初心者でも大丈夫!フランス刺繍を楽しむためのアイテム&テクニック

美しい図案と色で施されたフランス刺繍は、手作りのぬくもりとインテリア性の高さが魅力です。手芸初心者方は、とても手が届かない……とあきらめていませんか?基本のステッチを覚えれば、初めてでも気軽にフランス刺繍を楽しむことができます。フランス刺繍の持つ素敵な魅力とアイテムやテクニックなどをご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2017.11.27 作成:2017.11.24

目次
  1. フランス刺繍とは
  2. 用意するもの
  3. 基本の刺し方をチェック!
  4. 初めてでも簡単!刺繍のおすすめ図案11選
  5. やりたい時にすぐ始められる便利な刺繍キット☆
  6. 持っていると便利な刺繍おすすめ本5選
  7. ぜひチャレンジしたい刺繍のバリエーション
  8. フランス刺繍をもっと気軽に楽しもう

フランス刺繍とは

フランス刺繍はヨーロッパ風の刺繍の総称として知られていて、日本では一般的に刺繍のことをフランス刺繍と呼んでいます。リネンやシーチングなど針が刺しやすい生地に好みの図案を写し、刺繍糸でひと針ひと針刺していく時間は地道ながら、少しずつできあがっていく過程も楽しむことができ、日本ではとてもポピュラーで人気の手芸です。刺繡初心者にとっては、敷居が高いイメージですが、必要な物を揃えて基本のステッチさえ覚えれば意外と簡単!自由きままに好きな図柄をステッチして、刺繍の楽しみを覚えましょう。

用意するもの

刺繍糸

刺繍糸は、25番が刺しやすく初心者の方にも扱いやすいのでおすすめです。刺繍糸は束になっていますが、ひとつのかたまりが6本でできていて、刺す図案によって2本どりにしたり、3本どりにしたりとその都度変えていきます。フランス刺繍は色の美しさが魅力なので、始める前に最低でも6~12色は揃えておきましょう。

刺繍針

刺繍用の針はいろいろな種類がありますが、フランス刺繍用のセットを1つ購入していれば、どんなパターンにも活用できます。通常の作品では№3~9までの針がセットされていれば十分です。小さめの穴が見えにくい方は、刺繍用の糸通しも用意しておきましょう。

刺繍枠

刺繍を刺すために必要な必須道具が、刺繍枠。生地をピンとはりつめ、刺しやすくするとともに糸がたるまず、きれいに仕上がります。ネジを回して固定するタイプが主流ですが、ワンタッチで簡単に固定できるタイプもあります。サイズは10~12cmがどんな作品にも使いやすくおすすめです。

生地

刺繍糸を刺す生地は、特にこれでなければいけないという決まりはありませんが、初心者に方は刺しやすい生地を選ぶのがポイントです。やわらかすぎず、硬すぎない生地を選ぶようにしましょう。おすすめは刺繍用として販売されている布やリネン、クロスステッチ用の布、シーチングなどです。

はさみ・チャコペンなど

他には糸きりハサミ、図案を写すためのチャコペン、トレーシングぺーパーがあればOKです。作品ができあがった時に図案の後が残らないように、チャコペンなどは水で消えるタイプを選ぶようにしましょう。

基本の刺し方をチェック!

刺繍を始めるために、基本の刺し方を5つ覚えましょう。どれも簡単なステッチばかりなので、動画を見ながらゆっくり覚えてくださいね。

ランニングステッチ

ひと針ひと針まっすぐに刺していくだけの簡単なステッチ。縫い物の運針のイメージです。簡単なランニングステッチでも、色や図案を工夫するだけでおしゃれで素敵な作品に仕上がります♪

アウトラインステッチ

ペンで絵を描くように、針を斜め斜めに刺していくことで図案のラインを作り上げていくアウトラインステッチ。慣れないうちは針を刺す位置が安定しないかもしれませんが、何度かやっていくうちに、きれいなラインが描けるようになります。

サテンステッチ

作品にふっくらと立体感が出るサテンステッチ。今回ご紹介するステッチの中では一番難しいかもしれません。慣れないうちはどうしてもすき間ができてしまいがちですが、これも回数を重ねるごとに糸の詰め具合、刺し具合が分かってくるので心配はいりません。何度も練習してみてくださいね!

