透明感抜群!シャボン玉レジンで作るイヤリングのアイデアと作り方

皆さんはシャボン玉レジンをご存知ですか?シャボン玉のような透明感をアクセサリーに出来たら素敵ですよね。今回は透明感を生かしたシャボン玉レジンの作品アイデアとイヤリングの作り方をご紹介していきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2017.12.7 作成:2017.12.4

目次
  1. 透明感がたまらない!さわりたくなるシャボン玉レジンをご紹介
  2. 道具・材料
  3. 作り方
  4. 完成!
  5. まとめ
皆さんはシャボン玉レジンを作ったことがありますか?
シャボン玉レジンはシャボン玉のように今にも飛んでいきそうな透明感が
魅力的なレジンの手法です。

今回はそんな素敵なシャボン玉レジンのアイデアとシャボン玉レジンを用いたイヤリングを作っていきたいと思います。

透明感がたまらない!さわりたくなるシャボン玉レジンをご紹介

空枠に流し込んでぷっくりシャボン玉に

空枠に息を吹きかけてみたら今にもにゃんこが飛び出してきそうなシャボン玉レジンです。
ぷっくりとつやつやしたにゃんこがとってもキュートですね!
空枠だとあまり失敗なく作りやすいので初めてシャボン玉レジンに挑戦する人にもオススメです。
ぷかぷかと今にも浮かびだしそうなシャボン玉のブレスレットです。
丸の空枠をつなげることで連なったシャボン玉のようですね。
重なった部分も色どりが変わって幻想的で素敵ですね!

モールドを作って作られるシャボン玉レジン

キューブレジンで作られたシャボン玉の色合いのピアスです。
シャボン玉の色なのにころころとしたキューブなのが不可思議な感じでユニークな作品です。
四角くてもコロコロと揺れそうで目が離せなくなるデザインです。
ゼリーの形のシャボン玉レジンピアスです。
一つ一つの色の配色が少しずつ違うので特別感のあるレジン作品になりそうですね。
封入されたゴールドのお花がどこか和風なテイストもあってステキな作品です。
フォークに乗ったウサギ型のシャボン玉レジンです。フォークはシャボン玉レジンとくっつけているようです。グミのようなつやつや感で思わず食べたくなっちゃいますね。
こちらはダイソーで販売されているモールド使った作品です。お菓子みたいなカラフルなレジンが魅力的です。シャボン玉も配色を変えるだけでガラッと雰囲気が変わります。
100均のモールドもかわいくきれいに取り外せるものが多いのでなかなか侮れないですよ!
 

中に花を封入しても幻想的!

こちらのシャボン玉レジンは中のかすみ草の色を変えることでどこかノスタルジーな雰囲気になっています。
黒いかすみ草のレジンはまるでビー玉を通した世界のような幻想的な雰囲気になりますね。
シャボン玉の配色にかすみ草を封入しています。コロコロとしたシャボンの中に封入されているかすみ草と、マーブルのシャボンカラーが素敵なデザインですね。

まるで本物のような球体のシャボン玉レジン

彩り豊かなシャボン玉レジンを使ったかんざしです。光の当たる角度でも色んな表情を見せてくれそうです。後ろ髪にゆらゆらとシャボン玉が揺らめいていたら目を引きそうですね。
シャボン玉を吹いてみたら手についてしまった。子供のころにそんな体験をしてとても楽しくはしゃいだ記憶があります。そんな懐かしさも感じるようなシャボン玉レジンの指輪です。球体のレジンがカーテンから入る僅かな光を通してとても幻想的です。

道具・材料

今回使う材料はこちらになります。
今回は手芸店で販売されているものが多いのですがレジン液も着色レジンも100均でも販売されています。


【材料】
・UVレジン(UVレジン綺麗・プレミアムUVレジンを使用します)
・NRクリアカラーレジン(ネット購入品)
・半球のシリコン型(手芸店購入品)
・シリコンマット

【道具】
・UVランプ
・つまようじ
・イヤリング金具
・丸カン
・指カン(丸カンを開く道具です)
 

作り方

今回は半球モールドを使用して作っていきます。
半球モールドだと球体と半球の2種類を作ることができます。
今回は2種類どちらも作っていきます。

着色材はNRクリアカラーを使っていきます。透明感は他の着色材よりも高いのでシャボン玉レジンにはお勧めです!

今回レジンを手に取っている画像がありますがご注意いただきたい点があります。
レジンは硬化前はなるべく素手で触らないようにすることを推奨されています。
体に全く無害であるわけではないのでご注意いただいての作業をおすすめします!

① シャボンのカラーにする分のレジンを着色

初めにシャボン玉レジンのマーブルカラー部分にあたる色を作っていきます。
お弁当に使うようなアルミホイルカップが余っていたのでカップにレジン液を流し込みます。
着色材は入れすぎると濃くなりすぎたり、硬化しにくくなるので注意してください。

着色したものは画像のようになります。
透明感があってこれだけでも綺麗ですよね。

② 着色したレジンをモールドに流し込み硬化する

今回は着色したレジンを5種類つくって挑戦しました。
今回は型が小さめだったので5種類の着色レジンでしました。
基本的に大きめの型であれば虹のような7色を作れば失敗なく作れると思います。
お好みで好きな色合いで作れば自分だけのデザインでシャボン玉のレジンが作れますよ。
着色レジンを流し込んだら透明なレジン液を真ん中から流し込みます。
レジンの特性で先に置いたレジンは外側に追いやられます。
その特性を利用して色がついた部分を外側に持っていくことでシャボン玉のようになります。
画像は気泡が入ってしまっていますが入ったら直ちに気泡をつぶして硬化させます。
 

③ 硬化したら半球モールドから取り出す

硬化をしっかりと行ってモールドから取り出したものが画像のようになります。
半球でも透明感があってかわいいですね!

④ 球体にするために半球をくっつけて硬化させる

半球とはまた別に球体のシャボン玉も作っていきます。
今回は半球モールドをつかった球体レジンにしました。
①~③の流れで同じように2つの半球を作ってくっつけることで球体にしていきます。

私は所持していなかったのですが球体に出来るようなモールドも販売されているので
綺麗な球体にしたいときは球体モールドで作ってみるのもおすすめです!
 

⑤ 隙間を埋めてきれいな球体になるように加工する

球体なるようにくっつけても硬化した部分の隙間が空いていたりします。
気になるときは隙間を埋めるようにレジン液をつけて硬化させます。

実は半球モールドを使ったこの手法では完全にきれいな球体にはなかなかなりません。
やすりなどで細かい研磨をすることが大事です。
研磨が終わった後はきれいな球体に出来ました。

完成!

ピアス金具を取り付けて完成です!

透明感があってゆらゆら揺れるのでとてもかわいくできました。 
半球は後ろの景色が見えやすいです。半球で作るなら中に封入物があってもきれいに出来そうです。
球体は研磨に時間がかかりますが透かして見たときの光のあたり具合で全く違う雰囲気になるのが魅力的ですよ!

まとめ

いかがでしたか?
シャボン玉レジンは球体で実際に作ってみると根気のいる作品です。
ですが出来上がった時の達成感はその分とても大きいです。
自分で苦労して作った作品を身に着けてお出かけするのはとても楽しいですよ。
皆さんもご紹介したステキなアイデアとゆらゆら揺れるシャボン玉レジンのイヤリングを参考に
ぜひ自分だけの作品を作ってみてはいかがでしょうか?
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • soramamemame

    はじめまして。soramamemameです! 普段からレジンアクセサリーを作っており作り方の紹介をできたらと...

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事