カトラリーは見せる?隠す?ごちゃっとさせない収納アイデア集!

テーブルウエアの中でも種類の多いカトラリーは、気づいたら量も増えていてごちゃっとなりがちですね。今回は、このカトラリーやお箸を、隠す収納。見せる収納で、スッキリと美しく収納するアイデアをご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2017.8.15 作成:2017.8.15

目次
  1. 種類の多いカトラリーをスッキリと収納しよう!
  2. カトラリーをスッキリと隠す!見せないための収納アイデア
  3. カトラリーをスッキリと美しく!見せるための収納アイデア
  4. まとめ

種類の多いカトラリーをスッキリと収納しよう!

普段のお食事では、お箸と共に使用頻度も高い「カトラリー」ですが、デザートスプーン&フォーク・ティースプーン・テーブルナイフ&フォーク・バターナイフ・スープスプーン・サービススプーン&フォークなどなど。

種類も多いので、揃えていくと収納に苦戦しがちなアイテムのひとつでもあります。今回は、このカトラリーを中心に、隠す収納・見せる収納でスッキリとまとめるアイデアをご紹介いたします!

カトラリーをスッキリと隠す!見せないための収納アイデア

<引出しはトレーで仕切って見やすく。出し入れしやすく収納する>

引出し内は「シンデレラフィット」を目指してトレー&ケースをセット!

引出しの中でカトラリーをスッキリ収納する際は、引出しを動かす度にごちゃっとなってしまうので、このようなトレーなどを使って「仕切る」事が大切です♡

まずは、カトラリーの量と、引出しサイズの兼ね合いをみてトレーやケースを揃えましょう。その際は、このように、引出し全体に隙間なくセットできるように容器サイズを組み合わせると、引出し内の収納空間を無駄なく、より美しく使えますよ♪

大小のトレー・ケースを組み合わせて仕切る♡

小さめの引出しを使用する場合は、カトラリーケースをいくつもセットするには窮屈な場合も!そんな時は、こちらの画像左下のように・・

大きいケース内に小さいケースを入れて仕切りとして活用すれば、横置きで並べているカトラリーもバラバラになることもないですね♡

ケースと直置きの収納方法を組み合わせて、カトラリーから小物類までをキッチリ美しく収納されている点も参考になります♪

小物用の小さい仕切りがついたカトラリートレーを活用する♡

このような小さい仕切りのあるカトラリートレーを使えば、細々したケースを組み合わせる必要もなく、小物類まで一緒にコンパクトに収納することができますね♡

スッキリ見せるポイントとしては、このようにホワイト・ブラック・シルバー。と、全体の色に統一感を持たせることも効果的です!

また、ここに入るものだけで増やさないようにすれば、ミニマムな暮らしのサポートにもなるのではないでしょうか♪

カトラリーは使用頻度に合わせて引出しの奥と手前で収納する♡

このように、カトラリーを引出しの置くと手前で収納する際は、使用頻度の高いものを手前。使用頻度の低いものを奥。と、使用頻度に合わせて収納すると、出し入れがより快適になります♡

また、右奥に「蓋付きのケース」も使用されていますが、お弁当用グッズ。ティースプーン&バターナイフセット。といった感じで、毎回まとめて使うアイテムをセットで収納し、ケースごと取り出して使う。というのも便利かもしれませんね♡

カトラリーケースと引出しの間に隙間ができる場合は手前につける♡

上部に小さい仕切りがあるカトラリートレーを使用する際に、引出しとの間に微妙な隙間ができてしまう!という場合は・・

トレーは引出しの手前に合わせて、先程と同様に、使用頻度の低いものや、予備のアイテムなどを奥の隙間に収納すると出し入れも快適になります♡

仕切りが動かせる仕様のカトラリートレー・ケースを活用する♡

こちらは、仕切りが動かせる仕様のカトラリーケースを使って、通常サイズのカトラリー×箸置きなどの小物。短いティースプーン×レンゲ。などキッチリ無駄なく収納されています♡

更に複数を並べて使えば、全体の収まりも良くなるので一石二鳥ですね♪また、コースターを立てて収納することで選びやすく出し入れしやすい工夫がされているのも参考になります!