チェーンステッチ

小さな輪を繋げて刺していくチェーンステッチは、なめらかな流れを出しやすく、幅広い作品に使われるステッチです。輪の大きさは手加減次第なので、作りたい輪の大きさを決めて同じ大きさがキープできるように注意しながら刺し進めてください。

フレンチノットステッチ

玉止めの要領で刺していくフレンチノットステッチは、コロコロとした可愛い形が魅力です。針に糸を巻く回数で粒の大きさが決まります。お花や動物などの図案に色やフレンチノットステッチの大きさを変えて楽しんでみてください。

初めてでも簡単!刺繍のおすすめ図案11選

自由な発想でワッペンに

小さな布を使った可愛い刺繍ワッペン。余り布を利用して自由気ままに楽しんでみましょう。

クロスやハンカチに単色で

クロスやハンカチにに単色で刺しても素敵♡ 大人っぽくおしゃれな仕上がりになります。

季節感を刺繍で表現

雪の結晶や手袋、靴下、帽子など冬のイメージの刺繍をした可愛いアレンジ。子どものカバンやタオル、ハンカチなどに刺繍してあげると喜ばれそう!季節感を出したアイテムをリネン地などに刺繍したら額に入れて冬のお部屋に飾るのも素敵です☆

リネン生地をカラフルに

リネン生地に色とりどりの糸を使ってランニングステッチやチェーンステッチなど基本のステッチだけで可愛く仕上げています。色の配色を変えるとまた違った雰囲気が楽しめそうです。

くるみボタンをおしゃれに

フレンチノットステッチのお花を華やかに刺したおしゃれなくるみボタン。ブローチにしたり、ヘアゴムにしたりいろいろ使えます♪

手作りのヘアゴムに

小さなヘアゴムなら、フランス刺繍も簡単にすぐできあがります♪プレゼントにもきっと喜ばれます。

がま口ポーチをカラフルに

がま口ポーチにオリジナルの図案で自由に刺繍してみるのも楽しそう!刺繍をした糸の色に合わせて口金の色を選ぶとオシャレ度がアップします♪

ワッペン風に仕上げて手袋に

ニットの手袋は直接刺繍をするのが難しいので、ワッペン風に生地に刺繍してから手袋に取り付けるのがおすすめ。シンプルでリーズナブルな手袋が見違えます☆

サテンステッチで日傘を上品にアレンジ

シンプルで清楚なイメージの日傘にサテンステッチを施した美しい実例。サテンステッチはふくらみができるので、生地と同系色の糸を使っても、くっきりと柄が浮かび上がり、上品に仕上がります。

柄がプリントされた生地を活用

柄がプリントされた生地は余っていませんか?その上からカラフルな刺繍糸を刺すだけで、立派な刺繍作品が出来あがります。存在感たっぷりなフレンチノットステッチだけでも十分可愛い雰囲気に♡

モノトーンのワンピースを可愛くリメイク

眠っていたワンピースなどの衣類があれば刺繍でリメイク!モノトーンのワンピースに様々なステッチを刺していけば、美しく素敵なワンピースとして新たに着る楽しみが広がります。胸元や袖口などワンポイント刺繍するだけで、とても可愛いアイテムになるのでぜひ試してみてください♪

やりたい時にすぐ始められる便利な刺繍キット☆

刺繍糸や生地を揃えるのが面倒!どの図案にしたらいいのかわからない……とにかくすぐに始めたい!という方におすすめなのが、材料が一式そろったキットです。フランス刺繍が初めての方でも取り組みやすい物を集めました。

基本ステッチが学べるキット

基本のステッチが学べるステッチキット。キットでステッチを覚えたら、ポーチやハンカチなど色々なアイテムに応用しましょう。

お絵かきするように刺繍が楽しめるキット

ファブリックに可愛いうさぎがプリントされているので、下絵を写す手間が省ける簡単キット。刺繡糸でお絵かきするように刺繍が楽しめます。出来あがったら切り取ってチャームに仕上げたり、バッグのワンポイントに使うと素敵です。

おしゃれなブックカバーのキット

刺繍作家で有名な青木和子さんのブックカバーキット。ブックカバーは半縫製済みなので、仕立てる手間もあまりかからず気軽に始められます。美しい刺繍のブックカバーができあがれば、読書タイムもより充実したひとときになりそうです♪

持っていると便利な刺繍おすすめ本5選

刺繍をする時に基礎やステッチ図案の本があるととても便利です。初心者の方が理解しやすく、使いやすい本を5点ご紹介します。

きっと役に立つ刺繍の基礎本

刺繍に関するテクニックや図案などを幅広く、優しく解説した1冊。迷った時や分からなくなった時に役に立つので便利です。簡単にできる可愛い図案も掲載していて、初心者におすすめの基礎本です。

