セレモニーにも使いたい!簡単可愛いヘアアクセサリーDIYアイデア集

手作りのヘアアクセサリーで、ハレの日を素敵に彩りませんか?
材料は100均のものでもぶきっちょさんでも大丈夫!普段使いにはもちろん、フォーマルなシーンの多いこの季節にもぴったりな、おすすめDIYアイデアをご紹介いたします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2017.2.21 作成:2017.2.21

目次
  1. 可愛い手作りのヘアアクセサリー
  2. くるみボタンのヘアゴム
  3. ビーズ刺繍のヘアゴム
  4. リボンバレッタ
  5. お花のカチューシャ
  6. まだまだある!素敵な手作りヘアアクセサリー
  7. まとめ

可愛い手作りのヘアアクセサリー

ヘアアクセサリーを手作りしよう!

ヘアゴムにカチューシャ、シュシュ、バレッタなど、雑貨屋さんや100均にまで最近は可愛いものがいっぱい並んでいて、ついいっぱい買ってしまうことも多いヘアアクセサリー。
でも、お気に入りの色やデザインなど、意外と「これ!」というものに出会えることって稀だったりもしますよね。

そんな時にはぜひ手作りを!

ハンドメイドでアクセサリーを作るって、やったことがないとちょっとハードルが高めに感じられたりもしますが、へアクセサリーのような小さなものなら初心者さんでも意外と上手に作れるものもいっぱいあるんです。

小さなお子さん向けにはもちろん、大人が使っても満足できるようなお洒落なものもできちゃうんですよ。
 

セレモニーシーズンにもぴったりです

それにこの時期は、卒入学式に謝恩会など、フォーマルなシーンの多い季節でもあります。春は、セレモニーシーズンでもあるんですよね。
そんな時に使ってみたいような華やかなヘアアクセサリーだって、100均の材料などを上手に使って作ることもできるんです。

それでは、早速作り方を見ていきましょう!
 

くるみボタンのヘアゴム

まず、ハンドメイド初めてさんにもオススメなのは、お好みのパーツを取り付けるだけでも作れちゃう、ヘアゴムやヘアピンなどです。
中でも、くるみボタンを使用して作るヘアゴムは、くるみボタンを作成する、という手間はありますが、100均のキットを使って作ることもでき、好きな柄の生地を使うだけで可愛いものが作れ、手作りの達成感も味わえるので楽しいですよ。

画像の作品は、可憐な小花の刺繍が施されたくるみボタンのヘアゴムです。手刺繍小物やアクセサリーを製作販売されているun peuさんの手によるものです。
いきなりこんな高度な刺繍は難しいかもしれませんが、さりげなくイニシャルを刺繍してみるなど、自分なりの工夫をしてみるのも素敵ですよね。

くるみボタンの作り方

くるみボタンは、専用のキットを使って作ります。
くるみボタンキットは、セリアやダイソーなどの100均でも取り扱いがあり、できあがりサイズも豊富に揃っています。作りたいボタンを作成できるものを選びましょう。
あとは、くるみボタンにしたい好みの柄の布が必要になります。
ほんのちょっとのハギレでも作れるので、こちらもプチプラで手に入れられますよ。

くるみボタンキットの中身

こちらの画像では、ダイソーのくるみボタン製作キットで、くるみボタンを作られています。
くるみボタン製作キットに含まれるのは、画像上部の「型」「押し具」「ボタン上」「ボタン下」になります。型紙は、パッケージの厚紙部分に印刷されているものです。

作り方は、パッケージ裏に印刷されたとおりに、セットされている工具とパーツ、そして布を順番に重ねて、正しい手順で押し込んでいくだけです。

かわいい布が、どんどん小さなくるみボタンに生まれ変わっていくのは、一度やってみると、楽しくてどんどん作りたくなりますよ。
できあがったくるみボタンは、もちろんボタンとして手持ちの小物にアクセント的に縫い付けてみるのもいいし、今回ご紹介するようなヘアゴムとしてみたり、ブローチにしたり、使い道はいっぱいあるので、工夫してみられてくださいね。

くるみボタンをヘアゴムへと加工する方法

さて、いっぱい作ったくるみボタン。
早速ヘアゴムにしてしまいましょう!
やり方は簡単です。くるみボタンの裏側の穴に、ゴムを通して、もう片方をくぐらせるようにして結びつけるだけ。
ゴムの色選びでも、また全体の印象ががらっと変わりますから、くるみボタンのテイストと合わせて考えてみてくださいね。

ビーズ刺繍のヘアゴム

くるみボタンを更にドレスアップしたくなったら!
こんな風に、ビーズを隈なくびっしりと縫い込んだ、こんなキラキラなアレンジはいかがでしょうか。
こちらはくるみボタンキットもビーズも全て100均で手に入れて作られたそうです。
ビーズの形や大きさ、色合い、組み合わせ方によっても雰囲気が変わって素敵ですよね。

縫い付け方

ビーズのくるみボタンへの具体的な縫い付け方法は、こちらのサイトさんが詳しいです。
ヘアアクセサリーとして使うことを考慮されて、丈夫に仕上げる方法まで丁寧に解説されていらっしゃいますので、ぜひ参考にしてみてください。

リバティとビーズが引き立て合う

リバティの布とビーズの組み合わせが何とも乙女心をそそりますよね。
くるみボタンのような小さなものに使うなら、リバティの生地のような高級感のあるものも、気軽に使えますね。

お花ビーズ刺繍

ビーズ刺繍の応用として、こんな素敵なアレンジ方法もあるのでご紹介いたします。
真ん中にスワロフスキーとビーズを配置し、花びらになるようにひたすらサテンステッチで埋めていくことでできあがるお花の刺繍です。
やり方自体は慣れれば簡単なのですが、完成するまでにいっぱい手を動かすことになりますので、刺繍のような根気のいる作業が大好きな方には特にオススメです。

