プラスチック製品を安くみせない!オシャレなリメイクアイデア♡

100円ショップでも手頃に入手できるプラカゴやファイルケース。衣装ケースやプランターなどプラスティック製の収納グッズなどは、そのままだとチープ感が否めませんよね。今回はこのようなプラスティック製品のチープ感を消し去るオシャレなリメイクアイデアをご紹介します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2017.3.20 作成:2017.3.20

目次
  1. プラスティック製品の魅力
  2. 壁紙やカッティングシートを貼るリメイクアイデア
  3. デコパージュでリメイクするアイデア
  4. 塗装加工を施したリメイクアイデア
  5. 木材を組み合わせたリメイクアイデア
  6. まとめ

プラスティック製品の魅力

プラスティック製品の一番の魅力は、やはりリーズナブルな価格と使い勝手の良さではないでしょうか♪

軽量ですし、水回りでも使えてお手入れも簡単。そして、サイズやカタチも豊富なので、キッチン・お部屋・トイレ・玄関など家全体の収納にも重宝しますし、プランターでもプラスティック製はお手頃価格で揃うので利用される方も多いですよね!


イケア・ニトリ・100円ショップなどで人気の、シンプルデザインのものはラベルを貼るだけでオシャレ感も出たりしますが、わざわざ買い揃えなくても、プラスティック製品は加工もしやすいので、見た目が気に入らない、チープ感が嫌という理由からお家で眠っているプラケースなども、ちょっと手を加えてリメイクすれば、オシャレなアイテムに生まれ変わらせることができます♪

壁紙やカッティングシートを貼るリメイクアイデア

クリアチェストを木製チェスト風にリメイク♡

こちらは木目のカッティングシートを全体に貼り、引出しの一段ごとに、100円ショップセリアの「持ち手とネームタグ」を取り付けてリメイクされています!

まるで木製のチェストのようでとってもおしゃれな仕上がりですね♡木目調のシートは種類が多いので選びがいもありそうです!

無印良品の収納ケースをマステと壁紙でリメイク♡

こちらは愛用者も多い無印良品の収納ケースに、幅広のマスキングテープと木目調の壁紙を貼り、仕上げに100円ショップセリアのネームプレート・アンティークプレートナンバー・転写シールを貼り男前テイストにリメイクされています!

このように部分的な木目使いもオシャレに仕上がりますね!こちらもチープ感ゼロです♡設置する場所のテイストや色に合わせてつくりたいですね♪

西松屋のおもちゃケースをセリアの木目シートでリメイク♡

こちらは、西松屋のおもちゃケースに、100円ショップセリアの木目シートを貼り、転写シールで仕上げたリメイクアイデアです♡

キャスター部分も綺麗に貼られていてオシャレですね!おもちゃケースをリメイクすれば、子供さんが大きくなってもずっと収納ケースとして愛用していくことができますね!

書類ケースをカッティングシート×ラベルで管理♪

そのままで使用しがちな書類ケースに、100円ショップダイソーの木目調カッティングシートと自作ラベルを貼りって仕上げたリメイクアイデアです♡

こちらでは、元がダンボール素材のファイルボックスですが、プラスティック製も同様の方法でリメイクできます♪

ごちゃっと見えやすい書類や資料なども、このようにリメイクすれば高級感も出ますし、整頓された感じが出て素敵ですね!

プラケースを壁紙&麻袋でリメイク♡

こちらは、プラスティック製のケースの本体に木目調の壁紙を貼り、蓋を100円ショップの麻袋に包み、ラベルを貼って仕上げるリメイクアイデアです!

木目調の壁紙なので麻袋との相性も抜群でオシャレすね♪そしてラベルも大きく貼ってあるので遠目からでも分かりやすくて素敵です。

「麻袋」は元から袋状になっているので、プラスティック製のプランターをすっぽりとかぶせてしまえば、簡単にオシャレなカバーとしても活用できますし、リメイク後の仕上げにカットしてポイントで貼り雰囲気を出したりする素材としても重宝しますよ♡

デコパージュでリメイクするアイデア

セリアのダストボックスをデコパージュで可愛く♡

こちらは、100円ショップセリアのダストボックス(ファインBOX角)に、マリメッコ総柄デザインと、英字デザインのペーパーナプキン2種類を組み合わせてデコパージュしたリメイクアイデアです♡

北欧テイストでオシャレですし、とても100円とは思えない仕上がりです!デコパージュも、全面に落とし込まなくても、このようにポイントで加工するだけでじゅうぶん素敵です♡
 

セリアのティッシュケースを布でデコパージュ♡

こちらは、セリアのティッシュケースと布を使ってデコパージュで仕上げるリメイクアイデアです♡

デコパージュには、ペーパーナプキンではなく、布地を使ってあるのでまた質感が代わりオシャレですね!しかも、開口部分の内側まで綺麗に貼ってあるのもポイントです♪

セリアの珈琲フィルターケースをデニムでデコパージュ♡

こちらは、プラスティック製の珈琲フィルターケースに「カッティングシート」を貼ってからデニム生地をデコパージュし、仕上げに取っ手とアンティークプレートナンバーを取り付けるリメイクアイデアです♡

工程はちょっと多いのですが、この手間をかけた分仕上がりもとても素敵です!そして、容器から材料全て100円ショップでセリアで揃える事ができるので、気軽にチャレンジできますよ♪

