2018年の手帳を使い倒す!実用的なアイデア集

手帳は毎年買うけれど、ちゃんと使いこなせたことがないという方も多いのではないでしょうか。自分がどんなサイズの手帳で、どんな手帳の書き方をすれば使いやすいのが、最初にしっかり考えておくことが大切です!参考になるアイデアをご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2017.12.3 作成:2017.11.28

目次
  1. そろそろ手帳の準備を始めましょう
  2. まず手帳をどう使うか決める
  3. 仕事で手帳を活用するなら
  4. 仕事もプライベートも全部1つの手帳に!
  5. 手帳をキレイに使いたい!
  6. 手帳を使い続けられない…
  7. 手帳に書くことがわからない…
  8. まとめ

そろそろ手帳の準備を始めましょう

2018年まであと1ヶ月ほどになってきました。1月始まりの手帳なら、そろそろ準備を始めましょう!4月始まりの手帳を使っている方も、今後の参考にしてみてください。

まず手帳をどう使うか決める

持ち運びするかどうか

手帳を持ち運ぶなら薄手の手帳家だけで使うなら厚手の手帳といったように、使用目的によって選ぶアイテムも変わってきます。
持ち運ぶのであれば、幅広の薄手タイプにするのか、縦長の薄手タイプにするのか、どんなバッグにも入るよう全体的に小さいタイプにするのか、自分の使い方によって選んでみてください。

仕事用かプライベート用か

仕事用にするなら、立ったままで書きやすいサイズということも重要です。その場合、縦長のものがおすすすめです。
完全にプライベート用の手帳なら、日記のようにたくさん書き込んだりデコったりできるように、大きめサイズのものを選んでも楽しいです。

マンスリーだけでよいか、ウィークリーもいるか

単純に予定を書き込みたいだけなら、ウィークリーがなくてもよいでしょう。持ち運びやすい薄手タイプやフリースペースの多い厚手タイプもあります。
手帳1冊で、予定、ToDo、考え事、記録などをまとめたいなら、マンスリーもウィークリーも両方必要でしょう。

仕事で手帳を活用するなら

予定の変動が多いなら、時系列タイプ

日によって勤務時間が違う、突発の予定が入る、イベントが多いといった方は、ウィークリーが時系列になったタイプがおすすめです!睡眠時間や自由時間がどれだけ確保できているか記入しておけば、気づかずに働き過ぎていた…などの体調管理もできます

とりあえずの予定は付箋で

「とりあえずこの日にしといて!」といった予定は変動しやすいですよね。そういった予定は、付箋で貼りつけておくのがおすすめです。手帳が汚くなるのを防げます

ToDoリストも付箋が便利!

アポなどの大切な予定はスケジュール欄に書き、雑務はToDoリスト付箋書きましょう。その日の雑務が終わったら、ポイッと捨てて、次の日また新しいToDoリストを貼りつけて使えば、手帳をキレイに使うことができます

仕事もプライベートも全部1つの手帳に!

手帳を使い分けるのが面倒!という方は、1つの手帳に仕事の予定も、プライベートの予定も書き込んでしまいましょう。マンスリーは仕事用、ウィークリーはプライベート用にしてもよいですが、マンスリーだけでも使い分けは可能です。1日を上下に区切って、上は仕事用、下はプライベート用として書き込めば、オンオフの予定が一目でわかります

手帳をキレイに使いたい!

使うペンを3色までにする

手帳に書き込むペンは1色だけ!もしくは3色まで!といったように決めておくと、カラフル過ぎてわけがわからない…ということがありません。

たくさん書くなら細めのペンを

簡潔に書くのが苦手考えたことを全て書きたいという方は、細めのペンを使うことで、見た目がキレイに書けます。

消せるペンを使う

間違って書いてしまったら、ペンでも消せるタイプをおすすめします。

手帳を使い続けられない…

必ずペンとセットで持ち歩く

手帳はペンがないと始まりません!ペンホルダーがついている手帳が多いですが、なければペンホルダーを買うか、クリップではさめるペンを使いましょう。

思いついたらすぐ書く!

「書くのはまた後でいいか」と思っていると、たちまち手帳は使われなくなります。思った瞬間に書き込んでしまいましょう3週間続けられれば、習慣化することができますよ

手帳タイムをつくる

1日の終わり1週間の終わりなどの手帳タイムをつくるのもおすすめです!

空欄も記録である

すべての欄に書き込むことが良いのではありません空欄もその日の記録です。体調が悪かった悩みごとがあったなどの理由を思い返すことができるでしょう。

お気に入りアイテムを見つける

お気に入りのペンやマステ、付箋などがあると、手帳を使うことが楽しくなります。

とことん可愛くする!

自分のすきなテイストに、思いっきり可愛くするのもよいです。手帳を開くのがワクワクするでしょう。

手帳に書くことがわからない…

マネー管理として使う

毎日のマネー管理をすると、その都度手帳に書き込むという習慣づけにもなります。

一言日記として使う

一言だけでよければ、「疲れたー」「ライブ楽しかった!」などと、気楽にその日の気分を記録しておくことができます

まとめ

自分の使いやすい手帳を選び、続けやすい書き方を続けることで、効果的に手帳を活用できますよ。2018年はバージョンアップした自分になりましょう!
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • yakoyako0321

    はじめまして。ちょっとの手間で、自分を喜ばせてあげたいと思います。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事