貼るだけなのにここまで変わる!リメイクシートDIYで洗面所を素敵な空間に♡

洗面所は毎日使用する場所なので、気分良く過ごせる空間にしておきたいものです。好きなインテリアを飾ったりと変化をつけることもできますが、大幅に印象を変えたい時は「リメイクシート」がオススメです!今回は、リメイクシートを使い洗面所を素敵な空間に仕上げるアイデアをご紹介します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2017.4.24 作成:2017.4.24

目次
  1. リメイクシートの魅力と貼り方
  2. 洗面所を木目調リメイクシートでDIY
  3. 洗面所をレンガやタイルなど石材調リメイクシートでDIY
  4. 洗面所を黒板&デニム調リメイクシートでDIY
  5. 洗面所を柄の異なるリメイクシートを組み合わせてDIY
  6. まとめ

リメイクシートの魅力と貼り方

リメイクシートは簡単に印象を変える事ができる

DIYでも大人気のリメイクシートは、ダイソー・セリア・キャンドゥーなどの100円ショップでも購入できるので、ちょっとチャレンジしたい時でも材料費をプチプラで押さえることができます。

そして、木調、レンガ調、タイル調、リネン系など使いやすいデザインから、花柄、チェック柄、黒板シートなど種類も多く揃うのも嬉しいポイントです。

また、収納容器、家具、扉、壁など色んな場所に幅広く対応できますし、サッと貼るだけでOKなので手軽に、印象を変えて楽しむ事ができるのはやはり魅力的です♪

リメイクシートの基本の貼り方

リメイクシートを洗面所で使用される際は、壁などの広い面積に貼る事も多いと思います。面積が広くなると、シートがたわみやすかったり、ちょっと貼りづらいといった事も。

少しでも貼りやすく、綺麗に貼るためには、マスキングテープで固定したり、空気が入らないようヘラなどを活用しましょう♪


<用意するもの>
  • リメイクシート
  • カッターナイフ
  • スキージやヘラorタオル
  • 定規orスケール
  • マスキングテープ

<貼り方>

1.まずは、貼りたい箇所を綺麗に掃除します。※水拭きした場合はしっかり乾かしてから作業を行いましょう。

2.スケールなどで貼りたい箇所を測り、柄(目地など)を揃える必要があれば揃えてからカットします。
3.壁など広い面に貼る際は、はじめにマスキングテープで上部(貼り始めの部分)をとめます。

4.固定したら、少しずつ裏の紙を剥がしつつ、空気が入らないように、ヘラ(なければタオル)などで押さえながら貼っていきましょう。
※壁など垂直な場所から貼る時は、上から下へ貼り進めます。

4.大きめにカットした場合は、最後に不要な箇所をカッターナイフなどで切れば完成です。

※注意点※貼る場所の掃除は念入りに行うこと
埃やゴミが残った状態で貼ってしまうと、ボコボコになって見た目が悪くなったり、上手く貼れない場合はありますので綺麗に掃除をしてから貼り始めましょう。

洗面所を木目調リメイクシートでDIY

ランドリースペースの壁にホワイトの木目リメイクシート縦に貼る♡

木目調リメイクシートの中でも1番人気の白!板目を縦に貼れば、高さ(縦の空間)が強調されスッキリとした印象に♪

周りのインテリアも木の素材で統一×洗濯機にはステッカーと、コーデも参考になりますね!また、洗面所が狭いかな?と感じる場合は、濃い色よりホワイトなどの明るい色味がおすすめ◎

ブルーの板壁はカリフォルニアスタイルにもハマル♡

100均の板壁調リメイクシートでは「ブルー」も人気。同じ木目調でも色が違うだけでガラリと雰囲気が変化!

サーフ・カリフォルニアスタイルの洗面所とも相性バツグン◎ウッドや自然素材のインテリアともしっくり馴染むので、予想以上に取り入れやすく感じるかと思いますよ♡

洗面台下の収納扉にブラウンの木目リメイクシートを貼る♡

ダイソーのリメイクシート「板壁風シャビーシックブラウン」を洗面台に採用。濃いめのブラウンはモダンで使いやすい反面、狭い洗面所では圧迫感を感じる事も。。

しかし、このように低い位置に取り入れると、明るさを確保しつつ、足元には程よい重厚感がある素敵なバランスに!

洗面台×収納ラックで統一感を出す♡

濃いめの木目調リメイクシート。洗面台以外にも使用したい場合には、壁ではなく、このような「スリムラック」などに貼ってみるのもアリ♡

高さはあっても幅が狭いので圧迫感を与えずモダンな印象だけを足す事が出来ます!

 

2種のリメイクシートを使ってドアも洗面台も爽やかに♡

ホワイトを基調とした洗面所。鏡や付属の棚を外した洗面台×ドアを同系色のライトブルーのリメイクシート(セリアとダイソー)で貼ってあるので、全体的に明るく開放的な仕上がりに!

