29412 VIEW

植物を閉じ込めたハーバリウムがステキ♪作り方と魅力を大公開

みなさん、ハーバリウムをご存知ですか?ハーバリウムは、特殊な液体の中に植物を閉じ込め、長く鑑賞することができる魅惑のインテリア。今回は、このハーバリウムの作り方と魅力をご紹介していきます。ぜひ参考にしてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2017年2月27日更新

目次
  1. ハーバリウムとは
  2. ハーバリウムの作り方
  3. ハーバリウム用ドライフラワーの作り方
  4. ハーバリウムのある暮らし
  5. ネットで購入できるおすすめのハーバリウム特集
  6. まとめ

ハーバリウムとは

フォトジェニックなインテリア

みなさん、ぜひこちらの商品にご注目ください。瓶の中に閉じ込められた花がキラキラとしていて、とてもキレイなインテリアですよね。このインテリアの名前は、「ハーバリウム」。

今回は、この「ハーバリウム」について詳しくご紹介してまいります。

本来は複数の植物標本を表す言葉

Wikipediaによると、ハーバリウムとは、複数個の植物標本を表す言葉とのこと。
しかし、最近では、植物を特殊な液体に浸けて保存しているおしゃれなインテリアの名前としての認知度が上がってきています。

インテリアとしてのハーバリウムは、特殊な液体に漬け込んだ植物の標本。お手入れいらずで、3ヶ月から1年ほど植物が美しいまま保存されるとのこと。こちらは、植物好きさんやDIY好きさんの間で広く注目を集めており、お好みの植物を使って、自作している方もいらっしゃいます。

今回ご紹介するのは、こちらの「インテリア」としてのハーバリウム。では、まずはこのハーバリウムの作り方から見ていきましょう!

ハーバリウムの作り方

ハーバリウム用の「オイル」が長持ちのカギ

ハーバリウムの作成に必要なアイテムとして欠かせないのが「ハーバリウム用の専用オイル」。この専用オイルに植物を漬け込むことで、植物が枯れずに3ヶ月~1年ほどもつと言われています。

ただ、この特殊な「ハーバリウム用の専用オイル」が厄介で、2017年2月現在では、手に入れるのが困難。そのため、DIY好きさんたちは、「ベビーオイル」で代用しているようです。

ただベビーオイルですと、植物の色を溶かしてしまうため、あまり長持ちはしないよう…。しかし、こんな現状を打破してくださるお店が現れました。そのお店の名は「ハルコレ」さん。

ハルコレさんのハーバリウム専用オイル

こちらがその「ハルコレ」さんのハーバリウム専用オイル。
2017/03/06から特別に注文の受付を開始してくださるとのこと。このオイルさえあれば、長持ちするハーバリウムが自宅で簡単に作れるようになるのです!

こちらの商品は、ショップ「ハルコレ」さんのメールアドレスに連絡することで、購入が可能です。詳しくは、上記「サイトで購入」のボタンからハレコレさんのホームページに飛んでご確認ください。

ハーバリウム作りに必要なアイテム

オイルを確保できたら、ハーバリウムはもうとっても簡単に作成することができます。ではまずは、ハーバリウムを作るために必要なアイテムを確認してみましょう。

ハーバリウムを作るために必要な道具一覧
・ドライフラワー
・ハーバリウム用のオイル
・密封できる小瓶

ハーバリウムの作り方

続いては、ハーバリウムの作り方をザザッとご紹介していきます。

ハーバリウムの作り方
1.密封できる小瓶を用意。
2.小瓶をしっかりと消毒&乾燥。
3.小瓶の中にオイルを注ぐ。
4.ドライフラワーから花粉などの汚れをキレイに払う。
5.ドライフラワーを小瓶の中に漬け込む。
6.瓶の栓をして完成です。

大事なポイントは「生花」ではなく「ドライフラワー」をチョイスすること。生花は色が溶け出しやすく、数日でオイルが濁ってしまいますので要注意です。

しかし、普通に吊るして乾燥させたドライフラワーは色褪せていて、あざやかさが足りませんよね。色の薄いドライフラワーでは、ステキなハーバリウムが作れるか疑問です。
そこで、次は色落ちを抑えるドライフラワーの作り方をご紹介していきます。

