拘りを感じる収納ラベルの作成アイデア!

スッキリ収納する際には、洗剤や調味料類はボトルに移し替え、細々したものは不透明な収納ボックスなどに入れる場合がほとんどですよね!今回はそんな収納の仕上げに大活躍のオシャレな「収納ラベル」の作成アイデアをご紹介します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2017年3月7日更新

目次
  1. 収納ラベルを使うメリットとは?
  2. 収納ラベルを作成する方法は?
  3. 収納ラベル使用する際のポイントは?
  4. シールタイプの収納ラベル
  5. アイコンやナンバーを使った収納ラベル
  6. 張替えずに使える収納ラベル
  7. ネームプレートやタグを使った収納ラベル
  8. まとめ

収納ラベルを使うメリットとは?

収納ラベルは日々の生活をより快適にしてくれる。

収納ラベルを使うメリットは、使用したいモノの場所がひと目で分かる。=「探す」という無駄な時間を無くし、日々の生活を簡単に快適にする。という点です。

モノを収納する方法は、たくさんありますが、大きく分けて見せる収納と、隠す収納があります。

「見せる収納」をする場合ですと、透明な瓶に小物・調味料・洗剤などをまとめて入れてディスプレイすることも多いですね。

中には似たような色や形状で見分けがつきにくい調味料や、引出しの中に収納場所をしたところ蓋が透明ではなく、中身が見えづらくなってしまったりすることも。

そして「隠す収納」をする際も、ラベルを貼らない場合は、不透明な容器に入れてスッキリと見せる事はできても、使いたい時に使いたいモノを探すのが大変で、使い勝手が悪くなってしまいます。

このような場合でも、「収納ラベル」を貼っておけば、何度も取り出したり、中身を空けて確認する手間も不要となり、どんな場所に置いてもひと目で探し出す事ができます。

このように収納ラベルは、「見た目の良さ+使い勝手の良さ」をともに実現できますので、目当てのモノを見つけるまでのアクション回数が減った分、日々の暮らしに快適さを与えてくれます。

 

収納ラベルを作成する方法は?

収納ラベルの作成方法一覧

 
  • 紙やテープなどに手描きで書く方法
  • 市販のラベルシールを貼る方法
  • テープライターで作る方法
  • 通常の用紙に印刷しネームプレートと組み合わせる方法
  • 無料テンプレートをダウンロードしてタックシールに印刷する方法
  • Excel・Word・イラレ・フォトショなどでデザインから作り、印刷する方法


収納ラベルの作成方法は、主にこれらの方法がありますが、他にも黒板塗料とチョークを使って張り替えずに使えるラベルを作るなど、アイデア次第で色んなラベルをつくって楽しむ事ができます。

この中でも特に人気があるのが「無料のテンプレートをダウンロードしてタックシールに印刷する方法」です。一からデザインしなくても、使いたいテンプレートを選び印刷するだけで、こだわり感のあるデザインが利用できるので大変便利です♪

収納ラベル使用する際のポイントは?

フォント・カタチ・色などに統一感を持たせる

収納ラベルをつかってこだわり感や、整頓された印象をしっかり与えたい時には、「統一感」を持たせる事がポイントとなります。

「ラベル」は、テイストだけでなく、カタチ・色・フォントを統一するか近い系統のものを選ぶだけでも、よりスッキリ見えますし、洗練された雰囲気を出すことができます。


そして「収納容器」も、同じく色、カタチ、高さ、素材などにできるだけ統一感を持たせるとベストです。勿論ラベルをつける位置もバラバラにならないように気をつけましょう。

ここを意識しておけば、たとえその中でカタチや素材が異なる物があっても、並べた時に「色」が統一されていれば、この画像のようにスッキリみせる事ができます。

また、高さが異なる容器の場合は高さ順に並べる。色がバラバラの場合はグラデーションなるように並べる。など、並べ方にも工夫をすればより美しく見せることができます。

シールタイプの収納ラベル

背景が透明の収納ラベルで清潔感もアップ!

