更新:2017.5.29 作成:2017.5.29

結ぶだけでなのにお洒落すぎる「ボックスティッシュケースカバー」の作り方と実例集!

お洒落なお部屋づくりには、ボックスティッシュのケースやカバーは必要ですが、わざわざ買うのもなあ。作るのは面倒だしと感じることも。今回は、お家にある手ぬぐいやハンカチなどを使い、結ぶだけで出来る、簡単&お洒落なボックスティッシュケース(カバー)の作り方をご紹介します!
❤︎ お気に入り
目次
  1. ボックスティッシュをお洒落にしてみませんか?
  2. ボックスティッシュケース(カバー):基本の作り方
  3. 「手ぬぐい・ハンカチ」を使ったケース・カバーの実例集
  4. ボックスティッシュケース(カバー)の作り方:風呂敷
  5. 「風呂敷・バンダナ」を使ったケース・カバーの実例集
  6. ボックスティッシュケースカバー:その他の作り方(包み方)
  7. まとめ

ボックスティッシュをお洒落にしてみませんか?

置いておくだけで、生活感が溢れてしまうボックスティッシュは、せっかくお部屋をお洒落にコーディネートしていても、ふと目につき、ちょっと残念な印象になってしまいます。

しかし、ボックスティッシュも、お洒落なケースやカバーをプラスするだけで、インテリアにも馴染み、素敵な演出をしてくれるようになります!

しかも。手軽につけたい時は、わざわざ買ったり、裁縫をして作らなくても、手ぬぐい・ハンカチ・風呂敷・バンダナなどの布で包むだけで素敵なカバーをかけることが出来るんです♡

100円ショップでも、オシャレな柄のアイテムは沢山販売されていますし、お家にあるモノを使ってもOKなので手軽にチャレンジされてみませんか?

それでは早速、「基本の作り方(包み方)」からご紹介していきます♪

ボックスティッシュケース(カバー):基本の作り方

用意するもの

<用意するもの>
  • ティッシュボックス
  • 好みの布地(手ぬぐい・ハンカチ・バンダナなど)

STEP1

手ぬぐいを裏返しにして広げ、ティッシュボックスのサイズに合わせ、このように三つ折りにします。

※ハンカチなど正方形タイプの布の場合は、そのまま裏返しに広げるだけでOKです!

三つ折りにする時のサイズの目安

サイズを決める時は、ティッシュボックスを真ん中に置き、このように両端の布を持ち上げてたとき、取り出し口に少しかぶる程度が目安となります。

STEP2

右側の布を箱に沿わせてるように片手で押さえたら、もう片方の手で上辺の布をつまみ、箱に沿わせるような感じで手前に持ち上げます。

この時、「右側と上辺の間の角の部分」はこのように外側に出したままです。

STEP3

「右側と上辺の間の角の部分」を、角を綺麗に折るように整えます。同様に、反対側・残りの3箇所も整えていきます。

STEP4

四隅とも整え終わり、このような船形になったら、左右をそれぞれ結んでいきましょう。

完成!

結ぶ時は、カタチが崩れないよう、一旦軽く仮結びをして、全体のバランスをみて良ければ、再度ぎゅっと真結びにして完成です!

あっという間に、ヤマアラシのオシャレなティッシュボックスケース(カバー)が出来ました♪簡単ですね!また、テッシュが切れたら、片側だけほどいて入れ替えるとOkです♡

※サイズを合わせる必要のないハンカチ・バンダナ・風呂敷などで作る場合は「STEP2」の工程からスタートされて下さい。

使用アイテム

こちらで使用されているのは、「リサ・ラーソン」の絵本"BABY NUMBER BOOK"に出て来るハリネズミがモチーフとなった手ぬぐいです!気になる方は下記リンクより購入も可能ですよ♡

