスケットギフトを贈ってみませんか?

お菓子やマグカップなどちょっとした贈り物を贈るときにバスケットギフトを利用したことはありますか?中身が見えやすいのでとても華やかな印象になって人気のラッピング方法です。今回はそんなバスケットラッピングの素敵な例と100均アイテムでできるバスケットラッピングをご紹介していきます。 #100均 #ギフト #プレゼント

2018.2.16

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.2.16 / 作成:2018.1.24

お菓子やマグカップなどちょっとした贈り物を贈るときにバスケットギフトを利用したことはありますか?中身が見えやすいのでとても華やかな印象になって人気のバスケットラッピング。今回はそんなバスケットラッピングの素敵な例と100均アイテムでできるバスケットラッピングをご紹介していきます。

リボンのひと工夫で華やかに!素敵なラッピング術をご紹介

同系色をベースにプレゼントを際立たせて

アイシングクッキーが特徴的なミントカラーでピンクをベースとしたラッピングのアクセントになっています。シンプルなバスケットにリボンとローズを置くだけでとても華やかなラッピングになりますね。こんなラッピングができたら贈り物も楽しくなりそうです。

中身にぬいぐるみを入れてキュートに

カラフルなバスケットをラッピングしたギフトにはかわいいクマのぬいぐるみがあります。バスケットがカラフルでぬいぐるみに目が行くのでラッピングも細めのリボンを使ってシンプルにされています。カードを一緒に括り付けておくとアクセントになって素敵ですね。

リボンにアクセントカラーを取り入れて

持ち手つきのバスケットは丸ごとラッピングすることもできますが、プレゼントの中身だけをラッピングしてブーケのようにすることもできます。カゴごと花柄の袋でラップしたものを大きなリボンでラッピングすることで大きな花束のように華やかになりますね。

紐のグラデーションでシンプルに

贈る相手によってラッピングは雰囲気を変えることが出来るのが魅力です。青系カラーのグラデーションリボンが印象的なラッピングは男性に向けたプレゼントやちょっとした贈り物にぴったりです。

装飾をシンプルにすることでスッキリと

細めの紐とナンバータックを使ったシンプルなバスケットは爽やかさを感じさせるラッピングになっています。リボンやタックを変えるだけでも柄っと印象が変わるので好みのデザインを考えるのも楽しいですね。

パックをアレンジしたラッピング

クラフトパックをそのままリボンを結んでラッピングした簡単ラッピングです。植物の葉をリボンの後ろに置くことでシンプルなパックのアクセントになってくれます。シールを貼るだけでも印象が変わりますね。

花束のようにファンシーに詰め込んで

レースやフェルトのポンポンがファンシーなキャンディーバスケットです。入れるものが華やかな色合いなので全体を包むラッピングでなくてもプレゼントの中身がカラフルでそのまま持っていけます。

掛け紙をするだけでちょっとした手土産にもなるんです

ちょっとした手土産でバスケットラッピングをするときにはカゴにちょっとリボンをかけて掛け紙をするのも素敵です。箱詰めでなくバスケットに掛け紙をするだけとってもお洒落な雰囲気になります。贈る相手の反応が楽しみになるラッピングですね。

色合いを変えるだけで用途も変えられる

最近ではお供え菓子にバスケットを持っていく人も増えてきました。ピンクのような暖かみのある色でなく紫をベースにすることでお供え物として持って行っても違和感のないラッピングになります。カラーを考えてラッピングすることも大事ですね。

バスケットをラッピングしてキャンディーのように

持ち手つきのバスケットを不織布で包み込むことでキャンディーのようにかわいらしいラッピングになります。大きなバスケットに合わせた造花を付けることで華やかさが一気に増します。

100均アイテムで簡単ラッピング方法をご紹介

【材料・道具】

100均アイテムでできるラッピングの材料はこちらになります。

・バスケット(今回は後々使い勝手がありそうなデザインの物をチョイスしました)
・OPP袋(ラッピングするときに使用される透明な袋)
・リボン(お好みのデザインの物を使用)
・フェイクフラワー(造花などで華やかさが出ます)

