WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

お肌をもっちり保湿に!スキンケアテクニック

冬になると乾燥しがちな肌。そんな乾燥にも負けず、もちもち肌を目指しましょう!いますぐ実践できるスキンケアテクニックをご紹介いたします!! #スキンケア #保湿

2018.1.13

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.1.13 / 作成:2018.1.13

誰もが憧れ!もちもち肌

出典 o-dan.net

女性なら誰もが手に入れたいもちもち肌。
冬はとくに乾燥しがちで肌がカサカサ…なんて方も多いのでは??
そんなとき、スキンケアアイテムを高いものに変えようと考える方も多いのではないでしょうか。
高いものが良い訳ではないんです!
ちょっとしたスキンケアテクニックを知っておけば、肌への潤いを取り戻すことができますよ♡
日々のスキンケアを見直してみてくださいね♡

基本的なスキンケア

まずは基本的なスキンケア方法をご紹介いたします。
毎日おこなうことなので、日々の積み重ねが大事になってきます。
スキンケアの正しい方法を知ってもちもち肌をゲットしたいですね♡
基本はとっても大切なのでおさらいしましょう!

洗顔

洗顔は”ぬるま湯”が基本です。
熱いお湯では皮脂の余分な油まで落としてしまうので、あくまで人肌程度のぬるま湯にしましょう!
洗顔料を使用しても良いですが、敏感肌や乾燥肌の方は朝はぬるま湯洗顔のみをおすすめします!!
また、汚れを落とそうとゴシゴシ洗ってしまうのはNG。ゴシゴシと洗うと肌を傷つけてしまうので、洗顔料を使う場合は泡でそっと包み込むように優しく洗いましょう。
自分の肌に合わせて行ってみてくださいね♡

大切なのは、メイクをきちんと夜のうちに落として寝ることです。

保湿ケア

洗顔のあとはなるべく早くに保湿ケアをしましょう。
そのまま放置しておくと乾燥がひどくなってしまいます。
化粧水、乳液の順にハンドプレスでしっかりと肌になじませていきます。
パンパンと叩くのではなく、両手で優しく包み込むように行うのがポイントです。
化粧水はケチらずにたっぷりと使うことでしっかりと保湿ができますよ♡

コットンパック

朝や夜、少し時間がある時におこないたいのがコットンパック。
化粧水をたっぷりコットンに含ませて5〜10分パックをしましょう。
肌の調子が全然違いますよ!
毎日が理想ですが、週に何回かでも肌がもちもちになりますよ!
コットンよりも保湿力は若干落ちますが、ティッシュパックもおすすめです。ティッシュに化粧水をたっぷり含ませて肌にのせるだけ♪鼻と口の部分を少し破って呼吸できるようにします。簡単なので試してみてくださいね。

マッサージで血行促進

出典 o-dan.net

顔のマッサージを行うことで血行がよくなり、顔色もアップします!
スキンケア後に行えば肌色も良いもちもち肌を維持できるのでおすすめですよ。
指の腹を使ってこめかみに老廃物を流し、耳から首に流したら最後に鎖骨まで流します。
美顔ローラやカッサを使って顔のマッサージをするのも効果的ですよ。

化粧水の付け方のコツ

化粧水を2ステップに分けて使うと、スキンケアをもっとも生かすことができるんです。
まずは拭き取り化粧水をつけてから次に普段通りのスキンケアで化粧水をつける、ミストローションをつけてから化粧水をつける、など2段階に分けることでスキンケアの肌への浸透がアップします!!
ぜひ試してみてくださいね♡

メイク前のスキンケアテクニック

出典 o-dan.net

産毛剃り

産毛を剃ることでメイクのノリがグンとアップ!!
産毛を剃った後は保湿ケアをしっかりとしましょうね。
肌のトーンもあがるので、肌がキレイに見えること間違いなしです。

メイクは少し時間がたってから

基礎化粧品を使い、化粧下地で肌の調子を整えます。
その後メイクはすぐにせずに少し時間がたってからにしましょう。
スキンケアを行った直後は肌に油分などが残っています。化粧崩れなどの原因になるのでしっかりと馴染んでからメイクをしましょう♡
スキンケア後に2〜3分時間を置いてからメイクをするのがマストです!

