WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

セリアの木箱をコーヒー染め♪簡単リメイクの方法とは?

ご家庭にあるインスタントコーヒーで、セリアの木箱をリメイクしてみませんか?今回はとっても簡単なリメイク法、コーヒー染めの手順を写真付きでご紹介していきます。ぜひ参考にしてください。 #セリア #リメイク #収納

2017.6.12

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2017.6.12 / 作成:2017.6.12

セリアの木箱をリメイクしよう!

セリアには可愛い木箱がいっぱい!

100円ショップセリアには、可愛くて便利な木箱が豊富にそろっています。
例えばこちらの写真。使い勝手の良さそうな、可愛らしい木箱が所狭しと並んでいますよね。

実はこの写真に写っているのは、セリアの木箱売り場のほんの一角。この写真に写っているだけでもいろんな形やサイズの木箱が並んでいます。けれど、セリアでは、この他にもまだまだおしゃれな木箱が販売されていているんです。

セリアの木箱はリメイクするとさらに輝く!

そのままでも充分に可愛らしいセリアの木箱ですが、ちょっとしたリメイクを行うことで、より味がでるとも評判です。
ペイントを行う人や、取っ手を付ける人、蝶番でフタを取り付ける人など、たくさんの人によってさまざまなリメイクが行われています。

ですが、DIY経験のない人の中には、リメイクをしてみたくてもはじめの一歩が踏み出せない人も多いはず。
ステキなリメイクほど、難しそう、時間がかかりそう、お金がかかってしまいそう、という印象も受けますから、それも無理はありません。

そこで今回は、
「簡単・すぐできる・低コスト」の三拍子が揃ったスペシャルなDIY方法をご紹介していきます!

はじめてのDIYにぴったり!魅惑のコーヒー染めとは?

インスタントコーヒーでアレもコレも染めちゃおう♪

コーヒー染めとは、その名の通りコーヒーで対象を染めるDIY方法。
木材や紙、布や綿など、さまざまなアイテムを簡単に染めることができるので、たくさんの人がチャレンジしています。

使用するコーヒーもご家庭にあるいつものインスタントコーヒーでOK♪特別に買い揃える必要もありません。
今回は、そんなコーヒー染めを用いて、セリアの木箱を簡単にパパッとリメイクする方法をご紹介していきます
また、木箱の他にペーパーをコーヒーで染める方法もご紹介していますので、ぜひ併せてご覧ください♪

セリアの木箱をコーヒー染めする方法!

セリアの木箱をコーヒー染めでリメイクしよう♪

今回はこちらの木箱をコーヒー染めでリメイクしていきます。
まずは、この木箱の基本情報をどうぞ♪

木箱の基本情報
  • 商品名:ウッドケース桐 四角
  • サイズ:縦約11cm×横約10cm×高さ約10cm
  • 材質:天然木
  • 価格:100円(税別)
  • 販売元:セリア
  • 特徴:蓋がパカッと上に外せる

こちらはキューブ型の可愛い木箱。小物を収納するのにぴったりのサイズなのですが、少々見た目が安っぽいのが難点…。
ワックスやニスで色付けしてあげれば味が出そうな気配もあるのですが、それだけのためにワックスやニスを購入をするのも…といった感想が出てくるような見た目をしています。

そんなときこそ、コーヒー染めの出番!では、早速こちらのウッドケース桐をコーヒー染めする方法をお届けしていきます。
まずは、必要な道具から確認していきましょう。

必要なアイテム

それでは、必要なアイテムをご紹介します。
必要なアイテム
  • ウッドケース桐
  • インスタントコーヒー……適量
  • お湯……適量
  • 紙コップ(コーヒー用の容器)
  • ビニール
オプション
  • 取っ手
  • 取っ手用のネジとボルト各2本
  • ドライバー
  • キリ
写真には蝶番も写っていますが、今回は事情があって使用しません。その事情は後ほどご紹介します。

コーヒー染めの方法1:木くずを払う!

はじめは、ビニールシートを敷き、作業台を保護します。
ビニールシートがない場合は、ビニール袋やごみ袋でもOK!筆者はゴミ袋を活用しました。

そして作業台を保護し終えたら、ウッドケース桐を用意。木くずが付いているので、丁寧に払いのけましょう。

コーヒー染めの方法2:インスタントコーヒーを用意!


次はインスタントコーヒーを用意します。この後に注ぐお湯の量でも左右されますが、スプーン1杯分ではちょっと色が薄く、物足りないかも知れません
今回はスプーン3杯半でやっていきますので、ぜひ参考にして使用するコーヒーの量を調整してください。

コーヒー染めの方法3:コーヒーにぬるま湯を注ぐ!

