植物を閉じ込めたハーバリウムがステキ♪作り方と魅力を大公開

みなさん、ハーバリウムをご存知ですか?ハーバリウムは、特殊な液体の中に植物を閉じ込め、長く鑑賞することができる魅惑のインテリア。今回は、このハーバリウムの作り方と魅力をご紹介していきます。ぜひ参考にしてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2017年10月18日更新

目次
  1. ハーバリウムとは
  2. ハーバリウムの作り方
  3. ハーバリウム用ドライフラワーの作り方
  4. ハーバリウムに使えるおしゃれなボトル
  5. ハーバリウムの色々なアレンジ
  6. ネットで購入できるおすすめのハーバリウム特集
  7. まとめ

ハーバリウムとは

フォトジェニックなインテリア

みなさんはこんなインテリア雑貨をご覧になったことはありますか?
ビンの中に閉じ込められた花がキラキラとしていて、とてもキレイなインテリアですよね。
このインテリアの名前は、「ハーバリウム」。

今回は、この「ハーバリウム」について詳しくご紹介してまいります。

本来は複数の植物標本を表す言葉

Wikipediaによると、ハーバリウムとは、複数個の植物標本を表す言葉とのこと。
しかし、最近では、植物を特殊な液体に浸けて保存しているおしゃれなインテリアの名前としての認知度が上がってきています。

インテリアとしてのハーバリウムは、特殊な液体に漬け込んだ植物の標本。お手入れいらずで、3ヶ月から1年ほど植物が美しいまま保存されるとのこと。こちらは、植物好きさんやDIY好きさんの間で広く注目を集めており、お好みの植物を使って、自作している方もいらっしゃいます。

今回ご紹介するのは、こちらの「インテリア」としてのハーバリウム。では、まずはこのハーバリウムの作り方から見ていきましょう!

ハーバリウムの作り方

ハーバリウム用の保存液

ハーバリウムの作成に必要なアイテムとして欠かせないのが、ハーバリウムを漬け込まれている「保存液」です。
この保存液の正体は、「オイル」です。オイルに植物を漬け込むことで、植物が枯れずに3ヶ月~1年ほどもつと言われています。

ハーバリウムに適したオイルは何?

オイルに植物を漬け込めば「ハーバリウム」が作られる、と言っても、どんなオイルを使ってもいいというわけではありません。

例えばわたしたちに馴染みの深いサラダ油やオリーブオイルといったオイルは、変色や酸化などで作品が劣化しやすい傾向がありますので向いていません。

「ハーバリウム」を作られる作家さんたちが使用されるオイルは、主に「シリコン」「流動パラフィン(ミネラルオイル)」の二種類であることが多いようです。

シリコンと流動パラフィンの違い

では、「シリコン」と「流動パラフィン」と、どちらを選べばよいのでしょうか。

一言で言うと、安全性の面においては「シリコン」のほうに軍配が上がります。
何故なら、流動パラフィンは200℃程度のものもあり、その場合消防法による「危険物」とされています。「危険物」とされている場合は、法律に基づいたいくつかの手続きが必要となり、販売を考えられている場合は特に注意が必要となってきます。
「非危険物」とされている流動パラフィンもありますが、低温で凝固したり白濁したりする傾向もありますので、扱いには細やかな注意を払わねばなりません。

一方、シリコンは、引火点が300℃以上で「非危険物」とされており、低温でも曇りが発生することはありません。より安心して使えるのはシリコンと言えるでしょう。

ただし、お値段はシリコンのほうが一般的には高価となっていますので、気軽に材料を揃えられないというのも困りますよね。また、シリコンのほうがテクスチャーがサラサラだということで、粘度による仕上がりへの好みの問題もあります。

流動パラフィンの引火性への実際の危険度で言うと、一般的な調理用オイルなどとそんなに変わりません。個人の楽しみで「ハーバリウム」を作成されるという方は、それぞれの好みに応じて、流動パラフィンを選択するのもいいでしょう。
実際、個人で「ハーバリウム」作りを楽しまれている方の多くは「流動パラフィン」を選ばれているようです。

保存液としてベビーオイルを使っても大丈夫?

