6156 VIEW

100均のまな板、カッティングボードが変身!お洒落なDIYアイデア集

巷で話題の100均リメイク・DIY!
素敵なまな板やカッティングボードが、100均とは思えないようなお洒落で便利なアイテムに変身できちゃうんです。
ディスプレイに、収納に、可愛いだけじゃない、使える雑貨にリメイクしちゃいましょう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2017年3月22日更新

目次
  1. 100均のまな板、カッティングボード
  2. まずは塗装してみよう!
  3. お洒落な壁面ディスプレイに♡
  4. セリアのカッティングボードで収納ボックスの作り方!
  5. こんな100均素材で!収納ボックスいろいろ
  6. 収納だけじゃない!こんな便利アイテムにも!
  7. まとめ

100均のまな板、カッティングボード

セリアやダイソーを始めとする100円ショップは、今やお洒落雑貨、DIY素材の宝庫!
何気ない一般的な日用雑貨ですら、使っていて楽しい可愛いアイテムがたくさん揃っています。

料理をするときの必須アイテムである「まな板」もそのひとつ!
100均とは思えないようなお洒落なものが見つけられます。

こちらはセリアの「桐まな板」と「桐カッティングボード」。
見た目のナチュラル感がいいですよね。
今、こちらを使って、様々なディスプレイ用品や収納にリメイクされる方が増えています。
 
quote
#カッティングボード で 遊んでた。

楽しい!! もっと色々 #アレンジ したい!!
つい、100円やしーーって、
買ってまうんだなーこれが、、♡ 笑
そう!
たった100円で手に入るんだから、いっぱい工夫して遊び倒さないと損!ですよね!
こちらでは転写シールをいっぱい貼って、お洒落なディスプレイに仕上げていらっしゃいますが、この転写シールだって100円!
100均で、素敵な味のあるDIY素材や道具も一通り揃うから、いろいろ組み合わせると無限大に遊べてしまいます。

まずは塗装してみよう!

100均のまな板、カッティングボードをお洒落に使うには、まずは塗装するのがオススメ!

100均の木箱などの木材リメイクの時には、木目の風合いを活かし、味わいをアップさせるような、「ワトコオイル」「ブライワックス」といったオイル塗料を活用させる方がいっぱいいらっしゃいます。
ワトコオイルにブライワックスは100均商品ではありませんが、リメイク・DIY時にとても役に立つ定番塗料ですので、ひとつあると便利ですよ。

ブライワックスひとつで見違える!

こちらはブライワックスを塗って作られた、100均まな板活用のDIY作品です。
おもてなし時にも大活躍のカフェトレイ。壁掛けディスプレイしても映えますよね。
こんな雑貨屋さんに売られていそうなアイテムが、ブライワックス以外は100均素材だけで作られているだなんて驚きですよね。

セリアの水性ニスでもいいですよ

でも、そんなにDIYにハマるかどうかわからないし、とりあえずこの作品だけ、いい感じで作ってみたいだけなんだけど・・・

そんな場合、いきなりワトコオイルやブライワックスなんて導入するのもためらわれるかもしれませんね。
100均でも探せばいい風合いに見せられる塗料はいろいろ揃っていますので、ご安心を。
こちらはセリアの水性ニスを塗られたカッティングボードですが、これだけでも塗ると塗らないのとでは大違いですよね。

ただ100均塗料は量が少ないのがネックにはなりますので、作りたいもののサイズによっては、ひとつでは足りなくなることもあるかもしれません。プチプラで済ませたいという場合には、その点は気をつけておいてくださいね。

お洒落な壁面ディスプレイに♡

カッティングボードに塗装をしたり転写シールを貼ったりミニチュアアイテムを貼り付けてみたり・・・
思い思いにデコレーションしたカッティングボードは、壁を彩るディスプレイとして力を発揮します。
作品製作自体も楽しいですし、工夫して作られた作品で飾られたインテリアで、ますます居心地のよい空間になりそうです。

キーフックとして使うのも素敵です

ただ壁面をデコレーションするだけでなく、実用面も重視したい方は、こんなDIYはいかがでしょう。
アンティーク調にリメイクされたカッティングボードを、キーフックとして使われています。
そのまま飾っておくだけでもお洒落ですが、鍵やアクセサリーを掛けておけるアイデアで、より使い道が拡がります。
後ろのフックの付いていないほうも、壁掛けとしても素敵ですし、カフェトレーとして使用するのもお洒落です。

セリアのカッティングボードで収納ボックスの作り方!

