更新:2017.11.20 作成:2017.11.20

こんなに種類が!キャンドルで灯りと香りの癒し

色とりどりのキャンドル。お店に並んでいるのを眺めていると何となく楽しい気分に。
単にキャンドルと言っても、色々な種類があります。
自分好みのキャンドルを見つけて、優しい灯りと、素敵な香りの癒しを楽しんでみてはいかがでしょうか。
❤︎ お気に入り
目次
  1. キャンドルの種類
  2. キャンドル(アロマワックスサシェ)の作り方
  3. まとめ

キャンドルの種類

雑貨屋さんの棚に並んだ色とりどりのキャンドル。
素敵な香りを楽しみながら、眺めているだけでも気分が上がりますよね。

単にキャンドルと言っても、デザインや色の違いだけでなく、
使い方、キャンドル作成の技法…
などなど、それぞれに違いがあり、本当に色々な種類があります。

ここでは、最近人気のキャンドルを中心に、
その一部を紹介させていただきます。

ボタニカルキャンドル

ボタニカル(botanical)は植物のこと。
ボタニカルキャンドルは、押し花や、ドライフラワー、プリザーブドフラワーなどを封じ込めた美しいお花のキャンドルです。
視覚的にも華やかな彩りを楽しむことができます。
葉っぱや木の枝や木の実、ドライフルーツなどを使ったキャンドルは、お花とはまた違ったナチュラルな雰囲気がありオシャレです。
アロマキャンドルとして香りを楽しめるものも多いです。

アロマワックスサシェ

アロマワックスバー、アロマワックスプレート、アロマワックスタブレット、
またはボタニカルサシェとも呼ばれています。
火を灯さずに、置くだけで香りを楽しめるのが特徴のアロマキャンドルです。

こちらもボタニカルキャンドル同様、ドライフラワーやドライフルーツで飾られていますが、
せっかくの綺麗なキャンドルが燃えてなくなることなく、長く楽しむことが出来るのが魅力。
立体的な装飾が施されているものが多く、とても素敵ですね。
紐やリボンがついているタイプなら、お部屋に吊るして飾りましょう。
自分で手づくりしてオリジナルのアロマワックスサシェを作ることもできます。

グラデーションキャンドル

グラデーションの色の流れが美しいキャンドル。
色々なカラーのキャンドルを並べるとカラフルで綺麗です。
着色した蝋を順に流しこむことで、グラデーション模様を作りだしています。
紙コップや牛乳パックなどでも手づくりする事ができます。

惑星キャンドル

球体のキャンドル。
細かい色の層が何層にも重なった模様がまるで惑星のようで美しいです。

マーブリングキャンドル(マーブルキャンドル)

マーブル模様のキャンドル。大理石(マーブル)キャンドル。
高級感と存在感があり、お部屋に置くだけでおしゃれな演出に。
2色以上が混ざり合う偶然が作りだした模様を楽しむ事が出来ます。
同じ模様は二度と作れないので、材料が同じでもひとつひとつ表情が違うのも魅力です。
リアルな大理石のようなモノトーンのキャンドルもシックで素敵ですが、カラフルな物も可愛いです。

モザイクキャンドル、チャンクキャンドル

小さい四角のブロック状のワックスが、たくさん埋め込まれてたキャンドルです。
タイルチップキャンドルとも言います。
カラフルなキューブがモザイク模様を作り、ポップな雰囲気が楽しいです。
色合いによってはお菓子みたいで美味しそうな仕上がりになります。
最初から固まっているキャンドル同士をくっつけて作るので、早く完成するため、比較的手軽に作れるキャンドルです。
他のキャンドルを作った余りのワックスを砕いて作ってもいいですね。

ジェルキャンドル

モチーフ以外の部分が透明のクリアキャンドル。
キャンドルといえば秋冬のイメージが強いですが、ジェルキャンドルは透明感が水や氷を連想させ、夏も涼感を楽しめます。
貝殻や魚のモチーフが入った、海のイメージのキャンドルも夏らしくて綺麗ですし、
ドライフラワーなどのお花を散りばめた、ボタニカルジェルキャンドルも素敵ですね。
飾って眺めているだけでも楽しい気分になれるキャンドルです。

ホイッピングキャンドル

溶かした蝋を泡立てたものを飾り付けたキャンドル。
ケーキやお菓子などのスイーツキャンドルのホイップや、クリスマス向けのキャンドルの雪の表現などに使う事ができます。

鉱物キャンドル

鉱物をモチーフにしたキャンドル。
まるで色とりどりの宝石のようで、とても美しいです。

空キャンドル

青空に雲が浮かぶ様子をイメージしたキャンドル。
空を切り出したような不思議な雰囲気があります。
ホイッピング技法を使用して作成します。

エッグキャンドル

本物の卵の殻を型にして作る、ころんとした卵型が可愛らしいキャンドルです。
紙製のたまごパックに入れてたくさん並べるとカラフルで賑やか。
イースターエッグのようで、とても可愛いです。
ラッピングして、ちょっとしたプレゼントにしても喜ばれそうです。

スタッキングキャンドル

平らな薄いキャンドルを何枚も重ねたキャンドル。
あえて層をねじれさせても面白い表情の作品になります。
シート状のキャンドルを型抜きして重ねて作ります。
 

アイスキャンドル(チーズキャンドル)

