トイレットペーパーの芯をチープ感ゼロのインテリアにリメイク♡

トイレットペーパーの芯を使ったDIYも多いですが、チープ感が漂いそうでインテリアとして使うのをためらう事はありませんか?今回はデザインに拘ったり、ちょっとした加工をすることでチープ感を消し、センスよく仕上げるアイデアなどをご紹介します♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2017年4月13日更新

目次
  1. トイレットペーパーの芯のチープ感を消す加工
  2. トイレットペーパーの芯でイベントを素敵に演出する
  3. アーモンド型のパーツを組み合わせて壁を飾る
  4. トイレットペーパーの芯で照明を素敵に演出
  5. トイレットペーパーの芯をリアルなお花のインテリアに
  6. まとめ

トイレットペーパーの芯のチープ感を消す加工

チープ感を消すオススメの加工方法は?

lindsalita

「トイレットペーパーの芯」は、カットしたり、曲げたりと形状を変えるだけでなく、ペイントを施したり、他の素材と組み合わせるなど、もう一手間加えるだけで、いかにもトイレットペーパーの芯といった「チープ感」を簡単に消していく事ができます♪

<チープ感を消すおすすめの加工>
  • 「塗装」を施す
  • 「布地」を貼る・巻きつける
  • 「包装紙などの紙」を貼る・巻きつける
  • 「ラベルやマスキングテープ」を貼る
  • 「スタンプ」を押す
  • 「麻紐や毛糸」などを巻きつける
このように色々な加工方法がありますが、いずれも「配色」や「デザイン」に拘ることで、よりチープな印象を与えない仕上がりになります♡

芯の紙質や状態によって加工方法を検討する

ベースとなるトイレットペーパーの芯は、紙質や状態によって加工方法を選ぶのもひとつの手です♪

まず「紙質」は、作りたいカタチによって選ぶと加工もしやすく、仕上がりも良くなります。例えば、曲線が多く細かい作業をしたい時などは"柔らかい芯"の方が扱いやすいですし、組み立てる場合や、小物収納に使いたい場合などは"固い芯"を選ぶと、カタチも崩れにくくなります♪

「状態」で選ぶ際は、印刷の文字が入っていたり、糊の跡が目立ったりと"状態が良くないモノ"は、布地・紙・紐などで全体を覆う方が、簡単に綺麗に仕上げる事ができます。

そして、"ベースの色がブラウンで状態の良いモノ"などは、ナチュラルテイストのインテリアとしても、素材感がちょうど良いので、ポイントで麻紐を巻く。ラベルを貼る。スタンプをワンポイント押す。など、あえて素材を活かすと加工する範囲も減って簡単になりますし、オシャレな印象も与えてくれます♪

トイレットペーパーの芯でイベントを素敵に演出する

BIRTHDAYパーティ用のディスプレイをつくる♡

こちらは、トイレットペーパーの芯を立体的に切り抜き、カラフルな塗装加工を施して「HAPPY BIRTHDAY」のメッセージをつくるアイデアです♡

立体的に切り抜くことで、立てた状態でどこにでも飾れますし、吊るしてモビールやガーランドのように仕上げても可愛くディスプレイできそうですね♪

クリスマス前のお楽しみ♪アドベントカレンダーをつくる♡

こちらは"トイレットペーパーの芯"と"ダンボール"をお家のカタチに組み合わせ「アドベントカレンダー」をつくるアイデアです

「アドベントカレンダー」とは、クリスマスまでの日数を数えていくためのカレンダーです。この1~24の数字は、12月1日~12月24日と日にちを表しています。

使い方は日めくりカレンダーの感覚なんですが、アドベントカレンダーの素敵ポイントは、一日ごとに、なんと「24日分のプレゼント」を入れておくという点です♡

こちらは、手前に紙を貼ってつくるタイプなので、毎日紙を破いて中のプレゼントを取り出す感じになります♪他にも、引出しタイプにしたり、小さい袋などに入れて吊るしておいたりと色んなタイプがあります。