化粧下地に乳液をプラス

冬などの乾燥する季節、メイクをすると肌がカサついて…なんて方におすすめなのが、化粧下地に乳液をプラスしてメイクをする方法です。
乳液には保湿成分が含まれているので化粧下地に混ぜて使うことで肌のカサつきを抑えてくれますよ。

日中も保湿ケア

出典 o-dan.net

日中も肌は乾燥するので、日中にも保湿ケアができると良いですね。
保湿成分の入った美容液を優しく手でつつみこむようにのせたり、メイクの上から使えるスプレータイプのアイテムもあるのでぜひチェックしてみてください♪

クレンジング・メイク落としのやり方

メイク落としは肌への負担がかかるので、正しいクレンジングを選んで正しいメイク落としのやり方を知ることで肌への負担を最小限に抑え、乾燥知らずのもちもち肌へ一歩近づきますよ♪
また、メイクが落ち切らずに残っていると肌トラブルの原因になります。
正しい方法で肌トラブル知らずの肌を手に入れましょう♪

正しい方法とは?!

メイク落としの基本は丁寧に素早く落とすことです。クレンジング剤は肌にとって良いものではないので、時間をかけすぎずに素早く落とすことがポイントです。
この時に強くこすらずに優しく落としましょう。すすぎまでの時間を1分程度で済ませましょう!
また、ポイントメイクは専用のリムーバーを使います。
目元や口元は落ちにくいため、メイクが残りがちです。濃いメイクをした日は専用リムーバーなどを使って先に落としておくと良いですよ♪

自分の肌にあったクレンジングを選ぶ

オイル、ジェル、ミルク、リキッド、拭き取りタイプ、といろいろな種類のあるクレンジングですが自分の肌やメイクに合わせたものを選ぶのが大切です。
洗浄力と肌への負担は比例しているので、普段のナチュラルメイクのときには肌への負担が少ないクレンジングを選びたいですね。
オイルタイプはもっとも洗浄力が高いですが、肌への負担も大きいのでウォータープルーフなどのメイクをしているときのみ使用すると良いでしょう。
ただしメイクが落としきれていないと肌トラブルの原因になるので、無理に低刺激なアイテムだけ使おうとせずにメイクに合わせてクレンジングも帰ると良いですね!

メイク落としはミルクタイプがマスト

メイク落としは重要なスキンケアです。
肌を傷つけやすいので自分の肌に合った、低刺激のものを選ぶのがおすすめ。
ミルクタイプはクレンジングの中でももっとも低刺激で乾燥しにくいアイテムです。
乾燥する冬だけ、保湿効果の高いミルクタイプのメイク落としにチェンジする、なんて方法もおすすめなので試してみてください!

ポイントクリームを重ね塗り

出典 o-dan.net

目元や口元は顔のなかでももっとも乾燥しやすい部位です。
乾燥は小じわの原因にもなるのでしっかりと対策していきたいですよね。
基本的なスキンケアのあとにポイントクリームを重ね塗りをおすすめします♡

蒸しタオルで血行促進

蒸しタオルを顔にあてることで、顔の血行がよくなり顔色も明るくなります。
毛穴も開くのでスキンケアが浸透しやすくなり、もちもち肌になりますよ!!蒸しタオルをする前に美容液やクリームを塗るのもおすすめです♡
時間があるときに試したいですね!

まとめ

出典 o-dan.net

いかがでしたでしょうか??
基本的なスキンケアから、プラスのスキンケアテクニックまで意外とたくさんの方法がありますよね。スキンケアテクニックを使ってもちもち肌を手に入れましょう♡
日々のちょっとした努力がもちもち肌へと繋がりますよ♪

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • maaao

    はじめまして。ファッションや美容に関する記事を配信していきたいと思います。一緒にお洒落を楽しみま...