氷(アイス)を使って、キャンドルに穴を空けたキャンドルです。穴ぼこキャンドル。
チーズの穴のように見える事から、チーズキャンドルとも呼ばれています。
一見個性的な佇まいですが、火を灯せば、穴から光が漏れて非常に幻想的です。

サンドワックスキャンドル

砂のようなパウダー状のワックスを使ったキャンドル。
サンドアートのように層が描く模様や柄を楽しむ事が出来ます。
瓶や、耐熱ガラスなどの透明の容器に入れて使用します。
海外では、子供向けのキットとして販売されていることも多いです。

ペイントキャンドル

キャンドルペイント専用のリキッドワックス、染料(アクリル絵の具など)でペイントを施したキャンドルです。
リキッドワックスは名前の通り液体状で、ペイントすることで空気に触れると固まります。
ペンタイプなので細かい装飾を描くことも出来ます。
名前やメッセージなどを書いてオリジナルのキャンドルを作れば、プレゼントには最適ですね。
 

フローティングキャンドル

水に浮かべて楽しめるキャンドル。
グラスに浮かべてテーブルに置くと手軽におしゃれな雰囲気が作れますし、
お風呂に浮かべて癒しのバスタイムを楽しむ事もできます。
芯が着水することで火が消えるので、安全に使うことができる点も魅力です。
ロマンティックなウェディングの演出として、とても人気があります。
シンプルなもの以外にも、お花の形のものや、LEDタイプのキャンドルもあります。

ハワイアンキャンドル(カービングキャンドル)

カービングと呼ばれるカット技法を施したアートなキャンドル。
不思議な曲線が描く造形美と、層の色合いの美しさが魅力です。
 

フラワーキャンドル

薄い蝋の花びらが何層にも重なった、繊細でとても美しいキャンドル。
一枚一枚薄いワックスを何枚も重ねて作っていきます。薔薇をイメージしたものが多いです。

リキッドキャンドル

液体のキャンドル。
アルコールランプとは違って、液体自体に引火することはないので安全性が高いです。
容器の中に入った液体によって違った色の炎を楽しむ事が出来るものもあり、とても幻想的です。

カラーキャンドル

炎にカラフルな色がついたキャンドル。
青や紫、緑、ピンクなど、色々なカラーがあり、虹色の炎が揺れるタイプもあります。
 

メッセージキャンドル

火を灯すと、メッセージが現れるキャンドル。
ウェディングやバースデーなど、サプライズやロマンティックな演出には最適です。
 

テーパーツイストキャンドル

西洋の伝統的な技法であるディッピングを使って作った、オーソドックスなキャンドルです。
ディッピングとは、キャンドルを溶かした蝋に何度も浸して太くしていく技法です。

 

キャンドル(アロマワックスサシェ)の作り方

市販のキャンドルには素敵なものがたくさんありますが、
たとえ不格好でも自分で作ったオリジナルキャンドルは特別なもの。
キャンドルは意外と簡単に作れます。自分だけの特別を作ってみませんか?

今回は、火を灯さずに置くだけで香る「アロマワックスサシェ」の作り方を紹介します。

アロマワックスサシェの作り方

<用意するもの>
キャンドル
※本格的なものはミツロウ、ソイワックス(大豆)キャンドルを使いますが、
100円ショップのアロマキャンドル等でもOK。

アロマオイル
ドライフラワー、木の実、ドライフルーツなどのモチーフ
リボンや紐
型 ※紙やアルミ製のお菓子型、シリコン型など
紙コップ
割り箸
ストロー

※アロマオイルに、ラベンダーやユーカリ、ローズマリーなど防虫効果のあるものを使えば、
クローゼットに吊るすには最適です。
まずは、ドライフラワーなどのモチーフを型の中に並べて、
どういう配置にするのか目安を決めます。

紙コップの中に入れた蝋を、湯煎、または電子レンジで蝋を溶かします。
レンジを使用する場合は、20秒ごとなど、少しづつレンジの前で様子を見ながら行なって下さい。

蝋が解けたらその中にアロマオイルを垂らし、割り箸などでかき混ぜます。
溶かした蝋を型の中に流しこみます。
その上にモチーフを埋めこみます。

ある程度蝋が固まったら、ストローを刺してリボンを通す穴を空けます。
(最初から穴が空いているタイプの型の場合は不要です)

蝋が完全に固まったら型から外し、リボンを通して完成です!

アロマワックスサシェの完成です♪

まとめ

色々な種類があるキャンドル。
凝ったデザインのものは飾るだけで素敵ですし、
シンプルなキャンドルも火を灯せば、それだけで雰囲気が出せます。

オリジナルキャンドル作りに挑戦するのも楽しそうですね。

お気に入りのキャンドルを見つけて、
キャンドルの炎のゆらぎ、香りを楽しみながら
リラックスタイムを過ごしてみてはいかがでしょうか。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

ログイン・無料会員登録
  • hanakoro

    暮らしのアイディアや素敵なアイテムなどをご紹介いたします。

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

連載記事

パリ在住のシェフ:Carrie Solomon The Socialite Familyシリーズ

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

ダイソーやセリアなど100均のリメイク雑貨が勢ぞろい!みなさんもお休みにチャレンジしてみませんか?

2017年にもっとも見られたDIYリメイク・アイデア記事12選を特集しました。 ダイソーやセリアも手に入らない商品などもありますので、来年の再販などの参考にも役立てくださいね!