更新:2017.10.22 作成:2017.10.22

場所ごとにみる「ミニマリスト」の収納テクニック

収納を見直してミニマルな暮らしをもっと快適にしませんか?今回は、最小限のモノを、使い勝手良く、スッキリと収納する方法をリビング・ダイニング・クローゼットを中心にご紹介します。
❤︎ お気に入り
目次
  1. ミニマリストの収納技<リビング&ダイニング・お部屋編>
  2. ミニマリストの収納テクニック<クローゼット編>
  3. ミニマリストの収納テクニック<キッチン・洗面所>
  4. まとめ
モノを置かないミニマルな暮らしは、理想的なお家づくりのひとつ。

しかし、断捨離はある程度できたけど、何だかスッキリ感が足りない。モノは少ないのに散らかりやすい。といった収納面でつまづくことも。

そこで今回は、1番気になるリビング・ダイニングとクローゼットを中心に、快適さをキープしたミニマルな収納方法をご紹介します。

ミニマリストの収納技<リビング&ダイニング・お部屋編>

必要な時に出せばいい。テレビのリモコンも仕舞う。

普段リビングテーブルのまわりに何気なく置きがちなテレビのリモコンも、トレイに乗せてスッキリと収納♪

えっ!?リモコンまで?と感じますが、見た目の心地よさだけでなく、無駄にテレビをダラダラと見て過ごすこともない。「丁寧な暮らし」に繋がるのでは♡

そして、ここにはティッシュ類のストックからやお薬などが収納されているのですが、全て収納ボックスやシンプルな容器にうつす事で、シンプルで美しくみせてあります!

「生活雑貨フリーボックス」を設けてリビングのスッキリを保つ。

ここには、「生活消耗品・掃除用具・掃除用具消耗品ストック」が収納されています。これらの物も、家に常備する数を「最小限」に留めれば1箇所で全て管理できますね!容器を「白のみ」で統一すると、更にシンプルな印象に繋がります◎

更に、使うけど分類できないような小物用に「生活雑貨フリーボックス」をひとつ追加されています。出しっぱなしを無くし常に美しいリビングを保つためには、是非取り入れたい工夫です♡

モノの出しっ放しを防ぐ=「戻しやすさ」も大切な要素。

ご家族と共有するリビングでよく発生しがちなのが、扉の開けっ放し。モノの出しっぱなし。ですが、

1.扉を撤去してオープンに。
2.ひと目で中身のわかる置き方や容器に入れる。
3.モノとカゴ収納を減らし「1アクション」で出し入れをしやすく。


このような「探しやすい+出しやすい+戻しやすい」この3つの要素を含んだ収納でスッキリ解決されています!

更に!定位置を管理するための「ラベリング」も徹底してリバウンドも防ぎましょう♡

 

使いたいモノをすぐに出して戻せる収納。

ここでは、有孔ボードを搭載したウォールシェルフが活用されています。上段は水仕事前後に便利な腕時計やハンドクリーム。よく使うメガネやはさみなども吊るして収納。

下段は、書類と、PC電源・携帯や掃除機の充電器などのごちゃっとなりがちなコードはケースに入れて立てて収納。

全てスッキリとまとめまれています!これなら、ダイニングテーブルやカウンターなどでのちょっとした作業もグッと快適になりますね◎

掃除がしやすい収納。「椅子」はどうする?

スツール×スタッキング

ダイニングは、家族の人数分の椅子があるので掃除がしにくい場所のひとつ。ミニマルな暮らしをするには「椅子選び」から考えるのもポイントです。

まずは、スタッキング収納が可能な「スツール」。これなら使わない時はこのように隅でコンパクトに置いておけますね。

背もたれ付きの椅子は?

背もたれ付きなら、このようにサッとテーブルに上げられる軽量のものを選ぶと◎お掃除もグッと快適になりますよ♪

1台で何役もこなす収納機能付きの家具を取り入れる。

ミニマルな暮らしではモノや家具の数を減らす事が最も大切。そこで快適さも保つには2WAY以上で活躍できる家具が最適です!

