最後の仕上げは【自分色】個性的に仕上げるインテリア

家具も何もない部屋に、一生懸命コーディネートを考え、カーテンを選び、
家具を置いて、ラグを敷いて、ソファを置いて、
さあ!インテリアが完成!!
でも、何かしっくりこない…どうも格好良く無い感じがする
こんな経験はないですか?
最後の仕上げは、お客様目線でぐりーっと見渡し、
一番目に入る場所に手を加えてみるとインテリアがセンスUPします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2017.11.21 作成:2017.11.21

目次
  1. 【魅せ場】を決めよう
  2. 綺麗に見える飾り方
  3. 上手にレイアウトする為のコツ
  4. さあ、自分色に仕上げましょう

【魅せ場】を決めよう

まずは、アートをコーディネートするポイントを決めましょう。
お客様目線で部屋の写真を撮ってみてください。

リビングのソファのところ、腰窓の横の壁、ベッド上。
壁際に置いたテーブルやチェストの上部など。

玄関の正面の壁、トイレの壁面、廊下と階段も大切なコーナーです。

部屋で一番目を引く所=「フォーカルポイント(魅せ場)」を決めましょう。

 

綺麗に見える飾り方

ところで、壁に絵やパネルを飾る時にはちょっとしたコツがあります。
ただやみくもに飾るのではなく、美しく見える法則があるのです。

その1:高さ 「視線を意識しよう」

絵やパネルを飾る高さは「視線(アイレベル)に合わせる」ようにしましょう。
ギャラリーでは絵の中心部が床から140~150センチの位置になるように
展示されます。
これは鑑賞する人の平均的な目線の高さから割り出されています。

部屋のインテリアの場合は、座って観る場合と立って観る場合があります。
ソファ周りなら少し低めに120cm、廊下やダイニングは140cm程度を中心に考えます。

その2:ボリュームと形

魅せ場を意識したら、さてどの位の大きさでどこに掛けましょうか?
だいたい壁全体の20〜30%くらいのボリュームで飾ってみます。
1枚だけでなく、何枚か合わせて、壁全体長さと絵の大きさは間隔も合わせて調整します。
横長の壁なら横長に、幅が小さければ縦長に飾るとバランス良く見えます。

小さなアートでも、レリーフでも数や間隔を調整する事でボリュームを調整できます。

1、サイズを揃えて一つのボリュームに

同じ大きさのパネルを等間隔でかけると、安定感があります。

2、どこか一カ所のラインを揃える

ランダムに掛けてあるように見えても、どこか揃っています。

3、いろいろな形の中に収める

素材や作風が異なる作品でも、配置に少しルールを設けるだけでバランスよく収まります。

コレクションした作品を自由に飾りたい場合は、大きな枠をイメージして、その中に配置してみましょう。

階段は視線の動きに逆らわず、リズム良く

上手にレイアウトする為のコツ

海外のインテリアでアートパネルがセンスアップされて格好良いのは
シビアに計算されているからです。
いきなり掛けるのではなく、紙やマスキングテープでレイアウトしてみましょう。

フックを利用するときは2点で止めましょう。
裏側下隅にクッションかゴムでずれ防止をつけるとグラグラしません。

また、壁を傷つけないフックや真っ直ぐ掛ける為の便利グッズも販売されています。

さあ、自分色に仕上げましょう

自分らしく暮らすために、まずは1枚、絵を選んでみましょう。
家族の思い出をギャラリーにするのも良いですね。

完璧でなくていい、季節が変わるように、家族の成長に合わせて
なんどでもその時々の「自分色」にコーディネートしてください。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • TERU

    ショップデザインと住宅コーディネーターを長年やってきましたが、アパレルより雑貨が好き。 お家大好...

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事