セリアのカッティングボードで作れるリメイク作品のひとつが収納ボックス!
カッティングボードに、すのこや焼き網、木材などさまざまな100均アイテムを組み合わせて、みなさん思い思いの収納ボックスを作り上げていらっしゃいます。

こちらの収納ボックスは、材料にセリアのカッティングボードとまな板を活用!
基本的な作り方の流れを見ていきましょう!

セリアのまな板で小物入れの作り方

木工用ボンドで組み立てる

用意するものは、セリアの「桐まな板」3枚と「桐カッティングボード」2枚!

まずはまな板を小物入れの底面・側面に見立てて木工用ボンドで接着していきます。
コの字にできたら、残りの側面にカッティングボードを同様に接着します。

釘打ちをする

木工用ボンドだけでは、収納ボックスとして使うには接着が不十分ですので、カッティングボードを付けた面を釘で打って補強します。
この時、指を打ち付けたりしないよう気をつけてくださいね。

これで形の基礎はできあがりです!
ただ使うだけならこれだけでも十分に用をなしますよ。

セリアの転写シールでおめかし

ここで思い思いのアレンジを加えます。
セリアにはステンシル風のかっこいい転写シールやクラフトシール、アンティークピンやパーツなど、様々なデコグッズが揃っていますので、まな板やカッティングボードを購入する時に一緒に揃えておくといいですね。

もちろん塗装するのもアリです。
塗装は、仕上がりのイメージや構造によって、組み立て前に行うか、後に行うか決めましょう。

汚れ防止にはねんどケース

この収納ボックスを、リモコン入れなど日用雑貨入れとして使用するなら、これで完成としてもいいのですが、例えばトイレ用洗剤の収納ボックスとして使うなど、汚れやすいアイテムを入れたい時には、中にプラスチックの箱を入れておけば木部が濡れたり汚れたりするのを防げて安心です。

こちらに入れられているのは、収納ボックスとしても定評のあるダイソーの粘土ケース。
いい感じのサイズ感ですね!こちらの方は、飲み終わったビールの空き缶をとりあえず入れておくのに使用されているそうです。出しっぱなしにしておきたくないもののとりあえず入れにもいいですね。

持ち手を付ける

持ち手は、実際に使わないとしても、見た目をお洒落にするために付けておくのもいいですよね。
こちらの完成画像では黒いワイヤーの持ち手を付けられていますが、黒いワイヤーが100均など安価に手に入れられない場合は、既にあるワイヤーをリメイクして使うと節約になります。
こちらの方は、紫色のワイヤーに、黒のマスキングテープをぐるぐる巻いて、好きな色にアレンジされています。
みなさんもいろいろ工夫してみてくださいね!

こんな100均素材で!収納ボックスいろいろ

カッティングボード+すのこで!

quote
以前作った『おか持ちBOX』
カッティングボードとすのこのリメイク

お掃除グッズ入れにちょうど良い おか持ちBOX持って部屋をあちこち移動〜
カッティングボードを使って、このような形の収納ボックスにリメイクしたものを「おかもちボックス」と呼ばれる方も!
なるほど。出前のおか持ちのような形にも見えて可愛いネーミングです。

こちらは、100均DIYの定番素材である「すのこ」を利用して収納にリメイクされています。
サイズが合わなければカットなどの加工も比較的容易で、そのままでも使いやすいすのこはやっぱりリメイクの優秀アイテムですね!
こちらのリサイクルウッド風のペイント技もお見事です。

これに普段のお掃除道具を入れておけば、ちょこっと掃除がはかどって、お部屋のキレイが維持できそうですね!

