北欧と日本。二大巨匠の厳選WallClock

あなたは一日何回、時計を見ますか?
朝起きた時、出かける時、大切な人が帰宅する時。
何度も見る物だからこそ、拘った時計にしてみませんか?
数ある時計の中でも北欧と日本、巨匠と呼ばれる2人のデザイナーが手掛けた名作掛時計をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2017.11.9 作成:2017.11.9

目次
  1. Arne Jacobsen
  2. 渡辺 力
  3. まとめ

Arne Jacobsen

デンマークが生んだ世界的建築家兼デザイナー、アルネ ヤコブセン(1902-1971)
今日のモダン北欧デザインの原型を作り上げた、デンマークデザインの父とまで呼ばれる人物

建物から家具、照明や食器類、もちろん時計に至るまででデザインを手掛けました。
機能主義をポリシーとした作品には余計な装飾はされず、使い手を第一に考えた名作家具を多く残しています。
希少なオリジナルから忠実に再現された時計は、いまもなお多くの人に愛されています。
 
  1. Station
  2. Bankers
  3. Roman
  4. CityHall


 

1.Station

1943年ラウリッツ・クヌンーセンとのプロジェクトで製作。
誰が見ても一目で時間がわかる普遍的なデザイン。
その視認性により多くの鉄道の駅で採用され、ステーションクロックとして今もなお愛されています。

子供でもお年寄りでも見やすいように考えられた時計。
大き過ぎず小さすぎず、主張し過ぎないすっきりとした文字盤。
最小限のシンプルながら、洗練されたデザインの芸術的な時計ですね!
 

2.Bankers

アルネ ヤコブセンがデンマーク国立銀行を設計した際、トータルデザインとして作られた時計
オリジナルは2つしか残っておらず、その貴重なオリジナルが忠実に再現されました。

12個のブロックで構成されたインデックスにより、時間をグラフィカルに表すという独創的なデザイン。バーの黒点が流れるように時間を示していきます。
数字が描かれていない、個性的なデザインが秀逸。

3.Roman

1939年、テーブルクロック製作の際に生み出されたデザインが、1942年、オーフス市庁舎を設計した時にウォールクロックとしてリデザインされたのがこちらの『Roman Clock』
市庁舎の正面に掲げられた時計は、建築のシンボル的な存在となりました。

ケースとの一体感を実現した文字盤に直接インデックスを描くことで、独特の立体感を演出しています。
端正で直線的なローマ数字と柔らかな時分針が、クラシカルかつエレガントな雰囲気。

 

4.CityHall

ルードブレ市庁舎を設計した際に手掛けたウォールクロック。

磨き抜かれたポリッシュケース、一切の無駄を取り除いた潔い良いデザイン。
緻密な計算がされた徹底したシンプル!
クールさが光る、モダニズムの代表となる時計です。

渡辺 力

日本のデザイン界を牽引してきた、渡辺力(1912-2013)
家具、プロダクト、室内装飾など約60年にわたり日本の生活空間を作り上げてきたデザイナー
2013年、101歳でお亡くなりになりました。
「デザイン」という言葉が日本社会に定着していなかった戦後間もないころから活躍し、剣持勇、柳宗理、長大作、水之江忠臣らと共にジャパニーズ・モダンの礎を創ったと言われます。

 
  1. RIKI Clock
  2. 八角の時計
  3. 日比谷の時計
  4. 小さな時計



 

1.RIKI Clock

愛され続けるユニバーサルデザイン。
タンバリンの枠と同じ、曲木技術を採用した木製フレーム。
「数字、メモリ、針」が抜群のバランスで配置されている、渡辺力の代表作ともいえる時計。
この時計をデザインした時、渡辺氏はなんと92歳!
明るい木の質感と爽やかな文字盤。
シンプルながらも、とても温かみのあるデザインです。

2.八角の時計

どこか懐かしく、古き良き時代を思い出させるような時計。
レトロな中に洗練されたデザイン。
渡辺氏が影響を受けつつも、生産を終え忘れ去られてしまったものに光を当て、素材やバランスを見直しリデザインされたのがこの『八角の時計』。
レトロな雰囲気はそういった背景からも来ているのですね。
ウォールナットの木枠が重厚感をも感じさせます。
末広がりで縁起物でもある八角のデザインは、お祝い事のプレゼントにも最適です。

3.日比谷の時計

現在も日比谷の交差点に立つ、第一生命本社のポール時計。
自他ともに認める渡辺氏の代表作であり、当時はその視認性の高さからパブリッククロックの手本になりました。
ポール時計が出来てから約40年、2012年住宅に合わせたサイズに復刻されたのがこちらの「日比谷の時計」です。
極限まで切り詰められたシンプルの中に、力強さが感じられますね。
日比谷交差点に行かれた時はオリジナルの『ポール時計』を探してみてはいかがですか。

 

4.小さな時計

その名の通り直径12㎝ほどの小さな時計。
厚みのある本体と立体的な文字盤が作り出す陰影が、暖かさを醸し出してくれます。
この時計が発売された1970年代は装飾過多な時計が主流。その中でこの小ぶりなサイズとシンプルさは画期的でした。
レトロモダン、それでいて上品。小さいながらも存在感がある時計。
専用スタンドを使い、置時計として使用する事も可能です。
 

まとめ

いかがでしたか?
これぞ!と思える時計はあったでしょうか?
今もなお、世界中の人たちに愛されている名作時計。
こういった名作を一つ、あなたのお部屋に加えてみてはいかがでしょうか。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • kivi

    2017年新居完成。田舎暮らしを始めました。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事