ハーバリウムの保存液として、ベビーオイルを使われるという方もいらっしゃいます。

ベビーオイルの主原料は「流動パラフィン」。
ハーバリウム用のオイルは長らく入手困難とされていましたので、DIY好きのみなさんは、ベビーオイルで代用されていたという方が多かったようです。

ただベビーオイルですと、植物の色を溶かしてしまうため、あまり長持ちはしないと言われています。
(専用のオイルでも、入れる植物の状態や保存期間などによって色が溶けることはありえます。)
また、ベビーオイルはもともとお肌に直接付けて使うものなだけに、安全面に関する注意が油断から疎かになってしまいがちな面もあります。

今はハーバリウムが広まるとともに、ハーバリウム用のオイルを販売されるお店も増えてきましたので、専用のオイルを使われるのがおすすめです。

ハルコレさんのハーバリウム専用オイル

ハーバリウム用の保存液について、おすすめのショップさんをご紹介します。
ハーバリウムを始めとする素敵なインテリア雑貨の他、DIYする方のためにハーバリウム用の資材も販売されている「ハルコレ」さんです。

ハーバリウム用の資材を販売されるショップさんは増えてきているのですが、ここまでご紹介したとおり、ハーバリウム用のオイルには安全面に関する注意点など、気をつけるべき点がいくつかあります。

ハルコレさんは、明確なブランドポリシーを持って、安全面など使用される方の立場に立ったものづくりをされていますので、その点安心して使用することができます。

ハルコレさんで取り扱われているハーバリウム用オイルは、上でご紹介した分類では「流動パラフィン」に当たります。引火点は262℃ですので、法律上の「危険物」には該当しません。お試し用の500ml、1,620円(税込)から販売されています。
ガラスボトルも揃えたい方は、こちらのお試しキットがおすすめですよ。

※注意※
こちらの商品の価格は変動することがあります。購入する際は必ずリンク先で金額を再度ご確認ください。

ハーバリウム作りに必要なアイテム

オイルを確保できたら、ハーバリウムはもうとっても簡単に作成することができます。ではまずは、ハーバリウムを作るために必要なアイテムを確認してみましょう。

ハーバリウムを作るために必要な道具一覧
・ドライフラワー
・ハーバリウム用のオイル
・密封できる小瓶

ハーバリウムの作り方

続いては、ハーバリウムの作り方をザザッとご紹介していきます。

ハーバリウムの作り方
1.密封できる小瓶を用意。
2.小瓶をしっかりと消毒&乾燥。
3.小瓶の中にオイルを注ぐ。
4.ドライフラワーから花粉などの汚れをキレイに払う。
5.ドライフラワーを小瓶の中に漬け込む。
6.瓶の栓をして完成です。

大事なポイントは「生花」ではなく「ドライフラワー」、もしくは「プリザーブドフラワー」をチョイスすること。生花は色が溶け出しやすく、数日でオイルが濁ってしまいますので要注意です。

しかし、普通に吊るして乾燥させたドライフラワーは色褪せていて、あざやかさが足りませんよね。色の薄いドライフラワーでは、ステキなハーバリウムが作れるか疑問です。
そこで、次は色落ちを抑えるドライフラワーの作り方をご紹介していきます。

ハーバリウム用ドライフラワーの作り方

ドライフラワーでも色を残せる

ハーバリウムには色のはっきりした美しいドライフラワーを使いたい。そんな方のために、さっそく色落ちしにくいドライフラワーの作り方をご紹介してまいります。

ドライフラワーは通常、生の花を風通しの良い場所に干して作りますが、これでは花がすっかり乾燥するまでに、かなり色落ちしてしまいます。
その色落ち具合もドライフラワーのいいところなのですが、しかし、今回はそれではいけません。

そこで、ある道具を使ってドライフラワーを作る方法をご紹介するのですが、この道具というのが、お菓子についてくるあの乾燥材です。

シリカゲルが救世主に

お菓子などに付いてくる乾燥材。これは、名前をシリカゲルといいます。ドライフラワーの色落ちを防ぐには、このシリカゲルが大量に必要です。
と言いましても、お菓子を大量に購入してシリカゲルを集めて回る必要はありません。Amazonなどの通販サイトで簡単に購入できますし、値段も安価ですので、安心してくださいね。

