2228 VIEW

すのこを活用するオシャレなDIYアイデア!

通気性抜群で湿気やカビ対策でもお馴染みの「すのこ」は100円ショップでも気軽に手に入る上に、扱いやすいので「DIYの材料」としても優秀ですね!今回は、そんなスノコを使って、カバー・テーブル・収納家具などをオシャレに作り上げるDIYアイデアをご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2017年3月6日更新

目次
  1. すのこの魅力とは?
  2. すのこを壁掛け収納に活用するアイデア
  3. すのこを様々カバーに変身させるアイデア
  4. すのこをテーブル・椅子に変身させるアイデア
  5. すのこを収納家具に変身させるアイデア
  6. まとめ

すのこの魅力とは?

すのこの魅力は、材料が余った場合でも、購入からDIYする間の保管時でも充分に活用できるという点ではないでしょうか。その間にベッド、棚、押入れの下に敷いて本来の使い方をしておくだけで、邪魔になるどころか湿気・カビ対策も出来て一石二鳥です。

そして、ちょっと使いたい時にわざわざ木材をカットして準備しなくても、スノコを分解するだけで手軽なサイズの木材が手に入る事や、ちょっと手を加えるだけでオシャレに仕上がる上に、DIYでも組み合わせやすく、加工が簡単という点でも大変魅力的です!

すのこを壁掛け収納に活用するアイデア

すのこをディアウォールと組み合わせる!

賃貸で壁を傷つけずに幅広いDIYを楽しむことができる「ディアウォール」は2×4の木材を使用するので、スノコと素材の相性も抜群ですし、塗装をしなくても、背景となる壁紙次第でこんなにナチュラルでオシャレな雰囲気が出て素敵です。

このようにディアウォールと組み合わせれば、壁のないカウンターキッチンから天井までの空間に、同じ要領でスノコを使った壁面収納も出来ます。

キッチンは、できるだけ効率よく、広く使いたい場所なので、現在収納スペースが足りなくてお困りの方は、調味料や調理器具などを、見やすく使いやすい高さに壁面収納するだけでも、格段に作業効率が上がること間違いなしですね♪

 

すのこ×アイアンウォールバーを組み合わせて本棚をつくる!

すのこの裏面に落下防止として「アイアンウォールバー」を取り付けるだけでオシャレな本棚の完成です!

裏側の形状を有効活用した画期的なアイデアですね!壁に取り付けなくても、このように床に立てかけ、隣り合う棚と高さを揃えるだけでもスッキリ見えますね!

このアイアンウォールバーは、セリアなどの100円ショップでも手に入るのでお手頃価格で作ることができますよ!
 

すのこ[木製パレット]を使って工具を収納!

普段からDIYを楽しんでいると自然と増えてくる工具も、壁面収納をすればひと目でどこに何があるのか分かるので、グッと使い勝手も良くなりますね!

そして、このように重量があるものを収納する場合は、すのこ感覚でDIYに使われている「木製パレット」の方がオススメです。パレットは、物流などの現場で荷物を乗せるための台として使用されているのでとても頑丈です。

 

すのこ[木製パレット]を使ってワインラックをつくる!

すのこの「隙間」までを上手く活用することで、ボトルだけでなく、ワイングラスまで収納できるとっても画期的でオシャレなアイデアです!

この場合も、軽いモノを入れるならスノコでつくり、ワインボトルなど重量がある場合は「木製パレット」の方を使用すると安心ですね!

ワインだけでなく、本をディスプレイ収納したり、タオルをクルッと巻いて立てたり、アイデア次第で色んな収納に活用できそうです。

すのこを様々カバーに変身させるアイデア

すのこで植木鉢カバーをつくる!

観葉植物はオシャレですが、鉢がいまいち気に入らなかった。重くて掃除する時移動させるのが大変。といった悩みも多いですね。

しかし、スノコを箱状に組み合わせて、キャスターと、ロープの持ち手をつけるだけで、この2つのお悩みは瞬時に解決できます♪

塗装までは大変!という時はこのように「ステンシル」のアクセントを入れるだけでしたら、すぐ完成しますしオシャレ感もグッとアップします!

