1053 VIEW

押入れをオシャレに使いこなす改造アイデア!

押入れは奥行きがあって使いにくいなどと敬遠されがちですが、上手に使うことで日々の生活を快適にしてくれる場所でもあります。アイデア次第で部屋を広く見せたり、大きな家具を減らし部屋を広く使う方法などもあります。今回は押入れがあって良かった!と思えるような改造アイデアをご紹介します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2017年3月5日更新

目次
  1. 押入れの魅力とは?
  2. 押入れ×作業スペース
  3. 押入れ×くつろぎスペース
  4. 押入れ×キッズスペース
  5. 押入れ×ペット
  6. 押入れ×ディスプレイ収納
  7. まとめ

押入れの魅力とは?

大容量のスペースを確保できる

押入れの最大の魅力はやはり、奥行きもある大容量の空間であることですよね!

平均的に押入れの間口は、1650~1800mm。高さは、上段900~1000mm・下段650~750mm。そして奥行きは、800~850mmが目安となっており、これに天袋がつきますね。

これだけの空間があれば収納力も抜群ですし、アイデア次第で様々な空間として活用することができます。

全てを収納スペースとして利用するのも、勿論ですが、家中の収納力をアップして押入れに機能を持たせた空間としてオシャレに活用できる魅力的なスペースです!

2段に分かれているので使い勝手が良い

何もない空間を使うのも勿論便利ではありますが、場合によっては高さを上手に使うために、高さを分ける「家具」が必要となるケースもあります。

しかし、押し入れの場合は2段に分かれているので、そこを活かした使い方をすることで、家具を買い足すこともなく上下の空間を活用できる点も大きな魅力です。

しかも、押入れは上段と下段に分かれていますが、下段の高さは650~750mmが一般的です。そして一般的な机の高さは680~740mmのモノが多いですよね。つまり、デスクや作業台としても最適な高さになっているんです。

デスクや作業台として使えるようにすれば、わざわざ机を購入する必要もなくなりますし、本来机を置くスペースに考えていた場所を他の事に活用できます。

また、押入れの上段にあたる、高さが600~1250mmの空間は楽に手が届く範囲なので出し入れが一番しやすい高さで、収納の点から考えてもとても魅力的です。

このように分割された空間を活かす使い方をすれば、最大限に押入れを活用できますね!

押入れ×作業スペース

押入れをオシャレなワークスペースにする!

このように、押入れの襖を取り外し、ワークスペースとして活用することができます。

レンガ調の壁紙を押入れの奥・天袋の襖・同じ面の壁に貼ることで、押入れが独立した空間でなく、部屋にしっかりと馴染みますね。

部屋の基本となっている壁と、色やデザインを変えることでアクセントにもなり、よりオシャレに仕上がります。

一般的なデスクの奥行きは550~600mmですが、押し入れはそれ以上に奥行きがあるので、棚やOS機器などデスク周りに欲しい物もしっかりと設置することができます。また、ワークスペースとして使用する場合は、部屋の照明だけでは暗いので、照明は必ず設置するようにしましょう。

また、押入れ部分の「木」の素材感を活かして椅子も木材のタイプを使用することで統一感も出てとても素敵ですね!椅子を選ぶ際は、自分にあった差尺を意識して高さをあわせるとより快適に使えます。


 

押入れを二人がけの作業スペースにする!

こちらも襖を取り払って、デスクとして活用するアイデアです。押入れの間口は、1800mmなどと広いので、このように椅子を2つ並べる事も可能ですね!

そして、お部屋の壁紙に合わせて、押入れに塗装や壁紙を貼れば、お部屋の一角にとしてしっかりと馴染みますね。また、ホワイトは膨張色なので、部屋をより広くみせる事も出来ますし、暗くなりがちな押入れの中も明るく感じられます。

下段も奥行きがあるので、ちょっと物を置きたい時でも、壁側に収納棚を設置すれば足にあたることもなく広々と使えますね!キャスター付きのタイプを使用すると掃除も楽にできます。
 

押入れ内部に棚を設置して機能性をアップ!

