押入れ収納はカラーボックスで捗る!おすすめのテクニック

収納力抜群の押入れ!ただただ詰め込むだけの収納になってませんか?
大切な収納スペースをフルに活用しましょう!今回は『カラーボックスを利用した押入れ収納テクニック』をご紹介します。押入れ収納を攻略して、気持ちの良いお家を目指しましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2017.10.30 作成:2017.10.30

目次
  1. 押入れのデッドスペースがもったいない
  2. そんな時に役立つカラーボックス
  3. サイズ感は要確認!
  4. カラーボックスと組み合わせたいアイテム
  5. まとめ

押入れのデッドスペースがもったいない

お家の収納空間の王様ともいえる『押入れ』!
高さや大きさがあり、収納力抜群のスペースです

押し入れは通常、『天袋・上段・下段』と3つのスペースに分かれています。

天袋には普段使わないものを、手の届きやすい上段には普段からよく使うものを収納すると◎。
​​​下​​​​段の手前も使う頻度が高いものを入れ、下段の奥には季節外の家電や衣類などをしまっておくと◎

でも、大きなスペースだからこそ収納方法が分からない…!という方も多いのはないでしょうか?

押し入れの収納力をもっと増やすには?

押入れは、せっかくの大きな収納空間です。
ちょっとしたテクニックで最大限に活用したいですよね♪

押入れが使いにくいと感じる理由は、奥行と高さがあるため…。
ならば、この大きな収納空間に『仕切り』を作ってしまいましょう◎

『仕切り』と『ゾーン分け』で、押入れのデッドスペースを上手に活用!
これが、詰め込むだけの押入れ収納から卒業できるポイントです♡

 

 

そんな時に役立つカラーボックス

丈夫で安価なカラーボックスを押入れ収納に活用しましょう♡

​​​​​​お家のいたるところで大活躍のカラーボックス。
丈夫で安価・カラーバリエーションも豊富なカラーボックスは、押入れ収納にもぴったり◎
押し入れの『仕切り作りとゾーン分け』に大活躍してくれます!

まずは、押入れに「何をどのように、どのくらい収納したいかを把握することから始めましょう。収納するものや量によって、カラーボックスなら自由自在に組み合わせができるところも魅力です
 

カラーボックスの収納テクニック

押入れの上段をカラーボックスですっきりと

お布団などの大物を下段に移動し、上段をカラーボックスで整理するのもひとつのテクニック◎
無印や100均の収納ボックスを合わせると、書類や小物などがすっきりと片付きます♪

手前のかごにちょこっとした小物類たとえば手袋やカーディガンなどの居場所にすると、見た目も可愛く便利な収納が楽しめます

カラーボックスでデッドゾーンが収納スペースに!

押し入れの高さをもて余してしまい、デッドスペースになってしまうことも…。

そんな時は、カラーボックスを横向きに配置しましょう!
カラーボックスの上部分に、収納ボックスなどを置くと収納量がぐんとアップします!

『見つけやすく、取り出しやすい収納』は、使い勝手のよい押入れにするための大切なポイントです♡

お布団のなだれもカラーボックスでストップ!

お布団を押入れに収納した時の悩みは、お布団のなだれがおきてしまうこと。

そんな時は、お布団の居場所をコンパクトに確保できれば◎
カラーボックスで仕切りを作って、お布団なだれをストップしましょ。
このように、カラーボックスを使うことで収納空間を大物や小物などに『ゾーン分け』することができるんです♪
 
 

カラーボックスで収納できるものは?

①書類をきれいにファイリング

保管しておきたい郵便物や書類など押入れのカラーボックスに収納すれば、リビングなど他のお部屋がすっきりします◎
押入れ収納を最大限に生かすことがすっきり片付いた暮らしのポイントです。

どんな書類を収納しているのか、ファイルにラべリングをしておくと分かりやすいですね

②工具類の整理にもぴったり

カラーボックスとバンカーズボックスを組み合わせた押入れ収納もオススメです◎

工具類などのごちゃごちゃしてしまいがちな小物は、押入れ収納がぴったりです。
おしゃれなバンカーズボックスにまとめて、使い勝手のよい収納ゾーンに仕上げましょ。

カラーボックスで押入れを本棚に

本が好きな方は、お部屋に入りきらない本を押入れに収納してみてはいかがですか
カラーボックスは、見やすく取り出しやすい本棚としても大活躍です◎

③洋服をきちんとたたんで美しく

洋服をきれいにたたんでカラーボックスに収納すると、どこにどの洋服があるのか一目瞭然です
見た目も美しく『見つけやすく、取り出しやすい収納』の完成です。

サイズ感は要確認!

