WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

カラーボックスの手作りベッドで収納力アップ!作り方と実例アイデア集

部屋が狭いから収納スペースを増やしたい。そんな時は、お馴染みの「カラーボックス」を使い、収納スペース付きのベッドを手作りしてみませんか?今回は、「カラーボックス」を使った、手作りベッドの作り方と、実例アイデアをご紹介いたします! #収納 #カラーボックス

2017.5.22

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2017.5.22 / 作成:2017.5.22

お馴染みのカラーボックスでベッドを作ろう!

出典 ameblo.jp

「手作りベッド」と聞くと、海外でスノコ感覚で愛用されている「パレット」を使ったモノも人気ですよね♪

とってもお洒落で素敵なんですが、お部屋が狭いからベッド下にも収納スペースが欲しい!といった場合は、収納でもお馴染みとなっている「カラーボックス」を活用したベッドもオススメです♡

カラーボックスを使ったベッドは、基本的には、カラーボックスを並べ、その上に天板を設置すれば作れますが、やはり「強度」「湿気」などの心配もありますよね!

そこをクリアするには、アイリスオーヤマなどの、頑丈なカラーボックスを使用したり、2×4材を組み合わせて補強をする、スノコや2×4材・角材などで隙間を確保し湿気対策をする。などの対策をとるのがマストです!

ではどのように作ると良いのでしょう!? 早速、作り方からご紹介していきます♡

カラーボックスを使ったベッドの作り方

こちらは、カラーボックスに、強度や通気性の面でも安心して使用できる、「2×4材」をスノコのように組み合わせてつくられたシングルベッドです♡

見た目にも、まさか「カラーボックス」で出来ているとは思えないほど、綺麗でクオリティの高い仕上がりですよね!

カラーボックスを使ったベッドの作り方は様々ですが、頑丈なもの。キッチリしたベッドを手作りしたい方は是非、参考にされてみて下さい♪

それでは、早速作り方をみていきましょう!

材料と道具を揃える

<必要な材料>

●カラーボックス(3段ワイドタイプ):3~5個

└→※材料費を押さえて作りたい場合は「3個」でもOK!

●2×4材(243cm):7~9本
├→※ヘッドボードが不要な場合は「7本」でOK!
├→※7本は「207.5cm=カラボの横幅×5倍の長さ(ベッドの長さ)」に合わせて、購入時にホームセンターでカットしてもらいましょう。
└→※ヘッドボードも作る際は、80~90cmを2本+「84cm=カラボの高さ-"2×4材"の横幅×2」が2本。計4本になるようカットしておきます。

●ネジ:50個程度

●木工用ボンド

●のこぎり

ベッドのサイズ

出典 aflat.asia

作りたいベッドのサイズと、カラーボックスの種類によって使用する個数や、2×4材の寸法も変わってきます。

こちらが「一般的なベッドのサイズ」となりますので、どれくらいの材料が必要になるか、検討する際の目安にされてください。

●シングルベッド:W970×L1950mm
●セミダブルベッド:W1220×L1950mm
●ダブルベッド:W1400×L1950mm

※ロングサイズの場合はL(長さ)が2050~2070mmが目安となります。

今回は、「W415×D290×H1015mm」のカラーボックス5個を倒した状態で、横に繋げて使用してあるので、仕上がり(ヘッドボード抜)「W1050×L2075×H290」と、シングルサイズのベッドにとなります。

※W=幅・D=奥行き・H=高さ・L=長さ

使用アイテム

こちらのDIYで使用されているのは、アイリスオーヤマのカラーボックス【CX-3F】です。こちらの製品は「1枚板のパーティクルボード」が使用されているので、強度がありネジや釘の使用も可能です!

<商品情報>
●サイズ:W415×D290×H1015mm・(棚内寸)W390×D275×H320mm
●耐荷重:棚板1枚=30kg/全体=80kg
●材質:(棚板)プリント紙化粧パーティクルボード・(背板)MDF

<作り方>STEP1:カラーボックスを組み立てる

最初に、カラーボックスを組み立てていきます。ただし、このように、カラーボックスの上下にあたる部分どちらか片方の枠は、収納ができるようオープンな状態(画像右側の状態)に仕上げていきます。

組み立てる時は、カラーボックスの「背板(3枚分)」は使用せずに組み立て、更に、カラーボックスの上下にあたる部分のどちらか片方の棚板(1枚分)」は、本来の場所にとりつけず、床と並行になるよう倒し、カラーボックスの背面にあたる部分に、"ボンド"で固定します。(画像右側の状態)※矢印の方向にスライドさせる感じです。

残りのカラーボックスも全てこの状態に仕上げていきましょう。

<作り方>STEP2:カラーボックスをベッドのカタチに並べる

カラーボックスの組み立てが終わったら、このようにオープンにする側(収納する側)が揃うように向きを合わせ、ベッドのカタチ(仕上がりと同じ位置)に並べていきます。

※カラーボックス「3個」でつくる場合は、同じピッチになるよう、左、右、中央に均等に並べます。

<作り方>STEP2:2×4材を取り付ける

カラーボックスを並べ終わったら、2×4材(7本)を等間隔に置き、ネジで固定します。

「ヘッドボード無しのベッド」の場合は、これで完成です!


