1518 VIEW

動線を意識した収納で毎日を快適に過ごそう!

綺麗に整理整頓したお家は心地が良いですが、更に快適に過ごしたり、家事を楽にするには「動線を意識した収納」を行うことが大切です♪今回は、リノベーションをしなくても、現在の間取りのままで、スグに実践できるアイデアをご紹介いたします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2017年3月25日更新

目次
  1. 動線を意識した収納のポイント
  2. 「洗濯」を楽にするための収納アイデア
  3. キッチンでの作業効率を上げ、有効活用する
  4. 動線を意識して散らからない収納をする
  5. まとめ

動線を意識した収納のポイント

そもそも「動線」とは、例えば洗濯をする際は、「洗面所」の洗濯機から取り出し、「ベランダ」に移動して洗濯物を干す。といったように、人の行動軌跡のことを表します。

そして、この動線をより短くする事が、行ったり来たりと無駄な動きをする必要のない快適な暮らしに繋がります。

家事においては、特に作業が多くなる洗濯や調理する際の動線を意識することで、驚く程楽になります♪

ポイントは、「その場所で何を使い、何をしたいのか」という点を、ご自分やご家族の普段の行動パターンからしっかり考えた上で、「使い勝手の良い収納」をすることです。

これだけで、家事が楽になるだけでなく、ご家族がいらっしゃても、物が出しっぱなしになることもなく、散らかりにくい家に変える事ができます。

間取りも大切ですが、収納に工夫を加えるだけでも違いは大きいので、まずは普段どのような行動をしているか、どんな時に不便さを感じるか、などをリストにして改善を加えていきましょう!

「洗濯」を楽にするための収納アイデア

ランドリールーム内でアイロンがけまで終わらせる♡

toshi8420

こちらは、ランドリールーム内に洗濯物干しと、作業台を設置することで、一箇所で洗濯だけでなく、干したり、畳んだり、アイロンがけまで全ての作業を行えるようにしてあります。

特に洗濯物は乾燥機で乾かす事が多い方は、作業台を設置があると、洗濯機から出して、その場所で全てまかなえるので、非常に楽ですよね!

もし、ランドリー内に作業スペースがとれない場合は、隣接する部屋などに作業場を設け、アイロンなどの道具を置いておくとスムーズです♪

バルコニーの向かいでアイロンがけまでを終わらせる♡

w.g_tomo

こちらは、普段洗濯物を干される「2階のバルコニー前」に作業台やアイロン台などを設置するアイデアです♡

通常なら、重い洗濯物を2階まで運ぶ⇒ バルコニーでハンガーにかける⇒ 干す⇒ 取り込んで1階に運ぶ⇒ 畳んでアイロンがけをする⇒ 1階で収納し、再度2階に上がり収納する⇒ 1階へ戻り洗濯カゴを戻す。といった動線になりがちです。

しかし、普段干す場所の近くに作業台があれば、ここで干す前のハンガーがけから、アイロンがけまで終わらせ、衣類を収納する際も2階から1階へと通る順に収納すれば良いので無駄がありません♪

しかも、作業台があると洗濯物を広げたりと仕分けも非常にスムーズですし、複数の作業を同時に進めることが可能となるので使い勝手が良く、効率もグンとアップしますね♡

椅子などを置いておくと、毛玉取りや、ボタンの付け直しなどの裁縫もできますし、ちょっとした休憩の場としても利用することが出来ます♪

いつもたたむ場所に収納スペースを確保する♡

rinko5511

こちらは、いつも洗濯物をたたむ部屋に子供さんの衣類を収納するスペースを確保しておき、畳み終わった状態の洗濯物を置いておき、各自収納するというアイデアです♡

たたむ場所と収納場所が一箇所であれば、洗濯物を畳んだ後に持ち運ぶ必要もないですし、ご家族の協力を得るというのはとても効率的ですね!もし、たたむ場所と収納する部屋が離れている場合は、人数分のかごを用意して運んでもらえるようにセットしておくと良いですね♪

 