続いてはコーヒーを少量のぬるま湯で溶かします。お湯は熱湯でなくとも大丈夫ですが、多めのインスタントコーヒーを溶かすため、水ではコーヒーが溶けきらないことが多いので気を付けてください。

また、お湯の量はお好みで調整すると◎。少なめにすると濃くなり、多めにすると薄くなります。
筆者はスプーン3杯半分のコーヒーに対して、紙コップの底から2~3cm程度のお湯を注ぎました。

コーヒー染めの方法4:木箱を用意!

お湯を注いだら、丁寧にかき混ぜてダマがなくなるまでコーヒーをしっかりと溶かします。
コーヒーが溶け切ったら、筆と木箱を用意。ここでもう1度木箱を確認して汚れがあれば払いましょう。

コーヒー染めの方法5:コーヒーを塗る!

次は、コーヒーで木箱を染めていきます。筆にコーヒーを付け、木箱に塗っていきましょう。どこからスタートしても大丈夫です。

そしてコーヒーを塗ると、こんな感じに。かなり色が変わるのがお分かりいただけると思います。
この色は、スプーン3杯半分のインスタントコーヒーと紙コップ1/3以下のお湯の濃さです。重ね塗りはしていません。1度さっと筆を走らせただけで、こんなに色が付きます!

比較

どんどん塗っていくと、こんな感じに。まだ染めていない本体部分と比べると、違いが一目ではっきりと分かりますね。
今の時点では、ちょっと赤味が目立ちますが、乾くと落ち着いた色味に変わります。

コーヒー染めの方法6:素早くすべての面を塗っていく!

1つの面が塗り終わったら、ドンドンその他の面も塗り進めていきます。乾かさずに進めて大丈夫ですので、本当にスムーズに作業が進みます。
ただ、染めた部分を手で触ったりするのはおすすめしません。稀に指の後のようなものが残ることもあるようです。

コーヒー染めの方法7:本体の方も塗っていく!

フタを染め終えたら、本体も塗り、一旦風通しの良いところに放置して乾かします。
ここまでTVを観たり、会話したりしながらの作業でしたが、10分もかからずに作業できました♪

コーヒー染めの方法8:必要なら中も染めよう!

触ってもコーヒーが手につかない程度に乾いたら、ウッドケース桐を引っくり返し、中を塗るか検討します。

今回は塗っていきますが、あまりおすすめはしません。
というのも、中は接着剤がはみ出して付着しているので、染まりにくい部分があり、大きなムラができてしまうからです。

もし紙やすりをお持ちでしたら、接着剤が付着している部分を少し削って、染めやすくしておくといいかも知れません。

コーヒー染めの方法9:乾かす!

塗り終えたら、また風通しの良い場所で乾かします。
こちらの写真でも、ムラが結構目立ちますね。筆者は紙やすりを持っていなかったので、何の対策も打たずに塗ってしまったため、余計目立つのでしょう。

この後、擦ったり爪楊枝でコーヒーを足したりしましたが、完全にムラをなくすことはできませんでした。ただ、少しは改善できたので、思わぬムラができてしまった場合は、お試しください。

コーヒー染めの方法10:完成!

乾ききったら、コーヒー染めは完了です。
乾かす時間はかかりますが、作業時間自体は15分もあれば充分。難しい作業は1つもなく、ただコーヒーを塗っていくだけなので、とっても簡単です!

おまけ!コーヒー染めした木箱に取っ手をつけてみよう♪

取っ手を付けて使い勝手をアップ!

ここからは、先にご紹介したオプションアイテムを使用して、さらにリメイクする方法をご紹介していきます。

どのようなリメイクをするかといいますと、取っ手をつけて、使い勝手をアップさせるもの。
ウッドケース桐は、取っ手がついていないので、そのままだと少し開けにくいのです。
このリメイクもとっても簡単。5分程度で完了するので、ぜひお試しください!

おまけ1:取っ手を用意!

写真がぼやけていて申し訳ありません。今回使用するのは、こちらの取っ手。セリアでネジとセットで販売されているアンティーク風の商品です。
ただ、今回はネジは別に用意します。その理由は後ほど。

おまけ2:取っ手をフタに配置!

​​​​​​取っ手を付ける行為はとても簡単です。このようにフタに取っ手を配置し、ドライバーでネジを回していくだけ。

まずは、取っ手をお好みの部分に配置し、ネジを回しやすいようにキリで小さく窪みを作ります。薄く柔らかい素材ですので、女性の力でも難なくキリを使用できますよ!

おまけ3:ネジとナットを回す!

