更新:2017.12.20 作成:2017.12.18

寒い冬を乗り越える!あったかネックウォーマーの作り方*

本格的な冬がやってきましたね。ずっと家の中にいたいけど、そういうわけにもいきません。あったかいネックウォーマーで、頑張って寒さを乗り越えましょう♪
❤︎ お気に入り
目次
  1. ネックウォーマーって何?
  2. 作り方を見てみましょう!
  3. 実際に作ってみました!
  4. まとめ

ネックウォーマーって何?

ネックウォーマーとは、マフラーのように、首を温めるアイテムです。

明確な定義があるかどうか不明ですが、マフラーは1本の長い生地をぐるぐる巻くのに対して、ネックウォーマーは、輪のようになっていて、それをかぶるようにして首につけるのが一般的です。

ただし、マフラー状になっていて、それを首に巻いて、ホックやスナップで止めるようなタイプもあります。

作り方を見てみましょう!

切り替えが可愛い!かぶりタイプのネックウォーマー

ニット生地通販「SMILE」さんのサイトです。
ネックウォーマーの作り方がダウンロードできます。

作り方

生地を裁断します。
切り替え布を縫い合わせて、1枚にします。これで長い布が2枚になります。
その2枚の、長い辺2辺を中表に縫い合わせます。
内側に手を入れて、裏地を引っ張って、短い辺同士を重ねて、返し口を残して縫います。
ひっくり返して、返し口をとじたら出来上がり!

詳しい作り方は、下↓のリンク先をご覧ください。

1枚布で簡単な、かぶりタイプのネックウォーマー

型紙・パターンショップ「rakupata」さんのサイトです。布1枚で簡単にできる、かぶりタイプのネックウォーマーの作り方です。

作り方

こちらはレディースサイズです。

写真の通り、生地を裁断します。
布は、フリースやジャガードなど、あまり伸びすぎない生地がおすすめです。
生地は、よく伸びる方向があるので、引っ張ってみて、よく伸びる方向が左右になるようにしてください。
A辺とB辺を、生地の表側同士が内側で重なるように合わせ(中表)、縫い合わせます。
このとき、写真の通り、7センチほど縫わずにあけておきます。
ここが後で返し口になります。
C辺とD辺を縫うための準備をします。
まずは、写真のように折り、2の縫い目同士を中表に合わせます。
内側の生地は縫い込まないように、くるくる丸めたり、折っておきます。
内側の生地を縫い込んでしまうと、後でひっくり返せなくなるので気をつけます。

C辺とD辺を縫います。
少し縫うと、縫うところがなくなるので、内側から生地を引き出して、整えて、また縫います。これを繰り返して、ひとまわり、最後まで縫います。

C辺とD辺を縫う時は、ミシン糸を、ニット用の伸びる糸(レジロンなど)にするか、ジグザグ縫いをしてください。

返し口からひっくり返して形を整えて、返し口を閉じたら完成です!

詳しい作り方は、下↓のリンク先をご覧ください。

もちろん、毛糸で編んでも♪

初心者さんにも!ガーター編みで簡単♪

ガーター編み(ずっと表編み)なので、初心者の方でも編みやすいと思います。

100均の毛糸には見えない!かぎ針編みのネックウォーマー

こちらは、かぎ針編みです。100円ショップの毛糸5玉で作れるので、お財布にも優しいですね。かぎ針も、100円ショップで取り扱いがありますよ。

実際に作ってみました!

今回使用させていただいたのは、パターンショップ「アンの木パターン」さんの、「10wayフーディネックウォーマー型紙」です。
こちらの型紙は、かぶりタイプ、スナップボタンタイプに加え、フード付きのタイプも作れます!
サイズも、キッズからレディースまで揃っていますよ。

キッズMサイズ、猫耳付き、フード付きです。

作ってみての感想

見た目はかなり難しそうと言うか、作れるの?と思ってしまいますが、作り始めると、見た目よりかなり簡単にできました。

難しそうに見えますが、かいつまんで言うと、要は、表地と裏地、同じ形に縫い合わせて、最終的には、それを中表に合わせて縫い、ひっくり返して、返し口をとじる、という作り方です。
いわゆる、「どんでん返し」というものです。

裏地があるので難しそう、と言われることもありますが、逆に、裏地があることで、縫い目が外に出ないので、多少ゆがんでも目立ちません。

気をつける点は、
  • ボアを使う場合、毛がかなり抜け落ちるので、掃除機を用意しておくなど、対策をすること
  • ニット地を使うので、ニット用のミシン針と、糸を使うこと
このぐらいです。

同じ型紙を使用した作品はこちら

くま耳付き、フード付きタイプです。ピンクが可愛い♪

スナップボタンで止めるタイプです。生地が変わると印象も変わりますね♪

まとめ

いかがでしたか?
ハンドメイドなら、サイズを好きなように作れるので、ちょっと短く、ちょっと長めに…など、自分好みにすることができますよ。

首を温めると、体感温度がかなり変わりますし、喉を温めることで風邪予防にもなります。
この冬は、ハンドメイドのネックウォーマーで、暖かく過ごしてくださいね♪
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

ログイン・無料会員登録
  • daichigon

    2児の母です。 子育ての合間にハンドメイドを楽しんでいます。

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

連載記事

パリ在住のシェフ:Carrie Solomon The Socialite Familyシリーズ

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

ダイソーやセリアなど100均のリメイク雑貨が勢ぞろい!みなさんもお休みにチャレンジしてみませんか?

2017年にもっとも見られたDIYリメイク・アイデア記事12選を特集しました。 ダイソーやセリアも手に入らない商品などもありますので、来年の再販などの参考にも役立てくださいね!