サイズ自由自在♪自分で作るファスナーポーチ特集

自分が使うのに、用途にぴったりのサイズのファスナーポーチが欲しい!と思ったことはありませんか?ぴったりサイズがなければ、自分で作っちゃいましょう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2018.1.5 作成:2017.12.29

目次
  1. ファスナーポーチが欲しい!
  2. ないなら、作っちゃえ!
  3. ファスナー自体のサイズも変えられる!
  4. 切れるファスナーもある!
  5. ファスナーにこだわってみる!
  6. まとめ

ファスナーポーチが欲しい!

ファスナーつきのポーチは、メイク道具を入れたり、文房具を入れるペンケースにしたり、こまごましたものを整理するのにとても便利ですよね。
かわいいデザインのものも、たくさん販売されていて、つい買ってしまうこともあると思います。

でも、入れようと思った物が、微妙なサイズ違いで入らなかったりすること、ありませんか?
 

ないなら、作っちゃえ!

ちょうどいいサイズがないなら、自分で作ってしまえばいいんです!
ミシンがあれば、意外と簡単に作れますよ。
 

一番簡単な作り方♪

簡単に作るなら、ラミネート加工された生地を使うのがおすすめです。

ラミネート生地は、布端がほつれません。端の処理が不要なので、簡単に作ることが出来ます♪

作り方♪

  1. 作りたい横幅のファスナーに合わせて、生地を裁断します。縦のサイズはお好みで。
  2. ファスナーを縫い付けます。
  3. 周囲をぐるっと縫って、表に返したら、完成!


詳しい作り方は、↓のリンクからご覧くださいね。

ファスナー自体のサイズも変えられる!

実は、金属製のファスナーは、自分でサイズを調整することが出来ます。
やり方としては、ギザギザしたムシの部分を取って、留め具を止め直し、ファスナーを切るだけなんですが、自分でやるのはちょっと敷居が高い場合もあるかと思います。

自分でやらなくても、ファスナーを買ったお店で、サイズ調整をしてくれる場合があります。
ちょうどいいサイズがない場合は、お店で聞いてみるのも手ですよ。

切れるファスナーもある!

はさみで切れるファスナーもあります。
ミシンで上から縫うことも出来るんです!

金属製のファスナーは、上から縫うことはできません。
ファスナーの、布の部分しか縫えません。
だから、ファスナーの横幅に合わせたサイズで作るしかありません。

でも、切れる・縫えるファスナーなら、ファスナーの長さに左右されず、好きなサイズで作れちゃいます。
切れる・縫えるファスナーで、一番有名なものは、「フラットニットファスナー」です。
手芸店でもよく見かけるタイプなので、買いやすいです。
こちらは、金属製と違って、サイズの調整はしてもらえません。
自分で縫って、切って、調整しましょう。

ファスナーにこだわってみる!

ファスナーにも、色々な種類があります。
引き手の形や、ファスナー部分自体の色も、ムシの部分の色も、豊富です♪
お気に入りを探してみてくださいね!
こちらは、切れる・縫えるファスナーです。
ファスナーの色と、スライダーの色との組み合わせが、かわいいですね♪
こちらは、金属なので、切れないタイプです。
色々な色が揃っています。
ファスナーカットも対応してもらえますよ!

まとめ

いかがでしたか?
ファスナーポーチ、思ったよりも簡単に作れそうだな、と感じてもらえたのではないでしょうか。

微妙なサイズを使い続けるより、マイサイズのポーチで、素敵な毎日を送りましょう♪
Item
【DL販売】Plain pouch

¥550

パターンショップ「snowwing」さんの、ポーチの型紙です。
初心者にもわかりやすい仕様書付きです。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • daichigon

    2児の母です。 子育ての合間にハンドメイドを楽しんでいます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事