このままでも、じゅうぶん素敵な仕上がりですが、更にクオリティをアップしたい時は「ヘッドボード」まで取り付けていきましょう♪

それでは、続いて、ヘッドボードの取り付け方をご紹介します♡

<作り方>STEP3:ヘッドボードを取り付ける

最後に、ヘッドボードを取り付けます。

まず、80~90cmにカットした2×4材を2本。ベッドの両端ギリギリの位置に立てて、ネジで固定します。

次に、84cmにカットした2×4材を2本。「横板」として、同じくネジで固定すれば完成です!

ちょっと大掛かりなDIYではありますが、こんなにしっかりした「収納付きベッド」も、意外と簡単に出来てしまいますね!

後は、塗装をしたり、リメイクシートを貼ったりなど、よりお部屋のイメージに合わせて、ベッドにも装飾をして楽しまれてはいかがでしょうか♪

カラーボックス3個で作る時は、キャスター台をプラスすると便利♪

「カラーボックスを3個」で作られる場合は、カラーボックスの無い部分に、このような「キャスター付きのスノコ」などを作って入れておくと、奥の方までしっかり活用しながら収納を楽しめるので組み合わせとしてもオススメです♡

キャスターも、すのこも全て100円ショップで揃えられますし、キャスター台とワイヤーネットを結束バンドで固定するだけでも充分に活用できます♪

「カラーボックス」を使った手作りベッドの実例アイデア

「カラーボックス」を使った手作りベッドの実例アイデア1

出典 roomclip.jp


こちらは、カラーボックスの側面収納の部分に、籐素材の「インナーボックス」を組み合わせる事で、スッキリとした印象を与える収納がされています♡

さらに「イニシャルオブジェ」をプラスすることで、よりお洒落な仕上がりになっていますね!

「カラーボックス」を使った手作りベッドの実例アイデア2

出典 roomclip.jp

こちらも、カラーボックスで側面収納を設け、インナーボックスを組み合わせたリメイクアイデアなんですが、「ヘッドボード」には”すのこ”が使用されています。

そして、すのこに、”フックタイプのトレー”を組み合わせることで、収納力を更にアップし、小物などもスッキリとまとめられていますね♡

フェアリーライトの装飾も、手作りベッドや、お部屋の雰囲気をグッと良くしてくれること間違いなしではないでしょうか♪

「カラーボックス」を使った手作りベッドの実例アイデア3

出典 roomclip.jp

こちらは、「カラーボックス×スノコ」の組み合わせでつくられたベッドです♡

ベッドの両サイドを空けて設置する場合には、このように3面全てに、側面収納が出来るようにすると、収納力は大幅にアップしますね!

更に、「ヘッドボード」も、スリムタイプのカラーボックスに、天板と棚板を組み合わせて作られているようです。素晴らしいアイデアではないでしょうか♪

「カラーボックス」を使った手作りベッドの実例アイデア4

こちら「スリムタイプ」のカラーボックスを組み合わせ、子供用のベッドをつくるアイデアです♡

カラーボックスを利用した側面収納で、横幅を広く使えるような仕様になっているので、インナーボックスも、大きいオモチャも自由に組み合わせながら、収納することができますね♪

このように、おもちゃなどが溢れて、ごちゃっとしやすい子供部屋もスッキリさせることが出来る上に、低い位置での収納になるので、小さい子供さんでも、自由にカラーボックス内のおもちゃを出し入れできる。というのは嬉しいポイントではないでしょうか♡

「カラーボックス」を使った手作りベッドの実例アイデア5

出典 ameblo.jp

こちらは、カラーボックスに捨てる予定だった「パイプベッドの天板」を組み合わせてベッドをつくる、リメイクアイデアです♡

元から頑丈な天板があれば、捨てずに活用することで、材料費も、制作時間も押さえられて一石二鳥ですね♡

「カラーボックス」を使った手作りベッドの実例アイデア6

こちらは、スリムタイプのカラーボックス(low shelves)を使って、ベッドをつくるアイデアです♡

本も、このようにディスプレイ収納すれば、見た目にもお洒落ですし、お部屋に余裕があるなら、このような小上がり仕様にして、くつろいだり、インテリアなどを置くスペースを設ける。というのも素敵な演出となりそうです♪

「カラーボックス」を使った手作りベッドの実例アイデア7

こちらは、扉付きのカラーボックスを使った手作りベッドですが、カラーボックスの上に天板を乗せるのではなく、高さを揃えたカラーボックスを囲むように設置し、その内側で枠を組むというアイデアです♡

高さの低いカラーボックスを階段として活用したりと、素晴らしいアイデアですね!

「カラーボックス」を使った手作りベッドの実例アイデア8

こちらも、高さを揃えたカラーボックスを組み合わせ、高い位置にベッドを設置するアイデアです♡

そして子供用なので、きちんと、はしごと、転落防止柵も取り付けられており、通常の二段ベッドのようなクオリティですね!

 

まとめ

出典 twitter.com

いかがでしたでしょうか?収納棚としてのイメージしかなかったカラーボックスが、こんなに素敵なベッドに生まれ変わるとは驚きですよね!

カラーボックスを使いDIYでベッドを作ることで、収納力のカバーができるだけでなく、より、自分のライフスタイルに合った快適な空間に仕上げる事ができるのも魅力的です。

そして、通常のベッドだと買い替えたい時には、基本的には売るか、捨てるか。といった選択しかありませんが、カラーボックスで作ったベッドの場合は、バラして、また収納に再利用することもできるのも嬉しいポイントとなるのではないでしょうか♡

ぜひ、「カラーボックスを使った手作りベッド」にチャレンジされてみてください♪

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • As

    はじめまして。日常をちょっと楽しくしてくれるモノづくりを楽しんでいます。