植物を閉じ込めたハーバリウムがステキ♪作り方と魅力を大公開

みなさん、ハーバリウムをご存知ですか?ハーバリウムは、特殊な液体の中に植物を閉じ込め、長く鑑賞することができる魅惑のインテリア。今回は、このハーバリウムの作り方と魅力をご紹介していきます。ぜひ参考にしてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2017.11.11 作成:2017.11.11

目次
  1. ハーバリウムとは
  2. ハーバリウムを作ってみよう!
  3. ハーバリウム用ドライフラワーの作り方
  4. 色々なハーバリウムのある暮らし
  5. ネットで購入できるおすすめのハーバリウム特集
  6. まとめ

ハーバリウムとは

本来は複数の植物標本を表す言葉

ハーバリウムとは、押し花などの植物標本を表す言葉ですが。
最近はドライフラワーなどを透明な液体に浸けてかわいい瓶に入れたインテリア雑貨のことを指すことが多く大変話題になっています!

今回はこのハーバリウムの作り方や魅力をご紹介いたします。

ハーバリウムを作ってみよう!

ハーバリウム作りはとてもカンタン♪

①瓶を殺菌後、しっかり乾燥させる
②ドライフラワー・プリザーブドフラワーを瓶の中に入れる
③専用オイルを注いで、しっかりと蓋を閉める

この3ステップで完成します。
ですが、安全に作り長持ちさせるには注意点があります。楽しく作るためにも、以下のことに気を付けて作りましょう♪

【注意点】
①瓶は『完全に乾燥させたもの』を使用する(カビ・藻の発生の原因になるため)
②ドライフラワー・プリザーブドフラワーを使用する(同じくカビなどの原因になるため)
③専用オイルを使うのがおススメ。(安全性も高く長持ちするため)

では、早速作り方を見ていきましょう!

材料・道具

【材料】
・密栓できるビン(殺菌後、完全乾燥させたもの)
・プリザーブドフラワー・ドライフラワー
・ハーバリウム専用液

【道具】
・はさみ
・ピンセット(あれば長いもの。なければ長い竹串等でも)
・注ぎ口のある容器(あると便利。殺菌後完全乾燥させたもの)

作り方

1.花材をカットする

花材をビンの高さに合わせてカットします。

組み合わせて、長い場合はカットする

カットしたものを組み合わせて微調整します。
画像の花材のように、茎全体に葉がある場合は下から1㎝程度の葉を取り除くとキレイ。

2.花材を瓶に入れる

殺菌後完全乾燥させた瓶に、花材を入れます。長いピンセットや長めの竹串があると便利。

花材を入れるときは、短いものから

花材に長短のあるものを使う時は、短いものから入れるのがおススメ。

全体のバランスを見ながら、口まで入れていきます。

3.オイルを用意する

オイルを用意します。注ぎ口がないオイルを使う時は、殺菌後完全乾燥させた、注ぎ口のある容器に小分けすると便利。

4.オイルを注ぐ

ビンを斜めにし、ねじの下部分くらいまで静かに注ぎます。気泡が少なくなるまで待ちます。

5.しっかり蓋を閉める

オイルが漏れないように、しっかりと蓋を閉めます。

完成です!

ハーバリウムが出来上がりました。

材料を入れていくだけなので、カンタンに出来ますね♡
画像のように、アレンジするとオシャレな雰囲気に。

長持ちさせるコツは「ビンと花材は、完全に乾燥させたものを使うこと」。
これさえ守れば、長く楽しめますよ♪

今回は簡単にご紹介しましたが、もっとくわしく知りたい!という方はこちらへ。
オイルについての説明など、詳しく載っていますよ♪

ハーバリウム用の「オイル」が長持ちのカギ

ハーバリウムの作成に必要なアイテムとして欠かせないのが「ハーバリウム用の専用オイル」。この専用オイルに植物を漬け込むことで、植物が枯れずに3ヶ月~1年ほどもつと言われています。

ただ、この特殊な「ハーバリウム用の専用オイル」が厄介で、手に入れるのが困難。
そのため、DIY好きさんたちは、「ベビーオイル」で代用しているようです。

ただベビーオイルですと、植物の色を溶かしてしまうため、あまり長持ちはしないよう…。しかし、こんな現状を打破してくださるお店が現れました。
そのお店の名は「ハルコレ」さん。

ハルコレさんのハーバリウム専用オイル

こちらがその「ハルコレ」さんのハーバリウム専用オイルがセットになったキット。

2017/03/06から特別に注文の受付を開始してくださるとのこと。
このキットさえあれば、長持ちするハーバリウムが自宅で簡単に作れるようになるのです!