このように、襖を取り払い、棚板をとりつければ収納力も大幅にアップして作業台としても最適な空間に生まれ変わります!しかも「マグネットペイント」を使った塗装が施されているので、メモや書類などもペタペタ貼れて機能性も充分!

ちょっと大変な作業ではありますが、ダウンライトを埋め込んだり、天袋にブラインドを設置するなど細部までしっかりクオリティを高めて仕上げることで、押入れとは思えないこんなに洗練された雰囲気になります。

ベンチチェアもオシャレですね!背もたれもないので、使用後はそのまま押入れ下段に収納できるので省スペースに収まるのも嬉しいポイントです。

また、使用頻度やお部屋の使い方にもよりますが、お家に置く家具の数を減らしたい場合はダイニングと、作業台のベンチチェアを共有すると、1つで済みますし下段もその分有効活用できます。

 

間口の狭い押し入れもデスクにできる!

押入れはこのように間口の狭いタイプもありますが、諦める必要はありません!奥行きがあるので、収納も楽しみながら、デスクとしてもしっかり活用することができます。

幅がない分収納スペースは限られてきますが、上段・下段ともに壁側に棚を設置することでクリアできます。

多少モノが多くなっても、使用しない時は、このようにカーテンで目隠しをすればスッキリした部屋を保つことができますね。壁紙や椅子の色もカーテンに合わせた配色になっていて、とっても素敵ですね!


 

押入れ×くつろぎスペース

押入れをダイニングテーブルに活用!

押入れの襖も全て取り払い、コンクリートのような壁紙で統一感が出されているので、スタイリッシュで開放感もあってオシャレですね!押入れと天袋までを同系色の布で仕上げてあるのも素敵です。

このようにオープンにして、必要最低限のモノだけを置いておけば、食事をしたりお酒を飲んでくつろぐ事も出来ますし、作業スペースとしてもマルチで活用できる空間になりますね!

 

とっておきのくつろぎスペース!

押入れの襖を取り払い、はしごをかけ、上段に通所のお部屋のように、座椅子などを設置すれば自分だけのくつろぎスペースに生まれ変わります!

この、程よい狭さは逆にリラックスできそうですね!このように鏡をかけ、反射を利用すれば抜け感もでますね。

上部はくつろぎ空間。下段は収納スペース。と分けることで、欲しい空間も収納スペースもしっかり確保されています。収納スペースを隠したい際は下段だけに、カーテンや扉などを設置しても可愛く仕上がりそうですね!
 

押入れ×キッズスペース

子供が喜ぶ秘密基地をつくる!

ハシゴをかけて上げれば上段に登れるので、キッズスペースとしても有効に活用する事ができますね!ポップな配色と、子供心をくすぐる秘密基地っぽい雰囲気が素敵です!

マットなどを敷いて寝転んだりできるスペースにするのも素敵ですし、このように子供用の椅子やテーブルを置いてあげれば中でお絵かきをしたり遊びの幅も広がりそうですね!

おもちゃの収納もできる空間に!

押入れの下段部分は、落下の心配もなく安全に遊ばせられる空間ですね!このように棚板やフック。カゴなどを設置すれば、おもちゃなどの収納にも最適です。

押入れをキッズスペースにすれば、部屋中におもちゃが散らかることもありませんし、カーテンなどを取り付けておけばどんなに散乱していても、サッとしめるだけでOKになるので楽ですね!
カフェのカウンター風仕上げになっているので、オシャレなだけでなく、子供たちもお店屋さんごっこをしっかり楽しめそうなスペースですね!

ちょっと大変な作業にはなりますが、このように、上段にを取り付け、ハシゴではなく、手すりつきの階段までしっかりと作り込んでおけば、安全面でも安心です!

