【100均DIY】おしゃれなキッチン収納を簡単手作りするアイデア集

100均アイテムを利用して、おしゃれなキッチンアイテムをDIY!
初心者さんでも簡単にできて、しかもかなり使える、そんな優れもののアイデアばかりを集めてみました!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2017年8月7日更新

目次
  1. キッチンをオシャレに使いやすくしてみたい!
  2. 1.100均のすのこで!
  3. 2.100均のフォトフレームで!
  4. 3.100均の焼き網で!
  5. 4.100均の木箱で!
  6. 5.100均の黒板シートで!
  7. まとめ

キッチンをオシャレに使いやすくしてみたい!

毎日の炊事、家事のために立つキッチンは、作業がしやすいように、使い勝手のよいシステムにしておきたいですよね。
そのうえ、自分好みのオシャレで素敵なスタイルになっていたら、面倒に思いがちな作業も楽しくこなせるようになるかも♪

今回は、キッチン周りを使いやすくするための、100均DIYアイデアを集めてみました!

1.100均のすのこで!

簡単に作れちゃう「すのこ棚」

まずは、100均アイテムのみを使って作れる「すのこ棚」です。

100均のミニすのこを側面に使い、棚板となる板も100均でオシャレなボード類、もしくはここもすのこで作れば、収納に便利なすのこ棚の完成です。

プチプラで簡単に作れちゃう上に、小物を収納するのに程よいサイズ感がよくて、100均DIYの中でも人気になっています。

棚に入れるアイアンかごなども100均で調達できますよ。

こちらの方のように、野菜収納ストッカーとして使うのもいいですよね。

100均の木箱で作るのも素敵です

棚板代わりに、こちらの方のように、100均の木箱をすのこに組み合わせてみるのもいいですね!

100均の木箱は、デザインもそのまま使っても十分に可愛いものが多いですし、すのこ2枚と木箱2つをボンドで固定するだけで、ナチュラルテイストの素敵な収納棚が手に入るのは嬉しいです。

このように、すのこ棚は、DIYはじめてさんでも気軽に挑戦しやすい、という点でもかなりオススメのDIYになります。

100均すのこで壁面収納を実現!

続いてはこちらです。
必要なものはいっぱいあるのに、置き場所は限られているキッチンですが、そんなキッチンでの収納で、重要な収納場所となる可能性を秘めているのがキッチンの壁面です。

キッチンの壁を使って、上手にキッチンツールを収納できるようにすれば、使いたいときにさっと手に取れて、使い勝手も抜群!

この方のように、100均のすのこをお好みのカラーで塗装してからキッチンの壁に設置しておくと、見た目もオシャレですし、そこにフックや木箱などを取り付けて、便利にキッチンツールや調味料などを収納しておけます。

2.100均のフォトフレームで!

おしゃれなディスプレイ棚をDIY

こちらは、セリアのA4サイズのフォトフレームをパタパタ扉として使用されている収納棚の実例です。

とてもオシャレな見た目で、雑貨屋さんで売られているものと比べても遜色ありません。

本体部分の木材は、SPF材を使用されているそうです。
こちらはホームセンターなどで手に入れられるといいですね。

扉の取っ手や蝶番などは、おしゃれなものが100均でも簡単に手に入りますよ。

全て100均で作れるショーケース

こちらも100均のフォトフレームを扉として使うアイデアです。

こちらのカフェ風のショーケース、とても信じられませんが、すべて100均の材料だけで作れるそうです。

こんなにおしゃれなショーケースがひとつあれば、キッチンインテリアのセンスもワンランクアップして、そこで過ごすのもますます楽しくなりそうですよね!

収納ケースとしての実用性もあって、お気に入りのキッチン小物や調味料、パンやお菓子のストックなどのほこり除けとしても使えます。

100均ショーケースの設計図

作者の方が、上のショーケースを作るための設計図を公開してくれています。

これを作るのに必要な材料は下のリンク先のコメント欄に詳細に説明されていますので、作ってみたい方は、ぜひご覧になってみてください!

素敵なすりガラス風シートと、塗装に使われているブライワックスについては100均のものではないそうですが、100均でも代用できるものは手に入ります。もちろん仕上がりのクォリティに大きく影響する部分ですので、ここだけはきっちり上質なものにこだわる!というのもありですよね。

収納棚のパタパタ扉に

ショーケースタイプでなくても、フォトフレームは、おしゃれなパタパタ扉として、あらゆる収納ラックで活躍できます。

こちらは、ホームセンターで手に入れられた木材を組み立てて作られた棚に、100均フォトフレームをほこり除けの扉として取り付けられている一例です。

ここまでのレベルのものを作り上げられると、感慨もひとしおですね!
100均のフォトフレームが、実用性だけでなく、デザイン性の上でもかなりいい仕事をしていることがわかります。

興味のある方は、以下のリンク先で詳しい材料と組み立てに関する概要が紹介されていますので、ぜひ参考にしてみられてください!

3.100均の焼き網で!

焼き網を曲げるだけで!