家族全員の衣類は1つのウォークインクローゼットで管理♡

こちらは、1つのウォークインクローゼットに家族全員分の衣類を収納するアイデアです♡

洗濯物をするとなると、「洗う⇒ 干す⇒ 取り込む⇒ たたむ⇒収納する」という流れになりますが、動線を短くするためには、各作業を行う場所をできるだけ近くにする事が大切です。

特に、最後の「収納」においては、ご家族が多い場合、各部屋をまわり家族全員分のクローゼットに分けながら収納するのは時間もかかり大変ですよね。

しかし、このように「家族全員分を1つのウォークインクローゼット」で管理すれば、収納が格段に楽になるので非常にオススメです♡

更に効率アップを測りたい場合は、衣類はハンガー収納をメインにすることです。そうすれば、ハンガーにかけている洗濯物を取り込んだ状態のまま、サッとかけるだけでOKなので「たたむ作業」がほとんどなくなり時短にも繋がります。

また、たたむ作業を手早く終わらせたい場合は「一旦取り込み、袋から出してたたむ」という方法よりは、取り込む際に「物干しラック」などを作業台として活用し、最後に収納する洗濯物から順にカゴに畳みながら入れていくと、取り込み終わったら、通る場所ごとに収納していオススメです♡

元からウォークインクローゼットがなくても、一室をウォークインクローゼットとして活用する事もできますね!什器も、幅が広めのスチールラックを複数設置すれば両面から使用できますし、ハンガーでの収納、たたむ収納、側面を使ってベルトなどの小物を吊るす収納と、幅広い方法で効率的に収納することも可能となります♪
 

キッチンでの作業効率を上げ、有効活用する

必要な時に必要な物をすぐに取れる状態で収納する

キッチンは、「買ってきたものを保存する(冷蔵庫、パントリー等)・洗う(シンク)・切る、盛り付ける(作業台)・加熱(コンロ、オーブン等)・配膳する(ダイニング)・食器を片付ける(食器棚)」と、多くの作業工程が必要となりますので、作業効率をしっかりと上げるための収納が特に大切な場所です。

例えばこちらは、作業スペースの正面と右側に、レシピ本・使用頻度の高いトースター・基本となる食器とカップ・ナイフとスグに手が届く位置に収納してあり、非常に使い勝手が良い収納となっていますね!

通常は、レシピ本は本棚。食器は初期棚。などちょっと動くように収納する場合も多いと思いますが、このように普段作業スペースで何を使うか。使用頻度はどうか。という点を考慮すれば、ほとんど動くこと無く、一箇所で効率よく作業することができます♪

キッチンで基本となる収納ポイント

キッチンを大きく3つの場所に分けて考え、各スペースで動かずにすぐ出し入れできる状態にしておくと効率的に調理を進める事が出来ます。

1)シンク周辺
シンクでは、野菜を洗ったり、お湯を沸かす際に水をくんだり、洗い物をしたりといった作業を行う場所ですので、シンク下や周辺には「ザル、ボウル・ピーラー、包丁・やかん、最初に水を張る事が多い鍋・洗剤や水切りネットなどのストック」などの収納に最適です。

2)調理台周辺
調理台では、食材を切る、盛り付けるなど調理のメインとなるスペースです。「包丁、泡立て器などの調理器具、仕上げに使用するスパイス類、タッパーやラップなど保存に使う容器、お弁当グッズ」などの収納に最適です。
レシピ本を調理中に見ることが多い場合は壁面などを利用してすぐ読めるようにしておくと便利ですね。また、調理台は出来るだけ広く使えるよう、できるだけ物を置かず、壁面や調理台下のスペースを有効に使いましょう。

3)コンロ周辺
火にかけ調味する場所ですので、最初に火を使う鍋やフライパン、油などの調味料、フライ返しやお玉、菜箸などの調理器具などに最適です。

■キッチンが狭い場合は可動式の「キッチンワゴン」がひとつあると、作業台や収納スペースとしても活用できるのでオススメです♡

ゴミ箱とゴミ袋はセットにして収納

rinko5511

こちらは、突っ張り棒を1本設置して、ゴミ箱と一緒にゴミ袋と、ゴミ出しカレンダーを一緒に収納するアイデアです♡(※ゴミ袋にあたって落ちやすい時は、下に突っ張り棒をもう1本追加し袋を押さえるように設置するとOKです)

セットで使用するものは、一緒に収納しておくことで、行ったり来たりすることもなくスムーズに作業ができます。他にも新聞紙や重曹などゴミ箱に関連する物があれば加えると良いですね!