シリカゲルでドライフラワーを作る方法

それでは、いよいよシリカゲルを用いた色落ちしにくいドライフラワーの作り方をご紹介します。

色落ちしにくいドライフラワーの作り方
1.タッパーなど密封できる容器を用意。
2.タッパーの底にシリカゲルをたっぷりと敷く。
3.キッチンペーパーで優しく花の水分を拭き取る。
4.水分を拭き取った花をシリカゲルの上に並べる。
5.花の上からシリカゲルをたっぷりとかける。花が埋もれるほどたっぷりとかけてください。
6.タッパーのフタをし、湿気のない場所で10日~15日ほど放置し完成。

これでドライフラワーの完成です。まったく色落ちしないというわけではありませんが、干して乾燥させるよりも色がキレイに残りますので、ハーバリウムを作る際はぜひお試しください。

おすすめのシリカゲル

シリカゲルはこちらの商品のように、ドライフラワー専用の商品も販売されています。
通販以外ですと、ホームセンターで購入することができるはずです。最寄りのホームセンターに立ち寄ることがありましたら、ぜひチェックしてみてください。

※注意※
こちらの商品の価格は変動することがあります。購入する際は必ずリンク先で金額を再度ご確認ください。

ハーバリウムに使えるおしゃれなボトル

primavera.2009

どんなボトルに入れるかによっても、ハーバリウムの表情は豊かに変化しますよね。
ここでは、ハーバリウム制作におすすめのおしゃれなボトル類についてご紹介いたします。

縦長のボトルに植物が映える

ドライフラワーやプリザーブドフラワーを閉じ込めた角瓶ロングボトル。
アルミキャップで密閉されたボトルは、密閉性も高く保存性を高めます。
植物のみずみずしさをダイレクトに楽しめる、まさに「植物標本」といった風情のスタンダードタイプです。
ハーバリウムの魅力を楽しめるのは、まずは縦長型のボトルがスタンダードタイプと言えます。

縦長型ですと、植物が自然に立っているような状態で保存することができ、より生き生きとした表現が可能になります。

四角柱型のガラス瓶に入れると、よりシャープな印象。円柱タイプを選ばれると、よりソフトなイメージに仕上がります。
理科の実験のような三角フラスコを思い起こさせる、円錐型なんかも素敵ですよね。

※注意※
こちらの商品の価格は変動することがあります。購入する際は必ずリンク先で金額を再度ご確認ください。

kansousyokubutu

いっぱい作って並べてみると、本当に植物標本みたい!
お部屋のインテリアの要となり、色とりどりに浮かぶ植物に癒やされそうです。

コロンとした球体の瓶も可愛い

Item
ネコボトル

¥ 250 (税込 270 円)

コロンとした形が可愛らしいネコボトルもいいですね。
球体の中に広がる独特の世界観を表現できます。

こちら、まっすぐ立つように置くこともできますし、画像のように斜めに置くのも可愛いです。

※注意※
こちらの商品の価格は変動することがあります。購入する際は必ずリンク先で金額を再度ご確認ください。

kanon_925

いかがでしょう。
縦長型のすっとした世界観とはまた違った雰囲気が出ていいですよね!

入れたい花材や表現したい雰囲気によって、お好みの形のボトルを選ばれるといいですね。

その他のおしゃれなボトル

prettypetals187

ウィスキーの小瓶のような形のボトルも素敵ですね。
大人っぽい印象に仕上がります。

ruru_florale

アーティスティックな六角柱ボトルです。
まるでサラダのようなフレッシュな雰囲気がたまりません。

プロに教わる綺麗なハーバリウムの作り方講座!!-youtube

ハーバリウムの作り方について、詳しく動画で解説されています。
自分で初めて作る際には、プロの方が開催されている講座を受講してみるというのもたいへんおすすめですよ。独学よりも格段に早く知識を身につけることができ、レベルの高い作品を作れるようになります。
無理な場合でも、こちらのようなプロの方が作られている動画を一度見てみると参考になりますよ。
 

ハーバリウムの色々なアレンジ

ここからは、ハーバリウムのさまざまなアレンジ方法についてご紹介していきます。
インテリアへの活かし方や飾り方など、みなさんはどんな風にされているのでしょうか。

電球型ボトルでフォトジェニックに

こちらは電球型のボトルで作られたハーバリウムを、フェイクグリーンと共に飾られています。
紫色のグラデーションの美しいあじさいで作られたハーバリウムは、とても繊細で爽やかな印象で、横に置かれたグリーンと引き立てあっていますね。

