WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

毎日のお弁当作りが楽チン♪野菜メインで冷凍できる【作り置き】レシピ

大盛りサービスで買った野菜が、冷蔵庫の片隅に眠っていませんか?「ごめんね…」と処分する前に、週末など時間がある時に作り置きしましょう!冷凍もできるレシピなので、3週間は保存できます!お弁当に、おつまみに、野菜不足解消に重宝しますよ♪
#作り置き #お弁当 #レシピ

2018.1.20

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.1.20 / 作成:2018.1.19

外食やコンビニ食が続くと、どうしても不足しがちになる野菜。

毎日、しっかり野菜を食べたいけれど、洗ったり刻んだりしなくちゃいけない野菜料理は、どうしても時間と手間がかかります。

そこで、解決策!

時間がある時にまとめて作る【作り置き】です。

さらに、冷凍すれば、冷蔵保存では通常3日だけの保存期間が、2〜3週間にも延びるんです♪

今回は、
  • 冷蔵庫に置き去りにされがちな「キャベツの作り置きレシピ」
  • 鮮やか!お弁当に彩り添える「にんじんの作り置きレシピ」
  • アンチエイジングに期待大「ピーマンの作り置きレシピ」
をご紹介します。
 

冷蔵庫の常連野菜【キャベツの作り置き】レシピ

うま塩おかかキャベツ【作りおき】

日本人なら誰でも大好きな鰹節をまぶした、キャベツの作り置きレシピです。

キャベツは一年中手に入りやすい野菜の一つ!どこのご家庭にでも、冷蔵庫にひっそりと保存されていることが多い野菜です。

キャベツがしなびてしまう前に、ごま油で炒めて冷凍保存!

淡白なキャベツも、鶏ガラとおかかの風味で、ご飯もすすみます♪

レンチンでカンタンに♪キャベツのだしカレー味常備菜

出典 

子供も大好きなカレー味!コーンの甘みも加わって、飽きずにたっぷり食べれる作り置きレシピです。

作り方は、ザクザク切った野菜を電子レンジ加熱するだけ!最後に加えるバターの香りが、食欲をそそります!

味付けはめんつゆなので万人好み。和風・洋風のメニューにも合う一品です。

一分レシピ・キャベツとツナの塩昆布炒め。

出典 

塩昆布から出る旨味成分と、ツナ缶のタンパク質成分がコラボした作り置きレシピです。

キャベツは淡白な味の野菜ですが、コクうまな味付けで、思わず箸が進みます♪

作り方も、材料を加えながら炒めていくだけなので、超簡単!

材料さえ揃えれば、調理時間もなんと1分の時短レシピです。

キャベツと桜えびのチーズ和え 【作りおき】

出典 

たまには、イタリア〜ンなキャベツの作り置きはいかがでしょうか?

仕上げにチーズとオリーブオイルを混ぜれば、ワインにもぴったり。

から炒りした桜えびも入っているので、カルシウムもたっぷり。

香ばしい香りのアクセントも嬉しい、おしゃれな野菜レシピです♡


 

スマホ老眼?だったらルテイン野菜【にんじん作り置き】レシピ

人参のカレーきんぴら☆お弁当*作り置き

出典 

にんじんに含まれるルテインは、現代人の疲れ目の救世主って、ご存知でしたか?

ルテイン作用を高める調理法は、オイルで炒めること。

ごま油で野菜を炒めることで、にんじんの持つクセも和らぎます。

さらにカレー粉、ちくわ入りで、子供たちもパクパクの作り置きレシピ♪

色も鮮やかなので、お弁当もパッと明るくなります!

にんじんとクリームチーズのサラダ

出典 

チーズの深いコクとクリーミーな味わい!誰でもトリコになっちゃう作り置きレシピです。

さらに、クルミも加わることで歯ざわりもよくなり、オメガ3脂肪酸もとれる野菜のおつまみにもなります♪

ただ、一点ご注意を!