このようなカレンダーがあると、毎日起きるのがちょっと楽しみになりますよね♡子供さんもとっても喜びそうです♪

クリスマスに限らず、色んなイベントにも良いですし、ちょっとした目標を立てる時に活用すると、モチベーションも上がるのではないでしょうか♪

クリスマスのキラキラオーナメントをつくる♡

こちらは、トイレットペーパーの芯を輪切りにして組み合わせながらつくるクリスマスオーナメントのアイデアです!

ポイントは、トイレットペーパーの芯を同じ幅の輪っか状になるように切りそろえることです!後は、長さを整えたり曲げたりして好みのモチーフになるよう組み合わせて接着剤で固定。

仕上げにシルバーカラーのスプレー塗料を吹き付け、更に接着剤をスプレーしてラメを振れば完成です♪

カタチもそうですが、塗装&ラメで仕上げることで、まさかトイレットペーパーの芯で出来ていると思えないほどラグジュアリーな雰囲気を出すことができます♡

小枝を組み合わせてトナカイのオブジェをつくる♡

こちらは、トイレットペーパーの芯と小枝をバランス良く組み合わせて、シンプルながらも可愛いトナカイのオブジェクトをつくるアイデアです♡

紙芯と木の相性は、ナチュラルな感じが出て抜群ですね♪そのままでも素朴な感じで素敵ですが、トイレットペーパーの芯っぽさをしっかり消したい時は、塗装や布や紙を巻くなど、ちょっとアレンジしてもよさそうですね!

または、枝もボディ全体を、冬っぽくオールホワイトで塗装してもいい感じに仕上がりそうです♪

バレンタインに最適♪ハート型のモビールをつくる♡

こちらは、トイレットペーパーの芯を輪切りにして、ハート型に整えて塗装してからモビールとして活用するアイデアです♡

このハート型をつくるコツは、最初にトイレットペーパーの芯をペタッと平らに潰し、両側にしっかり折り目をつけてからカットし、カタチを整えることです。

カットする前に、しっかり折り目をつけることで綺麗に仕上がる上に、効率良く作業を進められます♪

カラフルなハートを並べてリースをつくる♡

リースタイプのこちらも、先程と同様に、トイレットペーパーの芯をカットしてハート型に整える方法ですが、幅を広くとってあるので印象も変わってきますね♪

紙を貼ってあるようですが、このように沢山の柄を取り入れたい時は、デザインの入っている紙や布を貼るのが一番早くできて簡単です♡

アーモンド型のパーツを組み合わせて壁を飾る

色違いのお花をつくって自由に組み合わせる♡

こちらは、トイレットペーパーの芯でお花をつくり壁をデコレーションするアイデアです♪

先程ご紹介した「ハート型」をつくる時と同じように、トイレットペーパーの芯を、同じ幅になるように切り揃え「アーモンド型のパーツ」をつくります。

次に、この基本となるパーツを5枚、放射状になるよう接着剤でとめるだけで、お花がひとつ完成します。

あとは、飾りたいように自由にパーツを組み合わせていけば完成です!壁に飾る時は輪っか状になっているので、ピンに引っ掛けるように取り付ければ簡単に飾れますよ♪
 

アーモンド型のパーツを少し曲げると桜の花びらに♡

こちらは、同じように5枚のパーツを組み合わせてるのですが、アーモンド型の片方の角を少し曲げることで「桜の花びら」にするアイデアです♡

春にもピッタリなモチーフですね♪このような桜色の塗装も素敵ですが、和柄テキスタイルの布や和紙などを貼っても、おもしろそうですね!

