押入れ収納の裏技!?すのこDIYはメリットいっぱい

押入れ収納ですのこをフル活用してみませんか?今回は、こんな使い方があったのか!と改めて「すのこ」の魅力を確認しながら、これなら積極的に使いたい!と思わせてくれそうな、すのこ活用術をご紹介します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2017年9月15日更新

目次
  1. 押入れ収納には「すのこ」を単品&DIYでフル活用しよう!
  2. 押入れには湿気がいっぱい
  3. 押入れの湿気対策には
  4. すのこは万能
  5. すのこを使った押入れ収納アイデア
  6. すのこはDIYでもっと使える
  7. まとめ

押入れ収納には「すのこ」を単品&DIYでフル活用しよう!

「押入れ×すのこ」は、黄金コンビで”セット”という印象があるように、やはり湿気対策としても押入れ収納には欠かせないマストアイテムですよね!

そしてこのお馴染みのすのこは、そのまま活用したり、DIYで活用する際にも裏技とも思える活用術が沢山あるんです♡

そこで今回は、すのこの魅力から、押入れ収納にフル活用させる方法までをまとめてご紹介します!

押入れには湿気がいっぱい

押入れは普段は締め切った状態にする事の多い場所である上に、お布団を収納する度にお布団に含まれた湿気が押入れの中に加わるため、非常に湿気がこもりやすい場所です。

特に、使用頻度の低い物の収納がメインとなり開く回数が少なかったり、梅雨などの時期にはカビが発生することも!

カビの危険性ですが、”カビ”・埃・空気中の水分などは、”ダニの餌”となりますので、カビが発生すればダニの増加に繋がり、ダニアレルギーを引き起こしたり、知らず知らずのうちに吸い込み、カビによるアレルギーが引き起こされることがあるので対策はしっかりとりましょう!

押入れの湿気対策には

カビの危険性を考えても、やはり押入れの湿気対策はしっかりと行いたいところですよね!

押入れの湿気対策としては、こまめな換気や、定番の除湿シート・除湿剤・除湿乾燥機といった湿気取りグッズもありますが、実は「押し入れ収納の見直し」も湿気対策には重要な要素となるんです!

なぜ収納方法が関係するかというと、「通気性」を考慮せずに、ぎっちりと詰め込まれた押入れ空気の通り道が上手く確保できないという事。そして、出し入れが出来ない状態だと、きちんと掃除ができず埃。更にはカビまでが更に増加してしまう。といった事に繋がります。

すのこは万能

toshi.aoi

収納の見直しのひとつとして、空気の通り道を確保するためには何を取り入れたら良いのか。となると、やはり、しっかりと空気の通り道を確保した収納を実現してくれる、通気性が抜群の「すのこ」が1番オススメです!

すのこは、ホームセンターだけでなく、100均でもプチプラで入手可能というコスト面でもカナリ魅力的です!

更に!押入れ仕様にDIYで取り入れたい時も、木材ですし軽量の物も多いので非常に加工がしやすく、解体すれば更にバリエーションの広い使い方が可能です!

すのこは、押入れ収納に最適な万能選手ともいえますね♡

すのこを使った押入れ収納アイデア

まずは「すのこ」を押入れの中でそのまま活用する収納アイデアからご紹介します♡

●押入れ上段「すのこ×コの字ラック」の組み合わせで活用

mayumichan12

こちらは、押入れ上段に設置したコの字ラックの下にすのこを設置して、布団を収納する。というアイデアです♡

このように、すのこを置くことで汗などの湿気がこもったお布団と、中段板との間に空気の通り道を作ることができますね!

湿気は下にいくにつれてこもりますので、お布団を上段に収納する。というのも効果的です!また、下段は掃除がしやすい、キャスター付きの衣装ケース×サッと取り出せる袋。上段には通気性の面でも安心なハンガーラックが組み合わせてあるのも、湿気対策の参考にしたいポイントです♡

●上段も下段もすのこを敷いて直置きしない!