キリで作った窪みを頼りに2本のネジを回していきます。
これで完成といきたいのですが、今回はある問題があったため裏からナットも回していきます。

問題1:ネジが長すぎる…

その問題とはネジの長さ。こちらの写真に写っているネジは、取っ手とセットで付いてくるものなのですが、これではちょっと長すぎます。
また、問題はもう1つあります。

問題2:フタが薄すぎる…

もう1つの問題はすでにみなさんお気づきでしょうが、フタが薄すぎて、どんなネジでもガッツリ貫通すること。向かって右側のネジは約1cmほどの長さしかないのですが、びっくりするぐらい貫通します。

このフタ上部の厚さはおおよそ2mmほどしかなかったのです…。そこで、今回はネジをセットの物から短い物に変え、さらにナットも使用して貫通部分を保護することにしました。

完成!!

ネジとナットを絞めたら完成です!
蝶番も用意して、フタと本体を固定しようと思ったのですが、こちらもネジがかなり貫通してしまうため断念しました。
しかし、取っ手が付いただけでもかなり開けやすくなりました。みなさんもぜひ取っ手を付けてみてください!

木材をコーヒー染めするときの注意点

木材をコーヒー染めすると、木目がはっきりと浮かび上がってくることに注意してください。こちらの写真のように、木目によって濃くなる部分と薄くなる部分が出てきます。

渦状の模様が浮かんでくることもありますので、染める前にその木材がどんな木目をしているのかよく確認してからでないと、完成した姿が想像図と異なってしまうこともあります。

また、ワックスや接着剤が付着していないかも必ず時前チェックしましょう。触ってみて、1か所だけツルツルしてるなどの変化が見られる場合は、要注意。
そこだけ染まらなかったり、濃く染まってしまったりのトラブルが発生します。ツルツルしている部分があれば、染める前に紙やすりで少し削るなどの対策を講じてみてください。
逆にザラザラしすぎている部分も、同様に滑らかになるよう擦ってみるといいかもしれません。

ペーパーをコーヒー染めする方法!

コーヒー染めで普通のペーパーがアンティーク風に!

続いては、白いペーパーをコーヒー染めによってアンティーク風にリメイクする方法をご紹介していきます。
真っ白なコピー用紙でさえ、長い年月を経てきた紙のように生まれ変わりますので、こちらもぜひお試しください!

 

必要なアイテム

では必要なアイテムからご紹介していきます。

必要なアイテム
  • ペーパー
  • インスタントコーヒー
  • お湯
  • 容器
  • ビニールシート
ペーパーはお好きな物をご用意ください。今回はペーパーナプキンを染めましたが、コピー用紙でも厚紙でも染めることをできます。

コーヒー染めのやり方1:コーヒーを用意!

まずはインスタントコーヒーをお湯で溶かします。今回はスプーン4杯のインスタントコーヒーを180ml程度のお湯で溶かしました。この分量ですと短時間でもガッツリ色が付きます。

コーヒー染めのやり方2:ペーパーを用意!

次はペーパーを用意します。必要があればカット、必要がなければそのままでOKです。
今回はカットしたペーパーと、そのままのペーパー同時に染めていきます。

コーヒー染めのやり方3:コーヒーに浸す!

ペーパーを用意したら、そのままコーヒーに浸して数時間放置します。今回はペーパーナプキンですので、3時間程度でOKです。
また、ペーパーはしっかりと沈めて浸してください。この写真ではペーパーが浮いていますが、後ほどすぐに沈めています。

コーヒー染めは何枚かを1度に染めることができ、3~4枚を同時に染めることも可能です。

コーヒー染めのやり方4:干す!

数時間放置した後は、コーヒーからペーパーを取り出し、平干しします。特にペーパーを絞る必要はありません。そのまま広げて放置でもキレイに染まります。

ただ、広げて干すようにしてください。折り曲げていると、線が入ってしまうかもしれません。
また、この写真ではムラがあるように見えますが、完全に乾くとこのムラは消えますので、ご安心ください

完成!!

乾いたら、完成です。ペーパーナプキンをカラッとした日に干したため、1時間ほどですっかり乾ききりました。

向かって左がコーヒー染めをしたペーパーナプキン。そして右が染めていない元のナプキンです。かなり風味が出ていますよね。これをアルミ缶や木箱にデコパージュしたりすると、アンティーク風の雑貨を作ることができるんです!
コピー用紙に英字をプリントした物をコーヒー染めして、アンティーク調のポスターを作ることもできますので、いろいろお試しくださいね♪

コーヒー染めにチャレンジしよう♪

以上、セリアの木箱をコーヒー染めする方法のご紹介でした。ご覧いただいた通り、コーヒー染めは本当に簡単ですのでぜひお試しください♪

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • shibao

    はじめまして。 不器用ながらも、日々DIYを楽しんでいます。