お家の壁に拘りたい時は漆喰diyがマスト!参考にしたい実例アイデア集

お家の壁を憧れの漆喰DIYで仕上げてみませんか?今回は手軽にDIYで出来る漆喰のオススメアイデムから塗り方のコツ、参考にしたい漆喰の実例アイデアまでをご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2017.9.30 作成:2017.9.30

目次
  1. 「漆喰diy」でお家の壁をグレードアップしよう!
  2. 簡単にできる漆喰diyのオススメアイテム&基本の塗り方
  3. 参考にしたい漆喰diyの実例アイデア<塗り方編>
  4. 漆喰diyの実例アイデア<照明との組み合わせ編>
  5. まとめ

「漆喰diy」でお家の壁をグレードアップしよう!

光を反射しお家全体を明るく見せてくれたり、防カビなどの嬉しい効果がつまった漆喰の壁は、出来ることならお家に取り入れたい素材ですよね。

しかし、自分で塗る。となると練るのも塗るのも難易度が高く大変ですよね。。

そこで今回は、DIYで手軽にできるオススメの漆喰や塗り方。そして参考にしたくなる漆喰DIYの実例アイデアなどをご紹介いたします!

簡単にできる漆喰diyのオススメアイテム&基本の塗り方

●内外壁どこでも塗れる!漆喰うま~くヌレール

漆喰をDIYで。となると出来るだけ手軽に出来る材料を調達しておきたいところですが、こちらの「うま~くヌレール」は、なんと。練る手間が不要なので粉が舞うこともなく、開封後にそのまま塗るだけ。という手軽さです!

容器も、このようなチューブタイプもあるのでちょっと足したい時や、細かい場所にも非常に便利なんです♡

「漆喰」ですので、調湿性・防カビ・消臭・不燃・光の反射率が高い・二酸化炭素を吸収し部屋の空気が綺麗になるなど、嬉しい効果も盛り沢山!


しかも!ビニールクロス・石膏ボード・古壁・合板・モルタル・コンクリート・タイル面・ペンキ面に直接塗ることが出来るのも大きな魅力ではないでしょうか♡

漆喰うま~くヌレールを上手に塗る方法<動画>

こちらの動画では、こての使い方や、ゴム手袋を使って伸ばす方法。細かい部分を塗るコツ。古壁への塗り方など、上手に漆喰を塗る方法が非常にわかりやすく解説されています。

コテの使い方などは「うま~くヌレール」に限らず、漆喰の基本の塗り方を学ぶことができますので、是非こちらの動画も参考にされてみてください♡

●クロスの上からそのまま塗れるDIY用天然塗り壁材「ひとりで塗れるもん」

もうひとつご紹介したい優れ物がこちらの「ひとりで塗れるもん」です。「漆喰」では無いのですが、漆喰のような仕上がりになる、安全性の高い天然塗り壁材(室内用)で、調湿機能・消臭効果・不燃カビや埃がつきにくいという特徴があります。

しかも。生クリームのような柔らかさで非常に伸びが良く塗りやすい!と評判のアイテムとなっています。


DIY初心者さんや、DIYをサクサク進めたい!という方にもピッタリだと思います♡また、カラーバリエーションも、こちらのホワイトだけでなく、こけむらさき・ラコッタ・バウミント・スマートブルーなどなど、お洒落色味で計12色展開となっているのも魅力のひとつとなっています!

「ひとりで塗れるもん」を上手に塗る方法<動画>

塗り方は、うま~くヌレールと同じく開封したら練る手間もなく、そのままクロス(壁紙)や、土壁の上から直接塗ることが可能です!

そして、こちらの動画では、「ひとりで塗れるもん」を使った上手な塗り方が解りやすく解説されており、養生の方法なども丁寧に紹介されていますので合わせて参考にされてみてください♡

塗り方のテクニック<動画>

こちらの動画では、ひきずり・扇・渦といったコテを使った模様の付け方から、刷毛やスポンジなどを使った模様の付け方、タイルなど他の物を埋め込みたい時のアレンジ方法など、DIYをはじめる前にチェックしておきたいポイントがしっかり紹介されていますので、仕上がりのイメージを広げるためにも是非合わせて参考にされてみてください♡

参考にしたい漆喰diyの実例アイデア<塗り方編>

優しい雰囲気の漆喰はグリーンや木の素材とも相性バツグン!

