お花モチーフで季節感のある可愛いお部屋を演出!【アイデア集】

寒い冬が終わり春が訪れたら、衣類だけでなくお部屋のインテリアにも季節感を出したいですよね!そんな時にマストなのがやっぱりお花ですね♪今回は忙しくてもお手入れ不要!様々な素材で楽しめる「お花モチーフ」のインテリアのアイデアをご紹介します♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2017年4月3日更新

目次
  1. 生花じゃなくても、お部屋を可愛く演出できる
  2. キャンドル×お花を組み合わせるアイデア
  3. テーブルや棚の上でお花を楽しむアイデア
  4. 壁面をセンスよくディスプレイするアイデア
  5. まとめ

生花じゃなくても、お部屋を可愛く演出できる

造花・フェイクフラワーは魅力がいっぱい♡

お花を飾ることで、季節感も出ますし、お部屋の雰囲気は一気に華やかになり可愛く演出することができます!

しかし、生花を飾るとなるとお手入れも必要なので、時間もコストもかかり、なかなか取り入れにくいと感じられる方も多いですよね。

その点「造花・ドライフラワー・紙などの素材を使ったお花」は、何のお手入れも不要でずっと綺麗な状態を保つことができるので、とても魅力的です♪

更に、デザイン性をもたせインテリアとして取り入れるだけでも、雰囲気がとっても良くなりますし、例えばモノトーンやホワイトで統一した部屋にシンプルに馴染ませたい場合は、このように、真っ白な紙で作ったペーパーフラワーを使うなど、よりお部屋のテイストに合わせた幅広い演出ができます♪

本物の素材とフェイクのお花を組み合わせてもオシャレ♡

忙しい中でも、基本的にはフェイクのお花を飾っておき、時間などにゆとりのある際にテーブルなどでちょっと「生花」を活けておくと、生花ならではの、お花の香りやみずみずしさもプラスされ、より素敵な演出ができるのではないでしょうか♪

ちなみに、こちらの画像は桜(生花)を細長い花瓶に活けて、100円ショップダイソーの紙提灯をカバーとして使うアイデアなんですが、「和」のテイストを上手に盛り込んであって素敵ですよね♡

こんな演出を手軽にしたい!という時には、「本物の木の枝」に紙などで作った「フェイクの桜の花」をくっつけて代用することもできます♪木の素材感がよりオシャレに見せてくれること間違いなしですね♡

キャンドル×お花を組み合わせるアイデア

切り紙で作ったお花を敷いて演出する♡

こちらは、キャンドルの下に「切り紙で作ったお花」を敷いて、テーブルを演出するアイデアです♡

ひとつのお花に対して、色味と素材感の異なる2種類の紙を2枚ずつ。合計4枚の紙を重ねて作ってあるので、より立体感のある仕上がりになっていますね♪

お花のカタチをした切り紙には、様々な切り方があるのでお好みのデザインでカットし、同じ要領で色々と楽しめそうです♡

ボタニカルキャンドルで季節のお花を楽しむ♡①

こちらはドライフラワーとドライフルーツを閉じ込めた「ボタニカルキャンドル」で楽しむアイデアです♡

ボタニカルキャンドルは、ハンドメイドでも作れますので、好みのお花や果実を組み合わせて楽しめますし、アロマオイルを加えて香りを楽しむ事もできますよ♪

基本の作り方は、型に溶かしたろうそく(蜜蝋・ソイワックス・パラフィンワックス・ジェルワックスなど)を流し、火をつけるための芯と、乾燥させたお花や果実(押し花・プリザーブドフラワーなどでもOK)を閉じ込めて冷やし固めればOKです♡

季節ごとのお花を閉じ込めたり、周りのインテリアと色を合わせたりしても素敵ですよね!