この要領で作れば、ぬいぐるみや大きいおもちゃを入れておくと、ロープを引くだけで子供さんでも簡単に移動できますね!収納もできて一石二鳥です♪

すのこで室外機カバーをつくる!

見落としがちな室外機もカバーをかけるだけでオシャレになる上に、側面に吊るして収納するスペースも増えて大変便利です!こちらは、すのこ4枚を使って作られたカバーで、手軽に作りたい方にも最適ですね!

他にもファンの前にあたる部分をカットして、オープンにしたり、網を取り付けて窓のように仕上げたり、上部にすのこ×棚板をとりつけ植物を飾るスペースを増やしたりとアレンジも楽しみたいですね!

すのこでダストカバーをつくる!

家の中で一番見せたくない箇所といえば、やはりゴミ箱ですね!使い勝手の良さを考えると、すぐ手が届く位置に置いておきたいけれど、見た目を考えると見えない場所に設置したい存在です。

そんな時にカバーをかけるだけで、家中どんな場所に設置してもインテリアを害する事がなくなるのでかなり重宝します。

こちらのオシャレなカバーは、なんと全て100円ショップ「セリア」の材料で作られています!6枚分のスノコをばらして使用し、蓋部分はコルボードとサインボードでできています。リーズナブルな価格で作れるのはかなり嬉しいポイントです!

そして、スノコのサイズ次第で大小のゴミ箱に対応できるので、セットで作るのも統一感もでて可愛くなりそうですね♪

スノコで傘立てカバーをつくる!

こちらは、スノコとSPFの1x4材を組み合わせて作られた傘立てカバーです。

オシャレに仕上げるだけでなく、コンパクトで入りきれなかった傘立てに、二倍程度の幅の傘立てカバーを取り付けることで収納力を大幅にアップするアイデアです!

また、背面にフックを取り付けることで、折り畳み傘なども吊るして収納できるので重宝しそうですね♪

勿論、カバーとしてだけでなく傘立てとして活用できますし、傘が少ない場合は薄型につくって隙間収納として設置するといいですね♪
 

すのこでカラーボックスに扉をつける!

お馴染みのカラーボックスもオープンタイプですと、ディスプレイ収納やボックスを活用する場合には良いのですが、そのままモノを入れてしまうと、どうしてもごちゃっと見えがちですが、目隠しとして扉をつけるだけでオシャレなキャビネット風にランクアップします♪

こんな時は、このようにスノコを活用すれば、丁番と取っ手をとりつけるだけでOKなので、少ない材料で手軽に仕上げることが出来ますね!隣り合う家具とも、木調で統一されているので雰囲気が良いですね!

お部屋の雰囲気や、設置する場所との配色、取り付けたいカラーボックスの色合わせなども配慮しながら、塗装をするのもオススメです♪

すのこをテーブル・椅子に変身させるアイデア

すのこで折りたたみテーブルをつくる!

なんとこちらは、すのこ2枚×折りたたみ脚の組み合わせで作られた、テーブルです!

折りたたみタイプのテーブルは、使用しない際は省スペースで収納することも出来ますし、持ち運びも簡単なのでひとつあると大変便利なアイテムですね♪

すのこはオイルステイン塗装が施され、脚部分もつや消しのラッカースプレーで光沢を押さえるなど、しっかり細部まで拘ってつくられているので、元がスノコだとは感じさせない程、雰囲気も格段にアップしています♪

このような一手間の違いで仕上がりも大きく変わるので、長く愛用するためにも細部まで拘りたいですね!

 

すのこでサイドテーブルをつくる!

このハイセンスなサイドテーブルですが、驚くことに、スコノをカットして、ボンドで固定するだけ。という、とっても簡単な方法で出来ています!