こちらは、上段のお布団×下段の布製の衣装ケースの下にすのこを設置し、直置きしない工夫がされています♡

プラスティック製の衣装ケースと違い、布製となると湿気&カビ対策の面では心配ですので、使用する場合は、すのこをプラスしておきたいですね!

●レイアウトに合わせてすのこを徹底して活用する♡

こちらは、押入れ収納でもよく活用されている、コの字ラック・衣装ケース・ハンガーラックが使用されているのですが、このようにレイアウトに合わせた徹底したすのこの使い方は大変参考になります!

下段の衣装ケース同士のちょっとした隙間もそのまま、詰め込んだり物を置くのではなく、このように上部に棚板としてすのこを設置しておけば、空気の通り道も確保でき、程よくゆとりを持たせた収納が出来るのではないでしょうか♡

●より効果的なすのこの設置方法と素材の使い分け

すのこの通気性を最大限に高めるには、このように壁面にも使い、床と合わせた4面とも、すのこの板目が水平になるように向きを揃えて設置すると、のが最適だそうです。(※画像のすのこは構造が違うので向きが異なりますが、通常のすのこの場合、壁側が横向きで設置された状態に)

また、お家によっては、いくら湿気対策をしても、どうしても湿気がこもりカビが発生してしまう。といったこともあるかと思いますが、そんな場合にはこのようなプラスティック製性のタイプを使うという手もありますね!

すのこはDIYでもっと使える

押入れに活用できるすのこDIYアイデアやその作り方の紹介

●すのこ×角材で押入れ収納の基本「コの字ラック」をDIY♡

こちらは、すのこと角材を組み合わせて、押入れ収納の基本となるコの字ラックを自作するアイデアです♡

コの字ラックは、縦空間を有効に使いながら、物の出し入れがしやすくなるので、押入れでも積極的に取り入れたいアイテムです!これを「すのこ」で作ればより通気性の高いラックとなるので一石二鳥ですね♪

簡単♡すのこを使ったコの字ラックの作り方

<作り方>

 STEP1 
まずは、強度を保つために角材を使って、このような「H型の脚」をビス留めで固定しながら2つ作ります。

 STEP2 
2つの脚が完成したら、すのこの左右に固定すれば完成です♪すのこに脚をつけるだけという手軽さが嬉しいですね♪



作り方は至ってシンプルなので、DIY初心者さんでも気軽にトライできるのではないでしょうか♡

●棚板は固定しない!すのこの万能「2段ラック」をDIY♡

こちらは、使用したい押入れにジャストサイズのすのこを使用することで、「切る」という工程を省き、最大限に空間を有効活用できるようにつくられた「2段ラック」です♡全体枠のカタチとしては、コの字ラックが2連つながっているような状態のようですね!

しかも!棚板として使用する「すのこ」は、固定をせずスライドさせてはめこむだけ。という仕様なので、画像左のように収納する物のサイズや量に合わせてその都度2段階に高さ調整が可能になるように工夫されています♡

すのこの形状を活かしたアイデアで素晴らしいですね!

固定のポイント

すのこは木材なので固定は木工ボンドでもOKなんですが、これくらいサイズが大きく、耐荷重も考慮するとなると、やはり強度のあるビス留めが最適です!

ビスはこのように板目ごとにしっかり打ち込んで固定しましょう♡

●衣類収納にピッタリ!すのこで「4段ラック」をDIY♡

こちらは、衣類や、ちょっとした収納ボックスを収納したい!押入れの端で縦使いの棚が欲しい!ハンガーラックと合わせて使える棚が欲しい!といった時にも最適なすのこを使った4段ラックのDIYアイデアです♡

先程の2段ラックとサイズ&棚板の枚数がことなるだけなので同様の作り方でOKですね♪押入れをクローゼット代わりに活用されたい方にもピッタリなアイデアではないでしょうか♡

●押入れ下段に欠かせない!すのこで「キャスター付きラック」をDIY♡

こちらは、3枚のすのこ(ニトリ製品を使用)を使って、コの字型のキャスター付きラックをつくるアイデアです♡

押入れの下段でお布団を収納する際は、やはり「キャスター」があるだけで出し入れのしやすさは格段に良くなります!

