WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

こんな方法もある!収納前に確認しておきたい布団収納術

お布団収納のバリエーション増やしてみませんか?今回は定番の収納方法だけでなく、こんな収納方法もあったのか。と、布団収納の見直しや収納前にチェックしておきたい収納術をご紹介します。 #収納 #布団

2017.10.26

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2017.10.26 / 作成:2017.10.26

日々の生活に欠かせないお布団ですが、収納スペースを圧迫して邪魔になる。出し入れしにくくて不便!収納できる場所が足り無い!と、お悩みのタネになりがち!

そこで今回は、お布団収納の基本ポイントと、選択肢のひとつとして最初にチェックしておきたい、押入れ・クローゼット・お部屋での賢い収納方法をご紹介します。

布団収納の基本。まずは3つのポイントを押さえておこう!

その1。縦の空間は仕切って使う

特に押入れなど広い収納スペースに、布団をそのまま積み上げてしまっては上部にデッドスペースが生まれ、下の物が取り出しにくい。雪崩がおきる原因に直結します。

「コの字ラック」などを取り入れ、空間を縦に仕切る事が大きなポイントです。これなら重たい布団から他の寝具まで。必要な時にサッと出し入れが出来るようになります。

その2。限られたスペースを無駄なく使い切る

肌布団や寝具などを一緒に収納する際は、収納スペースのサイズを無視して詰め込んでしまうと、上部・横幅・奥行きにもデッドスペースが発生し、ごちゃっと取り出しにくい状態に。

収納スペースのサイズにも考慮したケースや袋にまとめ、布団ケースと並べる。この一手間で限られたスペースを、無駄なく快適に使いこなす事ができます。

その3。スムーズに出し入れ可能な収納を前提とする

毎日使う布団は「上げ下ろしを簡単に出来る工夫」が大切ですし、お布団を収納する際は、カビ・ダニが発生しないよう、すのこを使うだけでなく、「こまめに換気・掃除をする」ことも大切。

特に押入れの下段などは出し入れが大変=掃除がしにくい場所なので、このようなキャスター付きのラックなどで簡単に動かせる状態をつくると1発解決できます。

シーズンオフや来客用の布団の場合には、持ち手付きのケースに入れる。といった工夫も◎

布団収納の定番<押入れ>はしっかり使いこなそう!

小さい押入れなら立てて収納。

押入れといっても状況はそれぞれ。狭い押入れや、他に何を収納するかによってはコの字ラックで縦に仕切れないことも。

そんな時は、縦置きで収納すれば、傾けるだけでOKなので取り出しもスムーズで、縦長のスペースを無駄なく使い切る事が出来ます。掛け布団のように自立が難しいものはケースに入れると◎

この方法は、圧縮袋に入れて収納する時にもおすすめ。

季節の変わり目など温度調整をスムーズに行いたい時は?

肌布団や、軽めの毛布・タオルケットなどを細かく仕切った空間に、くるっと丸めて差し込むだけ。という収納方法にすれば、たたむ手間もかからずサッと取り出せるので、その日の気温に合わせて寝具を簡単に選びなおせます!

100均のワイヤーネットを六角形に組み合わせるだけなので安い材料で簡単に出来ますし、通気性も抜群◎

カチッとしたケースは布団収納に最適。

出典 www.ikea.com

袋やケースを使って布団を収納する際には、いかにコンパクトにまとめるか。押入れの残りの空間を使いやすくするか。が大切。

そんな時はこのようなカチッとした形状のケースが最適です!

布団をコンパクトに。

ボリューム感のある掛け布団も、このようにたたんで入れるだけでコンパクトサイズに変身。

ここまで差がつく。

コンパクトな箱状になれば、スッキリ収まり、押入れ内のレイアウトが非常に簡単になります!

収納ケースの色・形で統一感を出すことも美しくみせるポイントですよ♡

<クローゼット>でも布団はキッチリ収納出来る!

量が多ければ縦置きで収納。

先程も登場したIKEAのSKUBBは「縦置き」も可能。クローゼットで沢山の布団を収納したい時は、ケースに入れて縦置きで並べましょう。

縦なら出し入れもスムーズで見た目もスッキリ。上部のハンガースペースはそのまま衣類収納に使えますよ!

クローゼットに入らない時は?

出典 www.ikea.com

ケースの高さは「19cm」なので、ベッド下で収納することも可能です。ベッド下が空いていれば有効に活用しましょう。

狭いクローゼットには円柱タイプの収納袋。

狭いクローゼットでスペースにゆとりもない。まとまった収納スペースは確保できない。そんな時にはコンパクトな円柱タイプの収納ケースがオススメ!

縦置き横置きも自由自在で「横幅」も節約できるので、空いたスペースや、クローゼット上段を使って収納する事が可能です。

複数の布団収納ケースに入れる際は探しやすいよう「タグ」を忘れずに!

羽毛布団は積み上げるより吊るして収納。

湿気やつぶれ、傷みといった事が無いよう大切に保管したい羽布団。狭いクローゼットでも布団袋に入れて、結束バンドでポールに吊るしてしまえば安心して保管することが可能に!

衣類は衣装ケースを使えばクローゼット下部で対応できますし、衣装ケースの高さをフラットにして上部を棚板として利用すれば、空間を無駄なく使いこなせます◎

頑丈でアレンジ自在なスチールラックが役に立つ。

ウォーキングクローゼットで布団を収納する際は、頑丈でパーツを自由に組み合わせられるスチールラックが役に立ちます。

布団の収納量に合わせられる

このように棚板の高さも自由に変えられるので、シーズンごとに収納量の変わる布団にもジャストサイズで対応できますし、ポールを足して衣類と一緒に。など、他の収納アイテムとも組み合わせやすいのは大きな魅力ですね!

収納スペースが足りないなら<部屋の中>で活用しよう!

布団を収納しながらソファーとして使う。

押入れもクローゼットも余裕がない場合には、仕舞い込まず出しっぱなしで活用する事も可能!

このように、ソファーの形状になるような布団収納袋に入れるだけで、ソファーとして活用出来ちゃいます♡


好きな生地を使って作ればよりインテリア性もアップしますが、作るのが面倒な時には下記のような「ソファー型収納ケース」を活用しても◎

小上がり仕様で収納力をアップ!

収納力を更にアップしたい時には、このような小上がりをプラスしましょう。

小上がり内部も収納空間として使えますし、四つ折りにしたお布団にカバーをかけて上に乗せておくと、収納兼ふかふかのくつろぎ空間として活用できます♡

布団は仕舞い込むもの。という感覚ですが、あえて出しっぱなしで活用する。というのも選択のひとつです◎

まとめ

いかがでしたでしょうか?布団収納。といっても、一手間かけるだけでスッキリと収まりますし、収納ケースや袋。置き方。収納場所によってもこれだけの違いが出てきますね!

布団はお家で収納する物の中で最もスペースを必要とする物のひとつなので、収納方法次第でその後の収納空間の使いやすさに大きな影響が出ます。

まずは、このようにどんな収納方法があるのかを確認した上で、より良い収納を選び、ベストな布団収納をみつけられてください♡

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • As

    はじめまして。日常をちょっと楽しくしてくれるモノづくりを楽しんでいます。