WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

スッキリお洒落に解決!マフラーやストールの収納術

マフラーやストールの収納に一手間加えてみませんか?今回は、見せる収納から隠す収納まで、スグに試してみたくなるようなマフラー類をスッキリとお洒落に収納する方法をご紹介します。 #収納

2017.10.25

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2017.10.25 / 作成:2017.10.25

秋冬に大活躍のマフラーやストールですが、収納する際は量が多くて何だかごちゃっと見える。クローゼットで場所をとってしまう。出し入れが面倒。イマイチおしゃれ感が足りない!と感じることも。

そこで今回は、マフラー類にシワをつけず「壁面での見せる収納・クローゼット・隠す収納」をスッキリお洒落に楽しむ方法をご紹介します。

マフラー&ストールのおしゃれ収納術<壁面ディスプレイ編>

階段でお洒落にディスプレイ収納!

階段・通路・玄関などに、セリアなどでも販売されている「アイアンウォールバー」を使ってマフラー(ストール)を掛けるだけで、こんなにお洒落に!

インテリアのひとつにもなりますし、出かける時・帰宅時にサッと掛けられるので使い勝手も◎

アイアンウォールバーは、両面テープでも固定できるので、賃貸やDIY初心者さんにもおすすめ♡

小物類と一緒にラダーに吊るす。

小物類のオシャレなディスプレイ収納には欠かせない「ラダー」は、マフラーの収納にも大活躍!

単品。または、こんな感じでハットや、パンツ類、アクセサリー、グリーンなどと一緒に吊るすだけでもインテリアとして楽しむことが出来ちゃいます♡

滑りやすい生地感なら、このようにくるっと1回巻いておくと安心◎大判ならラダーいっぱいの幅で掛けてほっこりした季節感を出すのも素敵ですよ♪

くるっと丸めてミニハンモックに。

複数のマフラーを収納する時や、毎回吊るすのは面倒だなあ。と感じる場合には、このような「ミニハンモック」も素敵ですよ!

くるくるっと丸めて積んでおくだけでOK!ちょっとくらい無造作な感じでも絵になるのでキッチリ収納が苦手な方にも安心♡

また、壁以外でも、ラックの中・棚板の下・家具同士を繋ぐように。など好きな場所に設置して楽しんでみるのも◎

バケツに入れて壁面収納。

ブリキバケツを壁に固定してしまえば、インダストリアルやナチュラルテイストのインテリアにも最適な壁面収納が実現!

くるっと丸めて差し込めば、複数のマフラーもオシャレに収納できますね♡壁面なら収納スペースの少ない狭いお部屋にもピッタリでは♡

もし、中身をあまり見せたくない場合には、天井やラックやからバケツごと吊るしてみるのも◎

椅子に無造作に掛ける。

出典 ameblo.jp

大人っぽく見せる収納がしたい時には、こんな感じで簡単にたたみ、ブランケット感覚で椅子やソファーなどに掛けるだけでもオシャレ♡

特に大判のストールやショールなどは、お家の中での温度調整にも最適なので、いつも使っている椅子などに掛けておくとインテリア性も使い勝手も向上◎

家具やインテリアとのコーディネートも楽しみましょう♪

マフラー&ストールのおしゃれ収納術<クローゼット編>

ハンガーに掛けてスッキリ収納。

クローゼット内でオシャレな収納をしたい場合には、衣類同様「ハンガー」にかけて収納すれば厚みも押さえられてスッキリと仕舞うことが出来ます。

通常のハンガーでもOKですが、よりコンパクトにまとめたい時は、このように数枚を一緒にかけられるスボン用ハンガーなどがおすすめ◎

クローゼット内のハンガーは色や形を合わせて統一感を持たせると更に素敵です。

量が多い時は多目的ハンガーを活用。

量が多い時や、1つでまとめたい時などは、100均やIKEAなどでも販売されている「多目的ハンガー」が大活躍!

吊るす場所が沢山あるので、マフラーと一緒に、ベルト・ロングネックレス・サングラスの小物類や、フェイクグリーンを一緒に吊るしてみたり、部屋や玄関などクローゼット以外の場所に吊るしてもお洒落◎
KOMPLEMENT マルチユースハンガー

¥399

ストールのコレクションをディスプレイしたり、ベルトやネクタイを整理するのにぴったり。普通のハンガー1本分のスペースに、アクセサリーを18点も掛けられます。

扉裏でコンパクト収納。

出典 ameblo.jp

クローゼットも折れ戸ではなく「両開きタイプの扉」なら、「ハンガーポール」を付けるだけで扉裏でマフラーを収納することも可能に!

これならメインの収納スペースに干渉しないので、クローゼットにゆとりのない方にも安心♡

また、ハンガーポールの変わりにセリアのアイアンウォールバーなどを使ってもOKですし、どちらにしても両面テープで固定できるので簡単です◎

マフラー&ストールのおしゃれ収納術<棚・引き出し編>

バスケットを使ってショップ風に。

ショップ風に綺麗にたたんでディスプレイしたいけど、棚板の広さがちょっと足りない。。そんな時は、スタッキング可能なワイヤーバスケットが役立ちます!

このように他の衣類や小物類も一緒に並べられますし、見た目にもオシャレ♡横から落ちる事もないので、フラットにたたむのに飽きたら、くるっと巻いて積んだりとアレンジも楽しめますよ♪

かごにザックリまとめてみる。

棚などでディスプレイ収納したい時は、このような浅めのカゴに、ザックリと丸めて入れるだけでもお洒落度は抜群!

お部屋・玄関・リビングなど場所を変えたい時も、カゴごと持ち運べるのでサッと動かせて便利ですよ♡

また、細長く高さのあるボックスに、巻いて立てて収納すればちょっとした隙間などにも設置できちゃいます◎

ラタンのカゴでお洒落に隠す。

隠す収納がしたいけど、いつでもパッと取り出せる状態にしておきたい。そんな時はお気に入りの蓋付きバスケットやカゴなどに入れて、使いたい場所に設置!

このような持ち手付きのラタンバスケットなら、持ち運びも便利でインテリアのひとつとして存在してくれます。

そしてアクセントが欲しくなったら、上部からマフラーをちょい見せするのもお洒落ですよ◎

浅い引き出しに丸めて収納。

お部屋にミニマル感を与えたい時は、引き出しの中で隠す収納をするとスッキリ!

引き出しのサイズに合わせ、くるっと丸めて、色をグラデーションにしたり柄別にしたりと並べ方に気をつけながら収納すれば、見た目もこんなに美しくなります♡

引き出しを開けた時に整頓された感じがあると、選びやすく、気分も上がるのでは♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?マフラーは、ディスプレイ収納向きのアイテムなので、お洒落にみせるのは簡単ですね♡

そして、うまくまとまらない。といった時も一手間かけるだけで、よりスッキリと洗練された収納が実現しますし、軽量なので壁掛けにしたい時も「両面テープ」で手軽に出来るというのも大きな魅力です!

隠す収納から、マフラーを自宅のインテリアのひとつ。と捉えて素敵な見せる収納まで。是非色んなアレンジを加えて楽しまれてください♡

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • As

    はじめまして。日常をちょっと楽しくしてくれるモノづくりを楽しんでいます。