ビーズソファの賢い選び方。ブランドの特徴をチェックしてお気に入りを見つけよう!

坐った瞬間に体がゆったりと沈んで、幸せな心地が体感できるビーズソファ。様々なメーカーやブランドがラインナップしてます。ビーズソファの購入を検討されている方のために、それぞれのブランドの特徴とチェックポイントをご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2017.11.16 作成:2017.11.16

目次
  1. 坐り心地抜群!ビーズソファの魅力
  2. ビーズソファを選ぶ時のポイント
  3. 人気3ブランドの特徴をチェック!
  4. アマゾンのビーズソファ売れ筋ベスト5
  5. ビーズソファのへたりを防ぐには?
  6. 自分にぴったりなビーズソファで癒しのひとときを☆

坐り心地抜群!ビーズソファの魅力

ビーズソファが大人気となった理由のひとつは、何と言ってもその座り心地。微粒のビーズを詰め込んだソファが、体をふんわりと包み込んでくれます。また大きなソファが置けない家庭や1人暮らしの方でも、ビーズソファなら場所を取らず、気軽に使える点も人気の秘密です。ビーズソファは仕様も価格もメーカーやブランドによって様々なので、購入前にはしっかりチェックして、お気に入りを見つけましょう。

ビーズソファを選ぶ時のポイント

ポイント1:ビーズの大きさ

坐った瞬間に体が吸い付くようなビーズクッションの心地よさは、中に入っているビーズの大きさによって左右されるので、ビーズが微粒子であることが大切!ビーズの大きさは1~2mmの物を選ぶようにしましょう。

ポイント2:ソファの大きさや形

ビーズソファの形や大きさは様々。1人でゆっくり過ごしたい時に使うのか、枕の代わりにするのか、仮眠するために使うのか……などの用途をよく考えて選ぶことが大切です。また部屋のサイズに合わないソファを購入して後で困らないように、部屋の置き場所を決め、部屋の広さを事前に測った上で商品の購入を決めるようにしてください。

ポイント3:カバーの質感

ビーズソファを包むカバーの質感によっても、肌に触れる心地よさが変わってきます。伸縮性にすぐれた素材のカバーは、肌に当たった感触が優しく、ソファに体が沈んでいくような心地よさが感じられます。またしっかりとした座り心地が好みの場合は、帆布や厚手の生地を使ったカバーを選ぶとハリが出て、体が沈み込みすぎず丁度良い硬さに感じられるでしょう。

ポイント4:ビーズの取り替えや補充が可能かどうか

ビーズソファで一番気になる点が、へたり具合です。へたりは商品の耐久性や使用頻度によっても違ってきますが、使えば使うほどへたってくるのが現実です。その際に中のビーズが取り替えや補充が可能であれば、気になるへたりは解決できます。ビーズの取り替え・補充できるかどうかは商品によって様々ですが、可能な商品はやや値段が高めであることを覚えておきましょう。

人気3ブランドの特徴をチェック!

ビーズソファと言えばここ!無印良品

ビーズソファと言えばここ!と声が上がるほど人気で、その心地よさが人をダメにするソファとして認知度が高いのが無印良品の体にフィットするソファ。シンプルでおしゃれな形やカラーがラインナップしていて、どんなタイプの部屋にも使いやすいと評判のロングセラー商品です。

ビーズは約0.5mmの微粒子で、ストレッチ素材のカバーは交換用も充実しているので、気分に合わせて選ぶことができます。購入した後に万が一気に入らない場合は、30日間返品可能です。

デメリットは交換用のビーズがないので、へたりが見えてきたらソファ本体ごと買い替える必要があります。

体に合わせて自由自在に変化するYogibo(ヨギボー)

2014年に日本の公式サイトがオープンしたアメリカで大人気のブランド ヨギボー。快適で動けなくなる魔法のソファのキャッチフレーズ通り、一度座ったらその気持ちよさに虜になってしまうと評判で、メディアでも取り上げられた注目のブランドです。