このような透明の瓶やプラスティック製のボトルなどにラベルを貼る際は、背景が透明のタイプのものを選ぶと、清潔感もありますし、文字が浮き上がって見えるので見た目にも綺麗ですね!

また、洗剤やシャンプーなど水回りで使用する容器に貼る場合は、剥がれないように「耐水性」のタイプを選んでおくと安心です。

書き込めるクラフトテープを使った収納ラベル!

このオシャレな縦長のラベルですが、mon・o・toneオリジナルの「クラフトテープ」なんです。素材が「紙」なので、水気の無い場所向きの素材です。

白と黒の2色セットで販売されているのですが、白い方のテープには、Name・Size・Style・Descriptionと、収納しているモノの情報を書き込めるスペースがあるので、収納ラベルとしても活用できて便利です。

※ただし黒い方は、取扱い注意などの6種の柄になっているので書き込むスペースがなく、梱包向けのデザインとなっています。

アイコンやナンバーを使った収納ラベル

ナンバーを使った収納ラベル!

こちらは、セリアのラベルを使ったアイデアですが、これだけ大きいラベルを使用すると、遠目からでも、ひと目でわかるので、高い位置に収納する場合にも対応できますね!

ナンバーで管理したい書類や、アルバムの収納にも最適ですし、ちょっと書き足したい場合は、マスキングテープにサッと書いて、追加のラベルとして貼るのも手軽でいいですね♪

他には、カラクロなどの衣類やモノの管理アプリを普段から使用してある方は、衣替えや長期保管の際にある程度分類し、収納容器ごとにナンバーのラベルをつけ、アプリに登録しているアイテムに収納した容器のナンバーを入力しておけば、アプリ上でどのアイテムがどの容器に収納されているかも確認できるので、管理もしやすくなりそうですね!

アイコンを使った収納ラベル!

衣類の収納も、アイコンを使ったデザインにするだけで、格段に認識しやすくなりますね!

このようにアイコンを使用したラベルは可愛いですし、小さいお子様用の収納ラベルとして活用すれば、お片付けや身支度などを楽しみながら積極的にしてくれそうですね♪

その場合は、アイコンにひらがなを添えて作ったり、好きなキャラクターや、色分けも加えたりと、お子様が一番興味を持ってくれるラベルにすると更に効果もあがりそうです!

写真を収納ラベルとして活用する!

写真をラベル代わりに活用し、マスキングテープで無造作にとめるだけで、非常に分かりやすい上にオシャレに仕上がりますね♪

数点ごとに収納する衣類や小物や、高くて手が届きにくい空間を使う収納にも便利なアイデアではないでしょうか!

また、ショップや通販などで衣類や小物類を販売されている方の場合は、在庫が薄い時はどうしても複数の商品をまとめてダンボールなどに入れて管理される場合もあるかと思いますが、その際には、商品画像とタイトルに品番をつけたものを一覧で印刷して、貼っておくことで、棚卸しや受注の際にも対象の商品を探しやすく、出し入れしやすくなりそうですね!

張替えずに使える収納ラベル

黒板タイプのシールラベル!

黒板素材はカフェ風に仕上げたい時だけなく、何度でも消して書き直せるので、収納するモノを変更する可能性がある場合、日付や在庫など情報を更新していきたい時にも最適のラベル素材です!

こちらは、黒板素材のシールなのでペタッと貼るだけで、簡単に貼ることができます♪

シールタイプは、デザインもサイズも豊富に販売されていますし、シートタイプならを購入して好きなカタチにカットして使用することもできます。ラインの形状が良ければテープタイプの巻いたものまでありますので、用途にあわせて選ぶと良いですね♪

黒板塗料を塗ってラベルにするー①

こちらは黒板塗料をザックリ塗ってラベルとして活用する方法ですが、フリーハンドで塗られた感じと、手描きの雰囲気がとってもオシャレですね♪

黒板塗料は、壁などのDIYで使用した後に余りが出ることが多いので、そんな時はラベルとして有効活用されてみてはいかがでしょうか!