ハーバリウム用ドライフラワーの作り方

ドライフラワーでも色を残せる

ハーバリウムには色のはっきりした美しいドライフラワーを使いたい。そんな方のために、さっそく色落ちしにくいドライフラワーの作り方をご紹介してまいります。

ドライフラワーは通常、生の花を風通しの良い場所に干して作りますが、これでは花がすっかり乾燥するまでに、かなり色落ちしてしまいます。
その色落ち具合もドライフラワーのいいところなのですが、しかし、今回はそれではいけません。

そこで、ある道具を使ってドライフラワーを作る方法をご紹介するのですが、この道具というのが、お菓子についてくるあの乾燥材です。

シリカゲルが救世主に

お菓子などに付いてくる乾燥材。これは、名前をシリカゲルといいます。ドライフラワーの色落ちを防ぐには、このシリカゲルが大量に必要です。
と言いましても、お菓子を大量に購入してシリカゲルを集めて回る必要はありません。Amazonなどの通販サイトで簡単に購入できますし、値段も安価ですので、安心してくださいね。

シリカゲルでドライフラワーを作る方法

それでは、いよいよシリカゲルを用いた色落ちしにくいドライフラワーの作り方をご紹介します。

色落ちしにくいドライフラワーの作り方
1.タッパーなど密封できる容器を用意。
2.タッパーの底にシリカゲルをたっぷりと敷く。
3.キッチンペーパーで優しく花の水分を拭き取る。
4.水分を拭き取った花をシリカゲルの上に並べる。
5.花の上からシリカゲルをたっぷりとかける。花が埋もれるほどたっぷりとかけてください。
6.タッパーのフタをし、湿気のない場所で10日~15日ほど放置し完成。

これでドライフラワーの完成です。まったく色落ちしないというわけではありませんが、干して乾燥させるよりも色がキレイに残りますので、ハーバリウムを作る際はぜひお試しください。

おすすめのシリカゲル

シリカゲルはこちらの商品のように、ドライフラワー専用の商品も販売されています。
通販以外ですと、ホームセンターで購入することができるはずです。最寄りのホームセンターに立ち寄ることがありましたら、ぜひチェックしてみてください。

※注意※
こちらの商品の価格は変動することがあります。購入する際は必ずリンク先で金額を再度ご確認ください。

ハーバリウムのある暮らし

ハーバリウムのある生活1

ハーバリウムの作り方をご紹介した後は、みなさんがどんな風にハーバリウムを使用しているかご紹介していきます。

最初にご紹介するのは、こちら。
おしゃれなハーバリウムは写真栄えのするフォトジェニックなインテリア。外に持ち出して、こちらの方のように、写真を撮ってみるのも1つの楽しみ方。SNSでたくさんの人とシャアし合って、ステキな交流を楽しめます。

ハーバリウムのある生活2

こちらの方は、ハーバリウムに陽の光を当てて、キラキラと輝くさまを楽しんでいます。
ハーバリウムはそのままお部屋に飾ってもおしゃれですが、陽の光に照らすと、より一層その美しさが際立ちます。

ハーバリウムのいろんな顔を探してみるのも、ステキな楽しみ方。さまざまな写真を撮って、たくさんの方とハーバリウムの良さを分かち合いたいですよね。

ハーバリウムのある生活3

こちらの方も、ハーバリウムに陽の光を当ててキラキラと輝くさまを楽しんでいらっしゃいます。
淡いピンク色のハーバリウムがステキですね。また、ハーバリウムの光が壁に反射しているさまもステキ。

これは思わず写真を撮ってしまいますね。どんな角度で、どんな場所で写真を撮るか、それを考えるだけでも楽しめそうです。

ハーバリウムのある生活4

こちらの方は、1輪の薔薇をオイルに浸けてハーバリウムを製作しているところをアップされています。
オイルに色が溶け出さないか、ドキドキの瞬間ですよね。こんな風に、成功するかしないか、ハラハラしながら過ごすのも、手作りのいいところ。

みなさんもぜひハーバリウム作りにチャレンジしてください。

ハーバリウムのある生活5

フェアリーライトでキラキラとライトアップされたハーバリウム。
童話の世界を覗いているようで、胸がキュンとしてきます。ハーバリウムにはこんな楽しみ方もあるのですね。

いろいろ試して、最高の1枚を撮りたいものです。

ハーバリウムのある生活6

まるでお花のジャムのようなこちらのハーバリウム。こちらの可愛い作品は、なんと手作りとのこと。
花と一緒に入れられたラメがキラキラと輝いて、まるでスノードームのような美しい仕上がりです。素晴らしいハーバリウムですね。お手本にして、キラキラ輝くハーバリウムを作ってみたくなります。