「手ぬぐい・ハンカチ」を使ったケース・カバーの実例集

結んで作るボックスティッシュケース(カバー)実例1

こちらは「120cmの手ぬぐい」が使用されています♡

北欧テイストや子供部屋にもマストな鉛筆柄。モダンな和室を演出してくれそうな鶴モチーフの和柄。スタイリッシュ・モダンなお部屋に合いそうな無彩色のシックな柄。

このようにお部屋に合わせて、使用する柄を変えて楽しみたいですね♪

結んで作るボックスティッシュケース(カバー)実例2

こちらは、グラデーションのドット柄の手ぬぐいが使用されています♡

画像の手前にある、タツノオトシゴモチーフの手ぬぐいは、半分にカットしたもので、なんと「ポケットティッシュ」のカバーが作られています♪

ポケットティッシュケースの詳しい作り方(折り方)は、下記リンク先で紹介してありますので、気になる方は合わせてチェックされてください♡

結んで作るボックスティッシュケース(カバー)実例3

こちらは、Lisa Larson(リサ・ラーソン)シリーズの中でも特に人気の高い猫モチーフの手ぬぐいが使用されています♡

北欧テイストがお好きな方は要チェックですね♡また、ブルー×ホワイトと爽やかな配色なので、夏にもピッタリのデザインではないでしょうか♪

使用アイテムはこちら

結んで作るボックスティッシュケース(カバー)実例4

こちらは、「100円ショップセリアの手ぬぐい」が使用されています♡

白地×スターフィッシュモチーフ。白地×ライトカラーのドット。と、どちらも涼しげですね♪セリアの手ぬぐいは、種類も豊富でオシャレな柄もかなりありますので、一度チェックされてみてはいかがでしょうか♪

結んで作るボックスティッシュケース(カバー)実例5

こちらはハンドメイドで作られた「50×50cmのハンカチ」が使用されています♡

無地の生成りはナチュラル感もたっぷりで、とっても素敵ですね!シンプルなカバーにしたい時は最適ではないでしょうか♪

結んで作るボックスティッシュケース(カバー)実例6

こちらは、フォルクスワーゲンのロゴが落とし込まれた「手ぬぐい」が使用されています♡

こういった、お洒落なノベルティの手ぬぐいがあれば、ぜひ活用したいですね♪

ボックスティッシュケース(カバー)の作り方:風呂敷

「バンダナや風呂敷」など大判の布を使用する場合はこちらの包み方を参考にされて下さい♡

STEP1

裏返しに敷いた風呂敷の中央に、ティッシュボックスを置き、取り出し口にかからないように、両端の風呂敷をかぶせます。

STEP2

手前の右端をつまみ、中央に向けてテッシュボックスに添わせながら三角形を作ります。左側も同様に三角形をつくりましょう。

ポイント

添わせる時は、布の角をティッシュボックスに引っ掛け、グッと引っ張るような感じにすると綺麗に仕上がります。

STEP3

側面を整えたら、先程つくった両端(三角形の部分)を持って真結びを作り、反対側も同様に行います。

完成!

最後に、取り出し口部分と、結び目を綺麗に整えれば完成です♡

生地が大きいので、結び目にもボリューム感が出て可愛いですね♪

「風呂敷・バンダナ」を使ったケース・カバーの実例集

風呂敷・バンダナを結んで作るボックスティッシュケース(カバー)実例1

こちらは、「100円ショップセリアのバンダナ」が使用されています♡

モノトーン&北欧テイストのテキスタイルでオシャレですね♪ピチッと包まず、ふんわり無造作に包まれた感じですが、あえてこのような雰囲気も素敵ですね!

風呂敷・バンダナを結んで作るボックスティッシュケース(カバー)実例2

こちらは、「大判のハンカチ」が使用されています♡

落ち着いた色味で構成された縞柄なので、ちょっと和モダンなテイストがほしい時にもマストなですね!

