狭くても快適!「6畳」のレイアウトとインテリアの取り入れ方

6畳の狭いお部屋を快適空間に変えてみませんか?今回は、限られた空間を十分に活かし、快適に過ごすためのレイアウトや家具・インテリアの取り入れ方をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2017年10月10日更新

目次
  1. 6畳の狭いお部屋をレイアウトとインテリアで快適にしよう!
  2. 6畳の狭さを解消するレイアウトとポイント
  3. 6畳のお部屋で役立つ家具・インテリアの取り入れ方
  4. 6畳のお部屋でもお洒落な空間にするポイント
  5. まとめ

6畳の狭いお部屋をレイアウトとインテリアで快適にしよう!

peishun02

一人暮らしにも多い6畳の空間では、レイアウトや家具。インテリアの選び方によって、狭くて過ごしにくい空間になってしまったりと、狭さゆえにお悩みのタネも多くなりがちです。

そこで今回は、6畳の狭いお部屋でも、より快適に気分良く過ごせるようなレイアウトの方法や、家具やインテリアの取り入れ方、狭くてもごちゃっと感もなくお洒落に見せるポイントなどをご紹介します!

6畳の狭さを解消するレイアウトとポイント

ベッドを部屋の端に設置してまとまった空間を確保するレイアウト♡

nekokoko___

こちらは、お部屋の奥にベッドを配置し、手前側のスペースをしっかり設けたレイアウト例です。

6畳の狭いお部屋に、まとまったくつろぎスペースを確保したい時や、ワンルームのお部屋の寝室空間とリビング空間を用途別で分けて使いたい時にもピッタリな配置です♪

更にメリハリをつけたい時には、カーテンやパーテーションなどで空間を仕切ると効果的ですよ♡

奥行きと「角」スペーを活かしたレイアウト♡

こちらは、部屋の奥ではなく幅の広い壁面にベッドを設置することで、狭いお部屋でも奥行きを強調し、スッキリ感じられるレイアウトがされています。

窓までの通路がしっかりと確保されますので、ベランダで洗濯物を干したりガーデニングを行ったりされる方も快適な動線となります♡

そして、コーナータイプのテレビ台を採用することで、より省スペースな空間でテレビが設置できる。というのも6畳のお部屋をより広く使う上で参考にしたい取り入れ方ですね♡

家具はスリムタイプ×面合わせでスッキリ美しくみせる♡

こちらも先程と同じく奥行きを強調したレイアウト例ですが、コーナー用ではないテレビ台を使いたい場合には、幅も短めのコンパクトサイズを選ぶと、角に設置する際にも最小限のスペースで、裏側のデッドスペースを節約しながら設置することができます♡

更に収納家具を設置する際は、スリムタイプを選び、このように前面で「面合わせ(家具同士のとなりあう面を凹凸感がないように合わせる)」をすることで、更にスペースの節約が出来ますし、綺麗に見せることができますよ。

ベッド×机を左右の壁に置いたレイアウト♡

pukupuku_18

6畳のスペースにベッドだけでなく、デスクも置きたいけど、部屋も広く使いたい!といった場合にはやはり幅を最小限におさえたモノを選ぶのがベストです♡

スリムタイプなら、最初にご紹介したまとまったリビングスペースの確保をするようなレイアウトはもちろん、このように奥行きを出したレイアウトにも、しっかりと通路を確保して対応することが出来ますので、過ごしやすいですし、模様替えにも最適です♡

 

家具で仕切り生活空間にメリハリをつけたレイアウト♡

yukkii0201

こちらは、お部屋の入り口にパーテーションラックを設置することで、空間にメリハリをプラスしたレイアウト例です。

間仕切りは目隠しとしてだけでなく、狭いお部屋を用途別に仕切る効果もあるので積極的にとりいれたいアイテムのひとつです。

さらに収納やディスプレイを兼ねたい場合には、両面&上部までしっかり使えるこのようなパーテーションラックが便利です♡狭い空間を上手く使いこなしましょう♪

▶▶こちらで使用されているパーテーションラックは「Amazon」でも販売されているアイテムですので、購入することも可能です!気になる方は下記リンクからチェックされてみて下さい♡

使用アイテム(anthemのパーテーションラック)はこちら

背の高い家具を設置する際のレイアウト例♡

__tribeca__

狭い部屋を広く見せたいときは、できるだけ背の低い家具で揃えたロースタイルがマストですが、「背の高い収納家具」も取り入れたい!といった時には、圧迫感を軽減するために出来るだけ明るい色や、背板のない開放感のあるラックなどを選びましょう。

そしてレイアウトでは、お部屋のドアをあけた時に見えない、「入り口付近」に設置すると圧迫感を軽減できるので効果的です♡

ベッド×ソファーをL字型のレイアウトでスッキリまとめる♡

6畳でベッドもソファーも設置したい時には、このようにL字型になるようにレイアウトすることでスッキリとまとめる事ができます♡

しかも、このように背の低いロータイプにしたり、色を合わせてコーディネートすることで狭くても開放感が感じられる空間に仕上げる事がかのうです!