こちらは、漆喰らしいあたたかみのある模様が壁一面に広がっています。

家具やインテリアでも、ウッドやグリーンを多く取り入れてあるので、より優しい印象になっていますね!お部屋全体を明るく見せたいリビングや、ナチュラル感たっっぷりな空間づくりに最適ですね!

洗面所の壁を漆喰DIYで明るくお洒落に♡

こちらは、洗面所の壁が漆喰DIYで仕上げられています。

鏡のフレームなどもウッドを使ってリメイクされていますので、より洗練された雰囲気になっていますね!洗面所なども明るさが欲しい場所ですので漆喰仕上げにするにも最適な場所ではないでしょうか♡

スタイリッシュな空間にも最適な模様♡

こちらは、バレエ教室の壁を漆喰DIYで仕上げられたそうなんですが、左右に力強く広がった模様は、光の入り方も絶妙で何だかクリエイティブな印象もありますよね!

スタイリッシュなお部屋にもピッタリな素敵な模様ではないでしょうか♡せっかく漆喰を塗るなら、お部屋のイメージに合わせて模様にも拘っておきたいところです♪

また、漆喰は「ブラックアイアン」との相性も抜群に良いのでモノトーンでモダンに仕上げたい場合にもオススメです♡

 

階段の蹴上も漆喰DIYでぬかりなく♡

こちらは、なんと。階段の蹴上までも壁面と合わせて漆喰で仕上げられています♡

「真っ白な漆喰×ナチュラルなウッド」との組み合わせはやはり美しいですね!階段は見逃しがちなポイントですし、1段ごとの養生も大変とは思いますが、塗るか塗らないかで仕上がりのクオリティにもグンと差がつきますので、是非トライされてみてはいかがでしょうか♪

子供部屋では手描きの絵を模様にするのも素敵♡

こちらは、子供部屋の壁を漆喰で仕上げ、模様には子供さんの手描きの絵が落とし込まれています♡

素敵な壁紙は沢山ありますが、やはり手描きにはかないませんね!思い出にもなりますし、キッズ感もしっかり味わえてインテリアの一部として楽しむ事がでるのではないでしょうか♡

ニッチの周りにオリジナルの模様をつける♡

こちらは、ニッチ(飾棚)の周りにまるでお花のように漆喰で模様をつけるアイデアです♡

これは可愛いですね♪ニッチはディスプレイにも拘りたい場所ですので、このように漆喰でもデザイン性をしっかり盛り込んでおけばインテリアもより素敵に演出出来るのではないでしょうか♪

漆喰でコンクリート風に仕上げる♡

こちらは、漆喰にコンクリート風の模様を付けて仕上げられています!更にステンシル加工で、英文字と数字が落とし込まれてクールな演出がされていますね♡

ヴィンテージ系、男前なテイストのお部屋づくりにも参考にしたくなる漆喰DIYのアイデアではないでしょうか♪

発泡スチロール壁×漆喰でブロック調に仕上げる♡

こちらは、「発泡スチロール壁」に漆喰を塗ることでブロック調のお洒落な雰囲気に仕上げられています。発泡スチロール壁の上に塗れば原状復帰も簡単に出来ますし素晴らしいアイデアですね!

発泡スチロール壁は、100均などでも販売されている発泡スチロール板(ダイソーなら「なんでも板」)に、レンガのような線を書いて、そのラインを「はんだごて」で彫ると完成です。ペイントも出来るので、ペイントと漆喰を塗り分けてアレンジしても良さそうですね♡

わりと手軽に作ることができますので、レンガ調に仕上げたい方はトライされてみてはいかがでしょうか♪

 

発泡スチロール壁をポイントで使うのもオススメ!