風呂敷・バンダナを結んで作るボックスティッシュケース(カバー)実例3

こちらは、大箱のボックステッシュを包むために、「100円ショップダイソーの大判"つつみぬの"」が使用されています♡

ライトカラーの小花デザインで2色とも女性らしい印象で素敵ですね♪ダイソーには和柄以外にも、素敵なデザインの「つつみぬの(風呂敷)」が販売されているので一度チェックされてみてはいかがでしょうか♪

使用アイテム

<商品情報>
店舗名:ダイソー
商品名:つつみぬの
価格:150円

風呂敷・バンダナを結んで作るボックスティッシュケース(カバー)実例4

こちらは、48×48cmの「リバーシブルタイプの風呂敷」が使用されています♡

お洒落な和柄がとっても素敵です♪リバーシブルタイプのアイテムを使うことで、結び目も2パターン楽しめますし、仕上がりのクオリティもグンとアップしますね!


▶▶こちらは「のレン(楽天ストア)」で販売されているアイテムですので、購入することも可能です!気になる方は下記リンクからチェックされてみて下さい♡

ボックスティッシュケースカバー:その他の作り方(包み方)

その他の結び方で作られたカバーの実例・アイデア1

こちらは、最初にバンダナの角を内側に折り包んでからティッシュボックスを置き、両端を結んでつくられています♡

星条旗のバンダナは、西海岸テイストのお部屋のアクセントとしても最適ではないでしょうか♪

その他の結び方で作られたカバーの実例・アイデア2

こちらは、「手ぬぐい」を使って、片側にお花が咲いたような仕上がりになっています!とっても可愛いですね♡

ちょっと難易度は上がりますが、動画で分かりやすく解説してありますので、ちょっとアレンジしたい!という方は是非チャレンジされてみてください♡

その他の結び方で作られたカバーの実例・アイデア3

こちらは、手ぬぐいで、ティッシュボックスを包み、両端を「かた結び」にしてつくられています♡

大きいキャンディのようでとってもキュートですね♡ポップな雰囲気のお部屋や、子供部屋にもピッタリではないでしょうか♡

その他の結び方で作られたカバーの実例・アイデア4

こちらも、キャンディタイプのカバーなんですが、手ぬぐいを「麻紐」で結ぶことで壁掛けも出来る仕様に。更に、手ぬぐいの長さを活かすことで、2連タイプティッシュボックスケース(カバー)にされています♡

吊るして設置したい時にもマストなアイデアではないでしょうか♡

その他の結び方で作られたカバーの実例・アイデア5

こちらは、バンダナを結ぶだけでなく、輪ゴムや安全ピンも使ってつくられています♡

右下のカバーは、バンダナの両端に「輪ゴム」で留めて、その輪ゴムにバンダナの角をくるっとくぐらせることで、お花のようなデザインを作られています♪

他の2つは、取り出し口の両サイドを折り畳み、「安全ピン」などで固定しながらつくられています!

詳しい作り方は下記リンクで紹介されていますので、一手間かけたい♪という方は是非チェックされてみてください♡

まとめ

いかがでしたでしょうか?テキスタイルの雰囲気によってガラッと印象が変わりますね!

手ぬぐいやハンカチなど、身近なモノを使って簡単にお洒落なティッシュボックスに変身させられるのはありがたいものです♪

スカーフもデザインは豊富なので、取り入れてみても素敵な仕上がりになりそうです♪ぜひ、お気に入りのファブリックを組み合わせて、インテリアのアクセントにされてみてください♡
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • As

    はじめまして。日常をちょっと楽しくしてくれるモノづくりを楽しんでいます。

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

連載記事

【連載】パリ在住のシェフ:Carrie Solomon The Socialite Familyシリーズ 〜 Episode 1

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

ダイソーやセリアなど100均のリメイク雑貨が勢ぞろい!みなさんもお休みにチャレンジしてみませんか?

2017年にもっとも見られたDIYリメイク・アイデア記事12選を特集しました。 ダイソーやセリアも手に入らない商品などもありますので、来年の再販などの参考にも役立てくださいね!