テラリウムでお部屋をもっとステキに!お手本にしたい作品28選

癒しのインテリア「テラリウム」。今回は、このテラリウムのステキな作品を多数ご紹介してまいります。お手本にしたくなるような作品ばかりですので、ぜひ参考にしてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2017年2月24日更新

目次
  1. テラリウムとは
  2. 流木で見せるテラリウム特集
  3. フラワーで見せるテラリウム特集
  4. ミニチュアと見せるテラリウム特集
  5. カラーで見せるテラリウム特集
  6. 容器にこだわったテラリウム特集
  7. まとめ

テラリウムとは

ガラスの中に閉じ込めた小さな世界

ガラスの中で植物を育てる技術を、テラリウムと呼んでいます。
Wikipediaによると、19世紀のイギリスで、「ナサニエル・バグショー・ウォード」なる人物が発案した技術とのこと。

そんなテラリウムは、昨今、日本でも人気が高まり、いろいろな方が、さまざまなガラス製の容器でオリジナルのテラリウムを作成されています。

ルール無用!自由なアレンジを加えよう

テラリウムに堅苦しいルールや規制はありません。陸上の植物を、中が確認できる透明の容器で育てていれば、それはテラリウムと呼べるのです。それに、容器だってどんな形をしていてもOKです。ガラス製でなく、アクリル製の容器だって問題にならないのですよ。

誰もが自分の好みやアイデアに合わせて、自由に作り上げることができるのが、テラリウムのいいところなのです。

また、最近では、植物の代わりに貝殻などのマリンアイテムを使用したり、フェイクグリーンを使用する方も増えてきました。
これらのアイデア作品は、動植物を育てていないので、厳密にはテラリウムの範疇から外れます。しかし、テラリウム好きさんの中には、「固いこと言いっこなし」という精神の方も多く、概ね受け入れられているのが現状です。

テラリウムは100均アイテムでも作れる

ガラスの中で植物を育てるテラリウム。
嬉しいことに、材料はすべて100円ショップで揃えることが可能です。

ガラス容器、土又は石と肥料、そして植物やミニチュア。これさえあればテラリウムを作ることができます。そしてこれらのアイテムは、みな100円ショップに揃っているのです。

ですので、テラリウムのコスパは最高。初期費用がほとんどかからないので、気軽にはじめることができるのです。

今回は、そんなテラリウムの世界にみなさんを招待したく、お手本になるような素晴らしい作品を多数ご紹介してまいります。ぜひ参考にしてください。

流木で見せるテラリウム特集

お手本にしたい流木テラリウム作品1

では、さっそくお手本になるような素晴らしいテラリウムの数々を見ていきましょう。

最初にご紹介するのは、大きな流木を使ったこちらの作品。まるで森林の奥深くを切り取って閉じ込めたかのような素晴らしい作品ですね。
森林浴をしているかのような、深く質の高い癒しを与えてくれるテラリウムです。

お手本にしたい流木テラリウム2

こちらの作品も、大自然をそのまま切り取ってきたかのような壮大な出来栄え。
しっとりとした雰囲気がいいですね。美しくも険しい自然の美が、小さなガラスの中に驚くほど再現されています。植物たちの息づかいが写真越しに伝わってくるかのようですね。

お手本にしたい流木テラリウム3

こちらのテラリウムは、なんと流木をディスプレイ用品として使用しています。
贅沢且つ大胆な流木の使い方ですね。インパクトがあり、一瞬で作品に目を奪われてしまいます。

また、大きな多肉植物をフタのように使用しているのも、ユニークで素晴らしいアイデアですね。
斬新なアイデアが詰め込まれた芸術的なテラリウム。みなさんも、こちらの作品をお手本に、人をあっと言わせるような作品を作ってみてはいかがでしょう?

フラワーで見せるテラリウム特集

お手本にしたいお花のテラリウム1

流木を使用したテラリウムをご紹介した後は、ドライフラワーを使用した可愛らしいテラリウムをご紹介していきます。

まずご紹介するのは、こちらの作品。おしゃれな小瓶の中に、あざやかなモスを入れ、そこにさりげなくドライフラワーを加えています。
主張しすぎないところが上品ですね。おしゃれなテラリウムです。

お手本にしたいお花のテラリウム2

こちらの作品では、小さなキャニスターいっぱいにお花を詰め込んで、愛らしいテラリウムに。
絵本の世界を再現したかのようなステキな作品ですね。見ていると夢心地になっていきます。

色の使い方もステキですね。こちらの作品をお手本にしたいときは、フェイクフラワーや、ドライフラワー、またはプリザーブドフラワーを利用するといいでしょう。
ぜひ、ステキな作品を作ってください。