塗装加工を施したリメイクアイデア

書類ケースをマットな質感のブラックで塗装♡

こちらは、書類ケースをマットな質感のブラックでペイントし、ホワイトの塗料で直接ラベルを描くリメイクアイデアです♡

質感やモノトーン仕上げも素敵ですが、イラストなど手描きの雰囲気がとってもオシャレですね!また、ラベルを書き替えながら利用したい場合は、手前の部分だけを黒板塗料で塗装すると便利になりそうです♪

ダイソーの収納ボックスに簡単ヴィンテージ加工♡

こちらは、100円ショップダイソーの仕切り付き収納ボックスに、塗料の定着を高める「プライマー」を塗り、100円ショップセリアの水性塗料をスポンジに付けて、ムラを出すようにポンポンっと叩いて塗布するリメイクアイデアです♡

お手頃価格で簡単にヴィンテージ感漂う仕上がりにリメイクできるので大変おすすめです♪また、表面がツルッとした本体を使用する際に、エンボス感がほしい時はグルーガンで描いたり、エンボスシールを貼ってから塗装するといい感じに仕上がります♪

プラケースをブリキ風にリメイク♡

こちらは、100円ショップダイソーの「蓋付きコミックボックス」にスプレータイプの塗料「メッキ感覚」で塗装し、仕上げにステッカーを貼ったリメイクアイデアです♡

どこからどう見てもブリキのオシャレなボックスにしか見えませんよね♪しかもスプレータイプなので、簡単に手早く塗装を終わらせることも出来るので時間をかけたくない方にもマストな方法です!

100均のプラ鉢をペイントとスタンプでリメイク♡

こちらは、100円ショップのプラスティック製のプランターにヤスリをかけ、グレーで全体を塗り、ブラックで汚れ加工を施し、仕上げに英字スタンプを押したリメイクアイデアです♡

リーズナブルな価格で手に入るプラ鉢も、塗ってスタンプを押すだけでこんなに可愛く仕上がるのは嬉しいですよね!DIY初心者の方にもおすすめです♡

収納可能なスツールをN.Yドラム缶風に拘りリメイク♡

こちらは、カインズの収納機能を併せ持つスツール2個を組み合わせ、アクリル絵の具での塗装・デコパージュ・アンティーク加工を施した拘りのリメイクアイデアです♡

スツールにヤスリをかけて、下地材[プライマー]を塗り、ベースカラーのブラックを全体に塗ってから、ホワイトをスポンジにとりかすれた感じが出るように塗装。そして洋書をデコパージュ後に、再度アクリル絵の具をスポンジにとり、サビ(アンティーク)加工を施して完成です!まさかプラスティック製とは思えない拘りの詰まった仕上がりですね♪

木材を組み合わせたリメイクアイデア

セリアのファイルスタンドを板壁風にリメイク♡

こちらは、100円ショップセリアのA4ファイルスタンドに、塗装した木材を貼り、取っ手をとりつけたリメイクアイデアです♪

端に設置する分のファイルスタンドでは、側面まで抜かりなく木材が貼られているので、仕上がりも抜群ですね♡

これだけオシャレに仕上がるのなら、どこにでも置いておくことができるので重宝すること間違いナシだと思います♪好みでステンシル加工をしたり、転写シールなどで仕上げても可愛くなりそうです!

セリアのコンテナボックスをオシャレな収納ボックスにリメイク♡

こちらは、セリアのコンテナボックスに、塗装とステンシル加工を施した端材と取っ手をビス止めて固定したリメイクアイデアです♡木材なのでカラーボックスにも良く馴染みますね♪

カラーボックスなどのオープンタイプの収納棚を使用する際は、インナーボックスとしてプラカゴを使用する場合も多いですよね。

しかし、メッシュ状になっているカゴの場合は、やはり目隠しとして扉やカーテンでカバーを取り付けることに。

その場合は、「扉やカーテンを空ける」⇒ 「収納カゴを取り出す」と、2つのアクションが必要となりますが、このようにオープンのまま使えるようになれば、1アクションで目当てのモノが出し入れできるので、使用頻度の高いモノを収納しても快適になりますね♡

プラスティック製の植木鉢を端材でリメイク♡

こちらは、プラ鉢に長さを揃えた端材をタッカーとボンドで固定するリメイクアイデアです♡

チープ感のあるプランターも、一気に雰囲気がよくなりますね♡塗装をしたり、ステンシルで仕上げたりと、アレンジも楽しみたくなります!

プラスティック製のストッカーベニヤ板×フェルトシートでリメイク♡

こちらは、プラスティック製のストッカーを、ベニヤ板と、100円ショップのフェルト生地のシート・リメイクシートを組み合わせて作られたリメイクアイデアです♡

ストッカーのフチ部分に木目調のリメイクシートを貼り、上二段の引出しは、上部のみ接着するようにフェルトシートが貼られています。そして、最下部の大きい引出しはベニヤ板と持ち手をビス止めして完成です!

木調とモノトーンのフェルトが好相性で、男前テイストがお好きな方にもマストな仕上がりですね!全て木材にすると準備もちょっと大変になるかと思いますが、このようにフェルトやカッティングシートを組み合わせれば簡単にできますね♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?プラスティック製品のリメイク方法は沢山ありますし、アイデア次第でより満足度の高い仕上がりになります♡

お家で眠っているプラスティック製品や、使用感は気に入っているけど見た目が気になっていた物があれば是非、リメイクして活用する場所を広げてみて下さい♪
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • As

    はじめまして。日常をちょっと楽しくしてくれるモノづくりを楽しんでいます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事