電球型のボトルは、写真映えも上々なので、このようなフォトジェニックな一枚も簡単に撮影できます。
こんな写真を撮って、みんなでシェアし合うのも楽しそうですよね。

LEDライトで新しい楽しみ方も

こちらはLEDライトのついた花台に乗せられたハーバリウムの小瓶です。

ライトアップされたハーバリウムは、より幻想的に植物を照らし出し、浮遊感を高めます。
お気に入りのハーバリウムのもうひとつの楽しみ方として、とても癒やされそうで素敵ですね。
こちらのLEDライト台は、下のリンク先より販売もされています。
ハルコレさんの楽天市場店でも専用LEDコースターの取り扱いはあります。
間接照明としても使えて美しいライトアップが楽しめます。

※注意※
こちらの商品の価格は変動することがあります。購入する際は必ずリンク先で金額を再度ご確認ください。

ハーバリウムランプ

ハーバリウムをオイルキャンドルとして活用されている素敵な使用例です。

こちら、作家さんの手による作品ですが、専用の芯を入れることでアロマオイルランプとして使用できます。
オイルランプに灯される小さな炎が、インテリアを上質な癒やし空間へと変えていきます。

ハーバリウムピアス

ハーバリウムをアクセサリーとして持ち歩けたら・・・♡

女性なら誰もがキュンとときめいてしまいそうな、そんな素敵なアイデアも実現できます。

小さなガラスドームの中で花びらがゆらゆら揺らめく幻想的なピアスです。
ピアスに使えるガラスドームは、アクセサリー素材としてネットなどでも手に入りやすいですよ。

ネットで購入できるおすすめのハーバリウム特集

紫陽花タイプ スタンダード

こちらは、上記でご紹介したショップ「ハルコレ」さんが販売するハーバリウム。
中に詰まっている可憐な花は、紫陽花です。

色は、カシスワイン、モーニングイエロー、ライトグリーン、ロイヤルブルー、ローズが揃っています。こちらの写真だけでは魅力が十分に伝わりませんので、気になった方はぜひリンク先で他の写真もご確認ください。

また、こちらの商品は、ボトルのキャップが木製になっているプレミアムタイプも販売されています。

※注意※
こちらの商品の価格は変動することがあります。購入する際は必ずリンク先で金額を再度ご確認ください。

ミックスタイプ スタンダード

こちらは数種類の植物を閉じ込めたミックスタイプのハーバリウム。同じくショップ「ハレコレ」さんの商品です。
カラーは写真の通り、イエロー系、グリーン系、パープル系、ピンク系、ブルー系、レッド系が揃っています。

また、こちらは上記紫陽花タイプと同様に、キャップが木製になっているプレミアムタイプが販売されています。記事冒頭でご紹介していますので、気になった方はそちらもチェックしてみてくださいね。

※注意※
こちらの商品の価格は変動することがあります。購入する際は必ずリンク先で金額を再度ご確認ください。

ペッパーベリー スタンダード

続いてご紹介するのは、小粒の小さな実が可愛いペッパーベリーを閉じ込めたハーバリウム。
オレンジ、グリーン、ピンクの三種類が用意されています。また、こちらも上記2つと同様に、キャップが木製になっているプレミアムタイプが用意されているので、お好みに合わせてデザインを選ぶことが可能です。

こちらは洋のお部屋だけでなく、和のお部屋にも似合うデザイン。和室のインテリアとしても活用することができますよ。

※注意※
こちらの商品の価格は変動することがあります。購入する際は必ずリンク先で金額を再度ご確認ください。

まとめ

ハーバリウムについて特集してきましたが、気になる情報はあったでしょうか?今回ご紹介した通り、ハーバリウムはとてもキレイなインテリア。飾り方にこだわったり、写真の撮り方にこだわったりと、いろいろと楽しむことができます。
ぜひみなさんも、ハーバリウムを楽しんでください。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • shibao

    はじめまして。 不器用ながらも、日々DIYを楽しんでいます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事