更新:2017.10.23 作成:2017.10.23

グルーガンまとめ!使い方やアクセサリー・収納グッズの作り方&おすすめメーカーを解説

手作りやDIYが大人気で、必要な材料や道具は様々な種類がラインナップしています。その中でも手作りが手軽にできると評判の道具がグルーガン。グルーガンの魅力や使い方、作り方をご紹介します。
❤︎ お気に入り
目次
  1. グルーガンとは?基本情報
  2. グルーガンの使い方
  3. おすすめグルーガンメーカー
  4. グルーガンでアクセサリーや収納をDIY
  5. こんなDIYもおすすめ!
  6. まとめ
自分で手芸やDIYをする一番の魅力は、自分好みでオリジナルの物が作れることです。ところがいざ自分で作ってみようと思ったものの、時間がかかり過ぎたり、うまく組み立てることができなかったりと手作り初心者にとっては、結構ハードルが高い作業もあります。そんな時におすすめなのがグルーガン。面倒なパーツの貼り付けが誰にでも簡単にストレスなくできて、一度使うとその手軽さに手放せなくなってしまう人もいるほど。グルーガンの魅力や使い方をチェックして手作りの楽しさを体験してみましょう。

グルーガンとは?基本情報

グルーガンは、樹脂製のスティックを使って接着する道具です。スティックを熱で溶かし、グルーガンで貼り付けることで、熱が冷めると固まり接着できるというしくみ。ろうそくが溶けて固まる状態と同じです。

手を汚すことなく、簡単にしっかりと接着できることから手芸やDIYをする人にはもちろん、電気工事や包装作業など専門分野の仕事においても必需品とも言っていいほどの便利なアイテムです。
 

グルーガンの強度

グルーガンの接着強度はやや弱いと言われていますが、スティックの種類やプロ用のアイテムには強力な物もあります。いずれにせよしっかり接着して強度を高めるためには正しい使い方をするのが大切なポイントです。

グルーガンには簡単に付けることが難しい素材をしっかり接着する高温タイプ(約180度)と熱に弱い素材を使う時に便利な低温タイプ(約130度)があります。強度は一般的な接着剤同様で、紙や木はもちろん、高温タイプでは鏡や金属などの接着しづらい素材にも対応できます。しかもドライヤーなどの熱で再加熱するとはがすことができます。

またグルーガンは水に溶けないため通常は水に濡れてもはがれることはありませんが、しっかり接着されていなかった場合や素材の材質が弱い物、低温で接着された物は、はがれやすくなるので注意してください。 グルーガンは熱を加えることで接着する道具のため、先端はとても温度が高くなります。やけどをしないよう気をつけましょう。

グルーガンは何にでも使える?

グルーガンは基本的に木、紙、プラスチック、金属など何にでも接着することができる優れものです。ただし熱でスティックを溶かして接着するので、素材自体が熱を発する物の場合は強度が落ちる可能性があります。また表面がツルッとした材質の物は、重みや力が加わるとすぐにはがれ落ちてしまうこともあるので覚えておきましょう。

またグルーガンは通常のボンドではつけにくい石や表面に凹凸がある物も簡単に接着することができます。耐水性があるので台所や洗面所などの水回りの補修などにも使えて便利です。

一般的なボンドは固まるのに時間がかかる上に、布にしみこんだり狭い場所は接着しづらいのですが、グルーガンを使えばどのような場所でも簡単に接着できて、はがしたい時には簡単にはがせるので安心です。

グルーガンのスティックってどんなのがあるの?

種類

グルーガンのスティックはガラスや鏡をしっかり接着する高温用(約180度)と紙や布など高温にすると溶けてしまう素材の物に適した低温用(約130度)があります。接着する物の材質によって、高温用にするか低温用を使うかが違うのでどちらのタイプのスティックが適しているのかを必ず確認しておいてください。対応温度が違うスティックを選んでしまうと、十分に接着ができなくなってしまうので注意が必要です。

 

よく使われるスティックは半透明無色で、ろうそくのような状態です。クラフト用にはカラフルな色のスティックも販売されていますが、接着だけが目的であれば無色タイプを選びましょう。アクセサリーなど装飾やスティックを溶かしてそれ自体を見せる作品を作る場合には、必要なカラーのスティックを活用できます。

サイズ

スティックのサイズは、使用するグルーガンのタイプによります。小型用であれば直径約7mm強(長さ10~20cm)のスティックを、中~大型用であれば直径約11mm強(長さ20~30cm)のスティックを使用します。こちらもグルーガン本体やスティックのパッケージをよく確認して、適切なサイズを選びましょう。
 