ビーズの大きさはやや大きめで2mmほどで、一番の特徴は、坐った人の体の形に合わせてソファが自由自在に形を変化すること。背もたれの角度も自分が丁度良い角度に微調整できるので、人を選ばず誰の体にもしっくりなじんでくれます。

交換用のビーズがあるので、へたりが目立ってきたら交換できて元通りに!カバーも少々のことでは破れず丈夫な上に、1年間保証がついていてお得です。また見た目よりも軽いので部屋から部屋の移動や片づける時にも楽々です♪

安さが魅力のニトリ

ニトリのビーズソファは0.3~0.5mmのマイクロビーズを使用して優しい座り心地が魅力。何よりも他のメーカーよりリーズナブルな点が嬉しいポイントです。ニトリのビーズソファはへたりが気になるとの声も聞かれますが、使用していればどのビーズソファもへたりは必ずやってきます。詰め替え用のビーズは無いので買い替え前提で安く手に入ると考えれば、それもメリットと言えるでしょう。

アマゾンのビーズソファ売れ筋ベスト5

ビーズソファにはネットで気軽に手に入る人気商品がまだまだあります。アマゾンの売れ筋ベスト5(平成29年11月16日現在)を口コミとともにご紹介します。同じ商品でカラー違いの物は省いています。

1.フレックス販売  アースカラーキューブチェア

アマゾンで販売されているビーズソファの中でもベストセラー1位に輝く人気商品。無印良品の商品と質が変わらず、低価格なところが評価の高さにつながっています。安心の日本製で、カバーの色は6種類から選べます。

2.山善(YAMAZEN)   ビーズクッション

ふんわりとした心地よさとしっかり坐れる安定感の両方を兼ね備えたビーズソファ。レビューでも高評価!中袋がダブルファスナーになっているので、ビーズのこぼれ落ちを防ぎ、安心して使えます。

3.MOGU  ダルマンソファ

コロンとしたダルマ型が可愛いMOGUのビーズソファ。愛らしい形はもちろん、坐る時にも寝る時にも形が自在に変化して使いやすいと人気の商品です。カラーバリエーションが豊富なので、家族それぞれ色違いで揃えても素敵です。

4.アナリア  人をダメにするクッション

安心の日本製ビーズクッションアナリア。レビューを見ると坐り心地は良いけれど、小ぶりサイズだったとの声が上がっています。サイトにはサイズが表記されているので、自分が欲しいサイズどうかをよく確認しておきましょう。

5.どんなくつろぎもバッチコイ ビーズクッション

人をダメにするソファとキャッチフレーズを掲げるビーズソファが多い中、バッチコイビーズソファは、人をダメにしすぎない派が売りの商品。ほど良い硬さがあるので、しっかり坐れて心地よいのが特徴です。ツンととがったフォルムも可愛く、インテリア性も高いのが魅力♪

ビーズソファのへたりを防ぐには?

ビーズソファを購入する時に気になるのが「へたり」。購入時にはふかふかで心地よかったソファが、すぐへたってしまわないようにするにはどうすればよいのでしょうか。

まず知っておいていただきたいのが、ビーズソファの寿命は使い方にもよりますが、およそ1~2年です。ビーズが交換できるタイプのソファであればビーズを入れ替えることでへたりは改善できますが、ビーズが交換できない場合には、ちょっとしたコツで長持ちさせることができます。

カバーを2枚使ってソファ本体を保護することで、へたり具合は軽減できます。またへたったソファの本体をサイズダウンしたカバーに入れるとビーズが満杯になって、復活させることもできます。ぜひ一度試してみてくださいね♪

 

自分にぴったりなビーズソファで癒しのひとときを☆

部屋のサイズや自分の用途に合っているか、ビーズ交換ができるか、カバーの種類は豊富か、など、自分にぴったりなお気に入りのビーズソファを見つけるためには、チェックポイントがいくつかあります。価格とクオリティーの高さをどこで見極めるかは、自分次第です。お気に入りのビーズソファを納得して手に入れることができれば、極上の癒しのひとときを過ごせること間違いなしです♪

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • amitto

    手芸や料理など手を使うことが大好きです。毎日を心穏やかに豊かに過ごすための素敵なアイテムや情報を...

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事