チーズが分離することもあるので、解凍する時は電子レンジのご使用は避けて、自然解凍してくださいね!

キャロットラペ

出典 

「ラペ」とは、千切りニンジンをワインビネガーやオリーブオイルで味付けしただけの、簡単サラダのこと。

さっぱり味なので、重い料理の付け合わせに最適です♪

シンプルな作り置きだからこそ、ポテトサラダや野菜サラダの彩りとして、サンドイッチの具材として、ワインのおつまみとして使える、守備範囲の広いレシピです!

 

しょうが風味の無限にんじん

出典 

最近では、ご飯がどんどん進む、野菜を使った無限レシピが人気です。

甘みを感じるにんじんも、ショウガのピリ辛感とツナのコクで、「無限野菜」の仲間入りです♪

作り方も、材料を全部混ぜて2分強のレンジ加熱で完成するお手軽さ!

ショウガの爽やかな香りに加えて、彩りも美しいので、お弁当用作り置きに最適です。

ビタミンCでアンチエイジング【ピーマンの作り置き】レシピ

お弁当にも。ピーマンの黒胡麻たっぷりナムル(夏の養生常備菜)

出典 

ピーマンのビタミンC量は、野菜の中でもトップクラスってご存知でしたか?

美白や美肌に役立つピーマンに黒ゴマを加えて作り置きすれば、アンチエイジング効果も最強!

ナムル風の美容レシピで、老化に歯止めをかけましょう!

ご飯もビールも止まらないっ!『ピーマンの塩コンバター』

出典 

千切りピーマンに、塩昆布とバターの旨味を染み込ませた、作り置きレシピです。

野菜のバター炒めもコクがあって美味しいのですが、クセのあるピーマンに塩昆布を合わせると、お酒のおつまみにもイケる一品となります。

さらに、レモンの爽やかさとピリッとした黒胡椒効果で「無限ピーマン」を上回る美味しさを楽しめます♪

パプリカと卵の中華風なレンジ常備菜。

出典 

赤と黄色のパプリカ(ピーマン)を使った、カラフル作り置きレシピです。

パプリカは、色鮮やかなだけではありません。甘みも程よくあるので、ピーマンが苦手な子どもたちにも人気の野菜なんです。

ごま油で電子レンジ加熱した卵も、ふっくらの仕上がり♪

加熱してもパプリカは変色しないので、お弁当にもぴったりです。

野菜たっぷり♡我が家の肉味噌♡

出典 

肉味噌って、ご飯に乗せる以外にどんな利用法があるの?と思っている人も多いはず。

たっぷり作り置きしておけば、淡白な野菜と炒めたり、豆腐丼にしたり…と、利用価値大なんですよ♪

このレシピは豆板醤も使っているので、ピーマンの独特の香りとピリッとした風味で、ビールのおつまみにも最適です。

まとめ

野菜は加熱した後に冷凍すれば、食感の劣化は最小限に抑えられます。

例えば生のにんじんは、乱切りなど厚めにカットして冷凍すると、解凍後の口当たりが悪くなりますよね。

でも、加熱後に冷凍することで、変色や乾燥、味の変化を避けることができます。

どうして生のままで冷凍したい時には、千切り、いちょう切り、薄切りなどにして保存することをオススメします。

また、冷凍するときは、まずしっかりと冷ましましょう。

そして、急速に冷凍できるように、
  • ジップロックなどに薄く平らに入れる
  • 金属トレイの上に並べて冷凍する
などの工夫をすると、より早く冷凍でき、素材の味も損なわれにくくなります。

お弁当用にするときは、電子レンジ対応の小さなカップに入れて冷凍します。
この方法だと、朝は電子レンジで解凍してから、そのままお弁当箱に入れることができるので便利ですよ♪

 

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • ottore

    インテリアも食生活もシンプルを目指す、駆け出しミニマリストです。