ボタニカルキャンドルで季節のお花を楽しむ♡②

こちらは、キャンドル(蝋)の部分に「ジェルワックス」を使用したタイプです♪

閉じ込めたお花などが、クッキリと綺麗に見えるので、また異なる異を楽しむ事ができますね透!透明感があるので夏にもマストではないでしょうか♡

ワックスサシェでお花と香りを一緒に楽しむ♡

step.candle

こちらは火を灯さないアロマキャンドル=ワックスサシェ(アロマワックスバー)で、香りを楽しむアイデアです♡

ワックスサシェの場合は、作る際に、火をつけるための芯を入れません。代わりに穴を空け、紐などを通して吊るせるようにしておけば、お部屋、寝室、クローゼットなど色んな場所に吊るして楽しむことができますね♪

テーブルや棚の上でお花を楽しむアイデア

水引で出来た桜の箸置きで食卓を華やかに♡

こちらはピンクの水引でつくられた「桜モチーフ」の箸置きです♡

お部屋のインテリアだけでなく、旬の食材を楽しむ食卓でも、季節感のあるお花モチーフのアイテムがあるだけでグッと華やかに演出することができそうですね♪

▶▶こちらは「和工房 包結」で販売されているアイテムで、購入することも可能です!気になる方は下記リンクからチェックされてみて下さい♡

オシャレなハーバリウムでお花を長く楽しむ♡

こちらは、ドライフラワーやプリザーブドフラワーを保存液(オイル)に浸して長く楽しむ「ハーバリウム(植物標本)」です♪

インテリアとしても最適ではないでしょうか♡ハンドメイドで作ることもできるので好きなお花を使って楽しみたいですね!

▶▶こちらは「iichi」で販売されているアイテムで、購入することも可能です!気になる方は下記リンクからチェックされてみて下さい♡

ドライフラワーのテラリウムを楽しむ♡

こちらはドライフラワーを瓶に閉じ込めて楽しむアイデアです♡このくらい小さな瓶に入れるだけでもとっても可愛いですよね♪

一輪だけをシンプルに飾ったり、入れる瓶のカタチに拘ってみたりとアレンジ次第で色々楽しめるのでこちらもオススメです♡

麻紐×造花を使って和風のペン立てをつくる♡

こちらは、幅の広いガムテープの芯に、麻紐を巻きつけ、藁と造花を使いペン立てをつくるアイデアです♡

ペンだけでなく、メイク道具の筆など色んなシーンで活用できそうです。作る時は、現在使用中のペン立てをリメイクしてもいいですし、筒状か高さのある物であれば出来るので、空き缶など不要なモノを活用すると無駄もでませんね♪

このようにさり気なく装飾としてお花をとりいれるだけでも、いい感じに仕上がりますし、藁や麻紐を組み合わせる事で、和室などにもピッタリなデザインに♡

マニキュアフラワーでラグジュアリーな雰囲気に♡

こちらは、ワイヤー(針金)で花のカタチをつくり、花びらの部分に膜を張らせるように、マニキュアを塗布して作られた「マニキュアフラワー」です♡

ミルキーカラー・パール感があるもの・透明感があるものなど、マニキュアによって、豊富な色味と雰囲気を楽しむことができます♪

カップケーキライナーでお花を簡単につくる♡

こちらは、なんと「カップケーキライナー」でペーパーフラワーをつくり、花瓶に活けて楽しむアイデアです♡

使用するカップケーキライナーを選ぶ際は、このように本物のお花に見えるような色味で楽しんだり、あえて柄が入ったタイプで可愛く仕上げても面白いですよね!

カップケーキライナーのお花は4ステップで完成♪

ペーパーフラワーの作り方は色々ありますが、カップケーキライナーを使えば、紙をはなびらのカタチに切り抜いたりする工程も不要なので、誰でも簡単につくることができます♪
  1. カップケーキライナーの中央に穴をあける。
  2. 抜けないよう上部を丸めたワイヤーを通す。
  3. 茎の部分をグリーンのマスキングテープを巻きつける。
  4. 最後に、花びらのカタチを整えて完成です!