【あると便利なもの】

・ラッピング用の針金
・緩衝材

今回はダイソーで購入できる材料でラッピングしています。

① 使用するバスケットに合わせてリボンや装飾品を決める

今回は甘いものが好きな人に向けてのプレゼントと想定したラッピングをしました。コーヒーリキュールとボンボンチョコの詰め合わせをバスケットギフトにしてラッピングしていきます。バスケットの大きさや材質は容量や好みで選ぶとよいと思います。今回は後々も使えそうなグリーンのカトラリーケースをバスケットとして使用しました。意外と大きく隙間が空きそうだったので緩衝材とアクセントにフェイクフラワーを中に入れています。レイアウトを少し変えるだけで大人っぽい雰囲気になってくれました。

② OPP袋に入れてリボンを掛ける

中身のレイアウトや配置を決めたらOPP袋というラッピングによく使用される透明な袋に入れます。今回は横長で縦に入らなかったので横にバスケットを入れています。入れたらリボンを掛けていきます。大き目のリボンに茶色をチョイスしてすこしかわいらしさの中に大人っぽさを演出しました。大きいリボンはそのまま結ばずに細いリボンでリボンの形のまま固定するときれいな仕上がりになりますよ。

バランスをみてリボンの形を整える

太いリボンの形をある程度整えたら細いサテンリボンの蝶結びをします。この時にきれいに形を整えておくと仕上がりがとてもきれいになります。今回は両面同じデザインのリボンだったので簡単に結ぶことが出来ました。片面に文字が書かれたようなリボンなど結び方が特殊なものもあるので注意してくださいね。下に動画で説明があるので参考にしてみてください。

④ 造花やシールで仕上げる

リボンの形を整えたら造花をあしらったり贈り物のカードやシールで仕上げをします。今回は細長いバスケットに入れたので両方にリボンをつけて二つ結びのようなラッピングにしてみました。リボンの色合いが多い時に花などをたくさんつけるとうるさい印象になってしまうので小花をちょこんとつけるシンプルな仕上がりにしました。袋やリボンののたわみを簡単に手直しして完成です。

※ カラーリングを変えるだけで雰囲気が変わる

主となるリボンの色を赤から青に変えてみました。青になるとかわいらしい印象よりも大人っぽさが際立って男性に向けてのプレゼントに良さそうな印象になりますね。

さわやかな水色のサテンリボンに変えてみました。茶系色のリボンに水色がアクセントになっていて若い人に向けてのプレゼントにも良さそうな印象になります。

ご紹介してきたラッピング方法もリボンの色を変えるだけで全く違った印象になります。1箇所のリボンの色を変えただけでも印象が変わるので自分好みのカラーリングを見つけてみてください。

バスケットを使ったラッピングをしている動画です。

落ち着いた色合いのリボンとバスケットを使って素敵なラッピングをしている動画です。リボンの結ぶ順番やポイントがわかりやすく説明されています。ぜひ参考にしてみてください。

意外と知らない人も多い片面リボンの結び方を説明している動画です。

リボンのデザインによっては片面しか文字や模様がプリントされていなかったり両面で色が違ったデザインのものがあります。じつは両面デザインのリボンの結び方と少し違いがあります。そんな片面リボンの結び方を詳しく説明している動画になります。ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?バスケットを使ったラッピングは使用するバスケットやリボンなどで全くイメージが変わってきます。最近は100均で販売されるラッピングの道具も種類がとても豊富になっています。季節に合わせたラッピンググッズも販売されているので是非チェックしてみてラッピングを楽しんでみてはいかがでしょうか?

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • soramamemame

    はじめまして。soramamemameと申します。 手芸やお菓子作りが趣味です。普段からレジンアクセサリーを...