オイルも前は在庫がなかったようですが!下記のサイトより購入できますので、今のうちに確保しておきましょう。

※注意※
こちらの商品の価格は変動することがあります。購入する際は必ずリンク先で金額を再度ご確認ください。

動画でハーバリウムの作り方をチェック

ハーバリウムの作り方について、詳しく動画で解説されています。

ハルコレさんのオイルを使ったハーバリウム、ペッパーやオレンジスライス、唐辛子などドライフラワーに限らず色々なものを入れてみましょう。

色落ちを押させるドライフラワーがポイント!

大事なポイントは「生花」ではなく「ドライフラワー」、もしくは「プリザーブドフラワー」をチョイスすること。生花は色が溶け出しやすく、数日でオイルが濁ってしまいますので要注意です。

しかし、普通に吊るして乾燥させたドライフラワーは色褪せていて、あざやかさが足りませんよね。色の薄いドライフラワーでは、ステキなハーバリウムが作れるか疑問です。
そこで、次は色落ちを抑えるドライフラワーの作り方をご紹介していきます。

ハーバリウム用ドライフラワーの作り方

ドライフラワーでも色を残せる

色落ちしにくいドライフラワーの作り方をご紹介してまいります。

ドライフラワーは通常、生の花を風通しの良い場所に干して作りますが、これでは花がすっかり乾燥するまでに、かなり色落ちしてしまいます。

今回はそれではいけません。

そこで使うのが、お菓子についてくるあの乾燥材です。

シリカゲルが救世主に

お菓子などに付いてくる乾燥材。これは、名前をシリカゲルといいます。ドライフラワーの色落ちを防ぐには、このシリカゲルが大量に必要です。
と言いましても、お菓子を大量に購入してシリカゲルを集めて回る必要はありません。Amazonなどの通販サイトで簡単に購入できますし、値段も安価ですので、安心してくださいね。

シリカゲルでドライフラワーを作る方法

それでは、いよいよシリカゲルを用いた色落ちしにくいドライフラワーの作り方をご紹介します。

色落ちしにくいドライフラワーの作り方
1.タッパーなど密封できる容器を用意。
2.タッパーの底にシリカゲルをたっぷりと敷く。
3.キッチンペーパーで優しく花の水分を拭き取る。
4.水分を拭き取った花をシリカゲルの上に並べる。
5.花の上からシリカゲルをたっぷりとかける。花が埋もれるほどたっぷりとかけてください。
6.タッパーのフタをし、湿気のない場所で10日~15日ほど放置し完成。

これでドライフラワーの完成です。まったく色落ちしないというわけではありませんが、干して乾燥させるよりも色がキレイに残りますので、ハーバリウムを作る際はぜひお試しください。

おすすめのシリカゲル

シリカゲルはこちらの商品のように、ドライフラワー専用の商品も販売されています。
通販以外ですと、ホームセンターで購入することができるはずです。最寄りのホームセンターに立ち寄ることがありましたら、ぜひチェックしてみてください。

色々なハーバリウムのある暮らし

カラフルなハーバリウムも素敵ですが、こいうったワントーンのハーバリウムならシックなインテリアのお家にもあいそう!

こちらの中身は葉などの植物かと思いきや、紫陽花を加工したものだそう。

こんなふうにあえて葉脈の透け感を演出することで、”植物標本”感が増しますね。お花だけじゃなく、薄い葉でつくる葉脈ハーバリウムもいい雰囲気になりそうです。
 
こんなふうにハーバリウムのボトルをスタッキングボトルにすれば、幾つも飾りたくなりますよね。

そして中に入っている小枝のようなものは、スパイスとしても人気のシナモンスティック!色味の強い植物の中でいいアクセントになっています。

他のスパイス系としては、ピンクペッパーやローリエなども使われている方を見かけました!
最初から乾燥しているスパイス系をアクセントに使うのはいいアイデアかもしれませんね。
お花はもちろん、フルーツもハーバリウムに!

植物よりも水分が多いので、薄〜く切ってよく乾かさないといけないという点では少し手間かもしれませんが、その分爽やかなハーバリウムになりますね

作者の方はほかにもりんごの薄切りやイチゴの薄切りもハーバリウムにされていました!
アイデア次第で様々なフルーツでハーバリウムが作れそうです
ハーバリウムに挑戦するときは、様々な植物の種類を揃えなくても大丈夫!