毎日の布団の上げ下ろしから、お掃除までスムーズにできるようになるので湿気対策としても非常にオススメです♪

簡単♡すのこを使った「キャスター付きラック」の作り方

 STEP1 

まずは、作りたいサイズに合わせた3枚のすのこを、コの字型になるようにネジでしっかりと固定していきます。

ここでは3枚でつくってありますが、落下防止として奥にもう一枚すのこをプラスしてもよさそうですね♡
 
 STEP2 

すのこを全て固定したら、底の部分4箇所にこのようにキャスターを取り付ければ完成です♡


これだけの作業で、劇的な快適さを得ることができますので、下段でお布団を収納される方は、是非トライされてみてはいかがでしょうか♪

●すのこ×棚板で「キャスター付き2段スリムラック」をDIY♡

先程のキャスター付きラックも、すのこのサイズを変えて、棚板をプラスするだけで、このようなおもちゃ類など、お布団以外の物を収納する際にも大活躍します!

中途半端な隙間があって空間が勿体無いな・・といった場合の隙間収納としても最適ですね♡更に手前になる部分に「持ち手」をプラスすれば、よりスムーズな出し入れが出来るのではないでしょうか♡

●すのこ×丸棒(突っ張り棒)で「子供用ハンガーラック」をDIY♡

こちらは、先程のキャスター付きスリムラックにちょっとアレンジを加えるだけで出来る、「子供用ハンガーラック」です♡

すのこ4枚を組み合わせ、上部に丸棒や突っ張り棒のような棒状のものをプラスするだけでハンガーラック仕様にすることができます♡

これなら子供さんもサッと引っ張って自分でお洋服をスムーズに選ぶことができて、使い勝手もグッと良くなるのではないでしょうか♪

サイズ的には、子供服だけでなく、ペットのお洋服や、ボトムス類にも活用できそうですね!

衣類小物やアクセサリー収納にも!すのこ×棚板で板壁付きラックをDIY♡

押入れの使い方も様々ですが、襖を取り払ってオープンでクローゼット兼、身支度をする場所として使用する方も多いと思います。

その場合は、アクセサリーや、ベルトやストール。これからの季節ならニット帽・手袋・マフラーなどの小物類の収納場所もしっかり確保しておきたいところですよね!

こちらは、観葉植物用の棚としてつくられている物ですが、デザイン性も高い上に、奥が板壁風になっているので、吊るしたり棚に置いたりと、押入れで小物収納をする際にも重宝するのではないでしょうか♡

▶オープンタイプの押入れならデザイン性をプラス♡

クローゼット仕様の押入れで、すのこを活用する際は、このようなミニラックがあると移動も簡単ですし、なにかと重宝します♡

また、オープンタイプの場合は、お部屋のインテリアとの兼ね合いも出てきますので、すのこをそのまま使うとちょっと浮いた感じになるから取り入れにくい!といったことも。。

その際はこのようにペイントや転写シールなどで装飾をすれば、湿気対策。収納。インテリア性。この全てを補えるのではないでしょうか♡

まとめ

miho.25.360

いかがでしたでしょうか?すのこは、これだけバリエーションの広い使い方ができ、湿気対策だけでなく収納や使い勝手をグンとアップさせてくれるという、頼もしい味方ですね!

是非、すのこを効果的に取り入れて、湿気やカビ。そして、ごちゃっとした使いにくさとは無縁の、快適な押入れ環境を整えられてください♡
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • As

    はじめまして。日常をちょっと楽しくしてくれるモノづくりを楽しんでいます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事