婚活も成功するナチュラルメイク&美人度アップのつや髪の作り方

婚活を実らせて、理想の男性と結婚したい!という方は多いはず。
合コンやパーティー、お見合いなど、第一印象で、気になる男性のハートを掴み、次のデートにつなげるには、やっぱり第一印象がとっても大切!

そこで婚活中の男性の意見も参考にした、婚活を実らすメイク法をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2017年4月1日更新

あなたのメイクは大丈夫?!婚活が実るのはこんなメイクの女性だった!

婚活を実らせて、理想の男性と結婚したい!という方は多いはず。
合コンやパーティー、お見合いなど、第一印象で、気になる男性のハートを掴み、次のデートにつなげるには、やっぱり第一印象がとっても大切!

そこで婚活中の男性の意見も参考にした、婚活を実らすメイク法をご紹介します。

POINT1 自分らしさと清潔感を大切に

「自分を良く見せたい」といつもよりメイクを頑張って濃くしてしまった場合、男性は素のあなたを勘違いしてしまうかもしれません。

恋愛の先に結婚があるので、やはり無理をせず、本来の自分を好きになってもらいたいですよね。
ですので頑張りすぎないよう、あくまでナチュラルメイクを心掛けるようにしましょう。

清潔感のあるナチュラルメイクのHow to

・ベースメイク
ファンデーションを厚塗りしてしまうと、メイク全体が濃く見えたり、老けた印象になってしまうのでNG。

1.まずはじめに顔全体にファンデーションと化粧下地を塗ります。
鼻の頭や、頰の毛穴が気になる方は、毛穴用下地を部分的に塗ります。そのあとでリキッドファンデーションを顔の中心から外側に向かって放射状に塗ります。

2.シミやソバカスが気になる場合は、その部分だけをファンデーションでカバーして、顔全体にもう一度重ねるのはやめましょう。
また、小さな鏡でメイクすると、細かなところが気になりついつい厚塗りになってしまいます。明るい部屋の、顔全部が映る大きな鏡の前でメイクすると、ナチュラルに仕上がるのでオススメです。

・ポイントメイク
清潔感が大切ですので、太いアイラインや、バサバサのマスカラはNG!
ベージュ系カラーのアイシャドウを塗り、まぶたのくすみを軽減させたら、目のキワには細くアイラインを引き、マスカラもナチュラルに。
細かいパール入りのアイシャドウは、肌を美しく見せてくれるのでオススメです。

POINT2  つや髪で美人度120パーセントアップ

実は第一印象に、髪がとっても影響しています。
髪がパサパサと乾燥していると、肌も乾燥して見えてしまったり、ツヤがないと疲れたり、老けた印象になってしまいます。
毎日のヘアケアでツヤを取り戻しましょう!

美人度アップのつや髪のHow to

・毎日のバスタイムのヘアケア
シャンプーは良く泡立てて、傷みやすい毛先は摩擦を極力控えるようにします。
トリートメントをつけた後に髪を5分程度置くだけでツヤ感が断然アップするので、少し放置してから洗い流すようにしましょう。

また、お風呂から上がったら、すぐに髪を乾かしましょう。髪を湿ったままにしておくと、地肌の匂いの原因や、髪のパサつきの原因になってしまいます!

乾かした後の髪にオイルや洗い流さないタイプのトリートメントを塗って、そのまま眠るのはNGです。
シーツや枕カバーについたオイル等が、ニキビや肌荒れの原因になってしまうことがあるので注意が必要です。

・つや髪スタイリング
髪を保護するために、水やトリートメントウォーターを髪の中間から毛先部分につけてから髪をブローしたり、アイロンで巻いたりしましょう。このひと手間で髪のパサつきが軽減できます。
ブロー後は、最後に冷風を髪に当て、冷やすとツヤ感がアップします。

「もっとツヤが欲しい!」という方は、ツヤ出しスプレーも便利!
また、分け目や頭頂部にピンピンとしたアホ毛があると髪が傷んで見えてしまいます。そんなときは、手やコームのえにケープのような固めるスプレーをシューっとしてからアホ毛を撫で付けると、綺麗にまとまります。
これらのヘアメイクテクと、あなたの笑顔で、第一印象は格段に良くなること間違いなしです!
ぜひお試しを!
提供元:AUTHORs 新見 千晶
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • AUTHORs

    AUTHORs BEAUTY(オーサーズビューティ)はネイル・メイク・ヘアスタイル・ダイエットなどのキレイ情報...

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事