また、ちょっとソファーはキツイかな?という時には背もたれのない「ベンチ」タイプがオススです♪

6畳のお部屋で役立つ家具・インテリアの取り入れ方

手軽なベッド下収納で狭い6畳をより広く活用する♡

面積の広いベッドを設置する際は、その分収納家具が置けなくなるのでベッド下を有効活用したいところです。そんな時は、このようにはじめからベッド下収納付きのタイプを選ぶと便利です♡

そしてベッドした収納がついていない場合でも、ベッド下のサイズに合わせた衣装などの収納ケースを使ったり、すのこやメッシュパネルなどに「キャスター」を取り付けたものを使えば奥行きまでしっかり活かした手軽な収納が可能となりますよ♪

ロフトベッドでさらに縦の空間を有効活用する♡

kyuuchan1130

収納スペースが足りない!もっと広い空間にしたい!といった場合には、このような「ロフトベッド」が最適です♡

これなら、基本のレイアウトはそのままにしながら、大容量の収納スペースを確保することもできますし、ベッド下をデスクやくつろぎスペースとして活用したりすることもできます♪
↓ ロフトベッドの作り方や活用術はこちらの記事も参考にされてみて下さい ↓

万能スツールで家具のアイテム数を減らす♡

m_i___k_____a

6畳の狭い空間を広く使いたい場合には、やはり「家具のアイテム数を減らす」のは効果的です!そして、アイテム数を減らしても快適さをキープするには、例えば、先程の収納付きベッドやソファーのように、ひとつのアイテムで2役以上こなせる万能アイテムが必需です♪

その中でもこのようなコンパクトなスツールがあれば、サイドテーブル・踏み台・ディスプレイラックとフル活用できて非常に便利ですよ♡

また、これくらいのサイズが2つあれば、通常のテーブルとしても使えますし、折りたたみタイプなら使わない時はスッキリ収納しておくことも可能です♪
 

キャスター付きの家具ならレイアウトの変更も掃除も快適に♡

kozu_tani_inside

限られた空間を使いこなすには、その時々のお部屋の使い方に合わせて自由にレイアウトの変更が出来るとより快適になります。

そんな時は、このようなキャスター付きの家具を使えばいつでもサッと動かせますし、掃除も楽々なので快適度数はグンとアップしますよ♡

インテリアのディスプレイには場所をとらない壁面を活用する♡

will_marj

インテリアのディスプレイをする際は狭いとなかなか重い通りにいかないこともあるかと思います。そんな時は壁面をフル活用しましょう!

このように壁面に直接貼ったり、ウォールシェルフやディスプレイバーを組み合わせれば、わざわざディスプレイ用のラックを設置しなくてもたくさんのインテリアを飾る事ができますよ♡

狭い部屋ではキャットタワーよりキャットウォーク♡

basako0719

猫さんを飼っていらっしゃる場合のお悩みのひとつが、予想以上に場所をとり他の家具とのレイアウトが難しくなりがちな「キャットタワー」ですよね。

しかし運動スペースはしっかり確保してあげたい。そんな時は、このように壁面を活かしてディアウォール・2×4材・棚板で設置可能なキャットウォークが最適です♡

これなら床のスペースもほとんど必要としませんし、基本のレイアウトをした後のあいたスペースを活用したり、家具を間に挟んで設置することができます。

更に「ガチャ柱」をつかって棚板を可動式にしておけば、模様替えも自由にできるのでとっても便利ですよ♡

大きい鏡を設置して狭いお部屋を広くみせる♡

chioka07

姿見は、お洒落ですし、全身のコーディネートを確認できる。といった面でも便利なんですが、鏡への映り込みを利用することで、狭いお部屋にも奥行きが生まれ広くみせる事が可能となる上に、お部屋を明るくする効果もありますので、積極的にプラスしたいアイテムのひとつでもありますよ♡

6畳のお部屋でもお洒落な空間にするポイント

壁やインテリアは明るい色でまとめよう♡

saooo39

狭くてインテリアをたくさんは置けない。広くてお洒落な空間に近づけたい。そんな時は、明るい色使いでまとめるのがオススメです♡

こちらはミントグリーンの壁に、明るいグレーのベッドカバー、白い家具などでまとめられていますので、スッキリ感もお洒落感もしっかり出ています♪

これなら狭いお部屋でもスグに取り入れられるので、ぜひ「色」を効果的に活用されてみてください♡

ファッション小物は壁面のインテリアとして活用する♡

momocoamidala

こちらは、ハットを壁面にズラッとディスプレイ収納することで、既存の収納スペースを節約しながら、お洒落度もしっかり向上されています。まさに一石二鳥ですね♡

ハット・スカーフ・シューズ・アクセサリーなどは見せる収納で「インテリア」として活用されてみてはいかがでしょうか♡

メインの照明器具にボリュームを出してお洒落度をアップ♡

peishun02

アイテム数の限られる狭いお部屋でも、壁と同様に天井なら場所をとらないので、お洒落な演出をするには最適な場所です♡

そして、手軽に拘った演出をしたい時には、このようにメインとなる照明器具にボリューム感を与えたり、天井一面を布や、流木×フェイクグリーンで覆ってみたりと、狭くても大胆なディスプレイを楽しむことが出来ますよ♡

5.5畳のお部屋でも隙間を活用すればこんなにお洒落に♡

takashi.mocha

こちらは、5.5畳のお部屋ですが、ベッド横のちょっとしたスペースを活用し、観葉植物と照明器具を使うことでこんなに素敵な空間を演出されています♡

ちょっとしたスペースは収納だけでなくディスプレイスペースとしても有効活用されてみてはいかがでしょうか♪
 

まとめ

nekokoko___

いかがでしたでしょうか?6畳は狭くてどうしようもない!と諦めていた方もこのうように、レイアウトや家具・インテリアなどにちょっと工夫をするだけで快適で自分らしい過ごし方ができるお部屋に生まれ変わらせる事ができますね♡

是非、今ある家具やインテリア。そしてお部屋の狭さや形状などを活かしながら、より気分良く過ごせるお部屋づくりを楽しまれてください♪
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • As

    はじめまして。日常をちょっと楽しくしてくれるモノづくりを楽しんでいます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事