焼き網+カッティングボードで

これは男前でかっこいいリメイクですね!
カッティングボードに焼き網を利用してお洒落な収納ボックスを作られています。
焼き網とカッティングボードは、このようにサイズ感がぴったり合うようなものが売られているそうです。このフィットアイテムを見つけ出したときの喜びも100均リメイクの楽しみですよね!
quote
タッカーで簡単にとまりますよ♪
コの字に曲げるのが一番苦戦しました
焼き網とカッティングボードの固定はタッカーで行います。
タッカーとは、大型のホチキスのようなもので、最近は100均でも手に入るため、DIYでの使用のハードルが随分下がりました。これもひとつ持っておくと椅子の座面の貼り替えなどにも便利に使えますので損はないですよ。

ただ、焼き網を曲げる作業については、かなり力がいる、と証言される方がとても多いので、その点だけはご注意を。

黒板風のお洒落ボックスも100均で簡単に♪

黒板としても使える可愛いカフェ風収納ボックスも、100均素材で簡単に作れちゃいます!
こちらで活用されているのは、コルクボードと黒板シート。
いずれもセリアで購入することができます。
前面に使われたコルクボードには黒板シートを貼って、メッセージやイラストを書き込めるブラックボードとして使え、背面のコルクボードはそのままで、メモを貼ったりピンを打つことができます。
黒板面に四角く穴を開けて、ティッシュを引き出せるようにしているアイデアも秀逸ですね!

中に仕切りを入れる工夫も

このような収納ボックスは、中に仕切りがあるとより使いやすいですよね。
こちらは、内部にセリアの木製デスクラックを入れてボンドで固定し、仕切りとされているのが素敵です。
ペン立てとしてもリモコン入れとしても使いやすく、リビングにあるととても便利ですよね。

このように、100均で手に入る素材を使って、それぞれのおうちに必要な機能を考え、追加して、使い勝手を向上していく工夫もぜひ見習いたいものです!

全てセリアの木材でのこぎりいらず!

西海岸を思わせるようなブルーが目を引く素敵な収納ボックスは、全てセリアの木材を組み合わせることで作られているそうです。
こちら、もうちょっと幅の小さいミニサイズで作りたい場合には、のこぎり必須になるのですが、のこぎり作業が苦手で躊躇される方もいらっしゃいますよね。筆者もそうです。
そんな場合でも、そのままの長さを活かしてロングバージョンの収納ボックスとすれば、これはこれでディスプレイのし甲斐もあり、マガジンラックとしても無造作に入れるだけでこんなにお洒落です。

木箱を組み合わせて引き出し収納に!

100均素材で、こんな使い勝手も抜群な引き出し収納をDIYすることも可能です!

こちら引き出しに使われている素材は、セリアの木製インテリアトレー。
上に載せてマニキュア入れとして使われているのは木製スタッキングラックです。
セリアの定番木製アイテムの組み合わせで、お洒落で使えるネイルツールボックスの完成です。

リンク先では、詳細な材料と作り方について、コメント欄内で説明されていますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

収納だけじゃない!こんな便利アイテムにも!

キッチンペーパーホルダーに!

おか持ちボックスにリメイクする時には、カッティングボードの穴に丸棒を通しましたが、その丸棒をキッチンペーパーホルダーとして使うというアイデアです。
底面だけをくっつけて、丸棒ははずせる仕様にするといいですね。

ひっくり返して収納付きペーパーホルダー!

そしてこちらのアイデアは、なんと、カッティングボードを上下逆さまにして、穴に通した丸棒はキッチンペーパーホルダーとして使うというアイデア!逆転の発想に驚きです!
木箱を設置して、ちょっとした収納、スパイスラックとしても使えるのがいいですね。

ちなみにこちらの形、洗面所に設置して、キッチンペーパーホルダーではなくタオル掛け付き収納として使うという方もいらっしゃいます。

まとめ

100均のまな板やカッティングボードを使って、ただお洒落なだけじゃない、使えるリメイク・DIYアイデアについてお届けいたしました。
どれも秀逸で、真似してみたくなるアイデアばかりでしたね!
100均素材は、低コストでいろんな発想を気軽に試せるのが魅力だから、みなさんもぜひ思いついたアイデアをどんどん形にしてみてくださいね!
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事