<深さのある引出しは縦の収納空間を上手に活用する>

カトラリーケースをスタッキングして収納力をアップ♡

こちらは、カトラリーケースを2段にスタッキングして収納力をアップさせるアイデアです♡

ある程度深さのある引出しに収納する際は、浅めでスタッキングが可能なカトラリートレーを活用すると、使用頻度に合わせた収納・ゆとりのある美しい収納もできるので、快適な収納が楽しめるのではないでしょうか♪

カトラリー・小物・カップを全てスタッキングで収納する♡

こちらは、更に奥行きの深い引出しを使い、奥にはカトラリー・箸などの小物類。手前にはカップと、全てスタッキングを基本とした収納アイデアです♡

トレーも、3つのサイズでまとめられているので、スッキリと整頓された雰囲気が漂っていますね!カトラリーや小物などの量が多い方にもピッタリなアイデアではないでしょうか♡

短めのカトラリーは立てて収納する♡

こちらは、短めのカトラリーを瓶に立てて収納するアイデアです♡

深めの引出しにカトラリートレーを組み合わせる際は、どうしてもデッドスペースが出てしまいがちですが、このように立てられるものは立てて収納すれば、無駄なく。スッキリと使う事ができますね♡

大量のカトラリーを立てて収納する♡

こちらは、引き出し内の仕切りを活用し、全て立てて収納するアイデアです♡

ご家族の多いご家庭や、おもてなしの機会が多い場合などは、カトラリー1種類ごとの本数も増えるので、通常通りの収納では大変ですよね。そんな時には、思い切って奥行きの深い引出しを使い、立ててスッキリ収納してみるのも便利ではないでしょうか♡

<カトラリーを「棚」で収納する>

100均木箱で作った収納ケースでカトラリーを立てて収納する♡

こちらは、ダイソーの木箱を引出し風の収納ケースにリメイクしたものを活用し、カトラリーを立てて収納するアイデアです♡
表は、このように「黒板シート×取っ手」で仕上げてあるので、オシャレ度も高い上に、スッキリコンパクトに収納することがでいますね♡

DIYなら、自宅の収納棚のサイズに合わせてつくれるので、トライされてみてはいかがでしょうか♡
 

角型バスケット×カトラリートレーの組み合わせ♡

こちらは、無印良品の角型バスケットに、PP整理ボックス・PPコットン綿棒ケースを組み合わせて、カトラリーとお箸を収納するアイデアです♡

カトラリーの長さに応じて寝かせたり、立てたりと収納方法を変えて、キッチリ収納されてあるので、出し入れもしやすそうですね♡
使用する「バスケット」は、収納したい棚の高さに合わせて選ぶと、より美しい収納ができますよ♡

カトラリーケースにタグをつけて収納する♡

複数のカトラリーケースに分けて、棚に収納する際は、探すのが大変ですが、このように「タグ」をつければ、何がどこにあるのか一目瞭然ですし、お洒落な雰囲気も楽しむことができますね♡

浅い引出しを使って省スペースで収納♡

こちらは、100均のウッドボックス4個と板を組み合わせて、1段の浅い引出しを作り、カトラリー収納に活用されています♡

これならちょっとしたスペースに設置できるので、上部に一人暮らしの方や、少量のカトラリーを省スペースで収納したい場合にもピッタリなアイデアではないでしょうか♪

カトラリーをスッキリと美しく!見せるための収納アイデア

コンパクトな自然素材のバスケットに立ててオシャレに収納♡

こちらは、ナンバーのデザインが入ったバスケットに、カトラリーを立てて収納するアイデアです♡

量も沢山入っていますが、コンパクトなサイズ感で、露出している部分も先端部分だけなので、ごちゃっとした印象もなく、お洒落な雰囲気が漂っていますね♡

ブラックの缶に立ててカッコ良くディスプレイ収納♡

こちらは、ラベルを貼ったブラックの缶にカトラリーを立てて、ディスプレイ収納を楽しむアイデアです♡ブラック×シルバーのコントラストがカッコイイですね♪

空き缶にブラックの塗料でペイントするだけで出来るので、手軽につくることができるのも嬉しいいポイントですね!黒板塗料を使ってカフェ風に仕上げても良さそうです♡

イエローのポットに立ててオシャレにディスプレイ収納♡

こちらは、可愛い黄色のポットに少量のカトラリーを立てて、ディスプレイ収納を楽しむアイデアです♡ウッド素材のカトラリーはイエローとも好相性ですね!