黒板塗料を塗ってラベルにするー②

こちらも黒板塗料を、マグネットタイプの調味料入れの蓋に使用したアイデアですが、綺麗な半円に塗られていて仕上がりも素敵ですね!

マスキングテープなどで、塗りたい所以外を養生してから塗ると、このように綺麗なラインを出すことができますし、マスキングテープの貼り方を変えれば、三角やひし形など他のデザインも楽しめますよ♪

ネームプレートやタグを使った収納ラベル

ネームプレートとマステをラベルに活用!

こちらは、セリアのネームプレートとマスキングテープをラベルとして活用しているアイデアです!

糸などを色別で収納してあるのですが、マスキングテープの色分けや、アイコンなども組み合わされているので、オシャレなだけでなく、とっても分かりやすいですね♪

このような「ネームプレート」を活用すれば、簡単にラベルの差し替えもできますし、よりこだわり感が生まれます!

また、中に入れるラベルは、タックシールを使用しなくても通常のプリント用紙や裏紙などに印刷して使用することもできますし、プリンターが自宅に無い場合でも、通常の紙やクラフト紙などに手描きやハンコで簡単に表記する事もできるので、大変便利だと思います♪
 

ダブルクリップを使った簡単オシャレタグ!

色分け用の厚紙と、スタンプで作ったタグを重ね、ダブルクリップでとめるアイデアです。手軽な材料で簡単につくれるのに、一手間かけて色やカタチなどに統一感を持たせてあるので、綺麗にまとまって見えますね♪

ファイルで管理するといえば書類関係ですね。デスク周りであれば、進行中の案件の書類や資料を、処理前・処理後・緊急などとタスク別に分けて収納したり、設定した保管期限に合わせて分類したりされている方も多いと思います。

しかし、ファイル自体の色で分類したり、シールタイプのラベルを使用する場合、書類の量が増えたり不要になった際に、同じサイズは合っても色が違うからとファイルを買い足したり、使えなくなったりと応用しにくく無駄が出る場合もありますよね。

そんな時でも、このアイデアを活用すれば「色分け」を加えられる上に、ラベルを簡単につけ変える事ができるので、無駄も出さず管理しやすくなるのではないでしょうか。そして、主婦の方も、書類や保証書などの分類~家族一人ごとに色分けして郵便物を仕分けるなど重宝しそうですね♪

また、収納容器に合わせて、素材を「紙」から麻・コットン生地・レザーなどに変えたり、水回りで使う時はビニールやプラスティックでつくったりと、いろいろ楽しめそうです!

プラバンでつくる拘りタグ!

アクセサリーづくりなどでも大活躍のプラバンを使った収納タグのアイデアです。タグもこのように作って取り付ければ、かなり可愛いく仕上がりますね!通常のラベルと違い立体的ですし、こだわり感もしっかり感じられるのではないでしょうか♪

イラストなので非常に分かりやすいですし、色を加えたり、衣類だけでなく食品など様々な収納場所に活用できますし、色をつけて楽しんだり、あえて数字やアルファベットのみで作ったりと、アイデアしだいで自由に楽しめるので、重宝しそうですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?納ラベルは収納したモノを利用しながら、日々を快適に過ごすには、やっぱり欠かせない存在ですね!

しかも、作り方や素材をちょっと変えるだけで、オシャレに仕上げたり、個性を出したりと、ラベルを貼ることでインテリア性も向上するのも嬉しいポイントです。

是非、使い勝手も考慮しながら、拘りのつまった収納ラベルを活用されてみて下さい♪
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • As

    はじめまして。日常をちょっと楽しくしてくれるモノづくりを楽しんでいます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事