しかもスノコが10枚あれば、同じものが2つ完成するので、隣り合わせて広く使うこともできますし、寝室のベッドサイドと、リビングのソファー脇などでお揃いで設置することもできますね。

また、このようにライトを置きたい時も、スノコの「隙間」を活かせばコードを綺麗に隠すこともできるので、普通のテーブルにはない魅力があって素敵ですね!





 

すのこで椅子をつくる!

こちらは、先程ご紹介しましたサイドテーブルと同様にスクエアにカットして作るタイプの椅子ですので、デザインが気に入られた場合、合わせてつくっておくとセットというわけではないのですが、統一感も出てより素敵な空間になりそうですね!

座面の下には雑誌なども収納することができますし、椅子として使用しない場合でも、観葉植物などを飾ったりする棚としてもフル活用できそうです♪

木製パレットで頑丈な椅子をつくる!

スノコの椅子も可愛くて素敵ですが、もっと頑丈な椅子がつくりたい場合は「木製パレット」を活用しましょう!

こちらは、木製パレットに、角材とクッションを合わせて作るアイデアです。木の素材感もたっぷりで素敵ですね♪

すのこを収納家具に変身させるアイデア

すのこで野菜ストッカーをつくる!

こちらは、スノコと焼き網を組み合わせて土台をつくり、フレーム付きのチキンネットで作った蓋を取り付けた野菜ストッカーです。

スノコを使えば通気性も良く、野菜ストッカーとしても最適ですね!そして、かなりオシャレな仕上がりですが、材料は全てセリアの商品が使われているので驚きです!

野菜ストッカー以外でも、子供のおもちゃを収納したり、キャスターをつけて押入れ収納などにも大活躍できそうですね♪


 

すのこで収納ラックをつくる!

大小2種類のスノコを組み合わせれば、収納ラックも簡単に作ることができます。

こちらは、高さだけでなく、収納するモノの素材や色。塗装も側面と棚板部分を変えたり、隣のキャビネットと統一感を持たせてあるので、よりオシャレな印象に仕上がっていますね!

すのこで隙間ラックをつくる!

こちらは、すのこ3枚を組み合わせ、キャスターと持ち手を取り付けて作られた可動式の隙間ラックです。

洗面所やキッチンで発生する「隙間」を有効に活用するには、やはりラックが最適ですね!DIYで作ることで、サイズもピッタリ収まるのも嬉しいポイントです。

洗濯機横では洗剤、掃除道具、洗濯ネット、ドライヤーなどの小物類。キッチンでは調味料や調理器具などがたっぷり収納できるので、スッキリと片付きそうですね♪

 

すのこでベッド下収納をつくる!

ベッドやソファーなどの下の空間は、見落としがちなデッドスペースですが、このようにスノコにキャスターを取り付けるだけで、有効活用させることができます。

キャスター付きなので掃除も簡単ですし、このように一手間加えて見える部分に「板とフレーム」を取り付ければ、一見収納付きベッドの引出しにも見えるのでとってもオシャレですね♪


 

すのこでベビーゲートをつくる!

スノコに「スプリング蝶番」を取り付けるだけで、オシャレなベビーゲートの完成です。
外側に壁掛け収納のように、おもちゃを取り付けておけば、子供さんも楽しく遊んでくれそうですね!

賃貸の場合は取り付けが困難なため、ベビーゲートには、突っ張り棒を活用したりといった方法などが多いですが、このように、スノコを取り付ける際にディアウォールを設置して固定すれば問題クリアです♪
 

まとめ

いかがでしたでしょうか?ご紹介しましたように、すのこは、本当に色んなものに可愛くリメイクすることができるので、DIYをしたい時にも大変便利なアイテムです。

手軽に作りたい時、頑丈に作りたい時など用途に合わせて、すのこだけでなく、木製パレットも組み合わせながらぜひ素敵なインテリアをつくられてください♪
 
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • As

    はじめまして。日常をちょっと楽しくしてくれるモノづくりを楽しんでいます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事