例えばこちらの「ベンチ型収納ボックス」。デスクの下にスッポリと収まるコンパクトな「収納家具」として。手前に引き出して「サイドテーブル」として。座布団を乗せて「ベンチ」として。

1台で3つの機能を持っています!収納ではこのような家具を上手に活用しましょう♪

ミニマリストの収納テクニック<クローゼット編>

最小限の服なら吊るす×「ワイヤーバスケット」でじゅうぶん。

衣類は特に「断捨離」を徹底して行いたいジャンルのひとつ。

最小限にまとめてしまえば、畳んだ服は衣装ケースなどを使わなくても、このように何が入っているのかひと目でわかる「ワイヤーバスケット」に入れ上部でコンパクトに収納可能!

クローゼット下部がスッキリと空くので、掃除もしやすく掃除機や他の収納にまわすこともできますね♡

小物類や畳んだ衣類はシンプルな箱に。

こちらは、クローゼット下段に棚板がついたタイプになっています。

下段だと目につくので、畳んだ衣類や小物はワイヤーバスケットより、このようなシンプルな箱に入れておくと見た目の美しさもしっかりキープすることができますね!

また、服や箱を並べる際はモノ同士の距離をある程度保ち「余白」を楽しむとミニマル感もグッとアップ♡

玄関にクローゼットを設置する。

なんと。玄関に2本突っ張り棒を設置し、上部をクローゼットとして活用されています!

帰宅後にコート、ジャケット、バッグもここにサッとかけるだけなので、疲れて帰ってきても脱ぎっぱなしの心配もゼロ!収納の少ない狭いお部屋も広々と使う事が出来ちゃいます♡

そしてもう1本には、傘・衣類用消臭スプレー・コロコロなどが吊るして収納されています。とっても合理的ですね♪

ミニマリストの収納テクニック<キッチン・洗面所>

器やカトラリーは最小限で揃えて並べる。

器もカトラリーも人数分を最小限の数で揃え、美しく並べるだけ。それだけで、食器棚はここまでスッキリ!

ひとつで何通りかのお料理に使える便利な形状だったり、飽きのこないシンプルなデザインで揃えると◎

器も数が限られていれば、毎日器選びにも時間をとられずシンプルにお料理から、洗い物までを楽しむことが出来そうですね♡

洗面所は「+有孔ボード」でスッキリ壁面収納!

こちらは、清潔感のあるホワイトに塗装した有孔ボードを洗面所に設置し、フックやトレーを組み合わせて、必要なものを全て壁面で収納されています!

洗面台の上に直接置いてしまうと掃除の面でも大変ですが、これならスッキリとまとまり掃除も楽に◎

こんなに整頓された洗面台で一日を始められると、気分も爽快になり気持ちにゆとりも持てそうですね♡

まとめ

いかがでしたでしょうか?ミニマリストの方々のお家を拝見すると、やはりモノが少ないって素敵だな。と、改めて感じますよね。

そして、お家に置く「モノ」を最小限にとどめながら、いかに快適に過ごすか、散らからないようにするか。という収納への工夫。そしてアイテム選び。ここまでしっかり考えながらつくっていくことで、自分らしく快適に暮らせる素敵な空間が仕上がります。

ぜひ参考にしながら、今以上にミニマルライフを楽しまれてください。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

ログイン・無料会員登録
  • As

    はじめまして。日常をちょっと楽しくしてくれるモノづくりを楽しんでいます。

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

連載記事

パリ在住のシェフ:Carrie Solomon The Socialite Familyシリーズ

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

ダイソーやセリアなど100均のリメイク雑貨が勢ぞろい!みなさんもお休みにチャレンジしてみませんか?

2017年にもっとも見られたDIYリメイク・アイデア記事12選を特集しました。 ダイソーやセリアも手に入らない商品などもありますので、来年の再販などの参考にも役立てくださいね!