ミニチュアと見せるテラリウム特集

お手本にしたいミニチュアを使ったテラリウム1

続いてご紹介していくのは、ミニチュアを利用したテラリウム。こちらもステキな作品ばかりを集めましたので、ぜひ参考にしてください。

それでは、作品のご紹介に移ります。こちらの作品は、ガラス瓶の中に、ガラス瓶のミニチュアを飾った作品。

海や川から流れてきた小瓶を連想させる作品ですね。夏のワクワクするような雰囲気と、ちょっとしたノスタルジーさを併せ持つテラリウムです。

お手本にしたいミニチュアを使ったテラリウム2

2番目にご紹介するのは、こちらの小さな小さな作品。小さくて、とても愛らしい作品ですね。ギュッと握りしめたくなってしまいます。

また、こちらの作品に使われているキノコのミニチュアは、なんと手作りされたものとのこと。
驚くことに、綿棒と爪楊枝で製作したそうです。凄いアイデアですね。

お手本にしたいミニチュアを使ったテラリウム3

こちらは、瓶の中にたっぷりとコケを詰め込んだテラリウムです。白いお部屋に、コケのグリーンがとても良く映えていますね。

緑の植物をふんだんに使用したテラリウムは、こちらの作品のようにお部屋のいい差し色になります。お部屋にアクセントカラーが欲しいと感じている方は、こちらのテラリウムを参考に、おしゃれにアクセントカラーを取り入れてみてはいかがでしょう?

お手本にしたいミニチュアを使ったテラリウム4

絵本の世界を再現したかのような、牧歌的で可愛らしいこちらのテラリウム。
使用しているドアや柵、鳥かごなどのミニチュアは、すべて手作りとのこと!

植物にこだわるのもいいですが、こちらのテラリウムのように、1つ1つのミニチュアに愛情を込めてもステキな作品が生まれるのですね。

手先の器用な方は、自作のミニチュアを飾ってみるのも1つの手。いろいろと工夫をしてみてください。

お手本にしたいミニチュアを使ったテラリウム5

続いてご紹介するのは、動物フィギュアを使用したこちらのテラリウム。

ガラスの中に敷き詰められたモス、そして大き目の多肉植物と動物フィギュア。まるで小さなサファリですね。キリンが今にも動き出しそうで、なかなか目が離せない作品です。

お手本にしたいミニチュアを使ったテラリウム6

動物フィギュアのテラリウムをご紹介した後は、こちらの恐竜フィギュアを利用したテラリウムをご紹介いたします。

たっぷりと植えられたコケが、生い茂る草木のようですね。ジュラ紀の時代を切り取って、ガラス瓶の中に閉じ込めたかのようです。

また、巧みに高低差を出すことで、リアルさがより増していますね。素晴らしい技術です。

お手本にしたいミニチュアを使ったテラリウム7

こちらはトトロのミニチュアを利用して、ジブリの世界を作り上げています。
可愛らしい作品ですね。トトロが奏でるオカリナの音が今にも聞こえてきそうです。

また、ジブリ独特の優しい雰囲気も感じられます。制作者さんのセンスの良さが感じられる作品です。

お手本にしたいミニチュアを使ったテラリウム8

テラリウムの中に小さな池が!
こちらはとてもユニークな発想のテラリウム。ミニチュアの池を活用して、テラリウムの中にアヒルを泳がせています。

発想力の豊かな方ですね。これはなかなか思いつけないいいアイデア。みなさんもぜひ参考にしてください。

お手本にしたいミニチュアを使ったテラリウム9

こちらは、グラスいっぱいに石を敷き詰めて、飛び出すテラリウムを作成されています。
こちらも素晴らしいアイデアですね。テラリウムを作るときの、アイデアの幅がぐっと広がります。

お手本にしたいミニチュアを使ったテラリウム10

続いてご紹介するのは、フェイクグリーンで作られたフェイクテラリウム。
クリスマスチックなミニチュアを使って、クリスマス用のおしゃれなインテリアにしています。

可愛らしい作品ですね。
テラリウムは、こちらのようにミニチュアをメインに据えても、ステキな作品を作成することができます。いろいろと試行錯誤して、自分だけのオリジナルテラリウムを作ってみてください。

カラーで見せるテラリウム特集

お手本にしたい色遣いのテラリウム1

今度は、ステキな色遣いのテラリウムたちをご紹介していきます。

トップバッターはこちら。土の代わりに真っ白なパウダータイプのカラーサンドを敷き詰めています。まるで南の島の砂浜のようですね。色あざやかなフラミンゴのフィギュアと相俟って、南国の明るくさわやかな雰囲気が漂っています。