発泡スチロール壁は、複数をランダムに割って使ったり、ひとつひとつを切り出して使ったり、凸凹感を出してリアルに仕上げたりも出来るので、例えばこのような部分的に盛り込んで漆喰と組み合わせる。という事もできます♡

よりクオリティの高い仕上がりにされたい方はバラして使うと、より満足度の高い壁になるのではないでしょうか♪

また、発泡スチロール壁を使わない場合は、指で漆喰に直接レンガを描く。という方法もありますよ♡

シャビー感を出して漆喰壁を外壁のような仕上がりに♡

こちらは、漆喰に汚れ加工を施しシャビー感を出すことで、外壁のような雰囲気を楽しむアイデアです♡

これはお洒落ですね!中央にはステンシル。右側のレンガ調の壁は、あえて塗り方にムラを出してレンガ調の下地を見せてあるような感じです。

漆喰×レンガ風タイルでキッチンのクオリティをアップ♡

こちらは、キッチンの壁を漆喰で仕上げてあるのですが、コンロ前にポイントを置いて「レンガ調のタイル」を組み合わせてデザイン性をプラスされています。

白×ナチュラルなベージュも上品でキッチンに最適ですし、タイルを盛り込むことで一気にグレードの高い壁にみせることができますね♡

リビングや他のお部屋は勿論ですが、毎日使うキッチンも漆喰で自分好みにすればお料理時間をより楽しめるのではないでしょうか♪

洗面所でレンガ×漆喰のコントラストを楽しむ♡

こちらは、洗面所をレンガの壁×漆喰の壁の境目があえてジャンクな感じに仕上げられた素敵なアイデアです♡

凹凸感や、組み合わせられたインテリア。そして、レンガと真っ白な漆喰のコントラストが非常にカッコイイですね!

やはり漆喰はレンガとの相性は抜群!貼り分けを考えてある方は是非参考にされてみてはいかがでしょうか♡

マントルピース風フェイク暖炉入れを漆喰で仕上げる♡

こちらは、木材で作ったマントルピース風フェイク暖炉入れに、漆喰×フェイクレンガ×アイアンの装飾を組み合わせて、あたたかみのあるお洒落な雰囲気に仕上げられています!

これからの季節にもピッタリのアイデアですね♡これまでDIYで作られているアイテムがあれば、壁と合わせて漆喰仕上げにリメイクされてみてはいかがでしょうか♪

余った漆喰をインテリア小物に活用する♡

こちらは、余った漆喰をボードやリメ缶と組み合わせた、オシャレな手作りインテリアに活用されています♡

少量しか余らなかった!漆喰の壁に合わせたインテリアが欲しい!という方にもピッタリなアイデアではないでしょうか♡

せっかくなら、余りを眠らせるのではなく、インテリアなどにも活用して、とことん漆喰の魅力を堪能されてみるのも素敵ではないでしょうか♪

漆喰diyの実例アイデア<照明との組み合わせ編>

漆喰の壁のコーナー×スタンドライト♡

こちらは、漆喰の壁のコーナーにスタンドライトを置いかれているのですが、壁が2面あるのでより光が反射して非常に綺麗ですね!

明るさをしっかり出したい方や、漆喰の模様を際立たせたい時にもピッタリではないでしょうか♡

滑らかな漆喰の壁にブラケットの影をうつす♡

こちらは、漆喰に模様を付けず、つるっと滑らかな仕上がりの壁に、ブラケットの装飾の影をうつして楽しむアイデアです♡

ぼんやりと浮かび上がる影がとっても素敵ですね!影が堪能できるお気に入りのブラケットや照明があれば、あえて模様をつけずに仕上げる。というのも良さそうです♪

柔らかさのある模様×ブラケットの灯りを楽しむ♡

漆喰の壁につけられた、やわらかい印象の模様がブラケットの灯りでぼんやりと浮かび上がりとっても綺麗ですね♡

しかも、フェイクグリーンが巻きつけてあるので、灯りを付けていないときも、漆喰のホワイト×グリーンの爽やかな雰囲気を楽しむ事が出来る。という点も魅力的ではないでしょうか♡

まとめ

いかがでしょうか?お家の壁も漆喰にするだけで見違えるほどクオリティがアップしますし、様々なアレンジも加えられるので、やはり壁に拘りたい方にもピッタリな素材ですね♡

しかも、お部屋が明るくなり、漆喰の壁にはインテリアも映えますので、お部屋全体のグレードアップに繋がります!ぜひ漆喰DIYでより自分好みのお家づくりを楽しまれてください♡
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • As

    はじめまして。日常をちょっと楽しくしてくれるモノづくりを楽しんでいます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事