100均の焼き網も、リメイク・DIYには大活躍の素材です。

こちらのように、二か所を折り曲げて、お好みの風合いに塗装するだけで、おしゃれなディスプレイ型小物入れに早変わり!中に木板を入れると安定感も出ますね。

自然に朽ちて錆びたような風合いも、ペイント技で簡単に作ることができます。

こちらの方のやり方は、まず、白の水性ペンキを全体に塗り広げ、錆びた雰囲気にするために、茶色のアクリル絵の具をスポンジでポンポンと乗せるようにペイントされています。

おしゃれな野菜ストッカー

キッチンのカウンターにわざわざ出しておきたいような、可愛い見た目の野菜ストッカーも、BBQ用の焼き網で簡単に手作りできちゃいます。

こちらで使われている材料は、すべて100均のもの。

焼き網、カッティングボード、丸棒さえ調達すれば、あとは、画像の形になるように組み立てるだけ!

木材はブライワックスなどで風合いよく見せるよう塗装すれば、まず100均には見えません。

焼き網だけでも作れる!

収納力の高い野菜ストッカーがほしい場合は、焼き網だけでもこの通り!
立派な収納ラックが作れてしまいます。

棚になる部分はほどよく折り曲げて、パーツ同士を結束バンドでつなぎ合わせるだけでできあがり!

玉ねぎのイラストが可愛らしいタグが、おしゃれ度もアップさせています。
こちら、消しゴムスタンプを押して蝋引きした紙に、ステッチを施された手作りのもの。
ちょっとした手仕事が、作品の雰囲気をよくしてくれます。

ジャストサイズのコの字ラック

焼き網を使うことで、こんな優れものアイデアも!

整理収納に便利に使えるコの字ラックは、100均などでもいろんな種類のものが展開されていますが、こちらを焼き網で作ってしまおうというアイデアです。

わざわざ焼き網を折り曲げて自作する利点は、ちょうどその場所にほしいサイズで作れるということ。
市販のものだと叶えられないほんのちょっとの差が、自分で作ることによって埋めることができます。

4.100均の木箱で!

セリアの木箱とアイアンバーでキッチンシェルフ!

こちらは、セリアのウッディスクエアボックスを2個とアイアンバー1本、それから杉板を使って作れるキッチンシェルフです。

ボックスを斜めにカットしたりの手間がありますので、初心者さんにはちょっと取っつきにくいかもしれませんが、作者さんのブログで詳細に作り方については解説されていますので、この機会にチャレンジしてみるのもいいですよね!

アンティークな雰囲気にするためのテクニックについてもとても参考になりますので、下のリンクボタンよりぜひブログを訪れてみてください♪

木箱の吊り下げアイデア

こちらで木箱に収納されているのは、キッチンアイテムではありませんが、吊り下げ方に一工夫あって、とても参考になるのでご紹介いたします。

木箱をそのまま壁に設置して、ウォールストッカーとして使用されるアイデアを見かけることはありますが、こちらの面白いのは、その設置方法!
なんと、ロープを使って連結されています。

木箱にはニスなどで塗装して、ロープの通る穴を開け、何個かお好みの間隔で通していき、ハンギングします。

こちらの方のように、互い違いに設置するのも楽し気ですし、縦一列に連結するのも可愛いですね。

画像の例では、軽いおもちゃをディスプレイしているだけなので、ロープをそのまま通すだけでも穴に引っかかるそうですが、ちょっと重ためのものを収納したい場合には、箱を通すごとに結ぶなどの一工夫が必要そうです。

木箱とイーゼルで!

100均の木箱2つとイーゼル2つを組み合わせることで、こんな可愛いストッカーを手作りすることもできちゃいます。

イーゼルの独特の三角の形状が、素材そのままでもインテリアをオシャレに見せてくれるのにお役立ちですね。

キッチンカウンターに置いて、見せる収納としてディスプレイして使ってみたくなるストッカーです。

5.100均の黒板シートで!

セリアのブラックボードシートにマグネットケースが映える

キッチンをおしゃれなカフェ風インテリアにしたいときに、ちょっと取り入れてみると一気に雰囲気を変えるのに役立つのが、100均の黒板風アイテムです。

こちらは、セリアのブラックボードシート。
貼り付けるだけで、手持ちのアイテムを黒板風の見た目に変えることができます。

冷蔵庫にブラックボードシートを貼って、100均のマグネットケースを貼り付ければ、こんなにおしゃれなディスプレイ収納が実現♡
中に入ったものをシートに直接書くこともでき、実用性も高いですね。

調味料ラベルも黒板シートでDIY

冷蔵庫に貼り付けたり、カウンター上の扉を一面黒板にしてみたりと、キッチン全体のリメイクにお役立ちの黒板シートですが、こちらのように、お好きな形に切り取って、ラベリングに使うという使い方もオススメです。

引き出しの中に収納されている調味料の瓶は、そのままだと中身がわかりにくいので、フタ部分にラベリングを施しておくのは必須ですよね。

こんな時に、黒板シートでおしゃれにラベリングしておくことで、見た目もおしゃれに、使い勝手のいい収納が手に入ります。

まとめ

いかがでしたか。

100均の材料を使うことで、コストを削減できるうえに、見た目も実用性も抜群なキッチン用のアイテムがいろいろと作れるんですね!

作り方も、本格的なものもありましたが、初心者さんでも気軽に挑戦できるような簡単なものもたくさん!とても楽しそうなDIYアイデアばかりですよね。

ピンときたアイデアが見つかりましたら、ぜひこちらでご紹介したリンク先を訪ねてみて、真似して作ってみてくださいね♪
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事