そしてキッチンでの設置場所ですが、ゴミが出やすいシンクや作業台の近くに置いておくと使い勝手が良くおすすめです!

オープンラックをカウンター兼収納として活用♡

sao_ie

キッチンカウンターがあると配膳や片付けの際に、とても効率よく進める事ができますよね!こちらは、オープンラックをキッチンカウンターとしても活用するアイデアです♡

オープンラックは、キッチンカウンターとしても役目だけでなく、「両面から出し入れできる収納」が可能ですので、キッチンでもダイニングでも使う物や食品などを収納することでより使い勝手も良くなるのではないでしょうか♪

更に見た目にもオシャレ感を追求したい時は、ディスプレイ収納とインナーボックスを使った隠す収納で使い分けると、手軽にスッキリ見せることもできますね♪

 

キッチンにワークスペースをつくる♡

こちらは和室をリノベーションし、キッチンと奥様用PCスペースを設置されています♡

専業主婦の方であっても、パソコンをしたり、家計簿をつけたり、郵便物や書類、プリント、レシピなどの整理をしたりとデスクやテーブルを使って作業される事は多いと思います。

そんな時に、滞在時間も長いキッチンや、隣のダイニングなどに、小さくてもワークスペースを確保し、作業に必要な物をまとめて収納しておくと、調理の待ち時間や、家事の合間にこれらの作業を効率よく進める事ができます!

休憩するにも最適ですし、ちょっとしたメリハリも出来て、家事も楽しくなるのではないでしょうか♡

動線を意識して散らからない収納をする

アメニティセットを作りリビングに設置♡

rinko5511

こちらは、リビングでの使用頻度が高いドライヤー、ヘブラシ、保湿クリームなどのアメニティをひとつにまとめ。リビングで収納するアイデアです♡

ドライヤーや麺棒は洗面台。爪切りは薬箱。といったように基本となる収納場所を決めていても、普段使用する場所は別の部屋であったり、収納場所と離れている事も意外と多いものです。しかしこれでは無駄に動線が長くなりますし、出しっぱなしになってしまう原因にもなりがちです。

ジャンルで分類し、これはここに収納する物。とイメージだけで決めるのではなく、実際に生活をしている中で、自分や家族がどこで使用しているか。に基準を定めて収納する事でより快適に過ごすことができます。

収納の際は、ジャンルがバラバラでも、このような「蓋付きのかご」にまとめて入れておけば、スッキリ見えますし、手元にサッと戻すだけでよくなるので散らかる心配もなくなり一石二鳥ですね!
 

ランドリーボックスをリビングに設置♡

takakoumino

こちらはリビングに、脱ぎっぱなし対策としてランドリーボックスを設置するアイデアです♡

特に家族が集まり、リラックスする空間「リビング」では、物の出しっぱなしと同様に、脱ぎっぱなしが発生することも多いですね。

これもランドリーボックスをひとつ設置することで解決できますし、衣類だけでなくキッチンで出る布巾やタオルなどの洗濯物も一緒に入れておくと、移動する際にまとめてランドリールームに運ぶ事ができるので一石二鳥ですね♪

子供さんのランドセルはダイニング・リビングに収納♡

aiemigram

こちらは、子供さんの動線を考えランドセルの収納場所をダイニング(リビング)に設置するアイデアです♡

玄関から近いと、帰宅後にすぐ遊びに行く日でも、ランドセルが出しっぱなしになることもなくなりやすいですし、小さい子供さんの場合は、宿題をダイニングやリビングですませられる事も多いと思いますが、そんな時でもスムーズにとりかかる事ができそうですね♡

まとめ

いかがでしたでしょうか?普段の生活動線や家事動線がどうなっているのかを見直し、自分や家族の動線に合わせた収納に変えるだけで、より快適に過ごせるお家になります♡

手軽に出来るので、本日ご紹介したアイデアなども是非参考にされてみて下さい♪
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • As

    はじめまして。日常をちょっと楽しくしてくれるモノづくりを楽しんでいます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事