 

グルーガンの使い方

基本的な使い方を動画でチェック

グルーガンを使う前に、基本的な使い方を動画でチェックしてみましょう。流れとポイントをまてめてみました。

手順1.グルーガンにスティックをセット

グルーガンの後方からスティックを奥までしっかり差し込みます。グルーガンの種類によってはスイッチで電源を入れる場合もありますが、ほとんどのグルーガンはスティックを入れると自動で電源が入り、加熱がスタートします。およそ5分ほど温まるまで待ちます。加熱時間が短いと接着が十分にできないので、気を付けましょう。

高温タイプと低温タイプでは糊を溶かす温度が違います。接着する物の材質をよく見極めてから使わなければ、接着するどころか材料を溶かしてダメにしてしまうことがあるので、よく確認してから行ってください。

手順2.糊を出して使用し固まるまで待つ

スティックが温まったら糊を出します。機種によって親指で押しながら使うタイプもありますが、ほとんどの機種はトリガーを引いて糊を出します。接着したい箇所に糊をつけたら後は固まるのを待つだけ!糊が冷めたら接着完了です。

万が一途中でスティックを使い切ってしまったら、後ろから続けてすき間なく新しいスティックを入れるとスムーズに作業を進めることができます。

グルーガンは布についたらはがせるの?

グルーガンを使っていると、うっかり布についてしまうことがあるかもしれません。この場合は加熱すると溶けるグルーの特徴をいかして、温めてはがすのが一番です。最も簡単な方法はドライヤーを当てて加熱する方法です。はがしたい箇所が十分に温まったら、ゆっくりと布を引っ張ってはがします。布は繊細な素材なのでくれぐれもゆっくりと丁寧にはがしてください。アイロンを使う方法もありますが、やけどをする可能性が高いので、アイロンを使用する場合は十分に注意しましょう。

 

おすすめグルーガンメーカー

初心者にも使いやすく、価格もリーズナブルなおすすめグルーガンメーカーをご紹介します。基本的な使い方はどれも同じですが、仕様が少しずつ違うので、自分に合ったグルーガンを選んでください。

100均グルーガン

ダイソー

100均で手軽に手に入るグルーガンの中でも一番人気はダイソー。ダイソーのグルーガンはたったの200円(税抜)で、グルースティックは20本入り100円(税抜)で購入できます。これなら気負わず、すぐにグルーガンデビューできます!

セリア

おしゃれな生活雑貨が揃う100均ショップセリアのグルーガンはたったの100円(税抜)スティックと合わせても200円(税抜)の安さ!低温タイプなので初心者の方も安心して使えます。

スリーアキシス:コードレスで楽々

スリーアキシスのグルーガンは、電池式のコードレスで楽に使えると評判です。連続使用時間は40分もあるので、電源がない場所での作業もストレスなく進めることができます。

Aoleca :プロ小型グルーガン 溶融グルースティック30本付

Aolecaのグルーガンはプロ用の高温タイプ。普通のボンドでは接着しにくい金属やプラスチックをしっかり接着します。強力なグルースティックが30本入りなので、すぐに使い始めることができます。

グルーガンでアクセサリーや収納をDIY

グルーガンを使えば、家のインテリアグッズや手芸作品など、たくさんの素敵なオリジナルグッズを作ることができます。初めてでも簡単にDIYが楽しめるアクセサリーや収納の作り方やアイデアをご紹介します。

すのこを使った簡単収納シェルフ

100均で揃えたすのこやパーツだけで、こんなに素敵な収納棚を作ることができます。家具をDIYするのはハードルが高いイメージですが、グルーガンがあれば誰にでも簡単に接着できるので、あれもこれも作ってみたくなるかも♪たっぷり時間がある休日にぜひチャレンジしてみてください。

100均すのこをおしゃれにペイント

こちらも100均のすのこを収納棚にアレンジしたアイデアですが、組み立てる前に好みの色にペイントするのがポイント!好きな色にカラーチェンジできたら、グルーガンを使って手早く組み立てましょう。おしゃれな籐のカゴや100均で購入できるバスケットを並べれば、洗面所のタオルストック棚や子ども部屋のおもちゃ整理棚にもぴったりです。

グルーを溶かしてオリジナルアクセサリー

グル―が熱で溶ける特性を利用して好みの形を作れば、オリジナルのアクセサリー作りが楽しめます。シートの上にイメージしたデザインをグル―で描くだけなので、とても簡単!冷めて形ができあがったら、チェーンや金具を取り付けて完成です♪