ハーバリウムのある生活7

グリーンが並ぶおしゃれな空間に、すてきなハーバリウムが。赤い実がいいアクセントカラーになっていますね。

また、こちらの方はなんとハーバリウムのために試験管スタンドを自作されたとのこと!
DIY好きさんは、こちらをお手本に、ハーバリウムの飾り方にもこだわってみるといいかもしれませんね。

ハーバリウムのある生活8

こちらの方は、たくさんのハーバリウムを1ヶ所にならべていらっしゃいます。
うっとりしてしまう空間ですね。液体に浸かった花でどんな研究をしてみようか、そんなファンタジックな妄想が膨らんでしまいます。

ハーバリウムのある生活9

こちらの方もお部屋の一角にハーバリウムを並べていらっしゃいます。
ガラス瓶ごとにラベルが貼ってあり、まさに植物の標本といった感じですね。

ハーバリウムのある生活10

棚一杯に並べられたハーバリウム。ゆらゆらとお花が漂って、ステキな空間ができあがっています。
もしハーバリウムを作ったら、こちらの方のように、棚を1つハーバリウム用にしてみてもいいかもしれませんね。

ハーバリウムの似合うお部屋1

白を基調にした、南フランスを連想させるステキなお部屋。
こちらの美しいお部屋に、ハーバリウムの姿が見受けられます。

お部屋によくマッチしていますね。おとなしめのハーバリウムが神秘的な雰囲気を出して、お部屋の雰囲気をよりステキにしています。

ハーバリウムの似合うお部屋2

こちらのアジアンチックなおしゃれなお部屋にもハーバリウムはしっかりと馴染んで、お部屋のいいアクセントになっています。

ハーバリウムにはたくさんの種類があり、お部屋に応じて好みの商品を選ぶことができるので、どんなお部屋にも合わせることができるのですよ。
また、自作するのであれば、それこそ自分好みの作品を作れますので、ますますお部屋にぴったりの作品を飾ることができます。ぜひみなさんも、ハーバリウム作りにトライしてみてください。

ネットで購入できるおすすめのハーバリウム特集

紫陽花タイプ スタンダード

こちらは、上記でご紹介したショップ「ハルコレ」さんが販売するハーバリウム。
中に詰まっている可憐な花は、紫陽花です。

色は、カシスワイン、モーニングイエロー、ライトグリーン、ロイヤルブルー、ローズが揃っています。こちらの写真だけでは魅力が十分に伝わりませんので、気になった方はぜひリンク先で他の写真もご確認ください。

また、こちらの商品は、ボトルのキャップが木製になっているプレミアムタイプも販売されています。

※注意※
こちらの商品の価格は変動することがあります。購入する際は必ずリンク先で金額を再度ご確認ください。

ミックスタイプ スタンダード

こちらは数種類の植物を閉じ込めたミックスタイプのハーバリウム。同じくショップ「ハレコレ」さんの商品です。
カラーは写真の通り、イエロー系、グリーン系、パープル系、ピンク系、ブルー系、レッド系が揃っています。

また、こちらは上記紫陽花タイプと同様に、キャップが木製になっているプレミアムタイプが販売されています。記事冒頭でご紹介していますので、気になった方はそちらもチェックしてみてくださいね。

※注意※
こちらの商品の価格は変動することがあります。購入する際は必ずリンク先で金額を再度ご確認ください。

ペッパーベリー スタンダード

続いてご紹介するのは、小粒の小さな実が可愛いペッパーベリーを閉じ込めたハーバリウム。
オレンジ、グリーン、ピンクの三種類が用意されています。また、こちらも上記2つと同様に、キャップが木製になっているプレミアムタイプが用意されているので、お好みに合わせてデザインを選ぶことが可能です。

こちらは洋のお部屋だけでなく、和のお部屋にも似合うデザイン。和室のインテリアとしても活用することができますよ。

※注意※
こちらの商品の価格は変動することがあります。購入する際は必ずリンク先で金額を再度ご確認ください。

まとめ

ハーバリウムについて特集してきましたが、気になる情報はあったでしょうか?今回ご紹介した通り、ハーバリウムはとてもキレイなインテリア。飾り方にこだわったり、写真の撮り方にこだわったりと、いろいろと楽しむことができます。
ぜひみなさんも、ハーバリウムを楽しんでください。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • shibao

    はじめまして。 不器用ながらも、日々DIYを楽しんでいます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事