カラーボックスを押入れ収納に活用する時に、気を付けたいのがサイズです。

例えば、『ニトリのカラーボックス』には20種類ものサイズ展開があります。
(※横幅→スリム・レギュラー・ワイドの3種類+高さ→2段から6段まで)

押入れの幅や高さに合わせたタイプを選ぶこと。
これが、空いてる収納スペースを無駄なく活用するための大切なポイントです♪

奥行きを上手に活用しましょう

奥行のある押入れの場合は、手前にデッドスペースができてしまうことも…。
そんな時は、カラーボックスを使って奥行きを上手く活用しましょう◎

次に、奥行き活用の収納テクニックをご紹介しますのでぜひ参考にされてみてくださいね。

カラーボックスの背板を外し、前後2列に並べましょう

まず、押入れの奥にカラーボックスを配置します。
そして、手前には背板を外したカラーボックスを置きましょう。

カラーボックス2個分の収納スペースが生まれ、押入れの奥行きが最大限に活用できます。
収納ボックスを利用して、取り出しやすい収納の完成です

レール付きハンガーボックスをDIY

カラーボックスの手前のデッドスペースを活用するためには、可動式収納を利用すると◎
こちらは、ハンガーラックとレールのDIYで、奥のスペースも上手に活用されている素敵なアイデアです。

カラーボックスの手前に、ハンガーラックを置くのも◎です。
手前に洋服を掛けるためのスペースを作り、奥のカラーボックス収納も生かす!
これで、もったいないデッドスペースが解消できます

カラーボックスと組み合わせたいアイテム

キャスター付き

押入れの下段収納は、キャスター付きのカラーボックスがオススメです。
取り出しやすく、そのままお部屋にも移動できます◎

キャスターを利用する時は、スムーズに出し入れできるよう、周りに少しだけ余白を残しておくこともポイントです♪

『キャスター付きの台』をすのこでDIYすれば、さらに便利に活用できます♪

無印良品・キャスター付きパルプボードボックス

無印良品のキャスター付きパルプボックスも、押入れの下段収納にぴったりです。
縦でも横でも使え、用途に合わせて棚の位置も調整できる優れものです◎
 

BANKERS BOX(バンカーズボックス)

押入れ収納をすっきりおしゃれに仕上げたい方は、バンカーズボックスをカラーボックスにプラスしてみてはいかがですか?
人気のフェローズ・バンカーズボックスは、持ち手付きで取り出しやすく丈夫で、シンプルでおしゃれなところも◎
書類や衣類、アルバムなどを収納するのにとても便利です

かごバッグ&ラタンバスケット

カラーボックスを可愛く便利に仕上げてくれる、かごやラタンを組み合わせた収納
こまごまとした小物から、帽子やバッグなど布製品の収納にもぴったりです◎

透明の収納ボックス

透明や半透明など中味の見える収納ボックスもオススメです。
素敵な趣味のものなどを眺めながら、すっきりとまとめることのできる収納はいかがですか?
お気に入りのものを、見つけやすく素敵に収納できます

まとめ

きれいに片付いた押入れに憧れてはいるけど、どうしていいか分からない…
という方は、まずは押入れの中のいらないものを整理することからはじめてみましょう♪
必要なものを把握したら、カラーボックスの収納テクニックでどんどん整理しちゃいましょ!


押入れ収納を最大限に活用して、きれいなお家を目指しましょう。
きっと気持ちのよい快適な暮らしにつながります
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • pipirin

    毎日の生活にワクワクをプラス出来たらいいなと思っています♡

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事