同系色の組み合わせが洗練された印象に仕上がるのでオススメ◎

洗面所をレンガやタイルなど石材調リメイクシートでDIY

モノトーン×白いレンガ調のリメイクシート♡

洗面所は清潔感のあるホワイトを基調とするか、モノトーンでコーディネートされている方も多いと思いますが、「白いレンガ調のリメイクシート」は無機質な感じをおさえつつ、全体がいい感じにまとまりますよ!

ブロックごとにカットしてアレンジも可能!

レンガ調でもちょっとニュアンスが欲しい。そんなときは、リメイクシートを1個~複数のブロックごとに切り出して貼るのもお洒落♡

同じ洗面所内に同じリメイクシートを使うときでも、貼り方を変えるだけでこんなに印象が違ってきますよ♪

レンガ調シートとステッカーで男前な洗面所に仕上げる♡

ここで使用されているのは「セリアのレンガ調リメイクシート」。同じ白のレンガ調でもデザインや組み合わせるインテリアで雰囲気もこんなに変化!

男前なテイストを取り入れたい時には、ある程度コントラストのついたタイプのデザインが◎洗面台の英字ステッカーや、セリアのクッキングシートをフレームに入れて飾る。などの小物も参考になりますね♡

タイル調リメイクシートで洗面所の木枠もおしゃれに♡

見逃しがちな洗面所の木枠に「セリアのタイル調リメイクシート」をペタリと貼るだけ。しかし白×ブルーの明るい窓辺に、メリハリがついてオシャレ効果は抜群♪

このベースとなっている木枠や、ブルーの壁は塗装で仕上げられているようです。下記リンクでは、この画像には写っていない洗面所の他の部分のDIYなども紹介してありますので、参考にされてみて下さいね♡

モノトーンのタイル調リメイクシートで洗面台をオシャレに♡

同じく「セリアのタイル調リメイクシート」が使用されているのですが、ホワイトと組み合わせるとスッキリとした正統派のイメージになりますね!

左側の扉は、ベースとなる白い背景を活かし「ウォールシール」を組み合わせてアクセントに◎

リメイクシートを貼る際は現状復旧(剥がしやすくする為)がしやすいよう、マスキングテープで養生し、その上からリメイクシートを貼られてます。このテクニックも是非参考に!

リメイクシートを「水はね対策」として効果的に貼る♡

洗面台などの水回りで気になる、壁への水はね。

リメイクシートをポイントで取り入れたい場合には、「水はね対策」として洗面台まわりの気になる1~3面だけに貼ってみるのもアリ♡

見た目もお洒落な上に、水はねのお手入れも簡単になって一石二鳥です♪

コンクリート風リメイクシートでスタイリッシュな洗面所に♡

同じ「石」でも、無機質なコンクリート風のデザインを使えば、モノトーン、インダストリアルな雰囲気のインテリアにもハマルクールな雰囲気に!

壁は面積が広いのでシートの選び方次第で大きく印象が変わります。最初にどんな印象にしたのかをしっかりイメージしておきましょう◎

洗面所を黒板&デニム調リメイクシートでDIY

デニムのリメイクシートを洗面台に♡

ダイソーのデニム調リメイクシートを洗面台下の扉にペタリ。木調の床との相性も良くカジュアルな雰囲気に仕上がりますね!

手前のダストボックスも同じリメイクシートで統一感を持たせてあるのも◎デニム調、大理石調、木目調はこういった小物類のリメイクにも最適♡多めに準備して統一感をプラスされてみては?

黒板シートをニッチ部分に貼ってアクセントに♡

洗濯機横のニッチ部分。奥に黒板風のリメイクシートを貼るだけで、お洒落な容器に詰め替えた洗剤や小物たちがグッと引き立ちます♡

黒板シートは文字を書いてアレンジもしやすく、様々なデザインのリメイクシートとの相性も良いので、こういったポイント使いなどで組み合わせを楽しんでみては♪

洗面所を柄の異なるリメイクシートを組み合わせてDIY

木調×レンガ調リメイクシートを壁面で貼り分ける♡

木調とレンガ調のリメイクシートを大胆に壁面で貼り分けるのも素敵♡

全体のバランスも大切ですが、例えばタオルなどの収納をメインとした壁側。洗面台や洗濯機を置いた壁側。と、その面ごとに最適。設置しているモノが映える”背景”でコーディネートを楽しんでみるのも新鮮な気分が味わえるのでは♪

木調×タイル調リメイクシートを組み合わせる♡

洗面台の水回りはタイル調リメイクシートでスッキリと。ドアや、洗面台の扉は木調でナチュラルに。と、巧みに貼り分けてあります!お洒落感抜群ですね♡

洗面所のドアは見逃しがちですが、一手間かけるだけでグッと差がつきますので是非トライされてみては?

まとめ

いかがでしたでしょうか?洗面台から、壁、床に至るまで、リメイクシートを貼る事で、一気に洗面所がオシャレな空間に生まれ変わりますね!

塗装をするとなると、準備や片付けもちょっと大変ですが、リメイクシートなら簡単なので是非チャレンジされてみて下さい♡
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • As

    はじめまして。日常をちょっと楽しくしてくれるモノづくりを楽しんでいます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事