リボンバレッタ

これひとつ付けるだけで、一気に華やかな印象に見せられるバレッタは、普段使いにはもちろん、セレモニーの装いにもぴったりで、お気に入りを持っていると重宝するアイテムです。

材料費はもちろんプチプラで

バレッタを作る時に必要なパーツも、100均で手に入れることが可能です。
万一お近くの100均の手芸コーナーになかった場合には、既に製品として売られているバレッタを購入して、飾り部分を取り外して金具だけを使う、ということも可能です。
まずはお試しにひとつだけ作ってみたい、という時には、そんな一見荒業とも思えるテクニックも駆使していくと、制作費を極力抑えられていいですよ。

手作りのバレッタは、こちらのバレッタ用金具に、思い思いの飾りを取り付けるだけでできあがります。
取り付ける方法は、縫い付けられる素材ならそれでもいいし、簡単な方法としては、グルーガンで接着するというのもアリです。グルーガンは100均でもすぐに手に入ります。
グルーガン接着の場合は、やっぱり突然外れるという事故も起こりえますので、心配な場合は、要所要所だけでも縫い留めておくなどの補強をしておくと万全でしょう。

ふんわりリボンの作り方

金具部分はできるだけ節約するのがオススメですが、デザインの肝となる部分の素材はぜひ妥協せず、お気に入りの色、素材のものを吟味してください。
もちろん100均にも、クォリティ高く見せられる素材はいっぱい揃っていますよ。

こちらの画像は、グログランリボンを使用して作る、ふんわりリボンの作り方です。
大きなリボンは小さなお子さんはもちろん、大人の女性にも人気が高く、ぱっと目を引く華やかさと女性らしさを表現できて素敵です。
グログランリボンの上品な落ち着いた艶感は、着用するシーンも選びません。

応用:ビーズのバレッタ

キラキラ感を出したいときには、こんなビーズをあしらったバレッタはいかがでしょうか。
こちらは、バレッタ金具をハギレでくるみ、その上にビーズを縫い付けていく、という手法で作られています。
とても簡単に、こんなにお洒落に仕上げることのできるビーズバレッタは、余ったビーズの使い道としてもオススメです。

真似してみたい素敵なバレッタ

異素材感がたまらない

ハギレやボタンなど、様々な素材をセンスよく配置して作成されたバレッタです。
手持ちの半端な素材は、お手元にありませんか?組み合わせてみることで、思わぬ化学反応を起こし、見違えるようにお洒落に変身することも!
どんなデザインにするか、あれこれ並べ替えて悩む時間も楽しめます。

グログランリボンとコットンパールのバレッタ

丁寧に折り重ねられたグログランリボンに、ちょこんと上品に載せられたコットンパールが、清楚な美しさを醸し出します。
こちらの作品は、ハンドメイドアクセサリーを製作されているil cuoreさんの手によるもの。ヒダの配分やコットンパールの大きさなどのバランスが絶妙で、どこに付けていっても間違いがなさそう。入園・入学式や結婚式などでも活躍しそうです。

ビーズ刺繍のバレッタ

ヘアゴムでもご紹介した、ビーズ刺繍の技法を使って、こんなお洒落なバレッタを作ってみるのにも憧れます。
こちらは、アクセサリー作家のrougeさんの作品です。黒っぽい地の色に、赤や水色、金色がスパイスを効かせた、東欧のような雰囲気もある素敵なバレッタ。エキゾチックで大人可愛い佇まいがたまりませんね。

お花のカチューシャ

フェルトで作られたお花が存在感を放つ、可愛らしいカチューシャも100均で作れます。
カチューシャは、市販のものをリメイクして使います。
フェルトは、画像のように2枚分カット。インチ表示になっているのでセンチに換算すると、約5cm×12.7cm、もう1枚は約7.5cm×10cmです。おおよそで大丈夫です。
それをそれぞれ二つ折りにして片側から切り込みを入れ、くるくると巻き止めます。
用意しておいたカチューシャに、グルーガンで取り付けたら完成です。
お花の好きな女の子はきっと笑顔になれるアイテムですよね。

まだまだある!素敵な手作りヘアアクセサリー

ビーズのヘアゴム

こちらは余りビーズを編んで作られたヘアゴムです。
キラキラしたビーズがコロンと丸い形にまとめられていて可愛らしいですよね。
こんなのが自分て作れたら嬉しくなりそう。いろんな色のビーズで作りたくなっちゃいますね。

レザーリボンのヘアゴム

大人可愛いレザーリボンを使ったヘアアクセサリーも素敵です。
こちらは、100均の合皮を使われていますので、プチプラで作れちゃうのも魅力。
合皮に限らず、薄手の革なら家庭用ミシンでも十分に縫えますので意外と簡単なのもいいですよね。

コサージュのヘアピン

余ったハギレをくるくる巻いて留めるだけで作れる、こんな手軽なヘアピンも素敵です。
裂き布などを使えば、ちょっとラフな雰囲気がカジュアルでこなれた印象を与えてくれます。
ヘアピンを作るパーツも100均で簡単に手に入ります。

まとめ

いかがでしたか。
日常使いとして気軽に使いたいものから、セレモニーシーンまで使えるようなものまで、お気に入りのヘアアクセサリーは、自分で作ると更に愛着も高まり、好みのデザインに仕上げることもできます。
比較的簡単な作業で作れるものもあり、お試しなら100均などのプチプラでも材料がすぐに手に入るので、ハンドメイドの一歩目としても最適です。
作ってみたい作品などありましたら、ぜひ挑戦してみてくださいね。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事