281 VIEW

おうちで旅行気分が味わえる♪台湾スイーツレシピ集

暑い毎日が続いていると、つるんとしたスイーツが食べたくなりますよね!
そんなときには、おうちで再現できるアジアンスイーツで旅行気分を味わってみませんか?台湾を代表するスイーツやお菓子のレシピを集めてみたので、おうちで美味しい台湾スイーツを作ってみましょう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2017年7月20日更新

目次
  1. 台湾スイーツレシピ
  2. おわりに
近年、アジアンスイーツが再ブームになっており、特に女性の注目を集めています!
その中でも特に台湾スイーツが話題を集めており、日本にも台湾スイーツが食べられるお店がぞくぞくとオープンしています。
台湾は旅行先としても人気ですが、言わずと知れたスイーツ天国でもあり、さまざまな種類のスイーツや伝統的なお菓子が豊富にあります。果実をたっぷり使った台湾スイーツは栄養価も高く、美容効果も期待できます。
台湾といえば、豆乳のような味の豆花やマンゴーがたっぷり盛られたマンゴーかき氷、もちもちとした食感のタピオカミルクティーなどが有名スイーツがたくさんあります!

今回は、そんな台湾スイーツを自宅にいながら再現できるレシピをご紹介します。
お洒落で美味しい台湾スイーツを作って、おうちで旅行気分を味わってみてくださいね!
 

台湾スイーツレシピ

豆花(ドウホワ)

台湾の代表的スイーツといえば「豆花(ドウホワ)」です。
「豆花」は杏仁豆腐に似た見た目ですが、ミルクプリンのような食感で、字のごとく豆腐に似た食べ物ですが、豆腐よりも柔らかいゼリー状が特徴の人気アジアンスイーツです。

「ドウホワ」という呼び方は、台湾と中国南部での呼び方です。中国西部や北部では「豆腐脳」(ドウフナオ)と呼ばれ、また南部や香港、マレーシア、シンガポールなどで「豆腐花」(ドウフホワ)と呼ばれます。地方によって呼び方が違う「豆花」は、台湾の女性に支持の高い人気のスイーツで、食後のデザートとして当たり前のように食べる人が多いようです。

地方によって食べ方が違うのも「豆花」の特徴です。華南地方、香港、台湾では甘い食べ方をしますが、中国北部では塩辛い食べ方、中国西南地方では辛い食べ方をします。
同じ「豆花」でも旅行に行った先で食べ方が違うので、旅行の際にはぜひ比べてみてください。
豆花の作り方はとてもシンプルで簡単です。
伝統的な作り方は、凝固剤に大豆から得られた豆乳を混ぜて成形します。昔は、硫酸カルシウムやかん水が使われていたため、食感はざらざらしていましたが、今は別のものを使うようになりより滑らかな仕上がりとなっています。

今回ご紹介するレシピでは、甘い豆花のレシピを中心に紹介していきます。豆花は、夏は冷やして、冬は温めて食べられることが多く、黒糖、黒蜜、しょうがのシロップなどをかけて食べます。最近では、チョコレートを加えたり、黒ゴマを散らしたり、マンゴー果汁を加えたりとお好みのアレンジなど新しい食べ方で楽しむようになってきています。
美容にも健康にもいいと言われている豆乳を使って作られる「豆花」は、低カロリーで高栄養価なデザートです。
お好みのレシピで「豆花」を作って、ヘルシースイーツを堪能してみてください!

タピオカ豆花

チョコバナナ豆花

紅茶豆花

鳳梨酥(フォンリンスー)

台湾のお土産として人気の「鳳梨酥(フォンリンス―)」は、日本ではパイナップルケーキとして知られているスイーツです。
台湾では一般的に「鳳梨」と呼ばれるパイナップルですが、もともと外来の植物のため表記にゆれが多く、台湾でも外省人の人々には「波羅」、「菠蘿」などと呼ばれることがあります。

「鳳梨酥」はクッキーのようなほろほろとした生地にパイナップルで作ったジャムのような飴を包んだ焼き菓子です。台湾ではとてもポピュラーなお菓子として人気で、お茶にも良く合います。

素朴なクッキー地に爽やかなパイナップル餡の「鳳梨酥」を、自宅で簡単に再現することができます。お菓子感覚で作れるレシピをご紹介しているので、ぜひおいしいパイナップルケーキ作りに挑戦してみてください!

