WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

カーテン選びのコツと装飾アイデア

カーテンは部屋の大きな面積をしめるので、色や素材で部屋の印象が大きく変わります。
カーテン選びを失敗しないコツとかわいい装飾アイデアをご紹介します! #カーテン #選び方

2017.12.12

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2017.12.12 / 作成:2017.12.8

カーテン選びの3つのポイント

お気に入り色のカーテンを購入したけど、部屋に合わなかった!
丈が長くて、床のほこりがついて掃除が大変!
思ったより光を通して、家具が日焼けしてしまった!

せっかく買ったお気に入りのカーテンで失敗は避けたいですよね。
カーテンを選ぶ際に覚えておきたいのはこの3つのポイント
  • サイズ
  • 素材

1つずつ詳しくご紹介します。

サイズ

幅を決める

カーテンの幅を決めるには、カーテンレールをはかります。
レールにはカーテンフックを取り付けるためのリングランナーがありますね。

両サイドの動かない、固定されたリングランナーの端から端までの距離をはかります。
その幅を3〜5%大きくしたサイズがカーテン幅になります。
例えば両サイドのリングランナーの距離が200cm(2m)の場合の計算方法↓
[幅+3%の場合]…200cm×1.03=206cm (2.06m)
[幅+5%の場合]…200cm×1.05=210cm (2.1m)

この場合はカーテンの幅を206cm〜210cmの間で選べばOK!
両開きの場合は算出した半分の幅のサイズで選びましょう。
 

丈(長さ)を決める

<掃出し窓の測り方>
床から天井近くまである大きな窓の事です。
通常、ベランダやお庭の出入りに使う窓になります。

リングランナーの下端から床までの距離を測ります。
そこから1〜2cm引いた数字がカーテン丈(長さ)です!
<腰窓の測り方>
大人の腰の位置に窓の下端がくるタイプの窓です。

腰窓はリングランナーの下端から窓枠の下端まで測ります。
その数字に+15〜20cmした数字がカーテン丈になります。

15〜20cm伸ばすのは光漏れや断念効果を上げるためと言われています。
<注意!>
家具などが干渉してしまう事もあります。
家具の位置などを決めた上で、カーテンのサイズを決めることをオススメします。

色・柄

好きな色のカーテン=部屋にマッチするとは限りません。
カーテンは部屋の大きな面積を占めるので、部屋の印象を大きく左右します。

でも色や柄をどうやって決めたらいいか悩みますよね。
カーテンの色や柄を選ぶ際のテクニックをいくつかご紹介します。

壁の色に合わせる

ベーシックな手法なので誰でも取り込みやすいテクニックです。
部屋の中の色数が多いとごちゃごちゃとした印象になり狭く感じてしまう事も。
そこでカーテンを壁と同系色にする方法が部屋をすっきりまとめるのに効果的。

部屋を占める大きな面積が同じ色で統一されるので広く見せる効果があります!
また窓の印象を弱める効果もあり柔らかな印象になります。

 

シックなインテリアにも効果的

茶系の男前インテリアは部屋の印象を暗くしがちです。
窓の横に隣接する白い壁とカーテンを同色にすることで部屋を明るく見せる効果があります。

シックなインテリアの部屋にも使えるテクニックです。

落ち着きのある色

リビングや和室など、家族で過ごすことの多い部屋は安らぐ色がオススメです。
アースカラーは人々が団らんする部屋に向いています。
ベージュ、ブラウン、グリーン系の色は心の落ち着く色と言われています。

鮮やかな色

鮮やかな色や原色に近い色は、好みが分かれるので圧迫感を与える事もあります。
鮮やかな色のカーテンは家族で過ごす部屋よりも、個人の部屋や書斎など特定の人しか使わない部屋がオススメです。

柄を入れる時は

柄カーテンは色や模様によっては圧迫感を与えてしまう事がありますが、アースカラーの物を選ぶと柔らかい印象になります。
また同じ柄や色のアイテムをインテリアに取り入れる事で全体がまとまりやすくなるので
真似したいテクニックです。

素材

部屋の用途によって、遮光性が必要かどうか決めると快適に過ごせます。
光を取り込みたい部屋に向いているのがレースカーテン。
手元を明るくしたいキッチンや、庭を眺められるリビングなど直射日光を入れずに柔らかい光とそよぐ風が気持ちいい空間を演出します。
逆にベッドルームや仕事部屋など、時間によって遮光したい部屋には遮光カーテンが向いています。
遮光のレベルは3段階に分かれており、部屋にあった遮光度合いを選べます。
また断熱効果もあるので、寒い時期には遮光以外の用途でも活躍しますね。

かわいい装飾でグレードUP

カーテン生地の基本的なを選び方ををご紹介しました。
さらに自分らしい窓辺を演出できる装飾アイデアも合わせてご紹介します。

カーテンレール編

通常の住宅についているのは機能性レールが多いかと思います。
フックをかけるリングランナーがレール状に連なっている物です。
他にもデザイン性のあるレールもたくさんあるのでご紹介します!
<装飾レール(木製)>
デザイン性を重視したポール状のレールを見せるタイプの物。
海外のインテリアでよく使われ、おしゃれ度がアップします!
<装飾レール(アイアン製)>
アイアン製の物もあり、部屋にアンティーク感が出せます。
木との相性も良いですね!
<カーテン上飾り>
スワッグバランスとも言いますが、カーテンボックスを隠しながら高級感がでる装飾方法です。
エレガントにしたいお部屋などに効果的です。

タッセル編

タッセルとはカーテンを束ねておくための紐や房飾りのことです。
カーテンを購入すると付属でカーテンと同じ生地のカーテン掛けが付いてきますが、タッセルを使うのもおしゃれですよ!
ベーシックでエレガントなタッセル。
カーテンのフリルと同系色を使っていて、シンプルなカーテン生地も華やかになりますね。
木+ソフトレザーのタッセル。
ベージュ系でまとめていて柔らかい印象の中にも個性が光ってます!
貝殻で作ったボヘミアンなタッセル。
エレガントな印象になりがちなタッセルですが、ボヘミアン感を演出しています。
コロコロとしたボールがキュート♡
カーテンと同系色にしても存在感があってオシャレですね!

ツートンアレンジ編

カーテン生地は1つしか選べないと思っていませんか?
オーダーで生地を切り返すことも可能なんです!
柄と柄を組み合わせるのは勇気がいるもの。
でも子供部屋ならまるで絵を飾ってるようになって、インテリアとしてもGOOD!
大人っぽく演習するならアースカラーの無地がオススメ。
カーテンを束ねるリボンを生地と合わせて落ち着いた印象に。
生地と生地が切り替わる部分にテープでデコレーションしても可愛い!
民族衣装のような可愛らしいカーテンです。

番外編

窓以外にも使えるカーテン!お姫様風の天蓋として使ってもキュート♡
カーテンを閉じると小さなお部屋みたいになって子供が喜びそうなアイデアです!
大きなりぼんで束ねているところも乙女心をくすぐるのでは!?

まとめ

いかがでしたか?

カーテンはインテリアの中でも欠かせないアイテムの一つなので、長く使えるお気に入りのものを見つけたいですよね!

ご紹介した選び方の3つのポイントは覚えてしまえば難しくないので、ぜひカーテンを選ぶ際は思い出していただけると嬉しいです。

装飾もいろいろなアイテムがあるのでチェックしてみてください☆

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • ASAKO.K

    SNSで見つけたカワイイ小物・アイテムを簡単に作る方法を日々考えています。 温かみのある自然素材を...