もう一手間加えたい時は、予めカップケーキライナーを折りたたみ、周りを少しカットして花びらに表情をつけたりしてもいいですね♪

造花×発泡スチロール球で可愛いブーケをつくる♡

こちらは、ガラスのキャンドルスタンドに手芸用の「発泡スチロールのボール」を乗せたものに、市販のフェイクフラワーの茎をカットし、花の付け根部分にボンドを塗布して、一面に刺して仕上げていくアイデアです♡

簡単にできるのに、ボールブーケみたいでとっても可愛いインテリアに仕上がりますね♪この土台となる発泡スチロールのボールは100円ショップでも入手できますよ♡

ビーズ×ワイヤーでキラキラしたお花のツリーをつくる♡

こちらは、土台となる石にワイヤーを巻きつけ、木の幹部分をつくり、ワイヤーの上部(先端)を木の枝のように広げ、好みのビーズや石を通して作られたツリーのオブジェです♪

満開のお花が咲いているようでとっても綺麗ですね!ワイヤーの色・天然石ビーズやパールなど、パーツを変えるだけで、印象も大きく異なってきますので、お部屋の雰囲気に合わせてアレンジも楽しみましょう♡

壁面をセンスよくディスプレイするアイデア

麻紐のフェイク花瓶に造花を飾る♡

こちらは、木の板に花瓶のカタチになるよう釘を打ち込み、釘の先端に麻紐を固定し、花瓶の縁取りをした後、造花を活けるように固定させるアイデアです♪

ナチュラルな雰囲気にもピッタリのインテリアですね!造花をペーパーフラワーにしたり、麻紐を毛糸やリボンなどに変更し素材を楽しむなど、アレンジも楽しめそうです♡

押し花をフレームに入れて壁面を華やかに演出する♡

こちらは、フレーム内に、押し花を細いピンで固定し、オシャレなインテリアとして楽しむアイデアです♡

制作する際は、はじめに仕上がりイメージをしっかりしておく事で、レイアウトの変更や、レイヤー前後の入れ替え(2種類以上を同じピンに刺す時の順番)といった二度手間を予防でき、スムーズに作業を進めることができるのではないでしょうか♪

どういったレイアウトにするのか考えるだけでも、絵を描く時のようにちょっと、わくわくしそうですね!

ドライフラワーとして使用するお花も、わざわざ購入しなくても、お庭で摘んだ季節ごとのお花を使ったり、お出かけやお散歩の際に摘んだお花や葉などを使えば、素敵な思い出として保存して楽しむ事ができますよね♡

写真やイラストを切り抜いてお花のヘアスタイルをつくる♡

こちらは、人の顔だけが描かれたイラストに、雑誌などに掲載されているお花や果実の写真を切り抜き、髪に見立てて貼っていくアイデアです♡

フレームに入れて壁に飾るだけで、インテリアとして簡単に楽しむ事ができます♪子供さんと一緒につくってみると、想像以上に斬新なデザインに仕上がって、より面白いかもしれませんね♡

お花だけでなく、写真の宝石や動物、シンプルなイラストなどテイストの異なるモノを組み合わせたり、写真の切り抜きの変わりにペーパーフラワーなどで立体的に仕上げたりと、アレンジしてもいい感じになりそうです♪

▶▶こちらのベースとなるイラストは、無料でダウンロードすることも出来ますので、気になる方は下記リンクからチェックされてみて下さい♡

壁一面を使い大胆にお花をディスプレイ♡

こちらは、お花を等間隔のストライプになるよう、マスキングテープてペタッと貼り付けてディスプレイするアイデアです♡

マスキングテープでとめるだけなので簡単ですし、壁一面にすることで一気に華やかな空間に仕上がるので非常にオススメですよ♪

こちらでは生花を使用してありますが、市販の造花や、ハンドメイドでつくったペーパーフラワーなどでもいいですね♡

シンプルな照明をペーパーフラワーでデコレーション♡

こちらはシンプルな照明に、紙で作ったお花や蝶を貼り付けてデコレーションするアイデアです♡

このように透け感のある素材や、パステルカラーを組み合わせることで、春っぽい柔らかい雰囲気も出せますし、程よく灯りが漏れてより綺麗にみえますね♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回ご紹介したようなお手入れも不要で、ずっと楽しめるお花のインテリアがあれば、手軽にお家で「お花」を楽しむすることが出来ますね♡

是非季節ごとに、素材や使用するお花の種類を変えて、素敵なお部屋を作られて見て下さい♪
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • As

    はじめまして。日常をちょっと楽しくしてくれるモノづくりを楽しんでいます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事