一人暮らしの方や、使用頻度の高いカトラリーだけを厳選して出しておきたい時にもピッタリなアイデアではないでしょうか♡
 

ステンレスのコップに立ててキッチンでディスプレイ収納♡

こちらは、ステンレスのコップにカトラリーを立てて、ディスプレイ収納を楽しむアイデアです♡

しゃもじなどの調理器具も、同じコップに立てて一緒に並べてあるので、統一感があってお洒落ですね!



 

<カトラリーを吊るしてディスプレイ収納を楽しむ>

こちらは、壁面に固定したメイソンジャーに少量のカトラリーを立てて、ディスプレイ収納を楽しむアイデアです♡ラフな感じでとってもお洒落ですね!

調理後にサッと出し入れ出来る上に、壁面を使えば調理台のスペースも広く使えるため、一人暮らしの方にもピッタリなアイデアではないでしょうか♡

 

水切り穴付きのカトラリーケースに吊るして収納♡

こちらは、水切り穴のついた、吊るすタイプのカトラリーケースを活用し、ディスプレイ収納を楽しむアイデアです♡

同じアイテムで揃えれば、調理器具と一緒に統一感を持たせてディスプレイ収納をする事もできますし、水切りとしても使えるというのは便利ですよね!

▶▶こちらは「楽天」で販売されているアイテムですので、購入することも可能です!気になる方は下記リンクからチェックされてみて下さい♡

<カトラリーをカウンターやワゴンでディスプレイ収納>

木箱内でザックリとまとめてキッチンワゴンにセット♡

こちらは、分類して立てた状態のカトラリーを木箱にまとめ、キッチンワゴンで、オシャレなディスプレイ収納を楽しむアイデアです♡たくさんのカトラリーも、一箇所でまとめるとスッキリみせることができますね♡

また、可動式のワゴンをダイニングに置いておけば、食事中に追加でカトラリーが必要になった時でも、わざわざキッチンまで取りにいかずに済むので重宝するのではないでしょうか♪

カトラリーのサイズに合わせた空き瓶に立ててディスプレイ収納♡

こちらは、カトラリーの長さに合わせた空き瓶に立てて、ディスプレイ収納を楽しむアイデアです♡好みのデザインのラベルを貼るだけでもグッとオシャレな演出ができますね!

キッチンカウンターがあれば、使用頻度の高いカトラリーを厳選して出しておくと便利な上に、インテリアとしても重宝すること間違い無しですね♪

複数の瓶を木箱にまとめておく♡

瓶にラベルなどを貼らずに使用する場合、中が見えすぎて気になる。テーブルを拭く時がちょっと面倒。という場合は、このようにほど長い木箱などにまとておくのもオススメです♡

ビーカーを使って個性的なディスプレイ収納を楽しむ♡

こちらは、なんと。「ビーカー」にカトラリーを立てて、ディスプレイ収納を楽しむアイデアです♡

「理系インテリア」のひとつとして、個性的な演出ができるのではないでしょうか!

木のカトラリー×おしぼりかごで古民家風のディスプレイ収納♡

こちらは、木のトレーに「おしぼりかご」を固定したものに、木のカトラリー&お箸を立ててディスプレイ収納を楽しむアイデアです♡

古民家風のインテリアにシックリ馴染み、とてもオシャレな演出ですね♪
 

まとめ

いかがでしたでしょうか?カトラリーは、隠す収納・見せる収納をうまく組み合わせれば、量が多くてもスッキリまとまり、オシャレで使い勝手も良くなりそうですね♡

是非、色んなアイデアをお家のカトラリー収納に活かし、素敵な収納を楽しまれてください♪
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • As

    はじめまして。日常をちょっと楽しくしてくれるモノづくりを楽しんでいます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事