お手本にしたい色遣いのテラリウム2

こちらのテラリウムでは、数種類の砂利を使用して、地層を再現しています。
底に使われた青と白が見事に地下水を再現していますね。それに、いい差し色にもなっています。

お手本にしたい色遣いのテラリウム3

青いカラーサンドをふんだんに使用したさわやかなテラリウム。
潮風が香ってきそうな、おしゃれなテラリウムです。貝殻との相性も抜群ですね。

また、こちらは青一色にせず、白いカラーサンドを差し色に使用しています。
白いカラーサンドがメリハリと引き締め効果が生み、ぼんやりとぼやけた印象になるのを防いでいるのが分かりますね。見事な色の遣い方です。

お手本にしたい色遣いのテラリウム4

こちらでは、カラーサンドで草原を再現しています。
こちらも色の遣い方がとてもお上手ですね。2色のバランスがよく、製作者さんのカラーセンスが伺えます。

お手本にしたい色遣いのテラリウム5

見る人を惹きつけるカラフルなこちらのテラリウム。
草木でもミニチュアでもなく、カラーサンドを主役にし、癒しのテラリウムをポップなインテリアとして活躍させています。目からウロコが落ちるような発想ですね。

カラフルキュートなインテリアをお探しの方は、こちらの作品をお手本に、テラリウムを作成してみるといいかも知れません。

容器にこだわったテラリウム特集

お手本にしたい容器を工夫したテラリウム1

最後は容器にこだわったテラリウムたちをご紹介していきます。

最初にご紹介するのは、こちらの作品。なんと、ビーカーを使用されています。確かにビーカーも、中が確認できる透明な容器。充分にテラリウムに使用できます。

ビーカーを使用するのも、味があっていいですね。想い出を詰め込んでいるようで、ノスタルジックな雰囲気を感じとれます。

お手本にしたい容器を工夫したテラリウム2

ビーカーテラリウムのお次は、試験管テラリウム。グリーンを加えると、理系アイテムも癒し効果のあるおしゃれなインテリアになりますね。ステキなアイデアです。

また、こちらの作品のように、ガラス瓶に栓をする作品をお手本にするときは、本物の植物ではなく、フェイクグリーンを利用するのがおすすめです。

お手本にしたい容器を工夫したテラリウム3

こちらはガラスドームでテラリウムをDIY。
小さくて可愛らしいテラリウムですね。赤いキノコのミニチュアが印象的で、目を奪われてしまいます。

お手本にしたい容器を工夫したテラリウム4

コルク瓶を逆さまに使用したこちらのテラリウム。シンプルでいながら、スタイリッシュでとてもカッコイイ作品です。

容器を引っくり返して使う。これだけのことで、こんなにカッコいいテラリウムが作れるのですね。覚えておきたい手法です。

お手本にしたい容器を工夫したテラリウム5

こちらでは、なんとガラスジャーをテラリウムにリメイクしています。
普通に使ってもおしゃれなガラスジャーが、テラリウムになることでさらにおしゃれなインテリアになっていますね。

ジャーのフタに施されたダメージ加工もおしゃれ。シャビー感がいい味を出しています。

お手本にしたい容器を工夫したテラリウム6

とてもカッコいいこちらのテラリウム。よく見てみると、容器がペットボトルであることに気がつきます。

普通のペットボトルに転写シールを貼りつけて、おしゃれにリメイクしているのですね。
あのペットボトルをこんなにカッコいいインテリアにしてしまうなんて、驚きです!

お手本にしたい容器を工夫したテラリウム7

こちらはランタンでテラリウムを作成しています。
おしゃれで上品な作品ですね。ナチュラル・カフェ風・西海岸風コーディネートのお部屋によく似合いそうなステキな作品です。

お手本にしたい容器を工夫したテラリウム8

最後にご紹介するのは、こちらのテラリウム。
なんと「ガチャガチャ風キャンディーポット」をテラリウムにリメイクしています。こだわりにこだわったテラリウムの飾り方ですね。
ぜひともお手本にしたい作品です。

まとめ

以上、テラリウム特集でした。どのテラリウムも素晴らしくて、どれをお手本にしようか迷ってしまうほどでしたね。もし、テラリウムに興味を惹かれましたら、ぜひチャレンジしてください。
また、テラリウムをはじめるときは、100円ショップを利用するのがおすすめです。100円ショップでは、おしゃれなガラスの他、カラーサンドや観葉植物も扱っています。上手に活用すれば、低コストでテラリウム作りがはじめられますよ。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • shibao

    はじめまして。 不器用ながらも、日々DIYを楽しんでいます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事