グルーガンがあればあんなモノまで作れる!?グルーガンをフル活用したdiy

100均でもお馴染みのグルーガンをフル活用してみませんか?今回はDIY初心者さんでも簡単に楽しめる、グルーガンを使ったプチリメイクから、こんな使い方もあるの!といった斬新なDIY方法までをご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2017年10月16日更新

目次
  1. グルーガンは100均で全部揃っちゃう♪
  2. グルーガンはDIY初心者でも簡単に扱える♪
  3. グルーガンで色んなモノを接着するお手軽DIY&リメイク
  4. グルーガン・グルーの特徴を活かしたアレンジDIY
  5. まとめ
DIY初心者さんにもピッタリな万能アイテムの「グルーガン」ですが、何だか難しそうだし、便利さがいまいちわかならい。。と、トライされていない方も意外と多いものです。

そこで今回は、こんなに簡単だったの?と伝わるグルーガンの使い方から、こんな物がつくれるなら使ってみたい!と思えるオススメの簡単DIYなどをご紹介します。

グルーガンは100均で全部揃っちゃう♪

グルーガンに必要なのは、「グルーガン本体&グルースティック」なんですが、2つともダイソーやセリアなどの100均で揃うので200~300円でスタートできちゃいます♡これなら初めての方も気軽ですよね♪

しかも!グルースティックは基本のクリアーだけなく数色で展開されているので、色んなバリエーションも楽しめるんです♡

グルーガンはDIY初心者でも簡単に扱える♪

まずは、グルーをセット

気になる使い方なんですが、至ってシンプル&簡単です!

まずは、グルーガンの後ろの穴にグルースティックを差し込んで、コンセントを入れたら5分ほど待ちます。


※グルーが垂れる事があるので、このような受け皿があると安心です◎

トリガーを引くだけ!

グルーが溶けたら、このように先端を接着したい箇所に向けて、トリガーを引く。たったこれだけでOKなんです!

※グルーは熱いので、くれぐれもヤケドには注意してくださいね!

グルーガンで色んなモノを接着するお手軽DIY&リメイク

シンプルオブジェを簡単リメイク

こちらは、シンプルなアルファベットオブジェに、リボン・パール・造花などのデコパーツをグルーガンで接着して、ウエディング仕様にリメイクされています!

通常のボンドを使うみたいな感覚で各パーツにグルーをペトッとだして、くっつけるだけでOK!

グルーは数秒で固まるので、作業が面白いほどサクサク進んで爽快ですし、乾燥中にずれてた!といった失敗もありませんよ♡

スリッパだって可愛くしたい♪

toroppy

こちらは、がまスリッパに、鮮やかな色のフェイクファー×リボンをグルーガンでとりつけたリメイクです!

スリッパは普段何気なく履いていますが、このような可愛いデザインが足元にあると、気分まで明るくなっちゃいますね♡

それに、玄関に並べておくだけでもインテリアのひとつとして存在してくれるので、一石二鳥のオススメリメイクです♪

木の実を使ったウェルカムボード作り

STEP1

ウエルカムボードに「季節感」を出して素敵なおもてなしを♡

まずは土台づくり!コルク板のフレーム部分に小枝を。そして内部には「Welcome」のパーツを。それぞれグルーガンで固定します。

※ロープで文字を作る場合は、グルーガンで少しずつ接着しながら進めましょう!

STEP2

次に、どんぐりでつくった人形や、木の実、小枝、モスなどを、同じくグルーガンで固定しながら飾り付ければ、あっという間に完成です♡

造花を使って万能デコレーションリボンをDIY

STEP1

デコリボンは、一瞬で出来て、ラッピングからインテリアまで幅広いシーンで重宝するスグレモノ♡

まずは、100均の造花の茎を短くカットして、グルーガンを使ってリボンとくっつけます。

完成!

グルーがゆるいうちに、バランスをみながらお花の向きなどをサッと微調整し、グルーが完全に乾いたら完成です!

巻くだけでオシャレ♡

後は、このようにボトルに巻いてギフト仕様にしたり、包装用のリボンにしたり、瓶などに巻いてインテリアにしたりして活用しましょう♡

オシャレ花瓶もつくれる♡

空のワインボトルがあれば、綿ロープをグルーガンでくるくると巻きつけていくだけでナチュラル感満載の、フラワーベースまで手作りできちゃいます♡

材料は空き缶でもOK!口が拾いとペン立てとしても活用できますよ!

また、こちらの動画ではロープだけでなく、「両面テープ×毛糸」も組み合わせてアレンジした作り方が紹介されています♪

グルーガン・グルーの特徴を活かしたアレンジDIY

シーリングスタンプ風シールをDIY

STEP1

冷えたら固まる。というグルーの特徴もDIYに活かせば「シーリングスタンプ風シール」なんてものまで出来ちゃいます♪

まずは、クッキングシートの上に、茶色のグルーを流し固まらないうちに、スタンプをぎゅっと押し付けます。

STEP2

グルーが固くなってきたらスタンプを外しましょう。一瞬でパーツの完成です!

完成!

使う時に両面テープを貼れば「シール」仕様に♪

このようなラッピングから封書などなど。色んなシーンで活用しましょう♡

窓にも貼れる♪コースターづくり

STEP1

グルーは細い液状なので、オリジナルデザインのコースターまで簡単に出来ちゃいますよ♡


まずは、下絵の上にクッキングシートを乗せてバインダーやテープなどでずれないように固定します。

STEP2

下絵をなぞるように、グルーを流していきます。

※線が途切れないように気をつけましょう。

完成!

グルーが固まったらクッキングシートから外して完成です!

蜘蛛の巣モチーフならハロウィンにもピッタリ♡窓や鏡にも貼れるのでインテリアにしても◎

線が上手く引けない!といった時は・・・

グルーガンで、絵や文字を書くときに「線」が綺麗にひけない!といった問題に直面することも。。

そんな時は「トリガー」をこまめに引いてグルーの出る量を調整すると、この「c」のような美しい線をひくことができます♡


トリガーを一回で強く引くと「a」。ゆっくり引くと「b」のような線になります。これを使い分ければより思い通りに仕上げる事ができるのではないでしょうか♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?グルーは即固まるのでボンドなどと違って待ち時間も不要で、道具も使い方も至ってシンプルで簡単!やはりおさえておきたい便利な道具のひとつですね♡

他にも、手芸では布やフェルトなどを縫わずにグルーガンで接着して時短で作ったり、シリコーン型に流し込んでデコパーツを作ったりと、アイデア次第でバリエーション豊かなDIYを手軽に楽しめます!

ぜひ、初めての方も気軽に挑戦されてみてください♡
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • As

    はじめまして。日常をちょっと楽しくしてくれるモノづくりを楽しんでいます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事