写真のように一種類だけでも十分におしゃれに変身します。

電球型ボトルでフォトジェニックに

こちらは電球型のボトルで作られたハーバリウムを、フェイクグリーンと共に飾られています。
紫色のグラデーションの美しいあじさいで作られたハーバリウムは、とても繊細で爽やかな印象で、横に置かれたグリーンと引き立てあっていますね。

電球型のボトルは、写真映えも上々なので、このようなフォトジェニックな一枚も簡単に撮影できます。
こんな写真を撮って、みんなでシェアし合うのも楽しそうですよね。

LEDライトで新しい楽しみ方も

こちらはLEDライトのついた花台に乗せられたハーバリウムの小瓶です。

ライトアップされたハーバリウムは、より幻想的に植物を照らし出し、浮遊感を高めます。
お気に入りのハーバリウムのもうひとつの楽しみ方として、とても癒やされそうで素敵ですね。
こちらのLEDライト台は、下のリンク先より販売もされています。
ハルコレさんの楽天市場店でも専用LEDコースターの取り扱いはあります。
間接照明としても使えて美しいライトアップが楽しめます。

※注意※
こちらの商品の価格は変動することがあります。購入する際は必ずリンク先で金額を再度ご確認ください。

ハーバリウムランプ

ハーバリウムをオイルキャンドルとして活用されている素敵な使用例です。

こちら、作家さんの手による作品ですが、専用の芯を入れることでアロマオイルランプとして使用できます。
オイルランプに灯される小さな炎が、インテリアを上質な癒やし空間へと変えていきます。

ハーバリウムピアス

ハーバリウムをアクセサリーとして持ち歩けたら・・・♡

女性なら誰もがキュンとときめいてしまいそうな、そんな素敵なアイデアも実現できます。

小さなガラスドームの中で花びらがゆらゆら揺らめく幻想的なピアスです。
ピアスに使えるガラスドームは、アクセサリー素材としてネットなどでも手に入りやすいですよ。

ネットで購入できるおすすめのハーバリウム特集

紫陽花タイプ スタンダード

こちらは、上記でご紹介したショップ「ハルコレ」さんが販売するハーバリウム。
中に詰まっている可憐な花は、紫陽花です。

色は、カシスワイン、モーニングイエロー、ライトグリーン、ロイヤルブルー、ローズが揃っています。こちらの写真だけでは魅力が十分に伝わりませんので、気になった方はぜひリンク先で他の写真もご確認ください。

また、こちらの商品は、ボトルのキャップが木製になっているプレミアムタイプも販売されています。

※注意※
こちらの商品の価格は変動することがあります。購入する際は必ずリンク先で金額を再度ご確認ください。

ミックスタイプ スタンダード

こちらは数種類の植物を閉じ込めたミックスタイプのハーバリウム。同じくショップ「ハレコレ」さんの商品です。
カラーは写真の通り、イエロー系、グリーン系、パープル系、ピンク系、ブルー系、レッド系が揃っています。

また、こちらは上記紫陽花タイプと同様に、キャップが木製になっているプレミアムタイプが販売されています。記事冒頭でご紹介していますので、気になった方はそちらもチェックしてみてくださいね。

※注意※
こちらの商品の価格は変動することがあります。購入する際は必ずリンク先で金額を再度ご確認ください。

ペッパーベリー スタンダード

続いてご紹介するのは、小粒の小さな実が可愛いペッパーベリーを閉じ込めたハーバリウム。
オレンジ、グリーン、ピンクの三種類が用意されています。また、こちらも上記2つと同様に、キャップが木製になっているプレミアムタイプが用意されているので、お好みに合わせてデザインを選ぶことが可能です。

こちらは洋のお部屋だけでなく、和のお部屋にも似合うデザイン。和室のインテリアとしても活用することができますよ。

※注意※
こちらの商品の価格は変動することがあります。購入する際は必ずリンク先で金額を再度ご確認ください。

まとめ

ハーバリウムについて特集してきましたが、気になる情報はあったでしょうか?今回ご紹介した通り、ハーバリウムはとてもキレイなインテリア。飾り方にこだわったり、写真の撮り方にこだわったりと、いろいろと楽しむことができます。
ぜひみなさんも、ハーバリウムを楽しんでください。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • shibao

    はじめまして。 不器用ながらも、日々DIYを楽しんでいます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事