基本のパイナップルケーキ

HMで簡単パイナップルケーキ

さくさくパイナップルケーキ

愛玉水(オーギョーチー)

「愛玉水(オーギョーチー)」はさっぱりとした喉ごしと、つるんと弾力のある食感が特徴の台湾の伝統的なヘルシーなゼリーデザートです。 
まるで宝石のような見た目で、半透明のゼリーは光の反射で黄金色に輝いているようにも見えます。紅いクコの実が、「愛玉水」の彩りに華を添えていますよね!

「愛玉水」は、植物の「種」を原料とするスイーツです。
クワ科イチジク属の愛玉子(アイギョクシ)という台湾だけにしか自生していない珍しい植物を原料としています。 
また、「愛玉水」には美容効果も期待できることから、台湾三大美容ゼリーのひとつといわれています。「愛玉水」に含まれるペクチンには食物繊維が豊富に含まれており、腸をキレイにするほか、腎臓機能の向上にも効果的です。腎臓には、老廃物を排出する働きや、体内の水分を調整する働きがあり、デトックス効果・むくみ解消・血色良好などの美容効果が期待できると言われています。
喉越しもつるんと爽やかで懐かしくて優しい味の「愛玉水」は、味がほとんどないのでレモンシロップや黒蜜をかけて食べるのが一般的です。お店によっては、紅茶味のシロップをかけるところもあります。

つるんとした食感と、サッパリとした風味が美味しい「愛玉水」は自宅でも作ることができます!お好みで色々なトッピングをすればアレンジも楽しめます。
暑い夏のひんやりスイーツとしてぜひ「愛玉水」を作ってみてくださいね!

レモンシロップでさっぱり愛玉水

愛玉水ゼリー

たっぷりフルーツの緑茶愛玉子

雪花冰(シュエホワビン)

台湾のひんやりスイーツの定番といえるのが「雪花冰(シュエホワビン)」です。
日本でも紹介されたことで、台湾といえば「マンゴーかき氷」というイメージが定着してきています!
その名の通り、雪のようなふわふわとした食感のかき氷で、口に含むとふわふわっと溶けてしまいます。台湾を訪れた旅行者の方なら一度は食べたことのあるふわふわのかき氷を自宅でも再現してみましょう!
「雪花冰」は、台湾各地で楽しむことが出来るかき氷です。
以前は小豆やシロップをかけたものが主流でしたが、氷自体にフルーツを練りこんで削るフルーツ氷を出すお店が増えてきています。。店によって氷に練りこむ練乳やフルーツの量が違うので、それぞれに違った味が楽しめるようです!

自宅で「雪花冰」を再現する時には、牛乳と練乳を混ぜて凍らせたものを削って好みのフルーツとフルーツソース、ジャム、アイスクリームなどと混ぜ合わせれば簡単に作れてしまいます!チョコレートソース、ココア、コーヒーをなどとも相性もバッチリなので、お好みのアレンジを楽しんでみましょう。

かき氷機がない場合でもフードプロセッサーで作れるので、暑い日にぜひ試してみてください!

マンゴーたっぷり雪花冰

おわりに

自宅でも作れる台湾スイーツのレシピをご紹介しましたが、お気に入りは見つかりましたか?
台湾スイーツは見た目も鮮やかで、特にスイーツ好きにはたまらないものばかりですよね!
ヘルシーで程よい甘みのある台湾スイーツを作れば、おうちカフェの時間を満喫してください♪
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • kn0614

    はじめまして。記事を見てくださりありがとうございます。パンが大好きで、パン屋さん巡りとパン作りに...

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事