繊細なレースバレッタ&ピアスも簡単に

華奢で繊細なレースバレットやピアスは、狭いスペースに接着するので細かな作業が苦手な方にとっても少々憂鬱な作業かもしれません。そこでグルーガンの登場です!グルーガンは普通のボンドでは付けづらい狭い場所にも簡単に接着することができるので、失敗せず手早く素敵なアクセサリーを作ることができます。とても簡単なので作っていくうちに、作業が楽しくて手が止まらなくなるかもしれません♪

プレゼントにも素敵なヘアアクセサリー

こちらはリボンの型枠の中にカラフルなグルーを入れこんで型を取り、できたリボンモチーフをヘアアクセサリーにつけるだけの簡単アイデア♪時間がある時にグルーで可愛い型をいくつか作っておけば、いつでもプレゼントやお礼のお品に活用できます。

くるみボタンで作ったアイテムに細かいビーズを乗せようと思うと、ボンドが出過ぎてしまったり、手が触れてビーズがずれてしまったりすることがあります。グルーガンがあれば、ピンポイントで接着できるので、手軽にできる上に仕上がりが美しいのが魅力。出来あがったボタンはヘアピンにつけたり、ピアスやブローチにするのもおすすめです。

こんなDIYもおすすめ!

オリジナルのiphoneケース

100均で売られているシンプルな透明のiphoneケースもグルーガンがあれば、おしゃれに変身!貼り付けたいモチーフにグルーをつけて、どんどんケースに貼り付けていくだけ!友だちがうらやましがるような素敵なオリジナルケースを作ってみませんか。

シンプルな時計をリメイク

長く使っているシンプルな時計をイメージチェンジ!グルーガンでタイルや素敵な石などを自由に回りに接着してみましょう。それだけで飾るお部屋の雰囲気もガラッと変わって気分転換にもなります。

テーブルが華やぐボタニカルキャンドル

キャンドルの回りにグルーガンでドライフラワーをおしゃれに飾りつけ♪動きが出るようにふんわり優しく付けてあげましょう。年末年始のお祝いやクリスマス、誕生日などのパーティーにぴったりなアイテムです。

ロープをグルグル巻くだけの簡単ポット

ロープ、グルーガン、コップがあればこんなにおしゃれなポットが出来あがります。ロープをグルグル巻きながらグルーガンでとめていくだけなので、ちょっとした空き時間に簡単に作ることができます。ロープを麻ヒモにしたり、布を割いたテープを使ったり、アレンジも楽しんでみましょう。

おしゃれなクリスマスキャンドルライト

100均のLEDキャンドルライトの回りに、小枝をグルーガンでどんどん貼り付けていきます。枝の長さや形は不揃いでもOK!ライトの回りに枝が接着したら麻のヒモで巻いたり、クリスマスカラーの緑と赤のリボンで可愛く結んだり♪オリジナルキャンドルライトで、クリスマス気分を盛り上げましょう。

自由に気ままに貼り付けた可愛いリース

拾ってきたどんぐりや松ぼっくりをリースのベースにどんどんグルーガンで貼り付けるだけで、可愛いリースの出来あがり♪貼り付けるアイテムは何でもOKなので、毛糸のポンポンや生花、綿など自由にアレンジしてみましょう。グルーガンでしっかり接着できているので、プレゼントにもおすすめです。

まとめ

グルーガンを使えばこれまで手が遠のいていた収納棚などのDIYや苦手だった手芸が簡単にできるようになります。グルーガンやグルースティックは100均でも手に入るので、気負わずすぐに使えるところも魅力の1つです。グルーガンを使う前には、接着する材料によって使うアイテムが違うので、温度やスティック、グルーガンの種類をしっかり確認しておくことが必要。準備ができたら自分が作りたいインテリアグッズやアクセサリー作りなど自由な発想で楽しんでみましょう。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • amitto

    手芸や料理など手を使うことが大好きです。毎日を心穏やかに豊かに過ごすための素敵なアイテムや情報を...

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

連載記事

【連載】パリ在住のシェフ:Carrie Solomon The Socialite Familyシリーズ 〜 Episode 1

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

ダイソーやセリアなど100均のリメイク雑貨が勢ぞろい!みなさんもお休みにチャレンジしてみませんか?

2017年にもっとも見られたDIYリメイク・アイデア記事12選を特集しました。 ダイソーやセリアも手に入らない商品などもありますので、来年の再販などの参考にも役立てくださいね!