WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

リビングが一瞬で生まれ変わる!北欧カーテンのお洒落コーディネート術

リビングのカーテンに拘って北欧スタイルを楽しんでみませんか?今回は、北欧カーテンのコーディネートから、本格的な北欧スタイルを楽しむためのポイント、カーテンを窓以外で楽しむ方法までをご紹介します! #北欧 #コーディネート #リビング #カーテン

2017.10.18

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2017.10.18 / 作成:2017.10.18

カーテンは面積が広いので、リビングの雰囲気を手軽にガラッと変えられるスグレモノ♡北欧スタイルを楽しむためにも是非取り入れたいものです。

しかし、より本格的な北欧スタイルを楽しむには、カーテンを購入する前にチェックしておきたいポイントもありますので、今回はお洒落コーディネートと、そのポイントなども合わせてご紹介します。

リビングカーテンを選ぶ前に!北欧らしさを劇的にUPする方法

そもそも日本と北欧では取り付け位置が違う!

カーテンは天井から。

日本は窓のサイズに合わせたカーテンを、窓のすぐ上から吊るすのに対し、北欧などでは、このように天井から吊るされている事が多いですよね。

レールタイプも天井付近から。

このようなレールタイプでも、やはり天井に近い部分からついていますね。

カーテンのレングスは長め。

そして、カーテンのレングスは、長めに設定することで、裾がただストンと落ちているだけでなく、カーテンの中間から裾にかけて動きや表情が生まれています。

「窓ではなく壁ごと覆う」「長めのレングス」これは大きな違いですね!

DIYでレール取り付け位置を変えれば、北欧らしさを出せる!

カーテンレールを天井近くに移動させる方法

出典 ameblo.jp

天井埋め込みは施工の段階でないと厳しい。。

でも諦める必要はありません!

カーテンレールを上に移動させる事ならDIYでも出来ちゃいますよ♡

出典 ameblo.jp

カーテンレールを外したら、元の取り付け穴を目立たなくするため、「漆喰」を塗り一日かけて乾かす。

出典 ameblo.jp

取り付けたい位置に合わせて、カーテンレールを固定するための金具をネジで固定しましょう。
 

出典 ameblo.jp

最後にカーテンレールを取りつければ完成です!

ちょっと大変ですが、最初にこのベースを作っておけばより本格的な北欧スタイルが楽しめるのでぜひ参考にされてください♡

北欧カーテンでリビングをお洒落にコーディネート!

白いカーテンはシンプルにもナチュラルにもマスト!

出典 www.ikea.com

壁に溶け込む「白いカーテン」はインテリアをお部屋も広くみる上に、インテリアを引き立ててくれます!

このような、ホワイトを基調としたシンプルなインテリアと合わせればグリーンも瑞々しい♪

そして同じ白でも・・

麻など軽めの素材感や、ちょっと生成りに近い色はナチュラルな北欧スタイルをより優しい印象にみせてくれちゃいますので、欲しいイメージに合わせて素材にも拘りましょう♪

出典 www.ikea.com

ナチュラルなインテリア×淡いブルーでリビングを明るく!

こちらは、家具やインテリアを明るめのナチュラルカラーでまとめて、淡いブルーのカーテンを合わせたコーディネート♡

リビングは家族が集まってくつろぐための場所でもあるので、これくらいほっとできる雰囲気をつくっておくと、休日の日中なども、みんなが揃い明るく開放的な気分で過ごせちゃいそうですね!女性らしいお部屋づくりにも◎

厚地カーテン×レースカーテンのデザインで物語が生まれる。

レースカーテンで思い切った柄を選べばお洒落度もUPし、昼と夜で全く異なる表情を持つリビングを楽しむ事も可能に♡

そしてカーテンのデザインですが、厚手の方は「北欧の林」レースは「木から舞い散る葉っぱ」。。何と!一緒に使う事で物語が生まれています!!

カーテン同士のコーデにも拘りさり気なく北欧らしいロマンティックな演出をしてみては♪

モノトーンのリビングでは観葉植物をたっぷりと♡

モノトーンでまとめたリビング。ブラックのカーテンは重すぎるので、大胆なデザインが入ったモノをチョイス♪

そして家具や小物類でホワイトやグレーもバランス良く盛り込みましょう。仕上げに北欧インテリアの要素のひとつ「観葉植物」を多めに加えれば重すぎず素敵なリビングに♡

テーブル上のお花で色味をプラスするのも素敵◎

カーテンのメインカラーを壁や扉の色と揃えて統一感を♪

こちらは扉の色と同じ、モスグリーンがベースとなったカーテンで統一感が出されています♪

DIYなどで壁やドアなどの色を変えてある方も多いかと思いますが、色を合わせるといい感じにまとまりますよ♡

また、カーテンと同じ生地を使った「ファブリックパネル」などをインテリアに加えてみるのも、オシャレ度がアップしてオススメ◎

インテリアと柄の一部の色を合わせてセンスアップ!

複数の色が入ったカーテン。または、リビングのアクセントカラーとして使っていた家具やインテリアがある場合は、このように、カーテンに使われている1つの色と、インテリアの色を揃えるだけで、こんなに洗練された雰囲気に!

感動しちゃうくらいに、しっくりと馴染みセンスの良さを醸し出してくれるハズ!ぜひアクセントにしたい「色」があれば、このようなコーディネートにも拘ってみてください♡

カジュアルスタイル×ミンミで北欧気分♡

デニム素材などカジュアルなインテリアが多いリビング。これから北欧インテリアを揃えていきたいな。という場合には。

北欧を代表するデザイナーLisa Larson(リサ・ラーソン)が手がけた人気キャラクター「ミンミ」のカーテンもおすすめ◎

一瞬で北欧スタイルのリビングに変身しちゃいますし、キャラだけど子供っぽくなくオシャレですよ♡

+カーテン用のトラックレールでリビングに小部屋が生まれる!

出典 www.ikea.com

グレーのカーテンは、都会的で大人っぽい北欧スタイルにピッタリ♪

・・あれ?何か気づきませんか?

窓じゃない所にカーテンが。。これは一体なんでしょう!?

スススっとカーテンを引っ張ると・・

出典 www.ikea.com

なんと!リビングなのにお洒落な小部屋が生まれました!


リビングの一角に「カーテン用トラックレール」を設置しカーテンを吊るす。更に照明や好きなインテリアを持ち込んだら、とっておきのリラックス空間が完成♪

せっかくなら、こんなDIYも楽しまれてはいかがでしょう♡

まとめ

出典 www.ikea.com

いかがでしたでしょうか?このようにカーテン同士のコーディネート。そしてリビング全体のコーディネート。それぞれにちょっと拘ってみるだけでも、非常に素敵な雰囲気に仕上がります!

また、最初にご紹介しました「カーテンレール」の取り付け位置や、レングスの選び方。この2つも取り入れると、更に差をつけた北欧スタイルのリビングになり、窓が大きくみえリビングのグレードアップに繋がりますので、ぜひ検討されてみてくださいね♡

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • As

    はじめまして。日常をちょっと楽しくしてくれるモノづくりを楽しんでいます。