キャンバスに真っ白なお花を咲かせる♡

こちらは、ホワイトのアーモンド型パーツを4枚1セットになるよう組み合わせ、キャンバスにとりつけていくアイデアです♡

細めのフォルムになるように組み合わせ、真っ白で統一すると、こんなにスタイリッシュでオシャレに仕上がりますね♪キャンバスが無い時はフレーム(額縁)に入れて飾っても素敵ですよ!

配色を楽しんで壁にアクセントを加える♡

こちらもキャンバスに取り付けてレイアウトし、パーツごとに色を変え、配色を楽しむアイデアです♡

パーツの幅は広めにし、背景に色付けしてあるので、色をはっきりと感じることができオシャレですね♪

レイアウトは、葉っぱのように散らばしたり、等間隔で並べ色をグラデーションにしたりと、色々楽しめそうです♡

丸みを持たせたレイアウトにして鏡のフレームを飾る♡

こちらは、ベースとなる鏡のフレームに合わせブラックに塗装した、アーモンド型のパーツを丸く仕上がるようレイアウトするアイデアです♡

先程までご紹介したレイアウトは、アーモンド型の角を外側に向けながら接着する方法でしたが、こちらは、アーモンド型の角同士をくっつけていく方法となっています。

同じパーツでも、組み合わせる方向を変えるだけで簡単に印象を変えることができますね♪鏡のフレームと色を合わせるとスッキリ馴染みます♡

トイレットペーパーの芯で照明を素敵に演出

間接照明のカバーをつくって幻想的な空間に♡

こちらは、トイレットペーパーの芯をカットしてつくった、アーモンド型のパーツを、メッシュ状になるよう組み合わせて、間接照明のカバーとして活用するアイデアです♡

このように光を遮るものがあるだけで、空間をより素敵に演出できるので重宝しそうですね♪

長さを揃えてペンダントライトのカバーをつくる♡

こちらは、トイレットペーパーの芯を筒状のまま、球状になるよう組み合わせ、ペンダントライトのカバーとして活用するアイデアです♡

サイズ的にも、トイレットペーパーの芯は、量をけっこう必要としそうですが、コロンとしたフォルムがとっても可愛いのでチャレンジしてみたくなりますね♪

ドットの光がキュートなペーパーランタンをつくる♡

こちらは、半分にカットしたトイレットペーパーの芯に丸いパンチで穴を空け、内側に色の付いた紙などを仕込むことで、カラフルな間接照明として活用するアイデアです♡

このライトにはクリスマス用のライトが使用されており、トイレットペーパーの芯とは、ワイヤーで固定されています。

イベントにも、子供部屋などにもピッタリな雰囲気ですね♪

トイレットペーパーの芯をリアルなお花のインテリアに

3種類のパーツを組み合わせてお花をつくる♡

こちらは、トイレットペーパーの芯を切り開き、花の中心・花びら・ガクと3つのパーツをつくり、お花のカタチに組み立てるアイデアです♡

このように花瓶に活けるようなスタイルで飾ると立体的でオシャレですね♡

つくるのは、一見難しそうですが、全て細長くカットしカタチを整えるとOKなので、意外と簡単にできそうですよ♪

花びらを一枚ずつ組み合わせて薔薇の花をつくる♡

こちらは、トイレットペーパーの芯を切り開き、花びらのカタチに切り抜き、グルーガンで接着しながら巻いて、薔薇の花に仕上げるアイデアです♡

1枚ずつ貼り付けていくので、ちょっと手間はかかりそうですが、仕上がりがとっても綺麗ですね♪

お部屋に飾るだけでなく、ラッピング用の飾りとしても重宝しそうです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?ちょっとした加工を加えるだけでも、まさか、トイレットペーパーの芯からできているとは思えない、オシャレなインテリアに生まれ変わらせる事が出来るのは驚きですよね♡

ぜひ、トイレットペーパーの芯は捨てずに、素敵なインテリアにリメイクして楽しまれてみて下さい♪
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • As

    はじめまして。日常をちょっと楽しくしてくれるモノづくりを楽しんでいます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事