人気刺繍作家atusmiさんの基礎テクニック本

デザイン性が高く、美しい刺繍が人気の刺繍作家atsumiさんの基礎テクニック本。1つ1つの刺し方のイラストと画像が両方確認できて、とても分かりやすいのが特徴です。atsumiさん厳選の刺繍用具もぜひチェックしてみてください。

1色だけで可愛くできる刺繍図案集

動物や花など可愛く素敵な刺繍モチーフを提案する刺繍作家、樋口愉美子さんの刺繍図案集。たった1色の刺繍糸だけでできる可愛い図案が満載で、初心者にもおすすめです。

2色使いで作品の幅が広がる

こちらは2色使いの人気刺繍作家樋口愉美子さんの刺繍図案集。色をプラスすることで刺繍するモチーフの数が増え、刺繍の楽しみがどんどん広がります。

キュートなモチーフが人気のannasさんのプチ刺繍

思わず微笑んでしまうような可愛いモチーフを提案する、人気刺繍作家annnasさんのプチ刺繍。刺繡を始めたばかりの方でも、小さなプチ刺繍なら気負わずチャレンジできそうですね♪

ぜひチャレンジしたい刺繍のバリエーション

紙刺繍

紙に針で穴を開け、刺繍糸や細い毛糸で刺していく紙刺繍は、手芸が苦手な方でも簡単に始められると人気の刺繍アイテムです。厚手の紙は針が通りにくいのでおすすめできませんが、すっと針が通るぐらいのノートやカードなどを用意して、紙刺繍にチャレンジしてみましょう。メッセージカードやグリーティングカード作りにもおすすめです。

毛糸刺繍

刺繍糸の代わりに毛糸を使う毛糸刺繍は、何といっても仕上がりの温かみとふっくらとした質感が魅力♡ ふかふかとした毛糸で作られた作品は立体的に仕上るので、インテリアグッズとして活用しても素敵です。

ビーズ刺繍

オートクチュールのドレスに施されるビーズ刺繍は、美しく芸術作品のような素晴らしさが特徴です。気軽にビーズ刺繍を始めるなら、ポーチやバッグなどの小物やシャツの襟にビーズを施してみるのがおすすめ!ビーズを刺すだけで、見違えるほど素敵なアイテムに生まれ変わります。

リボン刺繍

リボンを使って刺していくリボン刺繍は、立体的な仕上がりとリボンのツヤ感、美しさが魅力。リボンの幅を変えるだけで、作品のボリュームや見た目の変化を楽しむことができます。大作は難しくても、ワンポイントぐらいなら手軽にチャレンジできそうですね♪

スェーデン刺繍

伝統的な北欧柄や独特のカラーが魅力のスェーデン刺繍は、作品の可愛さが大人女子に人気の手芸テクニックです。クロスステッチ用の生地やリネンなどを使ってくるみボタンなどに刺繍したり、シャツの襟やスカートのすそなど衣類に刺繍しても素敵です。

ハンガリー刺繍

ハンガリーの手工芸品としてよく知られているカロチャ刺繍と呼ばれるハンガリー刺繍は、赤や緑などの鮮やかな発色が特徴ですが、元々は白1色で作られていたとか。今では赤や青など美しいカラーの糸を使ってクロス、ハンカチなどの小物からエプロン、スカートなどの衣類まで幅広く作られています。

日本刺繍

日本の伝統的な刺繍といえば、絹糸を使って刺していく日本刺繍があげられます。着物の帯や日本人形、相撲の化粧まわしなどによく使われています。以前は手仕事で仕上げられていましたが、現在では機械刺繍がほとんどで、手刺繍はとても貴重でクオリティーの高い作品として知られています。

フランス刺繍をもっと気軽に楽しもう

フランス刺繍は刺していくうちに出来あがっていく作品が楽しみで、どんどんはまってしまう魅力があります。必要な道具を揃えて基本的なステッチを覚えたら、早速チャレンジしてみてください。普段持っているハンカチやバッグ、ポーチなどの小物に、シンプルなシャツやスカートなどにワンポイント刺繍するだけで、ぐっとおしゃれに生まれ変わります。刺繡の魅力をたっぷり楽しんでくださいね♪

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • amitto

    手芸や料理など手を使うことが大好きです。毎日を心穏やかに豊かに過ごすための素敵なアイテムや情報を...

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事