下段にカーテンを取り付け目隠しにすることで、収納としては勿論、キッズスペースとしても自由に利用する事ができて便利です。

 

押入れを二段ベッドにする!

押入れの襖を外し、ハシゴと転落防止の柵をつければ、子供用の二段ベッドとしても活用できます。子供部屋らしい配色の塗装や、ガーランドなどの飾りも可愛くて素敵ですね。

二段ベッドは設置スペースも必要になりますし、いずれ使わなくなることを考えると、押入れを活用するのは無駄も無くマストですね。

また、ベッドではなく、通常のお布団を敷く際には、敷布団の下にスノコを入れると通気性も良くなります。


 

押入れ×ペット

押入れ下段を愛猫用ゲージにする!

押し入れの襖を外し、「木枠×ワイヤーネット」を組み合わせて扉を取り付けるだけで、広いスペースのゲージが完成です。

市販のゲージなどはどうしても場所をとってしまいますが、このように押入れを活用すれば最適ですし、とっても可愛いですね!猫ちゃんがリラックスできる空間を作ってあげましょう♪

押し入れを顔が出せる愛犬用ゲージにする!

こちらも同じくゲージですが、わんちゃんが立ち上がってちょっと顔が出せる高さに調整してあります。更に飼い主さんのデスクと隣接しているのでいつでもパッと顔を合わせることができる最適なレイアウトですね!

そして、ペット用で一番気になるのは臭いですが、脱臭効果の高い壁素材「LIXIL[リクシル]の エコカラット」が使用されています。このエコカラットは快適な湿度を保つ効果もあるのでオススメです。

更に、床材には、愛犬の足にも優しい「コルク」が使用されているのでとても快適な空間になっています。

押入れ×ディスプレイ収納

押入れをショップ風のオシャレクローゼットにする!

衣類の収納となるとやはりハンガーでかける収納が一番便利ですよね!押し入れの襖を外し、上段に突っ張り棒を入れるだけでもクローゼットとして機能性を持たせる事ができます。

こちらは、下段のプラスチックケースのリメイクから、全体の塗装までかなり完成度の高い仕上がりですね!上段にはディアウォールも設置されており、扉を取り付けることも可能になっています。

布や木箱を使って見せる収納スペースに!

塗装や壁紙を貼るだけでなく、気に入った生地を敷いたり、ピンでとめるだけでもオシャレ感がしっかりでますね!木や籐などナチュラルな素材感が基調となっているのも素敵です。

下段は奥までしっかりと仕上げなくても、このように木箱などを高く積むと目隠しにもなります!

この場合は、下段の奥に重たくて使用頻度の低いものを収納して、手前の部分で使用頻度の高いものを見せる収納として楽しめば使い勝手も良くなりそうです!

押入れの壁面もしっかり使ってオシャレ収納!

押入れ上段も、このように上から下までしっかりと区分けして収納すれば、奥も側面もオシャレな収納空間になりますね!

また、見せる部分と、スクエアボックスを活用してスッキリ隠す部分とメリハリがついているので整頓された感じも素敵です。

下段は収納スペースとして、ロッカー風の引き出せる収納に仕上げてあります。収納の視点から考えると、ちょうど押入れの下段にあたる0~600mm以下の高さにある空間は、奥が見辛いのでかがんだり、座ったりしないと出し入れが大変です。

更に奥行きがあるので、このように「引出しやキャスター付きの収納家具」を合わせて使うことでスムーズな出し入れが実現します!


 

まとめ

いかがでしたでしょうか?押入れもちょっと手を加えるだけで、このように多種多様な使い方ができ、大変便利な空間に生まれ変わらせることができます。

活用を考えてある方は、ぜひライフスタイルに合わせて、最適な空間に改造しましょう!
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • As

    はじめまして。日常をちょっと楽しくしてくれるモノづくりを楽しんでいます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事